本千葉駅から徒歩7分、来んさいやで頂くココ!うまーみん限定メニュー 辛シビ満載な広島風汁無し担々麺

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

大腸に疾患を抱え、入院すること約2週間

 

ようやくの退院となったものの

絶食期間も長く、体重は見事に7キロ痩せるものとなりまして

 

それに伴い、食もだいぶ細くなってしまったのですが

ようやく回復の兆候も見えだし、本日はお昼前に病院の方へ検診へ

 

 

検査の結果は良好とのお墨付きを頂き

食事制限等も全て解け、食欲の減退を除けば全て完全体へと復帰

 

そんなウキウキの状態で、本日向かった先は

入院していた病院からもすぐとなります、こちらのお店

本ブログでもお馴染み、広島カープファンの聖地こと

「広島お好み焼き 来んさいや」になります

 

親子三代ジャイアンツファンの私としては

ライバル関係にある同店ですが、シーズンが終われば同じプロ野球ファン

 

まして来年にはWBCも控えている事で

同じプロ野球を愛する身としては、様々語り合いたい所となりまして

 

・・・ではなく。

 

こちら来んさいやもまた、現在開催中となります

本ブログとまーみん麺TVとの共同開催企画

「ココ!うまーみんVol1」の参加店となりまして

※ まーみん麺TVへのチャンネル登録、お願い致します☆

 

前回足を運んだ、幕張の「中華そば たがや」に続く2軒目

こちら、来んさいやの限定メニューを頂くべく、本日はランチに足を運ぶものとなりました。

JR本千葉駅から徒歩7分、広島お好み焼き 来んさいやへ、ココ!うまーみん限定メニューを求め訪問

という訳で、本日足を運ぶものとなった

本千葉駅近く、末広街道沿いとなります「広島お好み焼き 来んさいや」

 

店名通り、こちらのお店は広島お好み焼きを中心とした

広島料理を味わう事が出来るお店となります

 

が、ラーメンWalker千葉版を始めとした専門誌にも掲載される通り

同店で提供している広島つけ麺は、専門店に勝るとも劣らない名物の1つ

 

また、今回の限定メニューとして提供される

「広島汁なし担々麺」についても、過去に提供していたことがありまして

 

過去に私もこちらで頂いた事がありますが

参照:カープファンの聖地、本千葉来んさいやに甘めな肉味噌に山椒響く、広島風汁無し担々麺が登場!⇒

 

同限定メニューを、よりクリスマス風にアレンジし

今回の企画へと参加頂くものとなりました

 

ちなみに現在、店主さんの体調不良などもあり

ランチ営業は土日のみとなっている同店

 

ちょうどこの日は土曜日となりまして

病院へと足を運んだ都合も相まって、同店の開店直後へお店を訪問

 

更にこの日は、今年最後の10日なのですが

ここ来んさいやでは、毎月10の付く日を

じゅうじゅうの日としまして、通常900円のお好み焼きを500円にて提供しております

 

その影響もあってか、まだお昼には時間ある11時台にも関わらず

店内には早くも、多くのお客さんが来店中

 

賑わいを見せている中、まだ空席となる

カウンター席の方へ案内されながら、まずはメニューをチェック

 

同店の通常メニューについては、過去の投稿をご参照頂くものとしまして

参照:広島お好み焼き 来んさいや うどんも選べてボリューム抜群、絶品お好み焼き⇒

 

本日のお目当てはもちろん、

この12月より開催となります企画の限定メニュー

こちら、ココ!うまーみんVol1となります

「刺激的クリスマス 来んさいや式広島汁なし担々麺」に他なりません

 

たっぷりのねぎと糸唐辛子の赤

緑と赤が並べば、それだけでもう気分はクリスマス

 

問題はこちらの品、汁なし担々麺といった性質上

麺を食べるのはモチロンとして、その後の〆追い飯までを食べて完成を迎える所でして

 

辛さ、シビレについては別のランチで頂き

体調的に問題無いことはすでに確認済み

 

ただ、麺からの追い飯までを今のお腹で堪能出来るか否か

ここが1つの焦点になってくる訳ですが

 

そんな食が細くなった現在の健康状態を気にしている中

更に追い打ちを掛けてくるのが、

こちら、鉄板の熱で美味しく温められたおでん達

 

