スポンサードリンク

西千葉、粋やの秋限定メニューは、まさかの「かけらぁめん」!? シンプル構造の裏に秋の味変が満載だった!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

10月の終わりに、ようやく訪問した、西千葉「自家製手打ち麺 粋や」の二毛作店こと

粋や、夜の部となる「一二三屋」でしたが、そちらを訪れた際に、気になるメニューを発見

 

店内扉の内側に掲載されていたそちらのメニュー、秋限定で提供されるラーメンとなっており

その姿はまさかの・・・かけラーメン

 

いわゆる、具材やトッピングがほぼ乗らない、麺とスープのみで勝負を掛けるスタイル

ではあるのですが、そのお値段はなんと900円!

 

いくら限定とは言え「かけラーメン」が、レギュラーメニューより高額とは、必ず訳があるに違いない

その謎を解き明かすべく、お店へ伺おうと思っていたものの、11月上旬は所用が立て込んでしまい、結果としてお店へ迎えたのは11月も中頃になってから

そんな事情もあり、スタートからだいぶ遅れてにはなりましたが

西千葉の粋やが提供する、秋限定メニューを頂くべく、お店を訪れてみるものとなりました。

スポンサーリンク

西千葉の粋やに、早くも限定メニューが!その名も「秋変化かけらぁめん」

お店への訪問自体は2週間ぶりながら、前回は夜の部(一二三屋)への訪問となるため、

西千葉に濃厚煮干しのラーメン店がオープン!? 粋やの二毛作、煮干し中華そば一二三屋を初訪問してみた
少し前に、Twitterのタイムラインを見ていた時のこと 西千葉で食べたとされるラーメンながら、その姿は私が西千葉界隈で見たことのない煮干し系ラーメン どこのお店で提供して
2018-11-06 06:53

その真の姿である、粋やへの訪問そのものは、約1か月ぶりとなります。

 

そんな粋やが、8月にオープンしたばかりだというのに、早くも繰り出してきた秋の限定メニュー

それがこちら、

「秋変化かけらぁめん」となります

そのビジュアルを見る限り、シンプルな塩ベースのスープに麺

そして、かいわれが浮かぶのみといった、正にかけラーメン

 

ただ、良く目を凝らしてみると、麺の下に何かが沈んでいるような・・・

この「沈んだ何か」こそが、同商品の名前にもなっている「秋変化」を現わすものと推測されます。

 

ちなみに、同ビジュアルポスターの隣には、商品に関する解説を添えたものも

しかし!!

せっかくなら、この秋変化がどんなものなのか、ネタバレされずに味わいたい所でしょう

 

ここは、敢えて一切の前情報を入れること無く、その秋変化をダイレクトに味わうべく、食券機の「限定B」ボタンを連打!!

(正確には、ワンプッシュしかしておりません)

 

とは言え、かけらぁめんだけでお腹が満たされるとは思えず、念のためにサイドメニューを頼むべく券売機に目を向けると・・・

あぁ、またもや鶏皮煮ご飯は無い模様

少し残念に肩を落とし、チャーシュー丼で妥協しようとしたその時・・・

 

毎回、鶏皮煮ご飯に会えず、気落ちしていた私を見るに見かねたのか

店主さんからまさかの一言、

「鶏皮煮ごはん、1杯だけ出せますよ♡」

との神の啓示が!!

 

無意識のうちにガッツポーズを握りしめたことはさておき、あわせて鶏皮煮ご飯もオーダーするものとなりました。

スポンサーリンク

粋やの秋限定メニューは、正に「変化」のかけらぁめん!そして、念願だった鶏皮煮ご飯も!!

オープンから5分ほどとなる、11時を過ぎた頃に訪れた、久々の粋や

開店間もない時刻ではありながら、すでに店内カウンター席の殆どが埋まっているその光景は、もはや特別なものでは無い、常日頃の風景といった様子

 

私を始めとする、都町時代からのお客さんだけで無く、ここ西千葉に移転した事によって通い出したと思われる、学生さんの姿も見え、店内は賑わうばかり

駅から徒歩圏ではあるものの、裏路地であることや、大通りはおろか隣接している駅のホームからも見えない立地だけに、当初は不安視されることもありましたが、そんな条件をものともしない、早くも西千葉を代表する人気店と呼べそうな人気を博しています。

 

そんな店内の様子を眺めながら、待つこと10分

いよいよお目見えとなった、粋や秋の新作がこちら、

「秋変化かけらぁめん」です。

 

見た目にはクリアなスープとなっており、正にかけラーメン

具材もシンプル極まりなく、登頂のかいわれ、そしてその下の茶色いなにかのみ

この「何か」が、秋の味変アイテムということでしょうか。

 

それではまず、透き通るスープの方から

クリアで淡麗極まりないスープから溢れるのは、鶏の旨味

そして、写真の通り光を乱反射してしまうほど、たっぷりの鶏油

 

