孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

小倉台駅近く、長寿庵 小倉台店を初訪問 濃厚胡麻ダレに辣油の辛みが映える、絶品坦々つけ蕎麦に日替わりそら豆ご飯もセット!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は午前中から都賀の病院へと足を運び

その流れでランチへと向かうことに

 

とは言え、週の初めとなる月曜日

お休みのお店も多い中、本日は以前より気になっていたお店へと向かってみることに

 

昨年より始めたインスタですが、そちらでちょっと前よりフォローしていたお店

「長寿庵 小倉台店」となります

 

ご近所には、我が家でも行き着けとなる洋食屋さん

ペリカン」がある為、以前より存在を認識していた同店

 

長寿庵というお蕎麦屋さん自体は、

我が家からも近い松波の本店を始め、千葉県内にも30数店あるとのこと

 

店舗によって、それぞれ特色がある事でも知られておりますが

ここ小倉台のお店は、連日更新されるインスタにて、物凄く美味しそうなおにぎりをアップしておりまして

 

お蕎麦屋さんながら、そのおにぎりが気になっており

訪問機会を狙っていた次第となります

 

 

さて、そんな長寿庵小倉台店ですが

いざお店の前へ着いたものの、駐車場が見当たらず…

 

近隣にコインパーキングも無く、お店の方に駐車場の有無を伺ってみたところ

表まで出てきてくれて(ご主人の奥様でしょうか)丁寧な説明を

 

モノレールを背中にして、お店から50mほど進んだ1つ目の信号

こちらを左に入って、更に10数m進むと

 

右手に2台分の駐車場を発見

 

こちらの「長寿庵」と書かれた所がお店の駐車場になるそうです

 

そんな駐車場へと車を停め、再度お店に戻るとそこには

今月のおすすめなる黒板メニューを発見

天ざるそばに、たんたんつけ・・・麺??

 

しかも今だけ大盛無料・・・早くも心と胃腸がが動き始めたようです。

モノレール小倉台駅からすぐ、念願だった長寿庵 小倉台店をついに初訪問

早速暖簾をくぐるものとなった、長寿庵 小倉台店

綺麗な外観ではありましたが、店内は更に綺麗な造りとなっておりまして

間仕切りを置かれ、見づらくはなるものの

ボックス式にテーブル席が4席ほど

 

その奥にも、更に広い席が設けられている様子で、

更にお店の右手部分には

カウンター席も5席ほどが設けられており、明るく清潔感あるお店となっております

 

更に奥へ並ぶ、日本酒の数々も気になりますが(笑)

まずはメニューの方から見ていきますと、

冷たいお蕎麦に温かいお蕎麦、と並ぶおしながき

いずれも蕎麦だけで無く、うどんにて頂く事も出来るようです

 

ザッと見る限りにはなりますが、一般的なお蕎麦が並ぶものかと思う一方

「当店オリジナルメニュー」とされる2品には

 

・鶏胡椒そば

・とろとろすっぱ蕎麦

 

と、良い意味で想像が追いつかない2品も派遣

 

その他、ご飯ものに定食も並んでおり、

ミニとろろ丼や天ぷら定食など、これらも気になる所となってきます

 

そして裏面に行くと、

いわゆる蕎麦前となる、おつまみメニュー

そしてドリンク類となるのですが

 

おつまみ、お酒はこれだけで終わらず、

カウンター前に掲げられる黒板メニューには、先ほど目にした日本酒各種がズラリ

 

お隣には、肉肉しいメンチカツや竹の子の天ぷら

鰺フライにねぎとろ海苔包みなど、私の好物が目白押し

 

ランチはもちろん、夜にお酒と共に頂くにも満足間違い無し

酒好きの急所を突いてくる、クリティカルなおつまみ各種が並んでおります

 

 

一方、入り口前で見つけてしまったのが、

こちらの品、坦々つけ麺となりまして

店内の方ではイメージ写真と共に同品を紹介

 

こちらもまた、蕎麦とうどんが選べる構成になりまして

日々暑さを増していく、これからの季節に重宝しそうな一品

 

