スポンサードリンク

花見川区天戸台の定食店、とんかつ中むらに早くも再訪! 同店の名物ジャンボハンバーグに、メンチカツにハムエッグ付「ランチセット」を一挙制覇!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

以前より気にかけていたものの、なかなか機会が無く、訪問出来ずにいた

花見川区天戸台にある定食?屋さん??

とんかつ屋さん??の、中むら

 

ふとしたきっかけで、同店を訪れることとなったのが、つい数週間前のこと

花見川区天戸町で見つけた定食屋さん、とんかつ中むら 予想の斜め45度上を行く素材・調理が味わえるスタミナ定食&上とんかつ
午前中から子供が習い事の合宿へ その送迎をした帰り道、そのままの足でランチに出向こうとしたものの、この時点で時刻は10:30前 モーニングには遅し(そもそも、やってる店少な
2019-08-27 06:54

 

こちらの記事でも触れた通り、当初は

・ハンバーグ

・豚カツ

の2品をカミさんと同時に注文し、それぞれの個性をしっかり把握しよう

 

と、打ち合わせて挑んだものの、寸前になり私の気分が変更

結果、豚カツは頂くものとなりながら、ハンバーグについては秋の空の様な気変わりにて、逸するものとなりました

 

あれから数週間、同心変わりをカミさんからボディブローの様に攻められることから

前回のリベンジを果たすべく、またもや「とんかつ中むら」を訪れることに

 

目的は勿論、ジャンボハンバーグ

そして、先日の記事を投稿した際、Twitterのフォロワーさんから

『メンチカツもお勧めですよ』との情報をキャッチしたので、そちらも候補に加えての再訪となります

 

なお、近隣にコインパーキングの見当たらない県道沿いとなりますが、

店舗を囲む様に、ぐるっと設けられたスペースが、駐車場を兼ねております

パッと見の印象だと、どのように車を停めるか悩みますが(説明書はありません)

 

駐車場に車が入ってくると、おおよそ女将さんが心配そうに顔を覗かせますので、そのタイミングで確認する事をお勧めします

※ 基本は、店舗敷地の外壁に沿って停めればOK

花見川区 天戸町の洋食?屋さん とんかつ中むらに再訪!今度こそ、目的のハンバーグへ!

という訳で、早くも2度目の訪問となった、花見川区天戸台のとんかつ中むら

 

私の勝手なイメージで、同店のことを和食、ないし定食屋さんと分類していたのですが、あらためて表の看板を確認すると

なんとこちらのお店

「洋食」屋さんだったとのこと

 

私の知るお店や、イメージする洋食店とは、だいぶイメージに剥離があるものの、お店側がそう名乗るのなら仕方ありません

以後は「洋食 とんかつ中むら」と覚える様にします

 

さて、そんなお店に着いた時刻は、11時少し前

10:30開店となる同店ですが、さすが月初の月曜日

この時間からランチに出向いているお客さんも無く、1組目としての入店になります

 

店内に入ると、女将さんより

『ちょっと時間掛かっちゃうけど、大丈夫かしら?』との確認が

 

休日明けの月曜日とあって、ご飯かなにかの準備に戸惑っていたのでしょうか

なんにせよ、時間に追われている訳でもありませんので

「全然大丈夫ですよー」と、笑顔で返事をしながら席の方へ

店内の様子はこの通り、洋食屋さんと紹介するには、若干ハードルを高く感じます

が、内装がどうあれ、提供される料理が洋食なら、そこは誰がなんと言おうと洋食屋さんなのです

 

そんな中むらのメニューはと言うと、

今更ながら、やはり洋食屋さんと呼ぶには、気持ち無理を感じる品揃え

しかし、町の定食屋さんだと思えばテンション上がりますので、私の気分を高揚させるべく、やはり「定食 中むら」に呼び変えようと思います

 