週末の限定メニューとして提供を始めたのだそうですが

鶏つくねに牛たん串、練り物各種に玉子と、出汁の染み入ったおでんの美味しそうなこと

 

そんなおでんの誘惑をも受けるものとなりましたが

とりあえずは汁なし担々麺を頂き、現在のお腹具合を測るところからスタートして見ようと思います。

たっぷり葱に肉味噌が織り成す旨味の波状攻撃 辛シビ加減も絶好調な、来んさいや式汁なし担々麺

前述した通り、この日は10日とあって

早い時間からお好み焼きを求めるおきゃくさんで賑わう同店

 

加えて本日は、1人での訪問となりますので

鉄板を目の前とするカウンター席に陣取る私

 

食が細くなっているとは言え、お腹はしっかり空く訳で

空腹をこじらせる今、目の前に並ぶお好み焼きの美味しそうなこと

 

しかも本日は10日とあって、お値段もお値引き価格での提供

この美味しそうなお好み焼きの魅力に引き寄せられる中

 

注文より待つこと10分

お好み焼きの魅力に勝るとも劣らない、本日のランチが提供

こちらが、末広街道沿いの人気店

来んさいやにて頂く、来んさいや式汁なし担々麺になります

 

たっぷりの青ネギに糸唐辛子

玉子の黄身と三色が彩る丼ですが

 

その下には、担々麺らしい肉味噌もたんまり

これらとタレをしっかり絡める事で、完成を迎える担々麺となります

その美しい彩りをもう暫く愛でていたいものの

茹で立てアツアツの麺を絡めてこそ、より美味しさは増す品

 

心苦しく思いながらも、しっかり麺とタレらを絡めていきますと

この通り、下からはたっぷりの肉味噌が浮上

麺とねぎ、玉子に糸唐辛子も絡まり、より美味しさを増すばかり

 

それでは早速、麺の方から頂きますが、

ツルッとした心地良いのど越しで啜られる麺

 

ストレート麺ながらに、程よく肉味噌らとの絡み合いを見せており

小麦の香りと共に、肉味噌の持つ甘み、そして後味にピリッと残る辛味を感じさせます

 

が、広島の担々麺と言えば

コレに加わるシビレが特徴となるのですが

 

今のところ、山椒がもたらすシビレは届いて来ず

掻き混ぜ方が甘かったのかな、と更に掻き混ぜ様としたところ

 

『ゴメン、山椒忘れた!!』

とのひと言共に、店主さんの方から山椒を器に追加(笑)

 

このアットホームな感じもまた、同店の魅力であって

鉄板越しに伝わって来る、温かな人間味を感じずにはいられません

 

再度、山椒を加えた担々麺を頂きますが

そうそう、この後味に抜ける山椒の心地良い香り

 

これを味わってこそ、広島イズムを感じる担々麺になる訳で

辛さに肉味噌の甘みをも引き立てる、見事なバイプレーヤーになってきます

 

そんな旨味を形成する源となっているのが

こちらの肉味噌、そしてたっぷり入った青ネギ

 

ねぎのシャキッとした食感がアクセントになるのは勿論

麺全体に旨味を行き渡らせる、肉味噌の働きは欠かすことが出来ません

 

そんな肉味噌をより引き立ててくれるのが、

前述した山椒であり、そして唐辛子がもたらす辛味

 

同店の名物でもあるつけ麺の方は

だいぶ攻めた辛さで知られる品となりますが

 

対するこちらの汁なし担々麺は、ピリ辛程度の辛味になりまして

辛さは抑えられている上に、玉子の黄身がよりマイルドな味わいへと中和

 

それであっても、物足りなさを感じさせないのが

後味に香る、豊かな山椒の風味

 

三位一体で織り成す、甘み、辛味、シビれの調和によって

幾度と食べたくなる、食をそそるワルツを紡ぎ上げるものとなります

 

そんな担々麺を、最後の一口まで美味しく味わえるのは

こちらの〆ご飯

いわゆる追い飯の存在あってこそでして

 

ここ来んさいやの汁なし~もまた

一般的な汁なしに比べ、タレ&肉味噌の量が多めになっており

それであればこそ、たっぷりご飯を追い飯に追加しても

ご飯全体へと馴染んでいき、スッポリお米全体をコーティング

 

残るタレらを纏ったご飯ですが、

こんなのもう、説明不要ですよね

ウマい以外の表現が見当たらない絶品ぶり

 

