スポンサードリンク

千葉市を代表する洋食店、ビストロえびすやで頂く、ハンバーグ&にんにくスープ ランチは大混雑の人気店も、実は狙い目が?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日は、遠方から千葉駅まで来る友人らと、共にランチを頂くことに

せっかく千葉駅くんだりまで来て頂いているのだから、「ならでは」感のあるお店でランチを頂きたい・・・

 

と、思ってみたものの、天気はあいにくの雨

時間も、12時半を回っており、近隣の良店であれば忙しさのピークを迎える時間帯でもあります

 

そんな中で、この日私が、敢えて選んでみたお店がこちら

千葉駅西口ロータリーから1分

千葉駅界隈の洋食と言えばそう、ビストロえびすやになります

 

えびすやと言えば、人気ドラマ「孤独のグルメ」でも取り上げられた通り

(アチラに出演したのは、えびすや幸町店になりますが)

千葉を代表すると言っても過言では無い、人気洋食店

 

当然ランチも、連日大盛況となっており、開店数分で満席を迎えるお店となります

・・・が!

ここ千葉駅西口にあるお店は、オフィス街でもある事から、並んで待ってまでランチを頂くお客さんは、ごく僅か

 

開店直後(いわゆる1周目)に入店出来ないとあらば、諦めるお客さんが多いのも特徴となります

その結果、1周目のお客さんが退店する12:30以降は、意外なほどに混雑が無く、スムーズに入店が可能となるのです

 

この日もまた、私の予想通りの展開となっており、先客は数える程

少し遅くなったランチを、ビストロえびすやにて、ゆったり頂いてみようと思います。

開店と同時に全席埋まる人気店、ビストロえびすやも、12時半を過ぎれば実は狙い目!! 

という訳で、友人らを連れて訪れたビストロえびすや

同店は、本日伺った千葉駅西口を始め、前述した幸町店

そして、同じく千葉駅から徒歩5分程となる登戸1丁目(味のレストランえびすや)と、市内に3店を構える洋食屋さんとなります

 

前述した通り、ここ西口前のお店は、早い時間に混雑を迎えることから

私が普段利用しているのは、登戸一丁目のお店がメインとなるので、

JR千葉駅から徒歩5分 味のレストランえびすや(登戸店)で頂くオムライスに、当然にんにくスープもセット!
先週から都度、 「オムライス・・・オムライス・・・」 と、ぶつぶつ言い続けるも、結局食べる事なくいたオムライス。 いい加減この辺りで、一度オムライスを補給しておかないと、
2018-12-12 07:05

ここ西口のお店は久々の訪問

 

店舗毎に、ランチメニューが異なるのも特徴となるのですが、ここビストロえびすやのランチと言えば、

日替わりとなるスタンダードランチ、パスタランチ

これに加え、ハンバーグランチとステーキランチ

そして、メニューに記載こそされているものの、実質的には13:00~のメニューとなるオムライスの全5品

 

これらの内、名物となる「にんにくスープ」が付いてくるのは、ハンバーグ&ステーキ

残る3品には、+500円でにんにくスープへの変更が可能、といったシステムになります

 

ちなみに、この日の日替わりメニューは

・スタンダード → 四元豚のポークソテー

・パスタ → 竹の子の・・・なんとか(完全にど忘れw)

といった品が提供されるとの事

 

普段目にしている三元豚よりも「一元」多い四元豚が気になる所ではありますが

(後ほど調べた所、3種を掛け合わせているのが三元豚で、ここにもう一種加わるのが四元豚だとか)

久々の訪問であるからこそ、王道を歩んでみたいところ

 

という訳で、本日のランチには、えびすやらしい一品

「常陸牛と国産豚のハンバーグランチ(にんにくスープ付)」

を頂いてみることに。

 

また、ランチ帯ながら久々にお客さんが少なかった事から、


 思わずディナーメニューをチェック

 

ディナー帯もとんとご無沙汰でしたが、

・新たまねぎのパンナコッタ

・ウニのクレームブリュレ

・ジャージー牛ホルモンのピリ辛ペンネアラビアータ

・フランス ロゼール産 子羊くら下肉のロースト

などなど、テンション上がるメニューが多数並んでいます

 

これらをおつまみにしながら、ワインをクイッとイケたら格好も付くんですが

ワイン、その美味しさや味わい方が、未だ分らないんですよ

誰かワインの美味しい飲み方、教えてくれないもんですかね(笑)

 

ワインは別にせよ、たまには夜の部にも足を運びたいもんですね。

えびすやの看板メニューにんにくスープと共に頂く、ハンバーグランチ

時計の針も13時に近づき、お昼の大賑わいから一段落した、ビストロえびすや

普段よりもお店が広く感じるほど、落ち着いた雰囲気の中でのランチとなりますが、

まずはセットメニューのサラダから

レタスにキュウリ、トマトに人参、そしてヤングコーンがお得感を与えるこちら

野菜の瑞々しさはもちろん、ドレッシングも変わり無く、何時食べても安心できる一品となります。

 