とんかつを筆頭に掲げながら、多数の揚げ物が並ぶ同店のメニュー

ですが、今回の目的その1つ目となるのが、噂に名高いジャンボハンバーグ

 

ハンバーグとの差異があってこそのジャンボでしょうから、本来なら両者を並べサイズ差を確かめたいところ・・・

ではありますが、二人で訪問しそれぞれがハンバーグを頼んでみても、楽しさは半減

 

せっかく多数の洋食・・・定食に囲まれるお店であればこそ、もう一品はハンバーグ以外を選ぶしかありません

この時点でカミさんのオーダーは、ジャンボハンバーグに確定

となれば、今度こそ逆張りをせねばならず、私のオーダーは自動的にメンチカツ、ないしジャンボメンチに行き着くのですが・・・

 

店内の厨房前にあるホワイトボードに目をやると、

そこには「今日のランチ」の一文と共に

「メンチカツ ハムエッグ 豚汁 ライス付き」の文字を発見

 

同品のお値段は900円となるのに対し、通常のメンチカツのお値段はと言うと、これまた900円

同じ値段のメンチカツながら、ランチを頼めばハムエッグ付き

これはもう、悩む理由が見当たりません

 

そんな訳で、今度こそは・・・と誓いを込め、この日の私のオーダーは

「ランチ(メンチカツ&ハムエッグ)」を

そしてカミさんは、ジャンボハンバーグをオーダーするものとなりました。

皿一面に広がる、まさしく「ジャンボ」なジャンボハンバーグ&メンチが主役の「ランチ」をオーダー

事前に声がけがあった通り、今日のご飯には少し時間が掛かるとのこと

という訳で、店内のTVでも見ながら、のんびり待とう・・・

 

としたその時、私の斜め後方45度より、視界に飛び込んでくる気配が・・・

 

あぶ?いや、ちょっと違うな

あまり見慣れないものの、ちょっと大きめな虫が店内を飛んでるようです

女将さんに断りを入れ、お店のドアを開けつつ店外に促そうとするも、出ていく気配は無し

 

虫の姿を発見した女将さんから

『あーこの虫、刺すのよ 危ないからやっつけちゃわないと』

と退治を試みるも、女将さんの殺気を感じ取った虫は、飛ぶは交わすはで逃げ回る一方

 

見るに見かねた私が腰を上げ、一息ついていた虫にソッと近づき・・・

間髪入れず、ティッシュで捕獲!!

 

気配を消しながら近づき、一撃で仕留めた私の瞬殺劇に、女将さんも思わず拍手

二人の仲が、一気に縮まったことを確信した一瞬となりました。

 

 

そんな大捕物を繰り広げながら、待つこと15分程

ついに来ました、本日のランチ

まずはこちら

カミさんのオーダーした「ジャンボハンバーグ」となります

 

ぱっと見の印象は、家庭的な懐かしさを感じるハンバーグ

ですが、やはりそのサイズは・・・

デカい(笑)

 

ケチャップベースのソースがたっぷり掛かっている様は、今すぐにでもご飯が欲しくなるビジュアル

山盛りキャベツにスプラウト、更にはポテトサラダも付いているなど、脇を固めるメンバーも完璧な布陣

それにしても、このハンバーグに和辛子・・・どこで使えば良いのでしょうか?(笑)

 

そんなハンバーグの後を追う様に到着したのが、私のオーダーしたこちらの品

ホワイトボードに「ランチ」と記されたこちら

メンチカツ&ハムエッグとなります

 

衣の中から顔を出すメンチの具材は、

牛と豚の合い挽きでしょうか、割合的には豚が多めな色合い

 

メンチとしては、ちょっと珍しい大きめの楕円形ですが

恐らくハンバーグと同じパテを併用している様に伺えます

 

そして、このランチに華やかさを与えてくれているのが、

メンチ1品じゃ寂しく思うところに、十分な満足度を与えてくれるこちら

「ハムエッグ」の存在に他なりません

 