この油効果でスープはしっかりアツアツをキープ

滋味深く優しい味わいのスープではあるのですが、正直言って、やはりこれだけでは物足りなさを感じます

もちろん、その不足分を埋めるアイテムは、この後に登場となるのでしょう

 

が、その前にまずは、このスープと麺とのシンプルな味わいを

スポンサーリンク

麺の方は、言わずもがな自家製の手打ち麺

これまでにもレギュラーメニュー全てと、その相乗効果を味わってきましたが、この超絶淡麗との味わいは・・・

 

もちろん、言うまでも無く絶好調

シンプルではあるものの、丁寧な仕事が感じられる淡麗スープだからこそ、麺の持つ美味しさも十二分に味わえます

モチッとした食感に、ピロッとした舌触り、口にする度に微妙な変化を感じられるのも、手打ち麺ならでは

 

ただやはり、これでもまだ、物足りなさを感じずには居られません

そもそも私、好きな言葉が「全部のせ」だと言うにも関わらず、見ての通りこの一杯は「かけラーメン」

全部のせ至上主義の私が、果たしてこの「断捨離なう」なラーメンに満足を得られるのでしょうか??

 

そこで取り出したのは、そう

噂の茶色いやつ、となります

この煮こごりのようなブロックが、果たしてどんな味わいを生み出すのか?

 

まずはスープに潜らせてみるが・・・

なかなか溶けない

 

それでならばと、次は箸で突いてみる

よし、溶け出した

そしてこの溶け出した部分を混ぜ合わせてみると・・・

 

・・・・秋、だ

 

ネタバレになってしまう様な気もする、この謎の茶色

明かしてしまうのはどうなのか・・・と思っていたものの、店内のポスターでもネタバレされている様子

 

なので、遠慮せずにネタバレしてしまいますと、先ほどの茶色い煮こごり

その正体は、秋刀魚なのです

 

秋刀魚に醤油を合わせた、この煮こごり

これをスープに溶かしていくことで、一気に秋刀魚の風味が広がり出します

先ほどまでの淡麗塩スープが、徐々に秋の色に染めあげられ、そして味わいも塩から醤油へと変貌

 

そして、秋刀魚の持つ味わいがスープ全体を包んでいき、そこに秋刀魚の塩焼きは無いものの、確かにそれを感じるスープに生まれ変わるのです

まさしく、秋の味変と名乗った通りで、この一杯に秋刀魚の旨味が詰まった、そんな変化を見せてくれました。

 

ただ、私は秋刀魚好きなのでそこまで嫌では無かったものの、ちょっと感じたのが青魚特有の生臭さになります

スープ全体へと、均一に広がれば感じづらくはなるのですが、その手前、広がりきっていない段階だと、苦手な人には生臭さを感じるかも知れません

そんな時、是非手に取って貰いたいのが、テーブル上のブラックペッパー

こちらを少し多めに振りかけると、先ほどまで気になっていた生臭さも抑えられ、スッキリした味わいを見せてくれます

 

本来なら、もっと他の素材で生臭さを抑える事も出来るのでしょうが、後に調べた所によると、この限定ラーメン

ラーマガの企画として提供している品になるそうで、その条件が「麺とスープのみ」なんだそうです

その条件を満たした結果として、残ってしまったのが秋刀魚の臭みとなるのでしょうが、これを取り除くことが出来たら、幅広く支持されそうな一杯に感じました。

 

まあ、それはさておき

この日、ついに念願叶い、半年超ぶりに味わうこととなったのがこちら

粋や、もう一つの名物となる「鶏皮煮ご飯」となります

 

ジュワジュワに旨味の染みこんだ、鶏皮

コラーゲンをタップリ感じさせる柔らかい食感でありながら、ひと噛みする度に飛び出す旨味

これがご飯に合わない訳が無い、そんな最強過ぎるサイドメニューです

 

ただ、このご飯と共に頂くなら、やっぱり鶏白湯こそが最強の組み合わせ

この日は、限定の「秋変化かけらぁめん」がメインであった故に、合わせるスープも秋刀魚を感じる清湯スープとなってしまいました

が、鶏皮煮ご飯の真骨頂を味わえるのは、濃厚な鶏白湯との合わせ技こそが最高峰だけに、次こそは同組み合わせにて頂きたいところです。

 

前回訪問となった夜の部(一二三屋)でも、久々に味わう濃厚セメントで打ち震えたばかりですが、今回の限定メニューもさすがの一言

次なる限定で、どんな真打ちが登場するのか期待したい反面、やはり基本となる白湯&醤油も捨てがたく、ますます選択肢は増えるばかり

間もなく訪れる今年の冬も、体を芯からしっかり暖められる、そんな一杯が味わえそうです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

自家製手打ち麺 粋や

■ じかせいてうちめん いなせや

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2丁目26−9

■ 営業時間:11:00~14:30

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。