スポンサードリンク

西千葉のサンドイッチ専門店、シャポー ド パイユ 中目黒から移転してきた実力店が誇る、絶品クロワッサン&バケット

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

少し前に、本ブログでも紹介した、千葉そごうで開催された催事

「夏休みおいしさランド」

 

こちらのイートインに初出店していた

「四川担々麺 阿吽」にて、

千葉そごう催事場に、食べログ百名店の四川担担麺 阿吽(あうん)が初出店(~7/29まで)! 辛さ・シビれMAXのつゆ無し担々麺に挑んでみた
5月の終わりに開催された 「第5回 チーバくんグルメ博覧会」以来、コレといったイベントの無かった、そごう千葉店 同イベント以降は、お中元の季節に入ることもあり、催事場ではイ
2019-07-27 07:13

つゆ無し担々麺を大満足の末に完食した帰り道のこと

 

当初の予定では、イベント会場でもう一食、何かを食べて帰ろう・・・

と計画していたため、〆ご飯を頼むこと無く、つゆ無し担々麺を頂いたのですが

 

思いの外、出店しているお店が少なかった事

そして、これといった品にも巡り会えなかったことで、結果としてお腹を満腹に満たすことが出来ず

 

とはいえ、せっかく空腹スペースを残した以上、なにかもう一食ツマミながら帰宅しよう

と、私の中で保存されたままとなっていた

「機会があったら食べに行きたいリスト」をひっくり返して見直して見たところ

 

以前に、ブログ読者さんより

「お勧めです」の声を頂いていながら、未訪問のままとなっていたお店を訪れてみる事に

 

同店についてのイメージですが、平時であればちょっと小ぶりというか

「お腹を満たすには弱めじゃ無いか?」

と感じた事で訪問機会を逸していたものの、担々麺に続く2食目ならば、程良いボリューム

 

そんな訳で向かった先は、西千葉方面

JR西千葉駅と京成みどり台駅を結ぶ、飲食店の建ち並ぶ通り

同通りに、昨年オープンしたサンドイッチの専門店

「Chapeau de paille(シャポー ド パイユ)」となります

 

こちらでは、フランスパンやクロワッサンを使い、

・手作りハム

・自家製ベーコン

など、パンだけでは無く、具材にまで拘ったサンドイッチが頂けるとのこと

 

朝も6時から営業しており、最近は千葉駅西口界隈にキッチンカーも出ているなど

千葉~西千葉間で注目を集めている、サンドイッチの専門店となります

普段なら、サンドイッチのみでは満足しない私のお腹

しかし、今日は一足先につゆ無し担々麺をいただいているので、準備も万端

 

という訳で、こちら「シャポー ド パイユ」を初訪問してみようと思います

JR西千葉駅から徒歩7分 中目黒より昨年移転してきた、シャポー ド パイユを初訪問

この日、お店に着いた時刻は、12時を少し回った所

近隣の飲食店はお昼時とあって賑わいを見せております

 

が、こちら「シャポー ド パイユ」は前述した通り、サンドイッチの専門店

店内にもテーブルなどの飲食スペースが設けられているものの、メインとなるのはお持ち帰りのパンになる様子

 

当然私は、店内でサンドイッチを頂こうと思うのですが、まずは商品選択から

メインとなっているサンドイッチは、以下の通りで、

クロワッサンやフランスパンのバケットを使った商品が、全10種以上販売されております

お値段の方は300~400円台となっており、少し高めには感じるものの、一つ一つが大きく、思っていたよりもボリュームは十分

 

加えて、各サンドイッチ共に、使用している具材が個性的で

・ローストビーフ

・サバ

・合鴨とイチジクソース

・海老アボカド

などなど、ちょっと高めな値段設定を、素直に納得させられる品ばかり

 

また、カウンター前にも商品が販売されており、

こちらはサンドイッチでは無く、ラスクやクロワッサン

 

あと・・・なんでしょうかね?(汗)

普段パン食に馴染みが無い上に、欧米要素もたっぷりで、私の知識では追いつかない、説明し難いパン?が並んでおります

 

なお、こちらは具材をサンドしていないからか、100~200円台とお値段も安め

ちょっとしたおやつ代りに、手に取りたいパンと言った感じもします

 

そんな感じに、多数のこだわりサンドイッチが並んでおり、どれも実に魅力的な具材だらけ

この中から、1つ2つを選りすぐるというのは、かなり骨の折れそうな選択と言えます

 

とは言え、これだけのサンドイッチが並ぶ棚を前にして

「この棚、全部下さい!」

と声に出せる勇気も無けりゃ、無限大の胃袋も持ち合わせておらず

 

ここは、冷静な判断で厳選に厳選を重ね

・自家製ハムとチーズのクロワッサンサンド

・合鴨とイチジクソースのサンドイッチ

こちら2種と、アイスコーヒーを頂いてみようと思います

 

サンドイッチについては、店内で頂く事を告げ、商品を購入

道路に面したカウンター席を陣取ると、お隣には

こちらのトースターを発見

 

バケット&クロワッサンの推奨温め時間が記載されている所からして、温め直しに使用出来る様です

ではお言葉に甘えつつ、まずはクロワッサンの温めをスタート

 

サンドイッチが温まるのを待つ間に、

 

お店からの説明書きをチェック

こちらのシェフ?は、フランスやオーストリアのパティスリーで修行を積んだとのこと

その後、代官山のお店で働き、表参道のお店でシェフパティシエを経験

 

9年前に、中野へお店をオープン

1年後には中目黒へ移転し、店名を現在の「シャポー ド パイユ(フランス語で麦わら帽子)」にあらためたとのこと

そして昨年、西千葉へ移転し現在に至るとの事でした

 

なるほど、、、

シャポー ド パイユ=麦わら帽子

 

という事は?

