スポンサーリンク

西千葉駅前の人気家系ラーメン、武蔵家 西千葉店がお持ち帰りを開始!! ・・も誘惑に勝てず、対策万全な店内で特製旨辛麺を頂いてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日更新した、西千葉のテイクアウト情報

こちらの記事内でも触れておりますが、西千葉駅前の人気家系ラーメン

「ラーメン武蔵家 西千葉店」にて、まさかのラーメンのテイクアウトがスタートしたのです

 

事前に確認したTwitter情報によると、

・スープ → 冷凍にて提供

・麺 → 自宅で茹でる

といった構成となっており、自宅で一手間を加えることで、お店と変わらない味が再現できるとのこと

 

自宅にいながら家系ラーメンとは、これは是非一度味わってみたい!!

とは言ってみたものの、我が家では子供が休校中で連日自宅に

加えてカミさんは、ラーメンを食べないことから、中々チャンスが得られず、早数日

 

そのタイミングを見計らうこと数日

カミさんと子供が午前中から出払っており、久々に私一人のランチチャンスが到来

ここを逃せば次は何時になることなら・・・

 

そんな訳で、この願ってもないチャンスを活かすべく、向かった先がこちら

JR西千葉駅、西友側から徒歩1分

ラーメン武蔵家 西千葉店となります

 

この日の目的はもちろん、お持ち帰りメニュー

先日より販売開始となったテイクアウト用「裏むさ」を購入すべく、お店の方へ。

近隣学生始め常連多数の人気店 ラーメン武蔵家 西千葉店が、自宅で食べられるお持ち帰りラーメンを開始!

数日前より販売開始となった、武蔵家西千葉店のお持ち帰りメニュー

こちらは、通常のラーメンとは異なり

同店特製の「カエシ」を使った「裏むさ」というメニューが対象になるとのこと

 

同品の提供は1~2ヶ月程前から行われていることをTwitter上では確認していたのですが

なかなかチャンスが巡ってこず、未だにして未食のままとなっております

 

そんな初「裏むさ」を、果たしてテイクアウトで頂いてみて良いものだろうか?

まずは店内にて本物を頂き、その上でお持ち帰りVerを試すべきじゃ無かろうか??

 

など、色々悩む所ではありますが

やはり自宅にいながら家系ラーメンを味わえてしまうという非日常感

不謹慎ながら、これを楽しめるのもまた、今だけの特権

 

恐らく、またとない機会であればこそ、ここは初裏むさを自宅で味わってみるのも・・・

いや、ちょっと待て・・・

 

ウチに、丼・・・

 

無い、よな?

 

つけ麺ならともかく

たっぷりのスープに麺まで入るだけの器・・・

どう思い返しても、家にそんな器が見当たらない

 

となれば、麺とスープを別皿で食べるのか?

いや、それこそ裏むさに対する冒涜以外の何物でもありません

 

これは困ったぞ

裏むさ購入以前に、丼を買いに走らねばならないとは

 

冷凍されたスープを持ち帰る傍ら、丼までを購入しに出向けるだろうか??

うーん、現実的じゃあ無い

 

しかし、すでにお店の前に到着

店内の様子は・・・1組のみで三密の心配は無し

 

・・・。

食べていくか。

 

そんな訳で、お持ち帰り用の裏むさ購入寸前まで来たものの

「家に丼が無い」という現状に気付いたことから、急遽予定を変更

 

幸い、店内にお客さんの姿も少ない上、

通常よりも席数は減らされ、密集のリスクを避けている他

入り口前には消毒用アルコールが設置されていたりと、きっちり対策を取られている模様

 

この機会であればこそ、お持ち帰りを食べてみたい所でしたが、丼が家に無い以上は再現も出来ず

こればかりは仕方ない、と自分を戒め、本日は店内にて頂いてみることに

 

という訳で対面した、久々武蔵家の券売機

久々であればこそ、レギュラーメニューを頂くべきか

それとも、お持ち帰り前に店内で裏むさを頂くか

 

