スポンサードリンク

JR稲毛駅前で頂く、最高すぎるスパイスカレー カレーレストラン シバの、辛さと甘さが引き合うラム&ベジカレーセット 実はキッズメニューも凄かった!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

前日の夜、

「林先生の初耳学」を見ていた影響で、体が完全にスパイスを欲するモードに

 

スパイスを美味しく味わうといえば、真っ先に思い浮かぶのは、やはりカレー

ご存じの通り、市内には数多くのインド・ネパール系カレー店があり、一見すれば目的も即、叶いそうなもの

 

ですが、前日にTVで目にしていたスパイスカレーは、シンプルなカレーには留まらず、一癖ある有名店ばかり

同店らと比較する訳ではありませんが、この日の私が欲している、スパイスの香りや風味がガツンと伝わる品と言えば・・・

 

思い浮かぶお店は、ここしかありません

JR稲毛駅からすぐそば

同駅高架下沿いにお店を構える、稲毛が誇る老舗の人気カレー店、シバとなります

 

という訳でこの日のランチは、厳選されたスパイスらの豊かな風味のマリアージュを堪能すべく、ここシバにて久々のランチを頂くものとなりました。

稲毛を代表するスパイスカレーの大人気店 カレーレストランシバへ食べログ百名店入り後、初訪問

千葉市が誇る、二大老舗カレー店

ひとつは、千葉市民の多くが知る検見川の超人気店、シタール

 

同店と並び、古くから千葉にスパイスカレーの文化を根付かせ

本年はいよいよ、食べログの百名店にも選ばれる様になった、名実ともに人気を誇るカレー店

それがJR稲毛駅すぐ近くのお店、カレーレストランシバとなります

 

今の様にインド・ネパール系カレー店が市内に増える以前から、

私自身も長らく通ってきた、お気に入りカレー店の1つとなる同店

 

勝手ながら、本ブログがお勧めする「稲毛駅近くで頂く厳選ランチ」

【絶品!】稲毛駅周辺のお勧めランチ 駅から徒歩圏で食べられるお勧め店10選 新たな発見も!?
近年、出ては消え・・・出ては消え・・・と、乱立するまとめサイト それらの中でも、多くの飲食店情報がまとめられていながら、大多数は ・既に閉店した店 ・食べても無いのに勧めてる
2018-09-16 07:31

その一軒にも数えさせて頂いている、そんなお店となります

 

数あるインド系カレー店ですが、それらと比較し、同店の特徴となるのは、選択できるメニューの数

インド・ネパール系カレーに分類されるお店の多くは、トッピングのバリエーション等で数十種のカレーを頂く事が可能ではあるのですが

その多くは、ベースのカレーが同じ味わいとなっており、若干の差異こそあれど、スパイスらによる味の変化には乏しいお店が中心

 

一方、ここシバで提供されるカレーは、同系他店と比較し、品数は決して多くありません

ですが、提供されるカレー1つ1つが

「全く違う」味わい、風味、辛味、香りを提供する、スパイスの配合そのものから異なるカレーばかり

 

そのため、足を運び、カレーを頂くたびに、全く異なるスパイスとの出会いが得られる

これが、シバの持つ大きな魅力となります

 

また、インド系カレー店の多くが、ナンと共に頂く事を前提にしているのに対し

ここシバでは、ナンは提供されず、ご飯と共に頂く事を前提としたカレーが中心

そのため、カレーは勿論、ご飯に様々なバリエーションを持たせているのも特徴の一つとなります

 

 

ただ、そのスパイスへの拘りの強さもあってか

私が知る限り、同店のカレーには「子供用」としてオーダーできそうなカレーが無い

そんな認識もあり、近年は訪問機会が少ない傾向に

 

とは言え、子供が成長と共に少しずつ、辛いものを食べられる様になってきた事から

「そろそろデビューできるんじゃね?」

といった根拠の乏しい予測を打ち立てながら、この日は子供とカミさんを伴い、シバを訪れるものとなりました

 

そんなシバのメニューですが、前回の訪問から約1年ぶりでしょうか

少し間が空いた間に、メニューにも変更が加えられている様子

 

メインとなっているカレーは以下の通りで、

・チキンカレー(シバの定番で、シャープな辛味あるカレー)

・ベンガルチキンカレー(ココナッツの風味が加わった、マイルド系)

・ビーフカレー(コクある甘口、辛口でのオーダーは不可)

 

これら3品のカレーを軸にしながら、

・追加のベジカレー

・サイドメニューの追加

・ライスの変更

などにて、細かなセット内容の変更が可能となっております

 

