スポンサードリンク

マグロと海鮮丼の人気店 千葉寺のもてなしやが、この秋よりメニュー刷新! 1日10杯限定の新メニュー、驚愕ボリュームの「漬け三昧」に舌鼓!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

札幌から帰ってきて、早くも1週間が経過

北海道で散々、魚介を堪能してきたものの、その後1週間

「海鮮抜き」の生活を勝手ながら続けた事から、そろそろ魚介類が恋しいモードに

 

とはいえ、ランチで美味しい海鮮を頂けるお店が、地味に少ないのも千葉市の特徴

結果として、海鮮を目当てにすると真っ先に思い浮かび、そして足を運んでしまうのがこちら

京成千葉寺駅から徒歩3分

同駅の裏手となる住宅街にお店を構える、エリアきっての海鮮料理専門店、もてなしやとなります

 

女将さんの家業であるマグロを中心に、昼から豪勢かつリーズナブルな海鮮が頂ける同店

ですが、少し前に耳にした情報によると、どうやらこの秋よりメニューに変更が加わったとの話

 

大ボリュームの海鮮丼を始めとした、様々な魚介類を手軽に頂けることで人気を博していた同店ですが

この「メニューの変革」が、どちらに転ぶものとなるのかチェックすべく、お店を訪れてみるものとなりました。

千葉寺駅裏手の住宅街に、連日行列を作る人気店もてなしやが、この秋よりメニューを変更!?

そんな訳で、ガッツリ且つ美味しい海鮮類を頂くべく訪れた、千葉寺のもてなしや

前述したとおり、鮮度間違いなしの海鮮を、ガッツリ&リーズナブルに頂ける事で有名な同店

当然ながら、その触れ込みに恥じない人気店でもある事から、ランチながら当日の朝に予約を入れた上でお店を訪問

 

ちなみに、同店はランチでも予約が可能となっており、朝9時過ぎであれば、電話による当日予約も可能

近隣の奥様方などは、予約を入れた上での訪問が多く、時には予約で席が埋まる事もしばしばでして

こちらの様なカウンター席が設けられているので、開店直後の早い時間帯なら予約なしでの入店も可能ですが、

3名以上での訪問や、12時前後での訪問に関しては、事前の電話予約をお勧めします

 

そんな訳で、事前に予約を入れつつ、この日はテーブル席の方へ

まずは噂の「新メニュー」を確認するべく、目を向けていきますと

まずお出迎えしてくれるのは、鮪丼に海鮮丼

赤身から中トロ、中落ちと3種がそろっているのは以前と変わらず

 

ですが、これらのメニューをよく見てみると

6枚、8枚、16枚といった様に、鮪の枚数を変更できる模様

どうやら、ボリュームを調整し、それに合わせたお値段で丼をオーダーできる様になった様です

 

私なんぞは、もてなしや=ガッツリ食べる

を前提としてお店を訪れるので、極力、大ボリュームの品から選ぶものとなりますが

女性、しかも高齢層が多い同店のランチを踏まえれば、量と共に値段を調節できるシステムは、客層に見合った配慮と言えそうです

 

ただ、ボリュームを調整できるのは、看板メニューとなる鮪丼3品のみとなっており

そのお隣、海鮮丼やユッケ丼、炙り漬け丼らは、変わらずの品で提供されておりました

 

続くページですが、

こちらは、煮魚、焼き魚、漬け焼らの御膳メニュー

各単品にておかずを頂くメニューから、盛り合わせとなる特選御膳までがあり、この辺も以前と変わらない品々

 

更なるメニューに進みますと、

鮪を使った、その他の丼

更には、穴子やウナギ、ちらしに手ごね寿司などなど

 

そして、特選の名にふさわしい豪華な丼一覧には

・大トロ

・うなぎ&刺し盛り

・穴子&刺し盛り

などなどが名を連ねております

 

わがまま丼、天下一品は繁忙帯を過ぎた14時以降からオーダー可能なのも、以前同様

そして、単品メニューの方も

 

ざっと見たところでは、以前と比べても大きな違いは見受けられません

 

といったところが、この秋からの新メニューとなる様でして

ぱっと見の印象では、そこまで大きな変化は見当たらないかな・・・

 

と思ったものの、改めて以前のメニューと比較してみたところ、

千葉寺の人気ランチ、もてなしや! 千葉を代表する海鮮料理店の、豪華!!氷見産寒ブリの炙りブリ丼
12月に入り、日を追うごとに寒さが増し、外出すらする気が失せる中、せめてもの慰めとなるのが冬の味覚 冬を代表する味覚と言えば、 本マグロに平目、アンコウに鱈などなど、とにかく旬
2018-12-24 06:55

焼き物メニューがいくつか姿を消したのを始め、丼物も若干数がメニューから減った様子

 

最近は、LINE@で限定メニューの提供も行っている事から、メニュー数を絞り込んだ様に思われます

そんな中、これまでのメニューには無かった新作となるのがこちら、

ランチ限定のメニュー、漬け三昧

鮪にサーモン、カンパチにイカと、各種漬けが盛られた丼で、お値段はなんと1000円

 

写真で見る限り、なかなかのボリュームにも見受けられますが、これが1000円ならば間違いもなさそうな予感

ですが、こちらの品は限定10食とのこと

果たして、先着10名に入れるのか否か、運命のジャッジを迎えるものとなりました・・・

よりリーズナブル&ボリューム調整可能となったもてなしやで頂く、最強コスパメニュー「漬け三昧」に舌鼓!

