スポンサードリンク

西千葉の裏路地で人気を誇る、もう一つの町中華、中華 一元を初訪問 予想を裏切る絶品餃子と共に頂く、焼肉ラーメン

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

土曜日ながら、子供は午前中より習い事へ

子供を迎えに西千葉へと出向きつつ、その足でランチもまとめて頂く事に

 

さて、西千葉駅界隈で頂くランチといえば、さすがにいい加減、ネタも尽きて・・・

来た様にも思うのですが、それでも掘れば掘る程に出てくるのが、学生の街西千葉のらしさ

 

この日もまた、残り僅かとなった未訪問のお店、その一つとなるこちら

黄色い看板に赤字で「定食とらーめん」を掲げる

「中華一元」となります

 

以前より気にかけていたお店の1つとなる一元ですが、

・外観から感じる入りづらさ

・近くにあるお気に入り店

などの影響?から、足を伸ばせずにいたお店

 

ただこの日は、私と子供、更にはカミさんと一家総出でのランチ

これら全員の需要を満たせるお店となれば、やはり町の中華屋さんこそが最適なお店

そんなこんなの流れで、満を持しての初訪問を果たすものとなったのです

 

お店の前には、以下の様なリーズナブルメニューも掲載されており、

昔ながらの中華屋さんといった風貌ではあるものの、

学生の街らしく、コスパ良好なボリュームある(っぽい?)メニューも多数提供

 

お値段、ボリューム面には文句なさそうな同店

さて、一体どんなメニューが提供されているのか、町の中華屋さんらしい尖ったメニューに期待を寄せ、いざお店の中へ。

学生街の西千葉でも随一?の入りにくさを誇る中華 一元へ、満を持しての初訪問

この日、お店を訪れた時刻は12時を少し回ったところ

普段なら昼真っ只中の繁忙帯となる同時間ですが、前述した通りこの日は土曜日

 

すぐ近くにある「ラーメン太陽」も、土日の昼時はのんびりしている様に、

本日訪れた「中華 一元」も、学生街の土曜日らしく、のんびりした時間が流れている事であろう・・・

と、勝手ながらイメージしながらお店を覗くと、店内には大量の学生が(汗)

 

外から見るよりも広い作りとなる同店は、入って右手に小上がり席

正面にはテーブル&カウンター席といった作りとなっており、各席数は

・小上がり席 → 18~20名

・テーブル席 → 12名

・カウンター席 → 6名

ほどが収容できる広い作り

 

ですが、うち小上がり席の方は、学生らで満席に

テーブル席も、店内入ってすぐの1席を残すのみで、残る空席はカウンターのみといった大盛況

 

それもそのはず、この日は10月後半の土曜日

十日後には、千葉大の文化祭を控えている時期となり、学生にとっても大賑わいの時期にダダ被りなのです

 

かろうじて席に空きはあったものの、見渡す限り、学生らの席にはまだ、オーダーの提供も済んでいない様子

20名近い先客のオーダーを終えてからの提供とあっては、相当時間を待ちそうに思い、二の足を踏んでいるところへ女将さん?が登場

 

3名で訪問した私たちの姿を発見するやいなや

『こちらの席、どうぞ~』と、愛想良い笑顔で一声

こうも感じ良くお店へ通されてしまっては、後にも引けず・・・

タイミングを見誤ったことを反省しつつ、時間がかかる事を覚悟しながら席へかけるものとなりました

 

多数の学生が押し寄せている雰囲気に始まり、

店内の本棚に並ぶ

・美味しんぼ

・ゴルゴ13

・使いかけの詰め替え用ティッシュ(×8個)

の数々

 

更には、

2席のテーブルをまたがり、その間を橋渡しするがごとく置かれた、お水用のグラス

これぞまさしく町中華、と呼ぶべき光景が、至る所に散在しております

 

しかし、そんなお店でありながらも、これまた学生街という立地からか

お会計には「PayPay」による決済が導入されており、お客さんの多くも同決済を利用

 

こう言っちゃナンですが、明らかに電子マネーとは縁遠そうなご年配の夫婦にも女将さんは

『お支払いは?PayPayにしますか??』と尋ねているなど、電子マネー決済が標準化されている用にも見受けられます

※ もちろんこちらのご夫婦は、現金払いで帰って行かれました

 

さて、そんなお店の気になるメニューはというと、

まず麺類の方は、中華料理店らしいラインナップ

半ラーメン400円という激安な価格から始まり、定番の麺類その大半は700円前後

五目そばに広東麺らを気にかけながら、特に興味をそそったのが焼肉らーめん

 