様々な思いが駆け巡るものの

私がここ、武蔵家西千葉店をお気に入りに挙げてしまう一番の理由はそう

「旨辛麺」の存在なのです

 

久々の武蔵家であればこそ、やはりまず最初に頂きたいのは旨辛麺

それも、九条ネギに味玉を添えた「特製Ver」こそが至極の一品

 

という訳で、本日のオーダーは久々

武蔵家西千葉店ならではの逸品、特製旨辛麺を頂いてみることに

 

と、同時にサービスで頂けるご飯もオーダー

普段、家系にてご飯を頂くことの無い私ですが、ここ武蔵家だけはご飯が必須

 

家系のスープを吸い上げた海苔と共に頂くご飯も、確かに格別ながら

ここ西千葉店では、それ以上に格別な味わい方

キュウリ&チャーシューこと、辛カッパをご飯に乗せて頂ける

という極上すぎる白米の楽しみ方が用意されているのです

 

これこそ、お店でしか

いや、武蔵家でしか味わえない特権中の特権

(しかも、このご飯がまた、ツヤッツヤで美味いのなんのって)

 

そんなご飯を前にしたら、ラーメンの到着まで待ちきれず

フライングにて頂くべく、箸に手を伸ばせば、

これまた割り箸も、一膳ずつ個包装されたものに変更されております

確実にコストが増しているものの、可能な限り感染リスクを下げようとしているお店の姿勢には心を打たれるなぁ

 

あ、そうそう

めちゃくちゃ大事なものを忘れておりましたが、

 

こちらが、現在武蔵家西千葉店で提供されているお持ち帰りメニュー

自宅で麺を茹で、お店の味が再現できると話題の、お持ち帰りラーメン

「裏むさ」は800円にて販売されており、各種トッピングも合わせて頂く事が可能とのこと

 

上記以外に、バラチャーシューも販売されており

・1本・・・3000円

・半分・・・1500円

と、お好みのサイズで購入が可能となっております。

テイクアウトが始まったものの、誘惑に勝てず コロナ対策万全の店内にて、特製旨辛麺に舌鼓!!

そんなテイクアウト用メニューの撮影を急ぎ終え、早々にご飯を・・・

と、丼に手を付けるか否かのタイミングにて、メインの丼がご登場

 

両雄並び立つものとなった、本日のランチがこちら

武蔵家西千葉店にて頂く、特製旨辛麺

そして、サービスのご飯(チャーシュ-&辛カッパトッピング)となります

 

さてさて、約1年ぶりでしょうか

久々にご対面するものとなった、武蔵家の旨辛麺

たっぷり盛り付けられた、甘みと風味豊かな九条ネギ

その脇を彩る海苔もまた凜とした立ち姿で、麺ともご飯とも絶妙なハーモニーを奏でてくれることでしょう

 

兎にも角にも、まず味わうべきはスープの方から

しっかり立った鶏油の風味に、旨味と程良い辛味を与えてくれる同スープ

 

早速一口頂いてみますと・・・

うーん、美味い

 

獣骨のしっかりした旨味がズドンと届きながら

それをまろやかに感じさせる、鶏油の働き

 

旨味に追随する形で伝わってくるのが辛味となるのですが、前に比べると少し勢いが弱まった感も

いや、辛味が弱くなったと言うより、甘みが強くなっているのか・・?

 

微妙な味の変化を感じますが、私の記憶も1年前のことなので、あまり自信は持てず

辛味を控えめに感じるなら、後乗せできる豆板醤で補える訳ですし

いずれにせよ、重厚な旨味を感じながら、そこにエッジを効かせる旨辛加減は、変わらず私好みの一杯

 

そんなスープと共に頂く麺の方は、

もちろん、家系ならお馴染みの酒井製麺

少し短めな麺が、濃厚なスープと程良く馴染み、食感共々その美味しさを口の中へと広げていきます

 

チャーシューも肉感をしっかり感じさせながら、

スープの旨味をも吸い上げ、旨さをヒートアップ

ご飯と共に頂きたくなる肉感満載ですが、そこはそこで別のチャーシューが仕事を果たすのですから、なんて贅沢三昧なことか

 