幸い本日も、お昼前ながらすでに気温は25度越え

夏の風物詩を頂くには少し早くも思いますが、ここは坦々つけ蕎麦を頂いてみようと思います。

暑い中でも食欲昂ぶる、濃厚胡麻だれ&辣油の辛み 絶品坦々つけ蕎麦に日替わりそら豆ご飯で大満足

坦々つけ蕎麦の注文を告げると、奥様の方より

『お蕎麦は無料で大盛も出来ますが、いかがしましょうか??』との質問が

 

無料・・・と言われれば、断る理由も無く

それでは大盛で、と告げてみたものの、更にもう1ターン

 

『本日、サービスでそら豆ご飯が付きますが、いかがしましょう??』

 

あ、そうだった!

ここ小倉台の長寿庵は、おにぎりが付いてくるんだっけ!!

 

そちらを目当てとして足を運んでいたはずが、

豊富な変わり種のお蕎麦に、いかにも美味そうな蕎麦前各種を前にし、スッカリ忘れてたおにぎりの存在

 

が、しかし

本日はおにぎりではなく、そら豆のご飯になるのだとか

 

どちらにせよ、これを頂かずして小倉台の長寿庵は語れない(ハズ)

一旦は大盛でお願いしたお蕎麦を普通盛りに変更、代わってそら豆ご飯を頂くことに

 

 

私が入店した時点では先客のいなかった店内ですが

その後、徐々にお客さんが入店となり、気付けばすでに4組のお客さんで賑わい出す店内

 

お客さんが入店する度、厨房内から元気な声を掛けるご主人

お茶の提供から、注文・配膳までを全て一手に担う奥様

 

更にもうお一方は、お母様でしょうか?

家族経営するお蕎麦屋さん、といった雰囲気満載で、温かなお店である空気感が、訪れる常連さんの雰囲気からも感じ取れます

 

 

そして注文より、待つこと10分少々

トレイにドッサリ大皿小皿が並ぶ、本日のランチがこちら

長寿庵 小倉台店にて頂く、坦々つけ蕎麦

そして、日替わりサービスメニューのそら豆ご飯となります

 

まずはお蕎麦から見ていきますと、

刻み海苔をたっぷり盛り付けた、ツルッと瑞々しい仕上がりのお蕎麦

喉ごし良さそうな、端正な仕上がりとなっております

 

そんなお蕎麦と共に頂くのが、こちらのつけ汁

濃厚そうな胡麻ダレに加え、半分は真っ赤に染まった坦々つけ蕎麦となりまして

 

特徴的なのが、大葉にミョウガといった薬味が満載な点

加えて、肉味噌、更には味玉もトッピングされ、見方によればつけ麺と間違いかねない盛り付けとなります

 

ただ、これだけの薬味が全てつけ汁の上に浮かんでいる、その姿

なにか違和感を感じるのですが、果たして・・・(その理由は後ほど)

 

 

それでは早速、お蕎麦の方から頂いてみましょう

まずは何も付けずに、そのままで一口

 

強い風味を感じはしないものの、鼻を抜けるほのかな薫り

そして、見た目からも察した通り、喉ごしの良いツルッとした仕上がりは、夏場でも食欲掻き立てる味わいを感じさせます

 

こちら通常サイズにはなりますが、それでいても十分なボリューム

これを大盛りにしていたら、むしろ危険だったかもと思わせる、食べ応えも十分なお蕎麦となりまして

 

一方、そんなお蕎麦と共に頂くつけ汁ですが

まずはその風合いを試させて頂くべく、レンゲで一口・・・

 

・・・ん、なんかいる?

そう、先ほど感じていた違和感

その正体は、つけ汁の中に潜むお豆腐だったのです

 

お蕎麦と共に頂くつけ汁ではあるものの、その下にはまさかの豆腐

濃厚な胡麻ダレをたっぷり絡め、更には大葉とミョウガも盛り沢山

 

そうなんです、このつけ汁

お蕎麦を浸けて頂くだけでなく、つけ汁そのものも既に、1つの料理として完成

 

お蕎麦だけでも十分なボリュームだというのに、

まさかの豆腐が、更に底上げしてくるとは、さすがにこれは嬉しい誤算

 

