孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

花見川団地近くの大衆中華、来々軒 コスパ抜群過ぎるチャーシューワンタンメン&肉ニラ炒めらに大満足

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

台風一過となる土曜日

10月とは思えない、心地よい暖かさに驚きの晴天

 

こんな日に屋内で過ごすのは心苦しく感じたのか

カミさんより「花島公園に行きたい」との提案が

 

せっかくの晴天に加え、普段は足を運ぶ事の少ない八千代台方面

ちょうど気になっているお店が花見川団地近くにあったことから、そちらでランチがてら花島公園を目指すこととなったのです

 

 

が。候補として向かった1件目のお店

店内にお客さんの姿は無いものの、お店の方からひと言

 

『今ちょっと忙しいから、料理出せるの3~40分後になりますよ』

お、おう・・・そうか

 

何をどう忙しいのかは分からないが、取りあえず待つことだけは間違い無いらしく

せっかく足を伸ばした八千代台方面だけに、私は待っても良かったのですが・・・

 

先ほどの、お店の方の応対?がカミさんのかんに障ったらしく

30分もここで待ちたくない、との話で決着

 

代わって候補に挙がったのが、同店を訪れる道中に

「あそこの店の佇まい、なんか美味しそう」

 

と、カミさんが気に掛けていたこちらのお店

同じく花見川団地からすぐとなる、

大通り沿いの中華料理店「来々軒」を訪れてみるものとなりました

 

なお、こちらのお店ですが

店舗の前に駐車場スペースが4台ほど

加えて、道路を挟んだお向かいのバス停

その奥も駐車場スペースとなっております

 

店舗前のスペースは若干手狭となっておりますので

道路向かいの駐車場の方が、停めやすくオススメですね。

最寄りは京成八千代台駅、花見川団地向かいの町中華、来々軒を初訪問

花島公園へ向かう道中、予定を変更し訪れるものとなった

花見川区天戸町の中華料理店、来々軒

 

こちらのお店の存在は以前から確認しておりましたが

実際に足を運ぶのは、今回が初めてとなります

 

店名から察するに、昔ながらの中華そば、ラーメンが頂けるのでは?

そんな予感を漂わせてくれる同店ですが、店内を覗くとすでに大賑わい

 

駐車場の数が示す通り、広々とした店内ですが

その殆どがすでに埋まっているものとなりまして

 

いくら土曜日とは言え、この日お店を訪れたのは13時過ぎ

すでにお昼の繁忙帯を過ぎていながら、それでもこの賑わいぶり

 

否が応でも期待が膨らむものとなりますが

わずかに空いていた席へと通されますと、

まず飛び込んで来たのが、季節の味

すでに10月になりますが、まだ冷やし中華、マーボー冷やしが提供されております

 

続いてメニューを見ていきますと、

町の中華屋さんといった雰囲気通り、期待を裏切らない品数の豊富さ

 

野菜炒めにニラレバ炒め、

生姜焼きにマーボー豆腐ら、各種定食が勢揃い

 

その下へ行くと、チャーハンに中華丼

天津丼にチャーシュー丼らが並ぶ一方

 

カレーライスにカツカレー、オムライスに生姜焼き定食など、

様々なご飯ものが並ぶのも大衆中華らしい、高ポイントの品々を発見

 

そして最後は麺類ですが、

ラーメンを筆頭にタンメン、ワンタンメン、マーボーラーメンなどなど

 

ソース焼きそばに五目かた焼きそば

広東麺に五目そばなど、定番ものはしっかりラインナップ

 

これらメニューの中で、もう一点着目すべきがそのお値段

ラーメンのお値段430円から始まり、各定食は630円が中心

 

最も高額となるのがチャーシューワンタンメンですが

それでもお値段780円という驚きの安さなのです

 

裏面に行くと一品料理が並びますが、

こちらも、餃子300円からとなっているなど

やはりお値段はリーズナブルな価格設定

 

定食に麺類、いずれも気になる所ですが

同店メニューを見た印象として、チャーシューに力を入れている様子が伺えまして

 

ここは、チャーシュー丼で頂くか

それともチャーシューメンかを悩んだ末

 

せっかくならば、と同店NO1の高額メニュー

「チャーシューワンタンメン」を餃子と共に頂く事に

 

加えて、カミさん&子供らは

毎度おなじみ天津飯に、肉ニラ炒め定食、そして野菜スープを注文

 

合計5品の食べ比べをスタートするものとなりました。

ちばごはん第3号掲載メニュー ウニのカルボナーラをオーダー

すでに大賑わいをみせている、花見川の来々軒

ですが、お店のスタッフさんらも愛想良くなにより活気に溢れておりまして

 

忙しいながらに笑顔を絶やさず

また大きな声を上げながらの接客に思わず元気を貰うほど

 

そんな店内にて待つこと5分少々

まず先に提供となったのが、こちらの2品

餃子、そして野菜スープになります

 

スープの方は白菜をメインとしたものになっており

所々に人参と豚肉の姿も発見

 

カミさんのイメージより、野菜の種類が少なめなのを残念がっていたものの

ラーメン丼と同等サイズのスープでお値段300円なら、まずまずでは無いかと

 