続くご飯類も、良い意味で定番がひとしきり揃うメニュー構成

チャーハンに中華丼はもちろん、町中華らしくカレーやカツ丼までもが名を連ねます

 

その下に行くと、今度は一品料理へ

餃子や鶏の唐揚げは、それぞれ3個、2個から注文可能となる他、

・炒め物各種

・点心各種

・チキン&メンチカツ

までもが揃う、定食屋さんらしい一面も見せております

 

続いて裏面に向かうと、

これはもう、中華料理店の域を飛び越え、完全に定食屋さん

餃子やコロッケが主役となる定食(650円)から始まり、先ほど目にした一品料理の殆どが定食としても提供

更には、人気とおぼしきおかず類やチャーハンなどに、餃子や唐揚げを加えた、ボリューミーな定食類までもが記載

 

更には、各定食にプラスをお勧めされる納豆、冷や奴などもメニューに加わり、その数は・・・

いちいち数えるのもどうかと思いますので割愛しますが、とにかくこの充実した品揃えこそ、町中華の鏡ともいうべき品数

そして、全てのメニューをPayPayで支払えば5%還元というキャッシュレス化の波にもしっかり便乗しております

 

そんな数多くのメニューを前にし、頭を抱える事数分

やはり、最初の衝撃を忘れる事が出来ず、この日のオーダーは

・焼肉らーめん

・餃子

を頂いてみる事に

 

なお、子供とカミさんの方は

・コロッケ定食

・麻婆なす定食

を、それぞれオーダーするものとなりました。

老舗?らしさと近代要素の融合する学生街の町中華で頂く、禁断過ぎる焼肉ラーメン そして餃子は・・!?

注文を終えたところで、時計の針は12時半にさしかかろうとする頃

店内の小上がり席は、前述した通り多くの学生でひしめき合う状態

 

一方、テーブル席の方には、私たち以外にも一般のお客さんが訪れており、

更には、私たちより遅れ入ってきたお客さんもカウンター席へ通され、広い店内ながらほぼ満席に

 

大通り沿いでは無い上に、西千葉駅からも離れた立地

(京成みどり台駅との、ほぼ中間地点で、両駅どちらからも徒歩5~6分)

加えて、外から見る限りは入りづらさを感じてしまう、その佇まい故に長らく未訪問でしたが、よもやこれ程の人気店が存在したとは

 

ただ、その人気ぶり故に浮かぶ疑念

それが、調理にかかるであろう時間、となるのです

 

この日、厨房に入っていたのは男性のスタッフさん

ホールとお会計、調理も女将さんが手がけているものの、これだけ忙しい店内の調理を、2名体制で賄っているのです

 

私たちより、一足先に入店している学生は、20名ほど

しかも、その殆どの前には、未だランチの供給が行われていないのですから、パッと見の印象ながら、これは30分

いや1時間近く掛かってしまう事も、十分予想できる忙しさでは無かろうか?

 

そんな懸念を抱きながら、待つ事20分少々

予想を裏切る手早さで、まず提供されてきたのがこちら、

子供の注文した、コロッケ定食となります

揚げ物といった性質上、同タイミングで重なったオーダーと同時に揚げられたのか?

予想を大きく裏切る、好成績(とは言っても、オーダーから20分後ですが)でテーブル前に

 

その跡を追うかのタイミングで、

今度は、カミさんのオーダーした麻婆なす定食もテーブルの方へ

※ こちらに置かれているティッシュのゴミは、カミさんが置いたものでして、お店からの提供ではございません(笑)

 

私がイメージしていたよりも、圧倒的に早い両品の配膳

見過ごしている間に、いつの間にか学生の方へも全品提供が終わっていた?

 

そんな馬鹿な・・・と、小上がり席の方へ目を向けますが

うん、やはり殆どのテーブルには、まだ配膳は済んでいないまま

 

私たちよりも先に到着していた学生達ですが、もしやここのお店

わざわざ気を遣い、学生さんを後回しにし、それ以外のお客さんを優先して提供を行っている?