それ単体であっては、なんら見栄えするものでも無かろうに

他のおかずが存在するところへ、助演として姿を現わすことで、見事な華やかさを演出する、名バイプレイヤー

トッピングしたいおかずNO1(私調べ)の座は、間違いありませんね

 

それではまず、主役となるメンチの方から

その見た目通り、豚挽肉をたっぷり使った柔らかめなメンチカツ

肉汁滴るような華やかさはないものの、家庭的で安心出来る1品です

 

なにより、こちらのメンチは通常サイズでこのボリューム

これを上回る「ジャンボメンチカツ」も存在する訳ですから、満足度は間違いありませんね

 

ただ、これは個人的な意見となるのですが

同店の卓上に置かれているソースが、ウスターのみでして

 

海老フライやアジフライといった魚介系のフライにウスターは分るのですが

しっかりした味わいを得るメンチカツの場合だと、私的にはトンカツソース

ないしは中濃ソースがベストに感じるだけに、ソースの取り揃えについては、私にはハマらずな結果に

 

とは言え、何を頼んだとしてもご飯が進んでしまうのが、中むらの特徴でして

その秘密はというと、

ソースや醤油の存在を隠蔽するかの如く、大量に用意されたご飯のお供

そう、ふりかけになります

 

前回は、スタミナ炒めの味付けが絶妙にご飯へマッチしたため、手を出さずに終わったのですが、

この通り、ふりかけが白米を彩るだけでも、その豊かな色味は食欲を掻き立てくれるのです

 

そして、忘れちゃいけないのが、

こちらの豚汁

豚感こそ控えめながらも、具材には野菜がたっぷり

これまた十分、おかずの役割を果たしてくれるお椀ものとなっております

 

さて、あらかたご飯を食べ進めた所で、残るはメンチ少々とハムエッグ

となれば、やはり避けて通る事が出来ないのがこちら

これぞ漢の神メシ、目玉焼き乗っけ丼です

黄身を少しずつ潰しながら、ご飯と絡めメンチ同時にフェードイン!

素材や味付けがどうこうを超越した、ただただシンプルに「美味い!」と声を発してしまうヤンチャなご飯で〆を迎えることに

 

と、思いきや案の定とでも言うべきか

ジャンボハンバーグのジャンボさ加減が、カミさんにはキツかったらしく

ハンバーグの残り、および食べきれなかったご飯を譲り受けることに

 

最後の残ったご飯に関しては、もう一つの飛び道具

「ごま塩」をかけながら、ハンバーグと共に二度目のゴールを迎えるものとなりました。

 

 

といった感じに、早くも2度目の再訪を果たした、天戸台のとんかつ中むら

前回のリベンジとばかりに、ジャンボハンバーグ&メンチカツを頂き、両者とも十分なボリュームに大満足

 

まあ、前回頂いたスタミナ定食の、秘奥義的な味付けを味わった後

となると、それを凌ぐ様な感動には至らなかったものの、それを推したとして近所にあれば、あしげく通いたいお店

そのイメージからは、寸分違わぬ充実したランチを頂くものとなりました

 

またこの日は、他のお客さんと鉢合わせる事が無かったのですが

前回、訪問した際に、常連さんとおぼしきお客さんを見るなり、女将さんが

『はーい、アジフライね』と、オートマチックに注文を取る光景に遭遇

 

この常連さんが、必ずアジフライを頼む程のアジフライ好きなのか

果てまた、それ程までに、中むらのアジフライが秀でているのか

 

その真意は定かではありませんが、同店では定食だけで無く、おかずの単品注文も可能となります

次回は、このアジフライを単品で注文しつつ、まだ見ぬメニューにも手を広げて行きたい所ですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

とんかつ 中むら

■とんかつ なかむら

■ 住所:千葉県千葉市花見川区天戸町718-4

■ 営業時間:10:30~15:00 / 16:30~20:30

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。