麦わらの海賊団=パイレーツ オブ シャポー ド パイユ??

 

・・・ん、パイレーツは英語か。

 

それにしても何故、オシャレこの上ない中目黒から

ローカル感極まりない、総武線の快速も止まらない西千葉に移転したのでしょうか?

もしや、ZOZOTOWNないしは剛力彩芽のファン?

 

まあ、その辺も追々、聞いてみたい話題ではあります。

全12種の魅力的なサンドイッチ バケット&クロワッサンは勿論、合鴨・自家製ハムも絶品ぞろい

そんな訳で、本日2食目となるランチを頂くものとなった、西千葉のシャポー ド パイユ

ちなみに、この日選んだ2種類のサンドイッチはこちら

ラップに包まれたままの撮影に加え、カウンター席を選んでしまったため

 

逆光というアクシデントも同時併発してしまいましたが、

・自家製ハムとチーズのクロワッサンサンド

・合鴨とイチジクソースのサンドイッチ

と、なります

 

前述した通り、店内で頂く際には、カウンター脇にあるトースターでの温め直しが可能

という訳で、指示のあった「3分」に時間を合わせ、まずはクロワッサンの温めから

こちらが、トースターで温め直された

「自家製ハムとチーズのクロワッサンサンド」となります

 

※ こちらを頂く準備が整ったところで、すぐさま

「合鴨とイチジクソースのサンドイッチ」をトースターへ

 

トースターでアツアツに温め直されたクロワッサンですから、慎重に頂いてみようとすると・・・

 

ん、熱くない

冷たい・・・というほどじゃ無いけど、熱くはなってないなあ

 

指示通り、3分で温め直したのですが

トースターが冷め切っていたからか、温め直しは完全に失敗

かといって、再度トースターに入れようにも、現在はもう一つのサンドイッチが独占中

 

さあ、どうしたもんか・・・

このまま食べちゃえ。

 

という訳で、クロワッサンサンドをまず一口

温め直しは不完全ではあったものの、そのサクサク感はしっかり回復

バターの香りを漂わせる、層の厚いクロワッサンが、良いカロリーを身体に染みこませてくれます

続いて、具材のハムですが、こちらは前述した通り自家製するこだわりぶり

塩味は強くないものの、肉感がしっかりしており、レタスとの相性も抜群

 

もうひとつのトッピングであるチーズですが、こちらは温め直しが不完全であったことが悔やまれます

もう少し時間を掛けて温めていれば、柔らかさが加わり、ハムやレタスともしっかり馴染んだだろうに

冷めていても美味しく頂けるサンドイッチではありましたが、やはりもう1~2分温めることで、その本領が感じられた様に思います。

 

 

そんなクロワッサンを平らげた頃に、お隣のトースターから

「チーン!」の呼び出し音が

 

今度こそは、しっかり温まっていてくれ!

と願いを込めて取り出した品がこちら、

合鴨とイチジクソースのサンドイッチとなります

 

試しに手で持ってみると、お、今度はアツアツ

つうか、熱すぎw

 

なかなか「良い塩梅」の温度に調節出来ないのもまた、私がパン食に不慣れなことが原因でしょう

とは言え、アツアツに仕上がった以上は、先ほどのクロワッサンを越える逸材に到達している筈

 

火傷しない様に注意しながら、バケットを早速一口

パリッ!と音を立てる外側と、フワッとしながらも強い食感を残す内側

同じバケットではありながら、全く違う2種の食感と味わいが、一口目から広がっていきます

 

強い食感の残るバケットを噛みしめていくと、徐々に広がる小麦の香り

鼻を抜ける際に、良い香りを感じさせ、素材の持つ美味しさが口いっぱいに広がっていきます

 

続いて広がる旨味ですが、これぞ合鴨!!

鶏肉らしい弾力と肉の旨味

更には、品の良い脂の美味しさも感じられ、旨味尽くし

強く主張し過ぎそうな合鴨を、程良い所で抑えつつ、甘みでパンと馴染ませているのがイチジクのソース

これが間に入ることにより、相容れなさそうなバケットと鴨を、しっかり繋いでおります

 

シャキッとしたレタスの食感に、自家製とおぼしきマヨネーズも美味

なにより、バケットそのものを、美味しく感じるのは実に久しぶり

パンが美味い、と噂では耳にしていましたが、これは久々に感動を覚えるレベルに美味しいパンでした。

 

 

といった流れで、2つのサンドイッチを頂くものとなった、シャポー ド パイユ

オシャレグルメが集う、中目黒に10年近くお店を構えていたその実力は、言葉通り本物の味わいでした

 

具材の豪華さにも目が行きますが、それもこれも、主役となるパンの美味しさがあってこそ引き立つものばかり

クロワッサンにバケットにと、どちらも甲乙付けがたい実力の高さを感じる品で、久々に感動を覚える美味しさでした

 

惜しむらくは、クロワッサンの温め調整をミスしたこと

もう1~2分を我慢する忍耐力があれば、あのクロワッサン、きっと倍増した美味しさを与えてくれたはず

 

とは言え、まだまだ食べたいサンドイッチが多数見つかるお店です

小腹を空かせた際はもちろん、朝も6時から営業しているとの事ですので、今度はモーニングがてら立ち寄ってみたいですね

それにしても、なんでコレだけの実力店が、西千葉の地を選んだんだろう・・・(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

Chapeau de paille

■シャポー ド パイユ

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12046229/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区緑町1-21-3 片山第1ビル 1F

■ 営業時間:6:00~

■ 定休日:第1月曜日、火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。