孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉寺の人気店、もてなしやで海鮮ランチ 脂の乗った旬の鰹尽くし、戻りガツオのレアカツ・刺身御膳

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ここ最近、ラーメンに中華にと

脂質高めなランチが続いていたこともあり、本日の気分は和食モードに

 

とは言え、午前中から滴る雨に加えて

10月末とは言え、上がりきらない気温

 

温かいものを食べたい気分半分

美味しい鮮魚で、心中を温めたい気持ちも半分・・・

 

と、いずれにせよ

和食の中でも魚系に目星を付けてお店をリストアップ

 

その中で、まず浮かんできたのが

鮮魚と言えばお馴染み、千葉寺駅裏手にある「もてなしや」でして

 

カミさんにも相談した所、OKとの展開になり

事前に電話予約を入れることに

 

すると、以前は11:30オープンだった同店ですが

現在は12時オープンに変更されたとのこと

 

暫く足を運んで無かった間に、そんな展開になっていたとは・・・

空腹をこじらせている身としては悩むものの、一度出した決断は覆せず

 

泣く泣く、12時オープンを了承し予約を完了

そして迎えた12時、

本日のランチはこちら

千葉寺駅裏手となります「もてなしや」を久々訪れてみるものとなりました。

京成千葉寺駅すぐ、まぐろを始め美味しい鮮魚が盛り沢山、もてなしやへランチ訪問

11時少し手前に電話予約を入れ

その上で足を運ぶものとなった、千葉寺のもてなしや

 

ちなみに、同予約を入れた時点で

本日の空席はカウンターのみとのこと

 

緊急事態宣言や各種規制が明けたとはいえ

その人気ぶりは、相変わらずのものとなっております

 

 

時間ちょうどにお店へと入店すると

すでに店内は6割ほどが埋まっている大盛況

 

12時開店にはなるものの、それより先に訪れて居るお客さんの他、

テイクアウトを受取に来ている方も多いご様子

 

予約の旨を告げ、てっきりカウンター席に通されるもの・・・

と思ったら、店内奥の個室へとご案内される形に

 

4年ほど前にリニューアル&移転してきた同店ですが

考えてみれば、こちらの個室に案内されるのはこれが初

 

初めてお邪魔させて頂く、個室はというと・・・、

これまた・・・なんと言うべきか

なかなか趣味のカラーが強い、そんな飾り付け&装飾品が満載

 

慣れない雰囲気にドギマギしつつも、、まずはメニューから

久々となる同店のメニューですが、見た所大きな変化は見当たらずでして

 

1年・・・2年ぶりとなりますので

お値段については若干の変更が加えられている様に思いますが

 

パッと見た印象で、変更が加わった様子は無く

以前と変わらず、美味しい鮮魚を様々なメニュー構成で頂く事が可能に

 

また以前にも頂いている、

ランチ限定のお得なメニュー

「漬け三昧」も変わらず提供されており一安心

参照:千葉寺のもてなしやが、この秋よりメニュー刷新! ランチ限定の新メニュー「漬け三昧」⇒

 

上記したレギュラーメニューに加えて

鮮魚のお店らしく、旬のお魚を使った豪華な定食

その名も「戻り鰹のレアカツ・刺身」、が提供されております

 

さて、そんな品々並ぶもてなしやでのランチですが

いずれも捨てがたい品々となる訳で、悩みは深まるばかり…

 

ですが、予約を入れてまでの久々の訪問

ここは機会を逃さぬべく、ちょっと奮発しつつも「戻り鰹のレアカツ・刺身」を頂いてみる事に

 

そんな私に触発されたのか

カミさんの方も、せっかくならばと重い腰を上げ

こちら、お刺身に煮魚、焼き魚、漬け焼のいずれかを選択出来る他

 

お魚については、ぶり、サバ、銀だらから選択が可能となる

「特選御膳」を銀ダラの煮付けにて、それぞれオーダーするものとなりました。

今が旬となる脂の乗った戻り鰹が盛り沢山 もてなしやで頂く戻り鰹のレアカツ・刺身御膳

12時と同時に入店となった、本日のもてなしやでのランチ

 

前述した通り、すでに店内テーブル席、カウンター席共に埋まっている賑わいで

その後入店となったお客さんにて、12時5分を過ぎた頃には早くも満席

 

その間にも、テイクアウトの注文を入れているお客さんが来店しており

以前より大盛況だった店内ですが、それにも増しての忙しさを感じさせます

 

そんな状況とあってか、オーダーを取って貰うまでには時間が掛かったものの

以降は手早く調理が進められているようで、入店から20分弱で

まずはこちら、カミさんのオーダーした

「特選御膳(銀だらの煮付け)」が提供となりました

 