そして、なんと言っても外せないのが、

このたっぷり盛り付けられた九条ネギ

しっかりした香りと歯ごたえを感じさせるトッピングとなる為

好みが分かれる所となるのでしょうが、私は俄然「アリ」派でして

 

音を立てる程にしっかりしたシャキシャキ感と

そこから流れる甘みと程良い辛味

この個性あるネギがあればこそ、濃厚なスープに負けること無く、豊かな味わいを感じさせてくれます

 

そして、久々に頂いた武蔵家で、ちょっと驚かされたのが

こちらの味玉でして

過去にも何度と、同店の味玉は食べてきている筈なのですが

こんなに美味かったっけ?と、思わず二度見してしまう美味しさに仕上がっておりました

 

黄身はジャストな火入れ加減で、柔らかさは残しつつも形をキープ

何より、染み入ってる旨味が抜群で、スープと共に頂く事で、その旨味が引き立つと

 

これまで、気に掛けずにいただけなのか

いずれにせよ、ここまで美味しい味玉の存在に気付かずいたとは、なんたる不覚

 

そんな旨辛麺を味わう一方

見過ごせないのが、お隣の存在

こちらのご飯ですね

チャーシュー&キュウリの辛カッパと共に頂くだけでも大満足ながら

ここにスープを吸い上げた海苔をトッピングしようものなら、最早ご馳走

 

別料金を払ってでも味わいたい、そんな豪勢なご飯ものであるにも関わらず

これが「サービス」で提供されてしまうのが同店

これほどのご飯を無料で頂くには申し訳無く感じるものの、そのご厚意、ご飯の一粒まで余すこと無く堪能させて頂きました

 

そして、最後はスープの味変タイム

ちょっと辛味を弱めに感じた本日の旨辛麺故、

豆板醤を多めに投下、加えて胡麻と1さじのニンニクが加われば、

先ほどまでとはガラッと表情を変えた、もう一つの旨辛麺が完成

 

スタートからラストまで、様々な表情を見せ、食べ手を飽きさせることの無い一杯

存分に楽しませて頂くものとなりました。

 

 

という訳で、本来はテイクアウト購入を目的に足を運んだものの

「家に丼が無い」という事実に、お店の前にて気付いた事から、急遽店内飲食に切り替えるものとなった、武蔵家西千葉店

 

早い時間であった事からお客さんの数も少なく、お店の中で頂くものとなりました

が、前述した通り、店内についても席数の調整や、消毒各種の準備

更には、箸を個別包装にするなど、各所に出来る限りの対策が施されておりました

 

とは言え、まだまだコロナウイルスに対し、油断は許されない状況

近日中にどこかしらで丼を購入し、準備を整えた上で

次回こそはしっかり、テイクアウトの「裏むさ」を購入し、自宅で味わってみたいと思います

 

なお、昨年火事で閉店した、武蔵家お隣にあった「生香園」跡ですが

少し前より、新たなお店のオープン準備を進めているなあ、と目にしていましたが

現在はこの通り、バッチリ看板まで設置済み

店名は「川王府」とのことですので、恐らくですが園生町にある「蜀国料理 川王府」の系列店かと

 

一足早く、お店の前にはメニューも並んでおり

ランチセットに晩酌セットなど、これもまた良く見る構成

ちなみにオープンは5/12(仮)になるとのこと

 

よりによって、今の時期にオープンするとは・・・

と思う所はあるものの、それはもちろん、お店の方こそ・・・でしょうね

 

まあでも、店名に「餃子軒」を掲げていますので、いずれかお持ち帰りも可能になることが推測できます

こちらに関してはまた、落ち着いた頃に足を運んでみようと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

武蔵家 西千葉店

■ むさしや にしちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-19-9

■ 営業時間:月~土 11:00~翌01:00 /日曜 11:00~24:00

■ 定休日:当面は火曜日(通常は無休)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。