孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

作草部の町に今年も春が到来! 麺処まるわで頂く限定メニュー 桜えびのトマトリゾッパに舌鼓

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

梅に桜に、卒業に入学

春を感じる名物、風物詩は数あるものの

 

私がここ数年、

「春の訪れ」を感じる風物詩となっているのが、そう

 

我が家からも近く、事あるごとに足を運んでおります

モノレール作草部駅すぐとなるこちら、

麺処まるわに他なりません

 

平時から毎月4品前後の月替わりとなる

「裏メニュー」を提供している同店

 

そちらに加え、ここ数年春を迎えた頃より

毎度、提供されております限定メニュー

 

本年度も同品が、早くも提供を開始したとのこと

本日はそんな春の限定メニューを頂くべく、麺処まるわを訪れるものとなりました。

毎年恒例、作草部の町に春の訪れを告げる風物詩 麺処まるわ、3月からの限定メニューが今年も登場

本ブログでも頻繁にご紹介しております

作草部駅すぐ側となる、麺処まるわ

 

前述した通り、毎月提供される4品前後の裏メニューに加え

各所とのコラボや限定メニューも多く、何度足を運んでも飽きる暇が無い同店

 

とは言え、本ブログでご紹介したのは昨年の秋

前社長からビギー店長がお店を引継ぎ、再スタートして以来となります

参照:10月より新体制となった、作草部 麺処まるわ 今月の限定焼きラーメンが過去イチの極ウマさだった⇒

 

とは言え、社長(店主?)が変われども

作り手は変わらず、提供される品々の絶品ぶりは変わらず

 

また、以前にも増して

独創性溢れる裏メニューが増え始めたような気がするほど

 

もちろん今月も、月替わりとなる裏メニューは提供されており、

 

裏メニューでは名物になりつつある伴麺ですが

こちらが今月は、のり塩Verとのこと

 

更には、たぬき中華ソバに加え

おさかなとんこつつけ麺は、謎のあまふわなでしこなるVerに

 

これだけ足を運んでいるものの

それでも謎を解き明かせない裏メニューが提供される同店

 

その引き出しの多さ、懐の深さには

毎回足を運ぶ度に、思わずため息が漏れるほど感心させられるばかり

 

ですが、そんな気になるつけ麺を差し置いて

何にも代えがたい、本日食べずにはいられない品となるのがこちら

毎年、三月になると提供がスタートされ

こちらを味わう事によって、私が春を感じるものとなる

 

正に、作草部の「春を代表する季語」とも言うべき品

その名も春キャベツとサクラエビのトマトリゾッパに他なりません

 

毎年紹介している品とは言え

今年初めて本ブログ並びに、同品を目にする方もいらっしゃることでしょう

 

となれば、まず気になるのが

「リゾッパ」なる、謎の商品名となる訳ですが・・・

 

その謎は追々解説するものとしまして

とりあえず本日のオーダーは、こちらのリゾッパを頂くものとなります。

ラーメンで始まりパスタを感じ、そして最後はリゾットで〆る 魅惑に満ちたリゾッパに今年の春も大満足

通常、同店を訪れた際には

メインとなるラーメン各品を注文

 

その後、食後のタイミングにて

残ったスープを存分に堪能すべく、チーズご飯をオーダーするのが私の習わし

 

ただ、本日に限っては

そんな〆ご飯を必要としないオーダーなのも大きな特徴

 

たった一杯のラーメンではあるものの

麺として、そして・・・

 

2つの楽しみを存分に味わえる

当然ながら、それだけにボリュームも十二分に備わった品

 

それがこちら、

作草部の麺処まるわで頂く、春の風物詩

春キャベツとサクラエビのトマトリゾッパになります

 

チーズをふんだんに纏った、濃厚なスープ

その中には浅草開化楼製となる平打ちの太麺

 

そして具材には、ベーコンにキャベツ

更にはトマトキューブをたっぷりあしらった、こちらの品

 

トマトの色味が花の芽吹きを感じさせ

更には、中から桜えびも顔を覗かせたりと、春らしさがとにかく満載

 

色味鮮やかな品となりますが

しかし、一口運べばそこは「まるわ」らしさがたんまり詰まっており、

ベースとなるスープは

同店の裏メニューでお馴染み、焼きラーメンさながらの濃厚さに

 