サラダを頂き、緩やかに血糖値の上昇を抑えた所で、

続いては、えびすや名物

「にんにくスープ」のお出ましとなります

 

ここ、ビストロえびすやから産まれ、千葉市内の様々な洋食店へと受け継がれた、元祖にんにくスープ

私自身も、幼少期以来30年以上に渡り食べ続け、酸いも甘いも、様々な思い出と共に、人生の1ページを彩ってきた品となります

(実際の所、昔から食べてはいますが、そこまでの思い出は無かったような)

 

グツグツと煮えたぎるこちらのスープ

卵の崩し方によって食べ方にも個性が表れるものの、私は決意の固茹で派

卵はしばらく崩さず、まずはスープと共に

こちら、丸々と育ちながらも、トロットロに溶け込んだにんにくと共に頂きます

 

激アツなスープを冷ましながら、そっと一口運んでしまえば、もう昇天もの

しっかりとしたコクを感じさせつつ、それが重たさを感じさせない優しい味わい

それでいながらも、体の奥から温まり、全身に精気が満ちあふれる、慈悲深さと美味しさを両立させた、最高品質のスープとなります

 

芯から鋭気がみなぎる美味しさに舌鼓しながら、

スープの総量が半分を割った所で、ついに卵へスプーンを投入

固茹でに育った卵を、まるでおかずの様にスープと共に頂けば、味わいは一層深まるばかり

ランチセットのスープでありながらも、お店の看板としておかずにも成り得てしまう、最強スープを堪能するものとなります。

 

熱々のスープを少しずつ頂き、お皿が空きだした頃

絶妙なタイミング(たまたま?)でテーブルへと運ばれてくるのが、

本日のメイン、

「常陸牛と国産豚のハンバーグ」となります

 

肉料理の専門店が提供する、特大ハンバーグのようなインパクトは与えないものの

歴史ある洋食屋さんらしい、キレイに成形された程良いサイズのハンバーグ

自家製ソースが、お肉により強いコクと旨味を与えてくれます

 

付け合わせの野菜も彩り豊かに、

赤、青、黄色と信号のような色合いでお皿を賑わせております

 

そんな美しいハンバーグですが、ここはその美貌を中から確認すべく、

ナイフを一撃振り下げ、一刀両断!

最近流行りの肉汁ハンバーグとは異なる、昔ながらの製法

しっかり挽かれたお肉は柔らかさを醸しだし、各素材とソースとの一体感により、旨味を高めてくれます

 

外見はしっかり焼きながら、中には柔らかさがしっかり残った焼き加減

中心までしっかり火は通っているものの、挽肉らしい柔らかさが味わえるのも、えびすやのハンバーグならでは

ナツメグを始めとした香辛料がたっぷり含まれており、ハンバーグ単体でも十分な美味しさが感じられます

 

とは言え、やはりソースとの組み合わせを堪能してこそ、こちらのハンバーグ

デミソースの様に見えるも、ちょっと違う、和のテイストを感じさせるソースもまた秀逸なのです

コクと酸味、そこに肉汁の旨味がしっかり加わった個性的なソースもまた、えびすやならではの味わい

 

この渾身のソースを思う存分味わうには

やはり、このヤンチャな食べ方こそが最強と言わざるを得ません

 

混雑時であれば周りの目が気になるものの、13時を過ぎて落ち着いた時間帯であればこそ

ソースとハンバーグのカップリングを堪能しつつ、その後はソースとご飯(+若干の肉汁)でもカップリング

ご飯の底までに美味しさが染み渡る、ソースとハンバーグに大満足しながらの完食を迎えるものとなりました。

 

 

そして、食後には、

お好きなドリンク(ここはもちろん、アイスコーヒー)

そして、二種あるスイーツから、黒糖のクレームブリュレを選択

甘さは控えめながらも、コクとほのかな苦み、卵の美味しさが染み渡るスイーツを堪能し、本日のランチは終焉となりました。

 

 

そんなこんなとなった、久々のビストロえびすや

孤独のグルメに出演した幸町店の混雑は未だも、こちら千葉駅西口前のお店もまた、開店直後に席が埋まる大人気店

ですが、少し時間をずらすことが出来れば、今回の通り落ち着いた店内で、のんびりとランチを頂くことが出来てしまいます

 

近隣にお勤めの方ですと、昼休憩の時間をずらすというのも至難でしょうが、

そうでない方であれば、ちょっと時間をずらすだけで優雅な一時を過ごす事が可能となります

 

恐らく、お店側にとっても気が休まるでしょうし、なによりハンバーグと並ぶもう一つの看板メニュー、オムライスを頂く事も可能に

開店時に店内を賑わせたお客さんらが一周し出す、12:30以降の訪問をお勧めします。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ビストロ えびすや

■ びすとろ えびすや

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-7-13

■ 営業時間:11:30~14:00 / 18:00~23:00

■ 定休日:月曜日・第2日曜日・祝日ランチ

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。