スポンサードリンク

千葉中央駅前、李さんのダイニング ランチのチーズタッカルビもさる事ながら、ミッパンチャンが凄かった!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午前中から、千葉中央の駅近くでリンパマッサージを受け、鋭気を養った帰り道

近くでランチを食べて帰ろうと試みるも、今更ながら真新しいお店も見つからず

 

特に何を食べたい訳では無いものの、三が日以降、どうも食べ過ぎている感があるため、少し軽めにランチを頂くことに

これとった候補も無い中、ふと目に止まったのが

千葉中央駅を富士見町方面に出た、すぐ目の前

李さんのダイニングという、韓国料理のお店となります

 

ボリュームが軽い訳では無いものの、韓国料理であれば脂質は控えめ、ご飯の量も少なめ

更に言えば、何を食べても唐辛子のカプサイシン効果が付きまとってくるので、結果カロリーは0で済むはず

 

ランチのメニューについても、

光が反射して見えづらくはなっているものの、野菜もそれなりに食べられ、ヘルシーな気がしないことも無い

という訳で、こちら李さんのダイニングでランチを頂いてみることとなりました。

スポンサーリンク

京成千葉中央駅から徒歩2分 韓国料理店、李さんのダイニングで初ランチ

千葉中央駅から、すぐ目の前にある韓国料理のお店、李さんのダイニング

 

同じ様な名前のチェーン店(李さんの台所?だったかな)をイオン系列の店舗内で見かけますが、恐らくそちらとは関係のない、別の「李さん」が手がけているお店と推測されます

その根拠となるのは、こちら店内のPOP

大型資本のお店が運営している、とは到底思えない手書きのPOPが店内を彩っており、そのどれもがなかなかに魅力的

中でも、今の季節ならではの味わい、韓国風あんこう鍋ことアンコウチムは、2サイズが2種の値段で提供

和食としてのあんこう鍋は何度も食べてますが、こちらアンコウチムは未だ未食となるので、1度は食べてみたいところです

 

その他のメニューも、以下のように

手書き&写真付きでの掲載となっており、千葉栄町で多数見かける韓国料理店同様、個人が運営しているお店では無いかと

 

また、こちらのお店の凄さと言ったら、

これら膨大な、サインの数々

壁一面にズラッと飾られた様々な色紙

 

そして、カウンターの上にも、

更に多くの色紙が飾られており、様々な著名人がお店を訪れていることが推測されます・・・

 

が。

これだけ多数の色紙が飾られていながら、知ってる名前は「上田桃子」のみ

残りの大半は、サインだけでは誰のものなのか読み取れない、もしくは名前を見ても分らないものばかり

 

逆に、そこまで知名度高くない著名人から、どの様にしてサインを貰っているのかが不思議な程

千葉の韓国料理店ではよく見かける光景ながら、未だその謎は解き明かせずにおります

 

そんなお店の様子はソコソコにしながら、まずはランチメニューへ

ランチでは、全10種類のメニューが随時提供されており、これに加え月~金は日替わりランチも常駐

ただ、日替わりと言っても新たなメニューが加わる訳では無く、レギュラーメニュー10品のうち曜日に該当するメニューが、通常価格よりリーズナブルになる仕様とのこと

 

これら各メインに加えて、お通し(韓国で言うところのミッパンチャン)が付き、更にはサラダとキムチ

韓国料理店では定番の取り揃えとなりますが、おかず豊富なランチを頂くことが可能となります。

 

という訳で、上記メニューの中から「豚カルビ」をオーダーしてみたものの、この日はあいにくの品切れ

となれば、同じ肉・・・いやでも、これまでだいぶ失敗してきているし、どうだろう・・・

 

と、不安を抱えながら、過去のトラウマを払拭すべく

「チーズタッカルビ」をオーダーしてみるものとなりました。

スポンサーリンク

メインのタッカルビもさる事ながら、ミッパンチャンが実に秀逸だった、李さんのダイニング

数年前より、大久保を口火に全国区で流行を見せているチーズタッカルビ

このブームに乗り遅れまいと、千葉でも様々なお店でチーズタッカルビの提供が行われてきました

 

同ブームを冷ややかな目で見つつも、一応どんなもんか食べておこう

と、これまでにも千葉市内のお店数軒でチーズタッカルビを頂いてきてはいるものの・・・

 

そのどれもが、ことごとく大外ればかり

世に騒がれるチーズタッカルビながら、ここ千葉ではそれを真っ当に味わうことが出来ないのか?

