孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

京成おゆみ野駅近くの人気店、麺屋 侍 金曜限定、濃厚らーめんにミニチャーシュー丼と絶品2品を堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

日頃は週の中日となる、火曜~木曜に足を運んでいる週一通いのジム

ですが、今週は予約がとれず、週末金曜日にジムへ

 

必然的にランチのお店選びにも影響が出てくるのですが

せっかくなら普段のジムの日には足を運べない所を候補に選ぶ事に

 

思い当たるお店はいくつかあるのですが

ここは久々、蘇我を飛び越えおゆみ野まで車を走らせるものとなり

 

辿り着いた先はこちら

京成おゆみ野駅から、徒歩5分ほどとなる人気店「麺屋 侍」になります

 

以前に何度か足を運んでいた同店ですが

前述した通り、現在ジム通いが週の中日が中心

 

対し、こちら「麺屋 侍」は

同じく週の中日が定休日となっておりまして

 

互いのタイミングが合わず、だいぶご無沙汰となっていたお店となります

加えて同店では・・・

 

まあ細かな話は後ほどとして

久々となる麺屋 侍にて、ランチを堪能させて頂く事に

連日日替わりメニューが提供される、おゆみ野の人気ラーメン店 麺屋 侍をランチ訪問

という訳で、久々に足を運ぶものとなった

京成おゆみ野駅近くの人気店、麺屋 侍

 

私が1人で食べ歩きやすい、週の中日が定休日であることや

店頭に2台の駐車場スペースがあるものの、人気店故に埋まっている事もしばしば・・・

 

と、近年なかなか足を運べなかった同店ですが

様々な条件が重なった事から、本日久しぶりに同店を訪問

 

ちなみに訪問時間が11時半前と早かった事も幸いしてか

駐車場も空いており、全てが順風満帆に進む1日に

 

さて、早速目にしていくメニューですが

こちらのお店の特徴としまして

木曜~月曜日までの週5日、それぞれ異なるスープが提供されている点となります

 

木曜の鶏白湯から始まり

金曜は鶏豚の濃厚スープ、土~月はそれぞれ異なる魚介スープ

 

更には、平日限定で「侍ブラック」と呼ばれる竹岡式ラーメンや

土日限定で提供される、中華そばスタイルのアッサリ系「侍らーめん」

 

などなど週に5日、毎日通ったとして

それでも全メニューを制覇出来ないほど、日毎に異なるラーメンが頂けるのです

 

ちなみに、過去の訪問にて

鶏白湯と侍ブラックについては注文済み

 

そして本日金曜日は、前述した通り

鶏豚を使い、魚介出汁不使用となる「濃厚らーめん」の提供日となります

 

とは言え、久々に足を運んだ手前

竹岡系の侍ブラックも捨てがたい所

 

いずれにしようか、悩みながら券売機に向かってみると

こちらで今度、誘惑を仕掛けてくるのは

「炙りミニチャーシュー丼」の存在になりまして

 

炙り、というキラーフレーズに心奪われた私は

まず炙りミニチャーシュー丼を、候補として選択

 

ここでしっかりチャーシューを頂けるのであればこそ

侍ブラックを諦める事が出来、本日のメインは「鶏豚濃厚らーめん」を選んでみる事に。

動物系スープの旨味に優しく香る醤油、そして麺の美味しさが格別、鶏豚濃厚らーめんを堪能

本日、お店に着いた時刻は11:30少し手前

まだお昼時には早いとあってか、先客は1組となる中での訪問に

 

とは言え、徐々にお客さんが来店していき

ほんの数分後には、5組ほどのお客さんで賑わい出す店内

 

案内されたカウンター席で待つ事10分少々

こちらが、麺屋侍にて頂く久々のランチ

金曜限定メニュー、鶏豚濃厚らーめんと

炙りミニチャーシュー丼の2品になります

 

さて、まず目にするはラーメンの方ですが、

魚介系を使わず、鶏と豚で摂られた濃厚スープ

そこに肉感しっかり目のチャーシュー、更にはほうれん草に海苔・・・

 