上記に加え、翌ページの方では

・ラムカレー(シバNO1の激辛スパイス仕立て)

・モロヘイヤカレー(シバのオリジナル、チキンベースのとろとろカレー)

・チャナマサーラカレー(ひよこ豆のベジカレー)

 

といった品々も提供され、これらもまた先ほど同様、

サイドメニューや追加のベジカレーで、バリエーションを広げる事が可能に

 

そしてもう1ページ、

・シュリンプカレー(シーフード系の激辛カレー)

・ココナッツシュリンプカレー(ココナッツミルク&ヨーグルトのやや辛口)

といった品が並び、これまたそれぞれに、細かな組み合わせを選ぶ事が可能となります

 

その他、サイドメニューや

こちらのドリンクメニューへと続くものとなっており、

 

更には、シバもう一つの名物とも言うべき、私のお気に入りがこちら、

ドライカレーに、更なる追いカレーをONしてしまう

・エビのドライカレー(ベジカレー)

・ひじきのドライカレー(ベジカレー)

・ムルギランチ(フライドライス&コールマンチキンカレー&ベジカレー)

これらの3品

 

エビ&ひじきは味わった事があるものの、ムルギランチは初めて目にした品

恐らく、メニューの変更と共に加わった新メニューという事でしょうか?

 

上記の他、キーマカレーなどがメニューから姿を消しておりますが、

その分、組み合わせのバリエーションは以前にも増して豊富になった様子となる、シバの現在のメニュー

 

そして、今回初めて子連れでの訪問を試したところ、

こちらにはまさかの、子供用メニューが登場!

お子さん連れのテーブルにのみ提供していた事から、これまで気づかずにいましたが、キッズメニューもしっかり完備

しかも、ベンガルチキン、チャナマサラ、ビーフカレーなど、カレーの選択も可能となっております

 

予定に無かった新メニュー、更にはキッズメニューの登場に戸惑いつつ

本日の目的が、スパイスの風味と辛味をガッツリ味わえるカレーである事を思い出し

同店NO1の激辛仕立てとされる「ベジ&ラムスパイスカレー」を頂く事に

 

なお、カミさんの方は、昨夜同じ番組を見ていたにも関わらず

「ココナッツ系のカレーが食べたい」と、全く異なる印象を受けた様で

その影響から「ベジ&シュリンプカレー」をオーダー

 

そして子供は「キッズベンガルカレー」を、それぞれオーダーするものとなりました

久々のシバ、若干のメニュー変更はあれども人気メニューは健在! シバはキッズカレーも豪華だった!!

久々の訪問となり、予想外のメニュー変更に戸惑いつつも、

看板メニューであるカレー各種を残しつつ、細かな組み合わせ内容の変更に安堵した、シバでのランチ

 

この日、お店を訪れた時刻は11時を少し回ったところ

普段は11:30開店となる同店ですが、この日は祝日となるため、30分早い11時にお店がオープン

 

開店からほど無い時間に入店したものの、すでに先客は2組が来店中

お隣の駅にある人気店と比較し、並ばずとも入店できるのが同店の魅力ですが、

ついに百名店入りしてしまったとあっては、この落ち着いた状況もいつまで続くか、長らくのファンとしては不安にも感じます

 

注文から待つ事10分程

まず先に提供されたのが子供のオーダーしたキッズメニュー、

ターメリックライスが、顔のようにも見える可愛らしい盛り付け

ベンガルチキンカレーとなります

 

通常のベンガルチキンは辛味が特徴ですが、こちらはキッズメニューという事で辛さは無し

セットには、サグ入りのダールスープも添えられております

 

同品から遅れる事5分程で提供された、本日のランチ

こちらが、稲毛駅すぐそばのシバにて頂く

「ベジ&ラムスパイスカレーセット」となります

 

平皿にたっぷり盛られた、ターメリックライス

カレーは2種類、それぞれが別のソースポットに盛り付けられて提供されるのですが・・・

このサイズ感がまた絶妙で、どう並べても、1枚の写真に美味しそうにまとめきれず(汗)

 

見た目的には辛さを感じる、手前がベジカレー

ただしこちらの赤身は、トマトから来るものとなっており、辛味はほぼ感じさせません

 

一方、その見た目からは辛さを感じさせないものの

近づいただけで、スパイスの香りが音を立てて木霊する、辛味全開のラムカレー

野菜やトマトの甘みを感じるベジと、スパイスと辛味全開のラムとの共演、間違いなく心躍ります

 