程良い加減の辛味とシビレ

そして、たっぷり肉味噌にアレンジされたご飯の美味しさは別格

 

〆の追い飯であるにも関わらず

フロントとなる麺と比較しても、甲乙付けがたい美味しさに

 

やっぱりこの汁無しは

最後の追い飯までをも堪能して、完成を迎える最高の汁なし担々麺となりました

 

 

そんな担々麺に大満足を得たものの

やっぱり気になって止まないのが、目の前に並ぶおでん

 

本日のお腹との相談を繰り広げるも

未だ正解が分からない、現状に頭を抱えている中

お歳暮&快気祝いとばかりに

こちら、牛たん串と鶏のつくねをサービスにて頂いてしまうものとなりまして

 

有り難い2品のおでん、早速頂いていきますが

まずはこちらの牛たん串

 

牛たんならではのサッパリしつつも肉感を残した食感

ここに染み入るおでん出汁との調和が最高の一品

 

今がお昼である事を忘れ、早くも日本酒へと手を伸ばしたくなる

お酒のアテに頂くに際して、間違いなく絶好調を極めるおでん串になっております

 

続いてもうひと品、

こちらの鶏つくねになるのですが

これはイチからお店で仕込んでいる手作りとのこと

 

鶏をメインに少量の豚を合わせているのですが

アッサリした鶏挽き肉が、おでん出汁を吸い上げ旨味を増幅

 

鶏本来の美味しさに加えて、出汁の旨味が行き渡るものとなり

これも牛たん串に負けず劣らず、お酒が欲しくなる最高のおつまみに

 

加えて、玉子や練り物らも備わっており

これらおでんを、冷えた身体で摘まんだ日には、芯まで暖まること間違い無し

 

絶品担々麺をお目当てとしつつも

おでんにまで癒やされる、最高の一食となりました。

 

 

という訳で、この12月よりスタートとなった

本ブログとまーみん麺TVとの共同開催企画「ココ!うまーみん」

※ まーみんのYouTube、チャンネル登録お願いします☆

 

その第二弾として足を運ぶものとなった

本千葉駅近く、末広街道沿いの来んさいや

 

本日は同店の限定メニュー

「来んさいや式汁なし担々麺」を頂かせて貰いました

 

たっぷりのねぎと肉味噌

ほんのりした辛味に心地良いシビレとのマリアージュ

 

麺との絡みは当然のこと

〆の追い飯に至るまでも全力で楽しめる、最高の汁なし担々麺に

 

そんな担々麺だけでも大満足する中

目の前の鉄板では、美味しそうなお好み焼きが随時焼かれており

 

更には、鉄板で温められるアツアツのおでん

加えてこの日は、何故か大量のカレーまで仕込んでおりまして(笑)

 

目のやり場に困る程、店内どこを覗いても

「美味しい」が溢れかえっている来んさいや

 

ママ&マスターの人柄も最高となる同店

カープファンはもとより、ジャイアンツ愛に溢れる私もが虜となるお勧め店となります。

 

 

なお、これは超絶余談となるのですが

例年同店では年末に「カープ忘年会」が開催されておりまして

 

ただ、このイベントに参加できるのは

当然ながら広島カープのファンのみになっております

 

ただ来年はWBCを控えている事から

カープといわず、日本のプロ野球全体で盛り上がる機会があっても良いのでは無かろうか?

 

なんて話がきっかけかどうか分かりませんが

年明けとなる2023年初旬に

 

「2023年プロ野球を盛り上げよう新年会」

を、同店で開催しよう!なんて話が浮上しているとか、いないとか

 

まだ企画段階の話になりますし、私以外にどの程度

「プロ野球を応援&盛り上げよう」という同士が集まるか不明瞭となりますが

 

そんな企画もコッソリ進められそうな来んさいや

同企画にご興味あるかたいらっしゃいましたら、ぜひ私のTwitterまでリプ等でご連絡下さい

 

孤高の千葉グルメ Twitterはこちら⇒

(興味ある、参加したい!の声を多く頂ければ、開催の方向で進めてみたいと思います)

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

広島お好み焼き 来んさいや

■ ひろしまおこのみやき きんさいや

■ 住所:千葉県千葉市中央区末広1-16-24

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:00~23:00(現在ランチは土日のみ)

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。