スポンサードリンク

西千葉移転から間もなく1年、自家製手打ち麺 粋や ゲリライベントでまさかの「あの店」を再現!? 久々、レギュラーメニューも振り返ってみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

昨年8月に、満を持して西千葉に移転&リニューアル

間もなく1年を迎えようとしている、自家製手打ち麺 粋や

 

移転に伴い、麺を手打ちに変更し、提供数こそ限られるものとなりましたが

その稀少さに加え、元より高い実力のお店とあって、すでに人気店であることは私が説明する間でもありません

 

そんな粋やですが、ここ数ヶ月は「超・ゲリラ」ながら

「店主の気まぐれメニュー」として、様々な限定の提供が続いておりました

 

その影響もあってか、最近はレギュラーメニューともご無沙汰になっており

また限定にはつけ麺類が多い事から、粋やの看板とも言うべき「手打ち麺」も最近は頂いておらずで

 

その様な背景もあってか、久々に手打ち麺が食べたくなったことから、

今日こそは、と固い決意を胸に抱き

レギュラーメニューを注文するべく、粋やを訪れるものとなりました。

JR西千葉駅から稲毛方面へ徒歩3分 すでにお馴染み「粋や」といえば、やっぱり鶏白湯

今日こそは心奪われること無く、レギュラーメニューを注文!!

と強い決意を抱き、お店を訪れた西千葉の粋や

 

店内に入り、券売機をチェックすると、

・・・ある、限定メニュー

 

しかも、粋やの夜の部「一二三屋」で提供されてる、濃厚煮干しが

これを手打ち麺で食べても、きっと美味いんだろうなあ

 

いや、ダメだ。

今日こそはレギュラーメニューを久々に振り返らなければ!!

 

再度強い決意を自分に言い聞かせ、この日は鶏白湯をチョイス

トッピングはもちろん、全部乗せとなる「特製」をセレクト

 

更には、サイドメニューに「とりたまご飯」も付けてしまう、豪華仕様!!

※ この日は、ジム帰りでの訪問となったため、食欲は特に旺盛

 

たぎる食欲をフルスロットルで開放し、挑む本日のランチ

こちらが、久々に頂く粋やのレギュラーメニュー

特製鶏白湯らあめんとなります

 

今にも飛び出しそうな程に、押し寄せてくるスープの香り

ズッシリと構えた旨味漂うスープに、脂の美味しさが視界からも飛び込んでくるチャーシュー

白湯スープの旨味を引き立てる、玉ねぎとフライドオニオン

 

360°どの角度から見据えても

「美味い」が伝わって来る、特製の名に相応しい、艶やかな鶏白湯じゃないでしょうか

※ 360°は嘘 多分、海苔の角度から見たら、丼の中は見渡せません

 

それでは早速、スープから一口

「第一印象から決めてました!」

とばかりに、一瞬で体中に伝わる鶏の旨味が満載なスープ

 

濃厚な旨味が四方八方から伝わって来るにも関わらず、それをしつこく感じさせません

ガツンと伝わる旨味だと言うのに、程良いバランス感覚で整えられた足し引きが伝わってきます

 

これだけ旨味の強いスープを前にすると、一般的な麺では立ち行かなくなるところですが

そんなスープを前にしても、ガップリ四つに組み、戦いを演じられるのは

そう、この自家製手打ち麺であればこそ

ひと噛みする毎に小麦の香りが立ち上り、ピロッとした食感がスープをしっかり絡める手打ち麺

 

ここ暫く、つけ麺続きでご無沙汰でしたが、やっぱりこの麺は別格の存在感

許されるのなら、この麺で枕を作り毎夜を共にしたい

そんな戯言すら浮かんでくるほど、愛すべき食感、風味を感じさせる唯一無二の手打ち麺じゃないでしょうか

 

秀逸なのは、麺・スープに留まらず

これらを支えるトッピングもまた、個性的な品ばかり

 

今回は特製での注文となりますので、その溢れる個性もダダ漏れとなっており、

まずはこちらの豚チャーシュー

肉の柔らかさ、程良い味わい、そして脂の美味しさ

三位一体となった味わい深さは、正に私好み

 