そして焼き餃子ですが、

こちらはお値段300円ながらに6個入り

 

各々で若干サイズというか、餃子の厚みに違いを感じるのと

焼き目がだいぶ香ばしめにも見えますが、まあこれくらいはご愛敬でしょう

 

そんな餃子を早速頂くべく、

醤油、辣油らを付けながらの一口

 

餡はそこまで大ぶりでは無いものの、味付けはかなりしっかり目

醤油を出してしまいましたが、醤油らを必要としない味の濃さを感じます

 

また、餃子ながらに塩味が強めなのも特徴で

サイドメニューとして頂くよりも、ご飯のお供の方がマッチしそうな味わいと言えそうです

 

続いて提供となりましたのが、本日のメイン

こちら、チャーシューワンタンメンになります

 

格安メニューが並ぶ来々軒ですが

その中で最も高額な780円を設定している同品

 

ですが、そのお値段にも納得

とにかくチャーシューの存在感が凄まじい次第で

 

別のアングルから眺めてみてもこの通り、

スープの中にはワンタンもたっぷり潜んでいるのですが

その存在を匂わせないほど、厚切りされたチャーシューが圧巻の魅力を放っております

 

それでは早速、スープから頂きますが

こちらはもう、昔ながらの中華屋さんといったところ

 

鶏ガラがベースとなった、昔ながらの醤油ラーメン

塩味は強くなく、幅広い層から支持されそうな味わいです

 

共に頂く麺ですが、

こちらはとにかく柔らかな触感が特徴

 

言葉通り、歯が要らない?くらいに柔らかな茹で加減となり

ツルッと口の中には運べるものの、負荷を加える事無く吸い込まれていきます

 

そして、目玉となってくるのが、

こちらのチャーシュー

 

竹岡式ラーメンを彷彿とさせる

そんな色味、仕上がりのチャーシューですが

 

一口頂くと、まず柔らかな触感に驚きを

2口目には溢れる旨味に満たされる、予想通りの絶品仕立て

 

厚みがしっかりしている分、食べ応えも備えており

優しめなスープの味わいに対するコントラストとして、しっかり目の味付け、旨味をより顕著に感じます

 

このチャーシューが主役となるのが

「チャーシュー丼」となるなら、そちらもぜひ頂いてみたい所です

 

そして、もう一つのトッピングとなるのが、

こちらのワンタン

 

同品は店内仕込みなのか、既製品なのか

その判断は付かずでしたが、皮は割と固めに仕上げられております

 

中の餡もサイズは適量、といった所で

柔らかな茹で加減の麺とは異なる食感を楽しむ1品となりました

 

 

一方、本日カミさん&子供がオーダーしたのが、

まずこちらの天津丼

 

ラーメン丼と比較しても遜色ない

大ぶりな丼にたっぷりのご飯、固め仕上げの玉子をトッピング

 

具材にはカニを使用せず、代わりにあの

絶品仕立てとなったチャーシューをたっぷり使用しております

 

餡は甘めの醤油ベースとなっており

酸味は少なめながら、ご飯との相性良い天津飯となりました

 

そんな天津飯のボリュームにも驚かされましたが

それをも凌駕する、圧巻ボリュームとなったのがこちら

肉ニラ炒め、となります

 

ご飯はマンガサイズの大盛りにて提供

共に頂く肉ニラ炒めも、もやしにニラに、そして豚肉も満載

 

ご飯がマンガ盛りなら、おかずも負けておらず

こちらも相当量のボリュームとなるのですが

 

更に驚くことに、そのお値段は630円

天津丼に至っては580円というリーズナブル過ぎる価格設定

 

お昼時をだいぶ過ぎているにも関わらず

大繁盛の賑わいぶり、その理由がマジマジと伝わる品々となりました。

 

 

という訳で計5品を注文、食べ比べるものとなった

花見川団地近くの大衆中華料理店、来々軒

 

その雰囲気ある佇まいに、お昼時を過ぎても席が埋まるお客さんの数

その裏には、絶対なにかがあるだろうな・・・

 

と期待を込めて伺うものとなりましたが

その予想は見事に的中、驚くべきコスパを体感

 

頂く料理各種については、申し分無い仕上がりとなる一方

そのボリュームとお値段の安さは、驚きの品ばかり

 

また、そんな中で最も高額となった

「チャーシューワンタンメン」ですが

 

ラーメン全体としては平均的ながら

チャーシューの美味しさは、私好みの絶品な1品に

 

次は、このチャーシューを存分に味わえるチャーシュー丼か

もしくは、味噌チャーシューメンかで悩むものとなりそうです

 

ただ、一点気になってしまったのが衛生面

 

それも、町の中華屋さんらしい・・・といえばそうなのでしょうが

やはりこのご時世ですので、平時以上に気になってしまう部分が

 

あと座った席の問題、とも思われますが

今回通されたのがトイレすぐ並びの席だったこともあり、尚のこと気になる部分も

 

まあそれも含め、町の大衆中華の魅力と言えましょうが

同点が改善されれば、より魅力的なお店に感じられる様に思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

来々軒

■ らいらいけん

■ 住所:千葉県千葉市花見川区天戸町1336-2

■ 営業時間:11:00〜14:30 / 17:00〜21:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。