千葉、富士見町の中華蕎麦ごとうで頂く限定メニュー 上品なスープに麺の喉ごし最高な喜多方らぁ麺

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ここしばらく、1人での外食機会が無く

それはそれで楽しく過ごしている一方

 

カミさんや子供を連れてのランチが多いと

どうしても不足してしまうのがそう、ラーメンを頂く機会

 

中華料理店であれば、家族でも足を運べる一方

やっぱり、専門店で頂くそれとはまた違うものであって

 

そんなラーメンを頂く機会がめっきり少なくなっていた所に

本日、10月の連休最終日にカミさん&子供はお出掛けとのこと

 

久しぶりにソロランチの機会を得た本日

食べに行きたいお店は複数店あるのですが

 

その中でも、今すぐに・・・と、飛び出したかったのがこちら

千葉、富士見町にある

「中華蕎麦 ごとう」となります

 

本ブログでもちょくちょく紹介している同店ですが

この連休に先駆けて、見るも美しい限定メニューをスタートしておりまして

 

Twitterで同情報を目にした際、思わず私も

心の声がこぼれ落ちてしまった程の品がこちら

 

言葉通り、一目惚れを果たした同品

こちらの限定メニューを求め、本日は「中華蕎麦ごとう」を訪れるものとなりました。

千葉、富士見町の人気店「中華蕎麦ごとう」に新たな限定メニューを求め、ランチ訪問

という訳で、連休最終日に

足を運ぶものとなった、富士見町の中華蕎麦ごとう

 

ここ10年ほどの間だけでも

様々なラーメン店が入れ替わってきた、富士見町内でも死角的な店舗

 

そこにオープンし早2年

過去のお店が様々苦労を強いられてきた中

 

こちら「中華蕎麦ごとう」はと言えば

オープン前から列が出来ることも珍しく無い人気店に

 

特に週末ともなれば、満席も必至の賑わいぶりでして

本日も3連休の最終日という事で、開店直後を狙いお店を訪れることに

 

店舗の前に着いたのは、11時をわずかに過ぎた所

さすがに行列こそ出来ては居ないものの、すでに店内は賑わいを見せておりまして

 

残るはカウンター数席、となる中でお店を訪れることに

さて、ここ中華蕎麦ごとうのレギュラーメニューと言えば

塩に醤油にと、2種の中華蕎麦

更にはつけ麺をも頂けるものとなりまして

 

こちらのレギュラーメニューについては

もちろん、過去に全てオーダー済み

 

そんな同店にて、本日のお目当てとなりますのが、

こちらの喜多方らぁ麺になります

 

喜多方ラーメンが大好物ではあるものの、なかなか足を運べず、

代替案として「喜多方ラーメン 坂内」で妥協するばかり

※ 坂内ももちろん、大好きです

 

しかしながら、今回はこちら

中華蕎麦ごとうにて、喜多方ラーメンを頂けるとのこと

 

しかも今回の品は、おゆみ野にある

麺屋 侍」の店主さんから学んでの1品になるのだとか

 

いずれにせよ、私にとっては

好きと好きが重なり合った、大好きこの上ない1品になること間違い無し

 

早速、そんなお目当ての品を頂くべく

券売機へと向かいまして・・・

券売機上で、本日の限定を探すも見当たらず

すでに忙しい店内、ここでお伺いを立てて手を患わせるのは忍びないなぁ

 

あらためて券売機を一周して見渡すと・・・・

あ、喜多方らぁ麺は現金なのね

 

という訳で、現金にて手渡し

限定メニューの喜多方らぁ麺を頂いてみようと思います。

琥珀色に輝く清湯スープにほろほろチャーシュー ツルッと心地良い縮れ麺も最高な喜多方らぁ麺

前述した通り、私がお店に着いた

11時にして、すでに満席近い賑わいを見せていた中華蕎麦ごとう

 

その後もすぐにお客さんの入店が続き

私が退店する頃には、店外に3組ほどの列が出来るほどの賑わいぶり

 

オープン当初は立地の悪さが指摘されておりましたが

そんな印象をものともせず、今では地域を代表する人気店と呼んでも差し支えない程

 

当然、その人気に裏打ちされた

本日の限定メニューも楽しみこの上ないものとなりまして

 

