孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

焼鳥の扇屋が鰻屋さん? 11月リニューアルのオオギヤと宇奈とと 千葉東寺山店で頂くうな丼ダブル

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

1週間ほど前の事

自宅からすぐ近くとなる、国道16号をみつわ台方面へと走っていた時

 

同通り沿いにある焼き鳥屋さん

「焼鳥の扇屋」の看板が、以前とは明らかに異なるものに変更されている姿を確認

 

信号待ちをしながら、看板をしっかり確認すると

そこには「宇奈とと」なる文字と、うな丼との記載を発見

 

焼き鳥屋さんがうなぎ?

しかも、宇奈とと・・・どこかで聞いた様な名前

 

・・・あ。

少し前に、夕方のニュース番組「every」で特集していた鰻屋さんだ

 

たしか、最低価格580円からと

超リーズナブルなうな丼が食べられるお店だとかで

 

都内を中心に店舗を増やしており

千葉にも確か、市川にお店があったとか無かったとか

 

それにしても、その宇奈ととが何故に扇屋??

疑問はまだまだ積もるばかりですが、幸いにも我が家からすぐご近所となる同店

 

しかも、駐車場をも完備しているので

コインパーキング代も掛からず、足を運べる好立地

 

が、しかし

近所故に「いつでも行けるか・・・」

 

となってしまい、かれこれ1週間が経過

本日はカミさんがおらず、1人でのランチとなったことから

近場でサクッとランチを済ませてみよう

という訳で、満を持して初訪問

 

国道16号沿い、みつわ台方面へと向かう内回りになります

こちら、オオギヤと宇奈とと 千葉東寺山店を初訪問してみるものとなりました。

国道16号沿い、焼鳥の扇屋がリニューアル オオギヤと宇奈とと 千葉東寺山店へランチ初訪問

ここ、東寺山の他に

千葉中央の駅前にもお店がある、焼鳥の扇屋

 

かつては「備長扇屋」として営業しており

リーズナブルながら、相応の焼鳥が頂けた事

 

更には、自宅からもほど近かったことから

晩ご飯がてら、ぼちぼちと足を運ぶ事のあった同店

 

ですが、数年前より「備長」の名が外れ

以来、焼鳥についても・・・となってしまったことから、近年はご無沙汰気味となっておりました

 

ちなみに、千葉中央にある扇屋でも

少し前よりランチ営業を行っている事を目にしてまして

 

機会があれば、足を運んでみようかな・・・

と思っていたところで、こちらご近所の東寺山店がリニューアル

 

しかも、まさかの「宇奈とと」とは一体・・・

あらためて、同店のHPを調べてみると、なるほど

 

そもそも、同じ会社が運営しているとは露知らず

この秋までに、全国で30店もの「オオギヤと宇奈とと」というダブルネーム店がオープンしていたようです

 

しかしながら、千葉県内に於いては

ここ東寺山店と松戸の2軒のみ

 

その1軒が我が家のご近所となれば、これまた幸い

早速、お店を訪れてみようと思います

 

隣接する駐車場に車を入れ、

お店を訪れた時刻は11時を10分ほど過ぎたところ

 

店内の作りは以前同様のままとなっておりますが

とりあえず先客の姿は無く、店内奥のテーブル席へと通される形に

 

早速、メニューから見ていきますが、

こちらの通り、1000円ジャストのうな丼ダブルから始まり

うな重は880円からビックリ重の2,200円まで4ランク

 

その他、鰻とやきとりがセットとなる丼&重があり

ひつまぶしやうなざく卵丼らも提供されております

 

また、焼鳥店としても変わらず営業されている様で

ランチの方にも、チキン南蛮や唐揚げ定食ら鶏料理が頂けるとの事

 

なお、夜のメニューについては以下の通りで

定番となる焼鳥各種に加え

最近のメニューなのか、鶏手羽も多数

 

居酒屋定番となるおつまみ各種が並ぶ他、

キンパやエビマヨ、油淋鶏など

韓国&中華料理のおつまみも提供されている様です

 

そんな品々が頂ける「オオギヤと宇奈とと」ですが

お店の方より『お勧めはうな丼ダブルです』との説明が

 

お値段的にも1,000円ジャストとなる上

ダブルについてはいずれも、ご飯の大盛りが無料とのこと

 

ならばお勧めの声に従うべく、本日のオーダーは

「うな丼ダブル」を大盛り、肝吸い&浅漬けセットを付けて頂いてみます。

たっぷりご飯に脂が乗った鰻が2枚入り オオギヤと宇奈ととで頂く、うな丼ダブル

注文を終え、メニューを再度眺めている中

ここでふと、気になったのがうな重と丼の違いでして

 

一般的には、うな丼=うなぎ半身に対し

うな重=1枚~といった違いがあるとか無いとか

 

対し、ここオオギヤと宇奈ととのメニューでは

うな重とうな丼とで、うなぎの量が同じくらいに見えるのです

 

しかし、うな丼はお値段1,000円に対し

うな重は880円と、こちらの方がリーズナブル

 

ただ、うな重の方には

「備長炭焼き」の記載があるのに対し、うな丼には無し

 

うな重は炭焼き、うな丼はその他の調理法?