と、長らくチーズタッカルビ恐怖症に陥ってきたのですが、今や2019年

スポンサーリンク

今年こそ、過去のチーズタッカルビとの怨念と呪縛から解き放たれるべく、意を決した注文に踏み切るものとなりました。

 

そんな経緯をへてまずは、日本で言うお通し

韓国ではミッパンチャンと呼ばれる、先付けの料理から提供がスタート

ミッパンチャンは全3品で、なかなかユニークな取り揃え

加えてキムチ、そしてメニュー上では「サラダ」と表記されていましたが、これはどう見ても白菜の漬け物?

 

キムチとサラダの2品が、色合いこそ違えどポジション的には被っているのが気になるものの、なかなか面白い5品がご飯と共に登場

これに加え、主役となるチーズタッカルビが到着したところで、全て並べて記念写真を一枚・・・

 

と、行きたかったところですが、この日ランチに着いた時刻は、12:30を過ぎたところ

リンパマッサージが思いのほか長引いてしまい、空腹レベルも10段階中の10まで到達

いつ来るとも分らないチーズタッカルビを、これだけのオカズを前にしながら待ち続けることが出来ず

しかし、この後撮影する集合写真が歯抜けとなってしまえば、これもみっともない

 

さて、どうするか・・・

写真映えしなくならない程度に、ちょっとだけつまもう

 

自分なりの折り合いを付けながら、まずはミッパンチャン3品の左側から頂く事に

こちら、茎ワカメのナムル?となるのですが、これがまた予想外に旨いのです

コリッとした食感と、ナムル特有のごま油、そしてにんにくの味付けが絶妙

サイズが小さくカットされすぎており、多少の食べづらさはありましたが、素材も味付け的にもドストライク

 

続く、中央のもやしナムル、これはまあ標準的なナムルとして

左端の天ぷら、こちらはさつまいもとちくわになるのですが、いずれにもキムチ風にコチュジャン?の味付けが施されています

天ぷらでありながら、ピリッとした辛さを味わえ、これもまた斬新且つ前衛的な味わいで、私的にはハマりそうな一品

主役を前にして、どうしてもバイプレーヤー以下の扱いを受けるミッパンチャンですが、こちらのお店はバイプレーヤーこそが輝きを放っている様です

 

そんな品々をつまみつつ、またご飯についても、食べかけであることがバレないよう、茶碗左側のみを少しずつ頂くこと5分

主役となるチーズタッカルビが無事到着を迎え、ここであらためて集合写真を記念撮影

うーん、我ながら

「食べかけ」である事を必至に取り繕った、ナイスな一枚の激写に成功

 

豪華な先付け3品で、満足度が高まる中、満を持して到着したチーズタッカルビですが、

鶏肉に長ネギ、さつま揚げ?にトッポギがキムチと共に焼かれ、その上にはたっぷりのチーズ

発酵食品に溢れかえった品々が、スキレットではなく、普通にフライパンのまま登場となりました(笑)

 

こちらの盛り付けが、スキレットであれば見栄えもするところながら、小ぶりなフライパンをそのまま食器扱いしてしまう斬新さ

いや、洗い物を1つでも少なく済ませるエコ精神と呼ぶべきでしょうか

いずれにせよ、調理した状態がそのまま、アツアツでテーブルに届けられていることに変わりはありません

 

そんなアツアツチーズタッカルビを、まず一口

見かけ程の辛さは感じない上に、たっぷりのチーズが絡まることで、一層マイルドな味わいに

鶏肉については、素材、味付け共にそこまでのこだわりは感じないものの、トッポギやさつま揚げ?など、様々な具材が溢れ、相当にボリューミー

 

個人的には、もうちょっと辛めな味付けであった方が好みになりますが、味付け自体はしっかりしており、ご飯とのバランスも申し分なし

ちょい辛なお肉を前にしたらやっぱり、

この乗っけ飯スタイルがしっくりきますね(笑)

 

たっぷり盛られたチーズの甲斐もあって

「チーズタッカルビ」の名に恥じない、チーズとキムチ、鶏肉との三すくみをしっかり味わうことも成功

過去に食べてきたチーズタッカルビこそ散々なものでしたが、それらと比べれば十分納得の一食を味わうことが出来ました。

 

という訳で、長年のシコリとなっていた「チーズタッカルビ」

そのトラウマを払拭すべく頂いた、李さんのダイニングでのランチ、チーズタッカルビに関して

「これは!!」という驚きには辿り着かなかったものの、相応に満足

 

ただ、主役以上に、先付けとして提供されるおかずらが、どれもイメージを超える品ばかりとあって

総合的にみれば、十分な満足を得る結果となりました

ホールを担当するお母さんの接客、親切な応対も心地よく、周辺に数ある韓国料理専門店の中でも、頭1つ抜けた良店と言えそうです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

李さんのダイニング

■ りさんのだいにんぐ

■ 住所:千葉県千葉市中央区本千葉町7-11 中央駅前ビル 1F

■ 営業時間:11 :00~14:00 / 17:00〜23:00

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。