当然、豆腐と胡麻ダレ、大葉にミョウガのコンビネーションはバツグン

更にここへ、お蕎麦を浸けながら頂く訳ですが、

これももう、説明不要の美味しさに決まっております

 

序盤はつけ汁を掻き混ぜること無く、敢えてそのままの状態で頂くと

一口目には、濃厚な胡麻の風味で味わう、甘みあるお蕎麦に

 

2口目には、真っ赤な辣油が胡麻と混ざり合い

今度は甘みが辛さを引き立てる、正に担々麺な味わいへと変更

 

更に、お蕎麦らと共に提供された調味料は、辣油となりまして

こちらを加える事で、辛さのレベルアップも可能となる、味変自在なお蕎麦となるのです

 

 

更に更に、またもや続く嬉しい誤算

つけ汁の中からは、豚バラ・・・

いや、豚しゃぶと呼ぶ方が適正な、大ぶりな豚肉を次々に発見

 

辛味と甘みの層あるつけ汁に、当然マッチするこの豚肉

お蕎麦ではあるものの、やっぱり肉恋しい我ら肉食人には、最高に嬉しいサプライズでして

 

そして、当初より姿を見せていた、

この味玉もまた、ラーメン専門店顔負けの美味しさ

トロッとした黄身には存分に出汁の旨味を染みこませ、1つのおかずとして成立する完成度を誇ります

 

 

お蕎麦はもちろんながら、豆腐に豚肉と、次々に見つかるサプライズ

更に、辣油と胡麻で構成される濃厚な辛み一辺倒にならず

 

大葉の爽やかさにミョウガのピリッとした風味、加えてつけ汁には酸味も感じられたりと

和のお蕎麦に担々麺の中華、その両者が様々な形で入り乱れる、見事な坦々つけ蕎麦

 

想像の斜め45度上を行く、サプライズ満載な一杯で

そこに加えての十分過ぎるボリューム、大満足以外の声が見つからないひと品となりました

 

 

加えて、冒頭でもお話しした通り、

そんなつけ蕎麦に加え、本日はそら豆の炊き込みご飯もサービスで提供

 

ほっくほくのそら豆に

ほのかな旨味を甘みと共に届けてくれるご飯

 

坦々つけ蕎麦の濃厚さを前にした事で

その淡麗な味わいが負けてしまう部分はありました、が

 

それならばそうと、いっその事濃厚さに拍車を掛けるべく

その残ったつけ汁にご飯をディップしながらの1口

 

こんなの、説明する間もない美味しさに決まっており

たっぷりお蕎麦に、具沢山なつけ汁、更にはご飯までをも存分に堪能させて頂きました

 

そして食後には、

この通り、しっかり蕎麦湯も提供

 

頂く料理に温かな店内の雰囲気

多くの常連さんが通うのにも納得の一食となりました

 

 

という訳で、初訪問となった長寿庵 小倉台店

 

初回ながらに、季節のお蕎麦「坦々つけ蕎麦」を頂くものとなりましたが

前述した通り、サプライズに次ぐサプライズで、興奮しっぱなしの一杯

 

まあ、こうして私が明かしてしまいましたので

これから先、足を運ぶ方にはサプライズに成り得ないのが残念ですが(笑)

 

それを差し置いたとして、見事に融合する和食と中華

特に大葉やミョウガらのアクセントが秀逸過ぎる

 

濃厚な味わいながらしつこさを感じない

ガツンとくるも、後味スッキリ、暑い夏に嬉しい一皿を楽しませて頂きました

 

加えて、サービスで提供されるそら豆ご飯も嬉しい限りでして

ただこちらはこの日限り?の提供となっておりまして

 

インスタの情報によれば、平時はおにぎりが提供されているのですが

このおにぎり達がもう・・・とにかく美味しそうな品ばかりで

 

次こそは、あのおにぎりを目当てに・・・

ではなく、お蕎麦を目的としつつ、更にはおにぎりも頂くべく足を運びたい

 

今後も定期的に利用していきたいと思わせてくれる、そんなお店への初訪問となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

長寿庵 小倉台店

■ ちょうじゅあん おぐらだいてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区小倉台1-3-7

■ 営業時間:11:30~16:00 /  18:00~21:30

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。