オープン直後の入店となった為、少し待ち時間は長く

入店から20分ほどで提供となった本日のランチがこちら

千葉、富士見町の

「中華蕎麦ごとう」で頂く、喜多方らぁ麺になります

 

透き通った清湯スープ、そこに浮かぶ3枚のチャーシュー

麺は平打ちの縮れ麺となっており、そのビジュアルは喜多方ラーメンそのもの

 

刻んだ玉ねぎにスプラウトも美しい盛り付けとなりますが

やっぱりまずは、そのスープを味わう所からでしょう

たっぷり玉ねぎも気になりますが

まずはそのままのスープを一口

 

うん・・・美味い

クセ無く染み入る、豚由来の美味しさがじんわり伝わってきます

 

限定で提供されているメニューにはなるものの

まるでこれを主軸にしていたかの様な完成度

 

丁寧な仕事ぶりがスープから伝わって来るほどで

上品なのに旨みもたっぷり、それでいてしつこさを感じさせず

 

光り輝くその見た目通り

淡麗ながらも旨みに溢れたスープを作り上げています

 

共に頂く麺の方ですが、

こちらも喜多方ラーメンらしい

平打ちの縮れ麺を使用

 

ツルッと吸い込まれる喉ごしが心地良く

柔らかな茹で加減にフワッと香り小麦の風味も味わえます

 

スープを程よく持ち上げており

麺と旨みの一体感も最高のペアリング

 

更にここへ玉ねぎらが加わってくると

これまた面白い変化を楽しめるのは間違いありませんね

 

続いて頂くのは、これも喜多方ラーメンの代名詞

チャーシューになります

 

普段の同店では、鶏チャーシューやレアチャーシューが多いものの

今回は喜多方ラーメンらしい、柔らかなチャーシューを使用

 

そっと口に運ばなければホロホロと音を立てそうな程に柔らかく

それでいて、中まで染み入った旨みも最高の仕上がり

 

本日は3枚入りとなる同チャーシューですが

これを更に追加し、丼一面を埋め尽くしたくなる程

 

そしてここからは、多彩なトッピングと共に

まずは玉ねぎのみじん切り

こちらと共に頂くスープの変化を味わいます

 

刻まれた玉ねぎからは、程よい辛味が感じられ

甘み溢れるスープに広がる辛味が、面白いアクセントに

 

シャキッと音を立てる食感も心地良く

飽きを感じさせない変化が楽しめます

 

続いて頂くメンマですが、

こちらはまた、スープとは異なる甘みを楽しめる1品

 

シャキッと来る食感に加えて

ジワッと染み出る甘みとの組み合わせ

 

これも玉ねぎとはまた異なる形で

淡い旨みを届けるスープに対し、変化を楽しませてくれます

 

そして最後は、

そんなたっぷり入った玉ねぎを

クルッとチャーシューに包み込んでの一口

 

各種調味料の染み入ったチャーシューは

それのみでも、十分過ぎる旨みを与えてくれる仕上がり

 

そこに玉ねぎの食感、辛味が加わることで

今度はご飯をも欲する、おかずレベルの美味しさへ昇華

 

最後まで飽きずに飲み干せるスープ

ツルッと心地良い喉ごしで、食感を楽しめる麺共々

 

喜多方ラーメンの専門店と比較しても

遜色なく味わえる、見事な美味しさとなりました。

 

 

という訳で、ラーメン自体が久々となる中

本日は限定メニューを目当てに足を運んだ、中華蕎麦ごとう

 

事前に目にしていたTwitterからも

その美味しさのレベルは十分に想像できるほど

 

しかしながら、いざ味わう実際の品は

想像をスルッと上行く美味しさになりまして

 

丁寧に調理されたスープの美味しさに始まり

同スープに合わせるべく作られたであろう本日の麺

 

そして、醍醐味とも言うべきチャーシューも

最高に満足する1品となり、感無量な一杯となりました

 

ちなみにこちらの品は、限定メニューとの事ですが

聞く所によると、2週間程度の期間で提供されているとの事

 

10/8より提供が開始となっておりますので

10月後半辺りまでなら・・・となる様です

 

提供に関する詳細は、お店のTwitter等でも告知されておりますので

そちらも参考にされつつ、足を運んでみて貰えればと思います

中華蕎麦ごとうのTwitterはこちら ⇒

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

中華蕎麦 ごとう

■ちゅうかそばごとう

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-9-14 松井ビル 1F

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:30~22:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。