 

その真偽が定かではないものの、やはり学生席よりも早く、私の方にもオーダーの品が到着

西千葉の中華 一元にて頂く本日のランチ

・焼肉らーめん

・餃子(5個)

以上の2品となります

 

注文から30分弱で提供となったこちらの2品

まず焼肉らーめんですが、

そのネーミングを宿すお店は数あれど、提供される品の姿形はお店によって千差万別

それ故に、お店の特徴が顕著に伝わるのも、同品の特徴となります

 

さて、ここ中華一元で提供される焼肉らーめんについて、

スープの方は鶏ガラ系をベースにした、シンプルな醤油スープ

 

そこに浮かぶのが焼肉となるのですが、野菜等は添えられておらず、シンプルに焼かれた豚肉が3枚程トッピング

更にはわかめ、メンマ、もやしらが添えられており、昔ながらの醤油ラーメンといった出で立ちとなっております

 

それではまず、スープの方から

前述した通り、シンプルな醤油ラーメン

ですが、トッピングされている焼肉から染み出る脂の旨味、焼き目から流れる香ばしさらがスープに同梱

これによって、シンプルな醤油スープに、肉の旨味や香りが加わり、なかなか面白い風味豊かな味わいに仕上がっています

 

そんなスープと絡み合う麺の方は、

こちらもシンプル、昔ながらの中細ストレート麺

スープとの絡みはほどほど、といった具合ですが、このクセが無いシンプルさこそ、町の中華屋さんらしさでしょう

 

さあ、そして

本ラーメンを彩る主役、焼肉の登場となります

使用されているのは肩ロースと思われ、厚みはなかなか

恐らくは、生姜焼きらに利用しているロースを、こちらにも採用しているものと思われます

 

その厚み故、ラーメンのトッピングとして頂くには、ちょっと骨が折れる固さ

また、至ってシンプルな「焼く」行程に加え、若干の味付けがなされているようですが、その殆どの旨味はスープの方へ

結果として、こちらの焼肉から感じる味わいは、素材そのものの味わいのみといった形に

 

もしこの焼肉が、野菜らと共に同封するタイプであれば、もっと濃い味付けがなされ

その味わいがスープらとも一体化しているのでしょうが、前述した通り、同トッピングは豚肉のみ

 

その潔いシンプルさ故か、焼肉という名に偽りこそ無いものの、

その商品名からイメージする程のパンチある品では無く、むしろ控えめで上品な味わいとも言えます

 

脇を彩るトッピングらも謙虚なもので、

メンマこそ、大ぶりで存在感を見せてくれるものの、

わかめにもやしと、シンプルな醤油ラーメンの味わいを邪魔しないトッピングたち

派手さこそ無いものの、実直で昔懐かしいラーメンを共に作り上げております

 

そんな感じで、いわゆるガッツリした焼肉感を得るものでは無かった焼肉らーめん

これはこれで、ファンが多そうな味わいではあるものの、個人的には重さとパンチを期待しただけに、若干無念なところも

ですが、そんな無念さを一瞬にして忘れさせてくれたのがこちら、

ラーメンと共に頂くべくオーダーした、サイドメニュー

焼き餃子となります

 

見た目としては、小ぶりで焼き目しっかりした、ごく標準的な餃子

 

ですが、これが予想外と言うべきか

良い意味でで期待を裏切る、絶品な一品だったのです

 

餡は野菜多めながらジューシーで、スープの様に旨味がしたたるタイプ

香味野菜がバランス良く配合されており、これらと野菜が、見事な旨味を作り出しています

 

カリッと焼かれた皮目と、野菜の旨味流れる餡とのコントラストが秀逸で、サイドメニューはもちろん、ご飯のお供にも最適

よく見ると、裏の席にいる学生達には同店の「餃子定食」を頼んでいる子らも多く、隠れた人気メニューである事が伝わりました

 

 

といった具合に、ようやくの初訪問で、その全体像が見えだしてきた、西千葉の中華 一元

昔懐かしい、大衆中華料理店の様な面影を残しつつも、その中には名物もチラホラ見え隠れする、正に町の人気中華料理店

その名にふさわしい値段のお手軽さは勿論、学生には嬉しい増量サービスなども提供される、学生街の人気店らしさを感じました

 

なお、私たちの後に入店した一般のお客さんもまた、団体で詰め寄せている学生らよりも一足先に配膳されており

学生にはサービスが用意されている反面、商品の提供はちょっと遅れる、といった不文律が設けられている様子

 

加えてお会計時には、これまた女将さんより

『PayPayで宜しいかしら?』と声をかけられるなど、ノスタルジーの中に先端技術を垣間見るものとなりました(笑)

※ ちなみにこの日は、PayPayにチャージしておらず、現金払いとなりました

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

中華 一元

■ ちゅうか いちげん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区緑町1-25-8

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:00~22:00

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。