旨味がギュンッと詰まったこちらのスープ

そこに加え、チーズのもたらすコクも加わり、そりゃもう…な美味さとなりまして

 

そんなスープを絡めてくるのが

こちらの平打ち太麺

 

濃厚な旨味を宿したスープをしっかりすくい

モッチリした食感と共に、口いっぱいへ広げてくれます

 

また、チーズの旨味溶け合うスープとの相性から

そのモッチリ感がまるでパスタの様に思えるのも同品の特徴

 

更に、パスタ感を高めてくれるのが、

角切りされたベーコン

そして、キャベツといったトッピング達

 

いずれもスープ、麺にマッチする素材ばかりで

ラーメンらしからぬ存在感を見せてくれます

 

しかし、そんなラーメンをよりパスタに近づけるのが、

こちらのトマトキューブの役割でして

 

食べ始める序盤は、獣骨ベースの旨味が詰まったラーメンでスタート

しかし、食べ進める毎にスープに溶けていく、このトマトが味変のポイント

 

半分ほどを食べ進めた当たりから

このトマトをスープに混ぜ合わせていくと、

この通り、スープの色味からして豹変

 

動物性の旨味が強かったはずのスープが

気付いた時にはトマトベースのスープへと変化を遂げているのです

 

トマトの風味が高まることで、より一層

パスタに近しい味わいへと変化を遂げていくのですが

 

そんなこんなで麺を食べ終えた頃には

更なる衝撃が待っているのが、同品最大の見せ場

麺の下から姿を見せるのは、

そう、ご飯なのです

 

ラーメンながら、その下に仕込まれているのはまさかのご飯

しかもこのご飯は、スープの旨味をたっぷり吸い上げておりまして

 

もうお気づきの通り、リゾッパという商品名が現しているのは

パスタ、そしてリゾットへと変化する、同品の魅せる最大の味変を指しているのです

 

いや、パスタからリゾットなので

これは味変と言うよりも、料理そのものの変化でしょうか

 

しかも、そんなトマト風味リゾットの中には、

商品説明にも記載のある通り、

桜えびがふんだんに仕込まれているのも大きな特徴

 

序盤は獣骨の旨味とチーズ溶け合うラーメン

中盤には、トマトが溶け出すパスタの様な味わい

 

更に終盤に構えているのは

スープの旨味をふんだんに吸い上げた、トマトリゾット

 

春の訪れを感じさせる、その色味や色彩の変化だけで無く

味変、いや料理そのものが変化を遂げていく、奇跡のラーメンとなるのです

 

 

という訳で、今年もまた春の訪れを感じるべく、

いの一番に頂くものとなった、麺処まるわ春の名物ことリゾッパ

 

初めて口にしたその時に得た感動を

数年経って頂いても、また当初と変わらず感じられる驚きの連発

 

濃厚な旨味からスタートしているハズが

トマトの風味を宿すことで、その重たさを感じずに完食出来てしまうこと

 

しかしながら、麺に加えてご飯も含まれている上

そのご飯を完食しようとすれば、自ずとスープも完飲してしまう背徳感

 

結果的に、大満足なだけでなく

ボリューム面でもお腹一杯満たされる、そんな一食となります

 

強制的に〆ご飯までをも味わえるラーメンとなりますので

食欲に自信が無ければ、なかなか手厳しい一杯となりますが

 

ダイエット中の身である事を忘れ

完食、完飲へと誘う、魔力すら秘めた一杯

 

今日だけはチートday

と心に決めた日には、是非とも堪能して頂きたい、期間限定オススメの一杯となります。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

まるわの人気メニューが、「自宅」でも食べられるって本当?

本日ご紹介した「麺処 まるわ」のレギュラーメニュー「バジルソルトつけ麺」を始め、食べログやラーメンデータベースで上位に名を連ねる、全国の人気ラーメンが『お取り寄せ』で頂けます!

購入は1個(1杯)単位からOK! 全国各地の有名店ハシゴだって自宅でOK。

昼はお店へ訪問しつつも、深夜の小腹埋めにはお取り寄せ麺・・・お勧めです。

 

麺処まるわ

■ めんどころ まるわ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13

■ 営業時間:[火~金]11:00~14:30/17:30~22:30  [土日祝]11:00~15:00/17:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。