ら~めんコジマル宮野木店で頂く2種のまぜそば 2月の限定、グリーンカレーと辛まぜそばを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

この日は土曜日という事で、通常なら家族でのランチになる筈も

カミさん&子供が午後から出掛けるとかで、私1人のソロランチ機会を得ることに成功

 

ここぞとばかりに、八千代台まで車を走らせてみよう・・・

としたのも束の間、カミさんより

 

「帰りにマック寄ってドライブスルーでお昼買ってきて」

との言づてが

 

 

こちらの案件を受注した段階で、時刻は10:30

八千代台まではおよそ30分の距離

 

そしてカミさん&子供は12:30過ぎに外出するとのことで

遅くとも12時までにマックへ立ち寄り、帰宅せねばならず

 

順調に進めばギリギリ間に合うかどうか、果たして・・・

と、半ばギャンブル状態で車を走らせたものの、出発より10分で渋滞に遭遇

 

結果、早々に八千代台行きを諦めたものの、すでに道半ば

道中でなにかしら、お昼を食べるものとなりまして

 

急遽の予定変更で立ち寄るものとなったのがこちら、

我が家から、なんとも絶妙な距離感に

昨年9月オープンとなりました、ら〜めん コジマル 宮野木店

 

この日もまた、こちら「コジマル 宮野木店」にて

ランチを頂くものとなったのです。

昨年9月千葉市内にオープンとなった、ら〜めん コジマル 宮野木店で頂く初の辛まぜそば

昨年の9月に宮野木ジャンクション近くへオープンとなった

「ら〜めん コジマル 宮野木店」

 

我が家から決して近い訳では無いものの

少し足を伸ばすと言うほどの距離でも無い、なんとも絶妙な位置関係となる同店

 

ただその絶妙な距離が幸いし

八千代台行きを諦めた、本日の私にとっては救いの手とも言える存在になりました

 

これまでにも数度訪問している同店ですが

参照:ら〜めん コジマル 宮野木店で頂く12月最後の限定メニュー コジマル式中華あんかけまぜそば ⇒

 

とにかくレギュラーメニューが豊富で、興味沸く品はまだまだ多数

本日は、そんな豊富過ぎるレパートリーの中から

オープン以来気になっていた1品

 

「辛味まぜそば」をアブラ増し

辛玉トッピング(+50円)を加えて頂いてみようと思います

 

という訳で注文から10分

本日頂く、令和4年初コジマルの一食がこちら

「辛味まぜそば」となります

 

見た感じでは、特に辛味を感じさせない、こちらのまぜそば

ちなみに、追加のアブラおよび辛玉は別添えでの提供になっております

 

とにかくたっぷり入った挽き肉、

そして各種ネギに海苔と具沢山な一杯

中央に陣取る玉子の黄身も食欲をそそる美しさですが

同品がまぜそばである以上は、混ぜ合わせてこそナンボ

 

ガガッと一気に混ぜていきながら、

まずはこの、迫力すら感じる

平打ち太麺をズズッと頂いてみましょう

 

ワシッとした歯ごたえながらも、噛みしめるごとに風味がアップ

絡むタレ、アブラの甘みを携えながら、ビビッと来る辛味・・・

 

このスパイシーな辛味は、胡椒由来でしょうか

唐辛子系の様に、後に残る辛味では無く、瞬間的にビビッと刺さる刺激

 

どうやら挽き肉の方に胡椒由来の辛味をたっぷり加えている様で

その辛味が、麺と共にしっかり口の中へ届いてきます

 

続いては、この圧巻な厚切りカット

豚、ことチャーシューを頂きますが

これも厚切りながらに、相反する柔らかさがとにかく最高

 

豚肉ならではの、脂が持つ甘みはもちろん

しっかりした旨味、そして驚きの柔らかさ

 

加えてまぜそばらしく、他の具材と共に食べやすい様

小さめにカットしてくれているのも嬉しいポイントとなります

 

加えて、パンチあるその味わいを支えているのが、

もやしににんにく、ニラらの具材

なによりたっぷり過ぎる挽き肉、この味付けがやはり格別

 

このままでも、程良い辛味で満足のまぜそばにはなりますが

やはり辛党で慣らしている私的には、もうひと越えを欲するものとなり、

麺を1/3ほど頂いた所で、

追加のアブラ、そして辛玉を全体にトッピング

 

この辛玉ですが、辛党にお勧めとの表記通り

かなり強めのスコヴィル値を感じる辛さ設計になっております

 

文字通り、辛さに弱い方にはお勧め出来ない度合いですが

辛さを好む身としては、この上ないジャストな刺激

 

加えて追加したアブラの甘み、コクがトリガーとなり

辛玉の持つ攻めの辛味を強く引き立てます

 

ここからはターボが掛かったかの如く、具材に麺にと一気に吸引

気付いた時にはもう、

そこに麺の姿は確認出来ないほど

一気に食べ干してしまう、圧倒的なパンチと魅力を味わうものとなりました

 