スープや麺との相性で、意見が分かれるやも知れませんが

そんなことを超越した「肉」としての味わいを、存分に堪能できるこのチャーシューもまた、粋やならではの存在感を放つひと品でしょう

 

そんな豚さんに負けず劣らず、独特の美味さを感じさせるのが

こちらの鶏チャーシュー

 

豚と比較すれば、どうしても旨味やパサつきで下回る感が否めない鶏のチャーシュー

ですが、ここ粋やの鶏チャーシューは、パサつきとは無縁なしっとりとした食感

それを噛みしめる毎に、滋味深い美味しさが感じられ、決して豚に引けを取らない、負けず劣らず名味わいを与えてくれます

 

そんな鶏白湯ラーメンと共に頂く、本日のサイドメニューがこちら

とりたまご飯となります

 

そのまま指で掴み、振り回すことすら出来そうな程に、しっかりした黄身

その下にかかる鶏節もまた、良い香りを立てながら、ご飯の美味しさを引き出してくれます

 

こちらのご飯を、そのまま頂いても勿論美味しく頂けるのですが

私が考える、同ご飯のポテンシャルを最大限に引き出すノウハウ(?)、それが

 

じんわり鶏の旨味を吸い出した海苔

これをご飯に載せ、スープの味わいをもプラスし、鶏節、チャーシューらと共に頂くスタイル

 

これによって四方八方、あらゆる角度から押し寄せる鶏の旨味が猛追

更にこのご飯を、スープに軽く浸しながら頂くことで、旨味は更に増幅

カットされた鶏チャーシューでボリュームもアップし、満足度120%を越えるサイドメニューとなります

 

 

そんな感じで、久々頂くものとなった粋やのレギュラーメニュー

ここ数ヶ月、限定メニューばかりに心惹かれるばかりでしたが、やはりレギュラーメニューの完成度の高さは格別

これらの高い水準があってこそ、限定メニューが輝きを放っていることを、確信させて頂きました

 

さて、久々の鶏白湯を頂いた訳ですし

今度は、次なるレギュラーメニューの中から、醤油、そして塩と渡り歩こうかな

そう計画を練っていた矢先に、思わぬ一報が舞い込んできたのです

粋やがあの名店を再現!? 千葉では味わえない「はず」のラーメンがゲリライベントにて登場!

久々、レギュラーメニューの鶏白湯を味わい、ご満悦となった西千葉の粋や

しかし、それから4日後

私が定期チェックしているTwitterにて、目を疑う情報を発見したのです

 

ツイート上では「あのお店」としか触れていないものの

・濃厚な味わいを感じるスープ

・とろりとしたコッテリ加減

・千葉に店舗が無い、あのお店

 

この3つのヒントから導き出される、その答えはただ1つ

天●一品以外、あり得ません

(そこまでヒントを並べずとも、大概は気付きますよねw)

 

こちらのツイートを発見したのは、土曜日

翌日にゲリライベントを開催、ということは・・・

本来は定休日となる日曜日に、わざわざお店を開け、この某店インスパイアな一杯を提供してくれるとの事

 

これは居ても立ってもいられず

つい数日前、粋やのレギュラーメニューの美味しさを再々再確認し、復習し直そう

と決めた矢先だというのに、またもや限定を追いかけ、粋やを訪問

 

そして、頂くべき品はもちろん

同日限定で提供された

「某こってりラーメン店インスパイア」なラーメンの味玉トッピングとなります

 

白濁した、濃厚さととろりとした舌触りが伝わるスープ

大きめのチャーシュー1枚に、青ネギ、メンマのシンプルなトッピング

これは正に、あの人気チェーン店を彷彿とさせるビジュアルとしか言い様がありません

 

さて、このスープが一体どこまで、あの味わいに近づけているのか

恐る恐る、まずは一口頂いてみましょう

まずギュッと感じる鶏の旨味

そして、その旨味を底上げする野菜の味わい

とろりとした粘度を作り上げているのは、根菜が果たした大仕事でしょうか

 

普段いただく粋やのラーメンより、若干塩味が強く感じます

が、それらも含めて、あの某チェーン店で頂くラーメンと、かなり近い味わい・・・

 

いや待て

私が最後に天一食べたのって、いつだ?