この秋よりリニューアルされたメニューに目を向けながら、真っ先に目についたのが新メニューの「漬け三昧」

ただし、こちらの品は限定10食との事で、そのチャンスはリーズナブルなお値段通り狭き門となる模様

 

果たして、先着10名に滑り込めるか否か、恐る恐るオーダーを告げてみると・・・

 

・・・セーフ!!

こうして本日ランチは、もてなしやの新メニュー「漬け三昧」を頂くものとなりました

 

ちなみにこの日、お店を訪れた時刻は11:30を若干過ぎたところ

事前に予約を入れていたため、席は難なく確保されておりましたが、案の定、他のテーブルにも予約席が多数

飛び込みのお客さんが入店できる席は、カウンターを含め僅かとなっており、開店から15分を過ぎた頃には満席を迎えることに

 

メニューのリニューアルにより、品数こそ厳選されておりますが、その人気ぶりには一切の陰りを感じさせません

そんな混雑を迎える店内で、注文から待つ事10分少々

遠目からでも目を惹く、ずんぐりむっくり肥えた丼が、いよいよ到着

こちらが千葉寺の「もてなしや」がおもてなす、新メニュー

「漬け三昧」となります

 

メニュー写真は接写となっていたため、今ひとつボリューム加減を図りきれずにいましたが・・・

いや、実物を前にしてさすがにこの量は、圧巻の一言

 

鮪にカンパチ、サーモンにイカと、海鮮の種類こそ4品ですが、その量は丼全面を埋め尽くすフルサイズ

ガリはともかく、何故にかキムチが添えられているのは不思議な光景ですが、これも「もてなしや」がもたらす安心感があれば、受け入れられそうです(笑)

 

そして、1000円の限定ランチとはいえ、

海鮮の出汁が染み渡ったお味噌汁も、もちろんセットに

少量ながら、香の物も添えられ、その品揃えにも申し分はありません

 

それでは早速、丼の方へ

まず頂いてみるのは、もちろん鮪

 

赤身の持つ、ねっとりとした旨味がより濃厚にパワーアップ

醤油をベースにした甘めの漬けダレをしっかり纏い、素材の旨味と双方向に絡み合います

中トロの様な脂の旨味とは異なる、鮪本来の筋肉質な旨味が、漬け醤油によってしっかり引き出せています

 

続いて頂くのは、

こちらのサーモン

 

鮪とは打って変わり、こちらは脂質を蓄えた旨味を感じさせます

ただ、その脂質をしつこく感じさせないのもまた、漬け醤油のもたらす効果

たっぷりの脂を感じさせながら、後味をすっきりとさせ、ご飯にも合う甘みを与えてくれます

 

そして次は、

こちらのイカ

鮪らが大ぶりにカットされているため、一見は目立たないものの、これもまた良い味わい

ねっとりした食感が、漬けになる事で拍車をかけており、ご飯や他の海鮮との間をしっかり取り持ちます

バイプレーヤーと呼ぶに相応しい役職を担い、唯一無二の食感と共に、丼へアクセントを与える、正に名脇役

 

そして最後は、

こちらのカンパチ

季節的には名残の時期となりますが、今時期は脂が軽いだけに、漬けにもぴったり

軽やかな甘みと、白身特有、噛みしめるごとに増す旨味がマッチし、これもまた漬けに相応しいネタ選びとなっております

 

そんな感じで、1ネタずつ食べ比べてみたのも最初のみ

丼、そして海鮮丼である以上は、チビチビ摘まむよりもワシワシがっついてこそが真髄

という訳で、ここからは一気にブーストアップし、ワシワシと丼にしがみついてみたものの、

なかなか食べ進めたつもりで丼を見直すと、それでもまだ丼に半分のネタが残る程

 

そうなんです、この丼・・・

想像以上に膨大な量のネタが盛り付けられており、各海鮮の美味しさ以上に魅力を誇るのが、そのボリュームでして

 

ですが、ここで一役買っているのが、冒頭では「?」を感じさせた、あのキムチの存在

これがまた、甘めの漬け醤油と良い塩梅にマッチし、口直しにアクセントにと大活躍

漬け醤油の存在感が強すぎてしまい、どうしても一辺倒になりがちな味わいを、見事に味変させ、大ボリュームの漬け丼を飽きずに頂けてしまいます

 

また、各海鮮のカット、サイズも散り散りとなっており、これもまた食感に良いアクセントとして付随

単調になりがちな味わいならばこそ、様々な点に工夫が施された、贅沢極まりない漬け丼となりました

 

 

といった具合で、久々の訪問と共に新メニューを頂くものとなった、千葉寺のもてなしや

前述したとおり、今回頂いたのは1日10食限定となる「漬け三昧」となり、そのボリューム、味わいには大満足

 

しかし、それ以上に満足度を高めているのが、やはりお値段

上記した通りの特大ボリュームな海鮮丼ながら、そのお値段は1000円

 

チェーン店等であれば、同等のボリュームで同程度の価格となる海鮮丼も珍しくはありません

ですが、ここもてなしやはご存じの通り、女将さんの実家より仕入れる抜群の鮮魚が看板

 

それを惜しげも無く、丼いっぱいに盛り付けた漬け海鮮丼を、1000円で頂けてしまった日には、心も胸も躍るばかり

ボリュームに味わいに大満足も、価格面ではそれ以上の大大満足を得る海鮮ランチ、心より堪能させて頂きました、

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

もてなしや

■ もてなしや

■ 住所:千葉県千葉市中央区千葉寺1193-6

■ 営業時間:11:30~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は営業し、翌火曜日)

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。