孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

JR東千葉駅近く、長寿庵 院内店 お蕎麦屋さんならではの豪快カツカレーにサバみそ定食ら絶品揃い

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は日曜日ながら、子供は朝から学校の課題三昧

そちらの終わりを待ってからのランチ出発となり、気付けば12時手前

 

欲を言えば土曜・日曜日だけのお楽しみとなります

「大島屋」のカツ丼を食べに行きたかったのですが、すでにこの時間では時遅し

 

また、午後は午後とてやるべきタスクが山積みとなる事から

ご近所にて、大島屋に代わる代替案を・・・

 

いや、大島屋に取って代われるカツ丼は思い浮かばず

今日の所はカツ丼を一旦保留とし、昂ぶる欲求のみを鎮められる代案を探すことに

 

そこで白羽の矢が立ったのがこちらのお店

千葉市内ではお馴染みのお蕎麦屋さんとなる長寿庵、その院内店

ラーメン好きの中では「ラーメン屋さん」としても親しまれる同店を、久々訪れるものとなりました。

ラーメンが美味しいお蕎麦屋さんでお馴染み、JR東千葉駅近くの長寿庵 院内店へランチ訪問

少し遅めの出発となり、12時を回りお店へ着くものとなった、長寿庵 院内店

お店の両隣が駐車場となる同店ですが、本日はすでに停車済み

 

とは言え、斜めお向かいのコインパーキング(1時間100円)を始め

格安コインパーキングの多い、栄町~院内エリア

 

そちらに車を停めながら、お店を訪れることに

 

すでに先客が2組となる店内ですが、

ウチひと組は食事を終え、退店するタイミング

 

土日の昼時には忙しい印象の同店でしたが

本日はイイ感じのスキマ時間にお店を訪れることに成功となりました

 

 

さて、本日訪れた長寿庵 院内店

千葉市内には数多くの「長寿庵」がありまして

 

その総本山となるのは、西千葉駅と千葉駅

同中間となる中央区松波の「長寿庵 本店」となります

参照:松波の長寿庵本店で頂く、とにかくデカい!超絶大盛り鴨せいろ ⇒

 

同店を始め、市内に多数の長寿庵があるものの

その特色は全てお店によって大きく異なるのも長寿庵のらしさでして

 

ここ、長寿庵 院内店もまた

他の長寿庵には無い、院内店ならではの特徴が多数

 

中でも、同店を語る上で話題に挙がるのが

前述した通り、お蕎麦屋さんでありながら

「ラーメン」が美味しい事で知られている点となります

 

過去には私も頂いた事がある同店のラーメンですが

その最大の理由となるのが、

こちら、冷やしメニューの説明をするメニュー上に

コッソリ書き足されている「自家製麺」が同店の特徴でもありまして

 

お蕎麦屋さんながらに、自家製麺のラーメンが頂ける

それが、長寿庵 院内店ならではの特徴となります

 

とは言え、本業はお蕎麦屋さんなのもまた事実

メニューの方にはしっかり、

蕎麦にうどんに、各品が記されるものの

やっぱり気になるのが、中華のメニュー

 

600円の中華そばから始まり、五目中華にチャーシューメン

ちゃんぽん、タンメン、冷やし中華と多彩なラインナップ

 

もちろん、メニューはまだまだ続いており、

 

裏面に移ると今度は、冷たいそば、うどん

 

更にご飯ものも並ぶのですが

こちらには、カレーに焼肉丼、更にはサバみそ定食も並ぶものとなります

 

そんな多彩なメニューが並ぶ長寿庵 院内店

本日もまた、ラーメンが候補に浮かぶものとなった・・・

 

のですが、冒頭でも触れた通り、本日はカツ丼の気分で1日がスタート

かといって、ここ長寿庵でカツ丼を頂いてしまえば、それもまた難しい判断をせねばなりません

 

豚カツを食べたい欲求、でも満たしきらない中間策

それを練った結果、本日のオーダーは「カツカレー」を頂いてみる事に

 

なお、同伴したカミさん&子供は

サバ味噌定食と玉子丼(ハーフ)をそれぞれオーダーするものとなりました。

これぞお蕎麦屋さんのカレーライス!を地でいく一皿、長寿庵 院内店で頂く昔懐かしのカツカレー

入店した時点では、先客1組のみとなっていた、長寿庵 院内店

日曜日のお昼時にしては、珍しい静けさ・・・

 

と思いきや、その直後に3名のご家族連れ

更に後を追って、団体さんやお一人のお客さんも続々入店

 

アッという間に、いつも通りの賑わいぶりを見えるものとなった同店ですが

まず最初に提供となったのは、こちら

子供のオーダーした「たまご丼」のハーフから

 