その一方で、ココナッツに惹かれたカミさんがオーダーしたのはこちら、

ベジ&シュリンプカレーとなります

ベジ&ラム同様、丁重にソースポットへ盛り付けられており、これまた写真へ収めるには手こずるサイズ

 

ラム同様、辛口仕上げのシュリンプカレーですが、こちらにはパクチー

更には、ココナッツファインがふんだんに盛り付けられ、辛味を抑えながら頂ける仕様となっております

 

それではまず、スパイス控えめなこちら

ベジカレーの方から

カレーソースにはトマトがたっぷり使われた赤身仕立て

トッピングには、茄子にピーマン、じゃがいもなどが添えられ、ボリューム感をアップ

 

酸味と甘みがカレーのベースになっているものの、

スパイスがもたらす香りや風味もしっかり伝わってきます

なにより程良い酸味が、ご飯によくマッチし、野菜好きならこれでも大満足できるひと品でしょう

 

ですが、ご存じの通り、これでは満足できないのが肉党党首、そう・・・私

ベジカレーのヘルシー度合いには体が喜ぶ反面

喜びだけでは生きていけないのもまた、人の性というもの

 

抗酸化作用抜群のトマト仕立てなベジカレー

それと共に頂く、体の抗酸化にあらがう(実際、そんな事は無いけど)カレーがこちら

ラムスパイスカレーとなります

先ほどのベジカレーと比較し、見た目的には辛味を感じさせない様相

ですが、ソースポットを目の前にして漂う、スパイスの香りは間違いなく強者の風格

 

そんなカレーを、ラムと共にご飯の方へ

スプーンで触れても分かる、そのラム肉の柔らかさ

そして、漂う香りを楽しみながら口の中へ

 

まず広がっていくのが、豊かな風味

細かなスパイスの分類は出来ないものの、甘みとほろっとした苦みが、香り豊かに広がっていきます

 

その奥からは、ラムの味わいと、脂のもたらす旨味が顔を出します

トマトによる抗酸化にあらがうなんて以ての外、トマトとは異なるベクトルで抗酸化を進めてくれる様な、体に優しい脂質の旨味が出現

 

しかし、それらを覆い隠すがごとく押し寄せるのが、最後に待ち構える辛味

つんざく様な辛味でこそ無いものの、一度口の中に運べば君臨し、そこを我が城とする様な図々しさを発揮

 

しかし、この辛味があってこそのスパイスカレーであって

それを感じさせない、ベジカレーのみでは満足できないのが私

ラムスパイスのもたらす辛味になら、たとえ蹂躙されようとも、それを良しとしてしまう自分に気付かされます

 

甘さと酸味、コクと辛味、異なるベクトルを強調する2種のカレー

どちらも全く異なる表情を見せ、食べ手を飽きさせない一方

 

この2つのカレーが、最大の見せ場を発揮するのが、そう

 

こちら、相掛けの瞬間となるのです

 

人が感じる味覚、五味全てを併せ持った、ベジ&ラムの相掛け

辛さで押さえつけようとするラムスパイスに相反し、甘みと酸味で骨抜きにするベジカレー

 

まるで北風と太陽の様に、強弱をもって食べ手を襲うスパイスの力を前に、思わず服を脱ぎ捨ててしまいそうな程の多幸感

個々の持つ魅力もさることながら、相反する二つのカレーが織りなす旨味の増幅は、メドローア(火と氷の合成呪文)の様に響き渡るものとなりました

 

 

前日に目にしたTVの影響で、スパイスと辛味を求め訪れた、稲毛のシバ

結果としては、私の期待・・・いや期待を大きく上回る形で、同店の織りなすスパイスマジックを心ゆくまで堪能

それと共に、同地では老舗と呼ぶに相応しいお店ながらも、未だ更なる高みを目指しパワーアップしている様な、頼もしさをも感じられました

 

同店の提供するカレーについては、おおよそ食べ尽くしたつもりでいたものの

メニューの変更に伴い、新たに加わった品はもちろん、サイドメニューや異なるご飯との組み合わせで、その食べ方は千差万別にも

私ごときが語るには、まだまだ奥深すぎるスパイスのもたらす妙を味わうべく、しばらく通い詰めたい

そんなお店への、久々となる再訪となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

カレーレストラン シバ

■ かれーれすとらん しば

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-19-15 mfビル 1F

■ 営業時間:11:30~15:30 / 17:00~21:30(土日・祝は11:00~)

■ 定休日:水曜日・不定休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。