同品では、お刺身の他に焼き~煮付け等の魚料理を1品選択

ぶり、銀ダラ、サバから選べるものとなるのですが、

ついせんじつ、い志い食堂で銀ダラを食べたにも関わらず

またしてもこちら、銀だらの煮付けをオーダー

 

カミさん曰く

「間を空けずに食べた方が、食べ比べが出来る」との事でして

 

私には良く分からないのですが(笑)

まあ、さておき

 

そんな銀ダラと共に提供されるのが、

そう、この立派すぎるお刺身たち

中とろにぶり、サーモンに赤身ら全5品がたっぷり盛り付け

 

加えて小鉢3品にご飯、そしてお味噌汁と

お値段2,200円と高額にはなるものの、それにも納得の贅沢な御膳となります

 

そして遅れること1~2分

私の元に配膳されてきましたのがこちら、

これまた豪華な鰹三昧

その名も、戻り鰹のレアカツ・刺身御膳となります

 

まずはこちら、

レアカツからですが、その名の通り

外側は火が入っているものの、内側はしっかりレア感を残したカツ

 

続いてこちら、

戻り鰹のお刺身になります

 

一つ一つが大胆なほど大ぶりにカット

しかしながら、ツヤッツヤしたその身は、脂の乗りが満載である事を物語っております

 

そんな鰹のお刺身を頂くに当たっては、

生姜とにんにく、二種類の薬味も提供

 

加えて、ワサビにミョウガも盛り付けられており

たっぷりのお刺身が提供されるものの、様々な味変を楽しめる仕様に

 

そして、こちらの御膳にもまた

3品の小鉢、そしてお味噌汁がセットに

ちなみにお味噌汁はシジミになっております

 

それでは、まずお刺身の方から頂きますが

まずは一口、醤油のみで頂いてみる事に

 

その見た目からも、たいそうな脂の乗りであることは分かっていたものの

いざお箸で掴むと、その乗りに乗った脂で滑り落ちるほど

 

加えて、一枚一枚が大ぶりにカットされた贅沢な鰹ですが

口に入れれば、その脂の甘みに驚かされます

 

鰹特有の血なまぐささは一切感じず、

口内の温度でフワッととろける脂の甘み

 

ジワジワ広がる、不飽和脂肪酸を前に

一気にご飯を掻き込みたくなるほど

 

続いては、鰹と言えばお馴染み

おろしにんにくと共にお刺身を一口

 

元より臭みの無い鰹になるので、薬味の必要性は感じませんが

そうは言いつつも、にんにく醤油の美味さはやっぱり正義

 

そのままでもご飯にマッチするお刺身にはなりますが

にんにくによるガツンとした旨味と辛味が加わることで、よりご飯を欲するおかずに成長

 

そして、もう一つのメインとなるのが、

こちらのレアカツ

 

衣が薄付きなのも嬉しい所となりますが

これにはマヨネーズも共に提供されたので、そちらと共に一口

 

外見は火の入ったフンワリ食感

しかし、内に行けばとろけ出す脂と柔らかな歯触り

 

お刺身で頂く以上に脂が染み出ており

これまた異なる、鰹の魅力が味わえるひと品に

 

マヨネーズをトッピングしてしまったものの

どうやらこれは不要だった様で、もうそのままで十分なレアカツに仕上がっております

 

ちなみに、たっぷり過ぎるカツオのお刺身故

その一枚をカミさんのマグロ、サーモンとも交換してみたのですが

こちら、もてなしやといえば有名なのはマグロ

赤身から中とろ、大とろに至るまでいずれも絶品なのですが

 

本日、赤身を頂いたものの

これもまた、文句なしの美味しさとなっております

 

しかし、それ以上に驚きだったのが、本日のサーモン

もうこれぞとろサーモン、と呼びたくなるほど、つやっつやに脂をお刺身でして

 

サーモン特有の臭みも感じず、甘くとろける脂の旨味

カツオにマグロ、そしてサーモンと、いずれも異なる魅力を感じさせてくれる1食となりました。

 

 

そんな訳で、久々の和食を目当てに足を運んだ

千葉寺駅からすぐとなります、鮮魚自慢のお店、もてなしや

 

旬の食材満載となります

「戻り鰹のレアカツ・刺身御膳」を頂きましたが

 

その立派なお刺身に、たっぷりのレアカツと

今年一年分の戻りがつおを食べた、そんな満足感に浸れる1食に

 

その分、お値段も贅沢仕様にはなるものの

その金額を出したとして十分満足出来る、秋らしい1食を堪能させて貰いました

 

なお、本日は事前予約の上で訪問しておりますが

ランチ時は連日、同様の混雑ぶりになるとのこと

 

同店を訪問する際は、お昼時より時間をずらすか

もしくは事前に予約を入れた上での訪問をお勧めします。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

もてなしや

■ もてなしや

■ 住所:千葉県千葉市中央区千葉寺1193-6

■ 営業時間:12:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は営業し、翌火曜日)

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。