が、この残った具材

特に挽き肉、そして辛玉を放置することは出来ず

結果、禁断の一手となります

「追いメシ」に手を伸ばしてしまい、余すこと無く全ての具材を最後まで堪能するものとなりました。

辛まぜそばに続き、ら〜めん コジマル 宮野木店2月の限定メニュー スパイシーなグリーンカレーまぜそば

さて、そんなレギュラーメニューの

「辛まぜそば」を心ゆくまで堪能するものとなった、コジマル 宮野木店

 

しかしここで、あらためてメニューを眺め

ふとした疑問が浮かんできたのです

 

同店のメニューには多数のまぜそばが掲載されているのですが

そのレパートリーは、本日頂いた辛まぜそば以外に、

・台湾まぜそば

・まぜそばRED

と続いておりまして

 

いずれも辛さを主張するまぜそばであることは伝わるものの

果たして、辛まぜそばとはどの様な差異があるのか??

 

 

その差異が気になったまま、悶々とした時間を過ごすこと半月

気になるならば解き明かせばいいさ、と再びら〜めん コジマル 宮野木店へ

 

もちろん本日は、台湾まぜそばないしまぜそばREDを目的としたものの

そこへ飛び込んで来たのは、まさかの刺客

2月の限定となる、グリーンカレーまぜそばとなりまして

 

そこにはひと言

「スパイス効いててめちゃうま」

 

そんな事言われたらもう、

いつでも食べられるレギュラーメニューは3秒で思考から除外

 

当然の如く、目前で心変わりし

オーダーするものとなったのはこちらの品

2月の限定メニューとなります

グリーンカレーまぜそばです

 

券売機前で確認した写真上でも

トッピングはそう多く無いことが見て取れた同品

 

加えて本日は、後続に並ぶお客さんもおらず

券売機前でじっくり悩めたことから、初となる肉増しトッピングを加えております

 

チャーシューに隠れ、パッと見では飛び込んでこないものの

その下にはたっぷり、グリーンカレーを絡ませた麺の姿が

 

まぜそばらしく、こちらと具材を混ぜ合わせていきますと

見ての通り、一気にカレー感が増す仕上がりに変貌

 

立ち上がる香りも食欲そそるものとなりますが

それでは早速、麺を頂いていきましょう

 

安定のコシある食感となる平打ち麺

そこに絡むのは、これまたスパイシーなグリーンカレー

 

いわゆるタイカレーに分類されるタイプのグリーンカレーでして

インド系カレーとはまた異なるスパイシーさを漂わせています

 

また、同タイプのカレーではココナッツが強くなるものの

こちらのまぜそばでは、同風味は伝わって来ず

 

辛味もそこまで強くなく

マイルドながら香辛料の風味を立ち上げる、オリエンタルなまぜそばに仕上がっています

 

そんな東南アジアのテイストを

一気にガッツリ系へ引き戻してくれるのが、

他のまぜそば同様にたっぷり入った玉ねぎたち

 

加えて同品には、長ネギのみじん切り

更には、当然の如くにんにくも多数トッピング

 

これらのパンチある味わい、食感が加わる事で

オリエンタルな中にもしっかり響き渡る、まぜそばらしいジャンクさが感じられます

 

そんなジャンクさを一層引き立ててくれるのが、

これも毎度おなじみ、コジマルらしい大ぶりな肉

 

チャーシューと呼ばず、敢えて肉と呼称したくなるほど

ワンパクな厚みに豚肉らしい旨味

 

それで居ながら、スルスルとほどける肉質の柔らかさ

更にはの甘みをも兼ね備えた肉

 

加えて本日は、こちらを追加トッピング

一枚はそのまま、二枚目はまぜそばの具材にすべく細かく混ぜ合わせ

 

肉一枚の追加であっても多様な変化を楽しめ

更には卓上調味料を用いた辛み増しも可能

 

更に更に、〆にはまぜそばらしい追いメシも加えられれば

最後はカレーライスとしての表情も楽しめる、ガッツリオリエンタルな一食となりました

 

 

という訳で二度に渡り、レギュラーメニューの辛まぜそば

そして限定と2種のまぜそばを食べ比べた、ら〜めん コジマル 宮野木店

 

これまでに累計4品のまぜそばを食べ比べてきましたが

まだこれでも、ようやく折り返しに辿り着いたばかり

 

加えて同店では未だ、ラーメン各品を食べておらず

頂いてみたいメニューは数知れず

 

初訪問で頂いたつけ麺の美味しさも、再度味わいたいものとなり

まだまだ今年も、幾度と足を運ばなければならないコジマル宮野木店

 

ご近所にオープンしてくれたことは嬉しい反面

課題はまだまだ増えるばかりで、今年もそう簡単には痩せさせてくれない様です…

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ら〜めん コジマル 宮野木店

■ らーめんコジマル みやのぎてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区宮野木町1849-45

■ 営業時間:11:00~14:45 / 17:30~20:00

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。