ハーフ、とは言っているものの

実際の所、しっかりした丼での提供となりまして

 

具材は玉ねぎなるとの細切りとシンプルですが

出汁と共に閉じられた、トロトロ玉子が食欲を掻き立てます

 

続いて提供となったのが、

こちら、カミさんのオーダーしたサバ味噌定食

 

出汁で割った味噌がしっかり染みこんだ、サバの味噌煮

ホロホロと柔らかく仕上がっており、程良い塩味がご飯の進む味付けとなります

 

なお、同写真上ではご飯が掲載されていないのですが

こちらの品と共に提供されたご飯が、丼一杯のデカ盛りでして

 

さすがに食べきれない、と踏んだカミさんが

「ご飯の量を減らして貰って良いですか?」と、一旦ご飯の量を調節していただくことに

 

減らして戻って来たご飯ではあるものの

それでも一般的な大盛りご飯と、とにかく嬉しいサービス付きとなります

 

 

そして最後に提供となりましたのがこちら、

本日、私のオーダーしました

長寿庵 院内店にて頂く、カツカレーとなります

 

同店のカレーにはハーフサイズもあることから

ラーメンと共にカレー(ハーフ)を頂いた事はあるものの

 

フルサイズ、更にはカツをトッピングしての

「カツカレー」はこれが初めての注文

 

また、同品と共に提供されるのが

ソース、そしてグラスに入ったスプーン

正に昭和イズムを感じるカツカレーの提供スタイルですが

この正装を初めて目にした子供は、とにかく興味津々

 

カレーにソースなの?

なんでコップにスプーン??

 

と、昭和の大衆蕎麦店が織り成す儀式・・・

いや、様式と呼ぶべきでしょうか

 

いずれにせよ、令和の今となっては目にすることの少ないスタイル

これを目にさせ、次の世代に継いで貰いたい文化なのかと

 

さて、そんなソースと共に提供されるカレーですが

もちろん、いの一番にソースを投入

これぞお蕎麦屋さんのカレーライスといった出来映えとなりました

 

それでは、まずカレーから頂きますが、

モッタリとしたとろみの強いカレー

甘みから先行してくるものの、その後を追い僅かに感じる辛味

 

更には、ソースが織り成す甘みと酸味

加えて、出汁の旨味も加わる、和食要素を盛り込んだ和製カレーそのもの

 

具材は玉ねぎが大半を締めるものとなりますが

時折、豚肉の存在も確認出来ます

 

このカレーがご飯に合わない訳がなく

ノスタルジーを感じさせる一方、進化しすぎた昨今のカレーに慣れ親しむと

 

この懐かしさ満載のカレーを

一周回って、新しく感じる部分も少なからず

 

そんなカレーの影の主役となるのが、

こちらの豚カツ

 

サイズ的には150gあるかどうかで

カレーと共に頂くには、ベストなサイズとなっております

 

およそ一口大にカットされてカレーにトッピングされ

スプーンひとつでも申し分無い食べやすさ

 

豚肉自体には大きな特徴は感じませんが

ソースの旨味も加わったカレーとの馴染みは文句なしの組み合わせ

 

そして、和製カレーならではの楽しみとなるのが、

こちら、ご飯脇に盛り付けられた福神漬け

 

独特すぎるその色味に、コリッとした食感

甘酢の味わいもまた、カレーの旨味を引き立てる存在となりまして

 

この福神漬けが存在感を見せるのもまた

お蕎麦屋さんならではの和製カレーの持ち味に他なりません

 

先ほどのサバ味噌同様、

ご飯だけでも十分なボリュームあるカレー

 

そこに加えて、豚カツもトッピングとなれば

当然、食べ応えも十分

 

このカツカレーでお値段900円といったお値段も含め

満足度120%な1食となりました

 

 

そんな3品を食べ比べるものとなった

JR東千葉駅近く、長寿庵 院内店でのランチ

 

入店時こそお客さんは1組となったものの

その後、立て続けの入店で満席近くなった盛況ぶり

 

そんな忙しい中でも、同店お母さんの気配りは欠かすことなく

空いたグラスに目を光らせ、お水をつぎ足すのはもちろん

合間を縫って、食後に・・・とお茶のサービスも

 

更には、子供にどうぞと

ワシッと掴んで持ってきてくれたのはビスケット

 

この小さな気配りもまた

長く続く、町のお蕎麦屋さんらしい心遣いとなりまして

 

頂く料理の美味しさ、メニューの豊富さ

お値段の安さだけでは説明出来ない、土地に根付いた老舗ならではの魅力を堪能させて貰いました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

長寿庵 院内店

■ちょうじゅあん いんないてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区院内1-4-2

■ 営業時間:11:00~15:00 / 16:00~19:30

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。