・・・2年前の沖縄、だな

 

つい一週間前に食べたものすら思い出せない私が

2年間食べてないお店のラーメンの味を、正確に覚えているとでも?

無理に決まってる

 

ということは、だ

もうこれは、天●一品てことで良いんじゃ無いのか?

 

そう、日頃からあの味に慣れ親しんでいる人にとっては

アレが違う、ここはもっとああだ、と意見は出てくるやも知れません

 

しかし、我々千葉県民にとっての天一とは、近くて遠い

どんなにその味を渇望しようとも、江戸川を越えない限り、巡り会うことが出来ない一杯なのです

 

その遠く離れた記憶の隅にある一杯と

今、目の前にそれを再現すべく提供された一杯

 

ボンヤリとしか思い出せない、味の記憶と比較するなら、間違い無く高い再現性

いやむしろ、こちらの方が・・・!?

とも思える程に、十分過ぎる完成度に、思わず江戸川を飛び越えそうな程

 

そんなスープと共に頂く麺の方ですが、

こちらは、佐倉にある人気ラーメン店

「麺処丹治」提供となる、中細麺とのこと

 

私は恥ずかしながらも、まだ同店を訪れたことがありませんので、こちらの麺とは初対面

早速、スープに絡ませながら頂きますと

 

「うっま」

 

この食感は確かに、天一っぽい気がする

いや待て、多分違う

天●より、美味い(言っちゃったw)

 

あの某チェーン店で、いつも私が不満に感じていたのが、麺

スープの美味しさは確かながらも、麺についてはイマイチ好みとはならずいたものの

 

こちら、粋やでインスパイアされた一杯は、麺にも抜かりなし

スープとの相性は当然のこと、食感、味わい共に本家をも凌ぐ勢いを感じさせてくれます

 

そして、この一杯に合わせて特別に作り上げた(と、思われる)

このチャーシュー

普段の粋やよりも薄めにカットされたものとなり、濃厚なスープと共に頂くのに程良い味わい

ネギやメンマも申し分ないアクセントとなっており、トッピングにも抜かりはありません

 

しかし、ここでまたもや、本家を飛び越えてしまう逸材を発見

それがこちら、

味玉、となります

 

こちらの味玉については、追加別料金でのトッピング

同日は限定メニューのみの提供となる為、トッピング出来る品も、この味玉のみ

 

トッピング好きな私が、これを見過ごせるわけ無く頼んだ訳ですが

この味玉が加わってしまった時点で、本家を周回遅れにするほど大疾走

 

上品な黄身の美味さ、出汁の染み入り具合、スープとの絡みも文句無し

結果、僅かに残ったスープも全て飲み干し、完食完飲を迎えるものとなりました

 

 

という訳で、本来ならば醤油ないし塩を頂き、久々に味わうレギュラーメニュー2品

といった組み立てを予定していた、西千葉 粋やへの訪問

結果はご覧の通り、イレギュラーなゲリラ営業に流されてしまい、1日限定の某ラーメンインスパイアを美味しく堪能するものとなりました

 

上記した某ラーメン店インスパイアは、7/28の1日限定で提供された品となりますが

来月、西千葉に移転後1周年を記念し、また新たなゲリライベントを開催するとのこと

詳細は発表されておりませんが、粋やのTwitterでは各種情報を事前にチェックする事が出来ますので、そちらもぜひご参考下さい

 

それにしても、インスパイア美味かったなあ

毎月とまでは言いませんが、千葉県民がこぞって舌打ちする10/1に復活して欲しいなあ(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

自家製手打ち麺 粋や

■ じかせいてうちめん いなせや

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12045037/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2丁目26−9

■ 営業時間:11:00~14:30(夜は一二三屋として17:30~21:00)

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。