と、どことなく家系ラーメンを彷彿とさせる

そんなビジュアルの一杯に仕上がっております

 

しかしながら、同店の名物と言えば

日替わりで提供される、各種スープに加え自家製麺

 

そちらの麺と、このスープが

どの様に折り重なるのか、早くも楽しみで仕方ありません

 

それではまず、スープから頂いてみますが

その印象からも察した通り

どことなく家系ラーメンを彷彿とさせる、獣骨感満載のスープ

 

しかしながら、家系のようなガツンとくる力強さでは無く

旨味こそ強く感じられますが、それをしつこく感じさせません

 

油分が強くない事もあってか重たさは無く

その旨味がスーッと入ってくる、心地よい味わいを感じさせてくれます

 

続いて、そんなスープと頂くのが

こちらの自家製麺

 

店内には麺打ちスペースが設けられており

そちらで生成される、自家製麺もまた同店の特徴でして

 

平打ちの太麺となるのですが

このモッチリした食感に、ピロッとした舌触りが気持ち良くスープを広げてくれます

 

麺量も通常で200gとボリュームもしっかり

それにしても、この麺とスープの組み合わせ、面白いですね

 

続くトッピングですが、

ほうれん草にメンマ、そしてネギ

メンマは細めながら食感がシッカリしており、これまた好みのタイプ

 

そしてトッピングの4番バッターこと、チャーシューですが

しっかり肉感あるズッシリチャーシュー

ですが、箸で持つとほどけるほどの柔らかさも加味

 

動物系の旨味濃厚なスープを前にしても

物怖じする事無く、その存在感をしっかり見せつけてくれました

 

そして、本日共に頂いたサイドメニューが

こちら、炙りミニチャーシュー丼

 

調理の最中から、とにかく良い香りが漂っていたこちらのチャーシュー

その香ばしさに加え、タレの旨味がなんとも食欲を掻き立てます

 

たっぷり盛られた白髪ネギも、チャーシューの甘みを引き立てる存在となり

これまた、ワシッとした食感に加えて

炙られた香ばしさ、更には溶け出す脂の甘みが絶妙な組み合わせに

 

ご飯がモリモリ食べられる、そんなチャーシューとなりますが

このご飯を、ラーメンのスープと共に頂くのもやっぱり最高

 

麺にスープ、サイドメニューに至るまで

いずれも隙の見当たらない、実力店らしいさすがの一食となりました

 

また、もう1点忘れちゃいけないのが

お店の方々のホスピタリティでして

 

私事ながらここ最近、乾燥のせいか指のひび割れが酷くて

本日、カウンター上に提供された丼を降ろそうとしたものの、ひび割れの影響でか、器の熱さに対し敏感に反応してしまったところ

 

それを察知した奥様が、すぐさまホールまで回ってきて下さり

即座に代わって丼を降ろしてくれる神対応

 

お礼を伝える私に対し、返す刀でご主人からも

『手の皮と面の皮は厚いんで、大丈夫ですよ~』

と、ご夫婦ならではのさすが過ぎるコンビネーションも光るばかりで

 

入店時に、大きな声で迎え入れられるのはもちろんですが、

こういった対応こそリピートしたくなるお店ならではの一面となりました

 

 

という訳で、久々に足を運ぶものとなった

おゆみ野の人気店、麺屋 侍

 

日替わりのメニューが豊富な同店ですので

今回は、初めて頂く濃厚らーめんとなりましたが

 

過去に頂いて来た品同様、スープに自家製麺

各種トッピングに至るまで、大満足を得る一食となりました

 

加えて、同店ならではの魅力、ホスピタリティもしっかり感じられ

文句なしの一食を楽しむものとなりました

 

ただ、まだまだ未食のままとなっているメニューが多数ある同店

その多くが週末限定となっているのが、私にとってはハードルが高い部分でもありまして

 

全品制覇を達成するのは、いつになる事やらですが

いつの日か全メニューを制覇してみたい、そう思わせてくれる一軒となります。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

麺屋 侍

■ めんや さむらい

■ 住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野南2-16-4

■ 営業時間:11:00~14:00 / 18:00~21:00

■ 定休日:火曜、水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。