そんな使い分けも面倒だよなあ・・・

 

今ひとつ、違いが見つけられない中

注文より待つこと10分少々、

こちらが、オオギヤと宇奈とと 千葉東寺山店にて頂く

うな丼ダブル(ご飯大盛り)と肝吸い&浅漬けセットとなります

 

大盛りの説明通り、ご飯がたっぷり入った丼

その一面を覆い尽くす形で、鰻2枚を乗せたご飯でして

 

タレは鰻にはもちろんの事

ご飯の方にも満遍なく染み渡っているご様子

 

そんなうな丼とセットになるのが、

こちらの肝吸い、そして浅漬けの2品

お値段は210円で別料金になっております

 

その他、卓上には

しっかりとS&Bの山椒が常備されている他

 

もし、味付けが薄く感じる場合には・・・と

卓上で追加出来る様に

鰻のタレが別添えにて提供となりました

 

早速、ご飯の方から頂いてみますが

この通り、一般的な丼よりも

更に深さのある大きな丼にご飯が一杯

 

鰻もお値段1,000円ながら

2枚乗ってくるとあらば、期待は出来そうなボリューム

 

まずは鰻を箸でカットしてみますと

思っていた以上に身が柔らかく

箸でスッと切り分けられるほどになっております

 

一般的に格安系の鰻は

ゴムゴムした強い食感が特徴・・・

 

だったりして、ガッカリさせられる事が多いものの

それとは明らかに異なる、身の柔らかさが感じられます

 

この柔らかさであるならもしや・・・

と頂いてみると案の定、脂の乗りはかなりなもの

 

しかしながら、皮目の硬さなども全然感じる事は無く

脂の旨味と甘みが、贅沢に感じられる鰻となっております

 

共に頂くタレの方は、これまた甘みが強め

デフォではそこまでのタレが掛かっておらず、脂の乗りを考えるとちょうど良い塩梅でして

 

また、共に頂くご飯の方が、

この様に、かなりなボリュームになっております

 

同ボリュームを考えると

ほどほどで抑えられているタレがむしろ、ちょうど良くも感じる程で

 

逆にこれ以上、タレを加えてしまうと

丼が深いだけに、お箸では食べづらさも感じそうに思います

 

そして、甘み強めのタレであればこそ映えるのが、

卓上に置かれた山椒が与えてくれる、シビれる辛味

 

鰻自体も脂の乗りが凄く、甘みが強めとなりますので

山椒の与えてくれるシビレ系の辛味が、両者を引き立て合ってくれます

 

丼を見た雰囲気としては、たっぷりご飯ながらに鰻二枚と

イイ感じのペース配分が出来そうに思えたのですが

 

食べ出してみると、予想以上にご飯の量が多いことが判明

もちろん、満足出来るボリュームにはなるものの、鰻との配分が難しい程でして

 

最終的には白米のみが余るほどにはなりましたが

まあ、そうは言ってもお値段は1,000円ジャスト

 

鰻の値段が爆上がりしている昨今の相場を踏まえれば

このクオリティの鰻が1,000円で満腹頂けるなら、十分な満足と言えそうです

 

そして、共に頂くのがこちらの肝吸い

柚子に三つ葉、そして小さいながら肝の姿も発見

 

味わいしっかりしたうな丼ですので、こちらのすっきりした味わいも、口直しとして良好

たっぷりご飯共々、満足を得る一食となりました。

 

 

という訳で、11月中旬にリニューアルを果たした

「オオギヤと宇奈とと 千葉東寺山店」での初ランチ

 

いわゆる格安系のうなぎ店、ということで

興味半分、期待をする事無く足を運んでみたのですが

 

お値段1000円というリーズナブルな価格ながらに、鰻は2枚

しかも、身は柔らかく、脂の乗りも良好

 

いや、むしろ乗り過ぎなほどで

それもまた・・・、ではあるのでしょうが

 

この価格で頂ける鰻だと思えば

期待値を大きく上回り、満足のいく1食となりました

 

もちろん、専門店で頂く鰻と比較するのは論外

あくまでバリュープライスの中での満足にはなりますが

 

それにしても駐車場が完備となる上

ご飯の大盛りが無料、しかも我が家からならすぐご近所

 

今後、急ぎでランチにありつきたい際などには

候補として十分加わる、そんな発見となりました。

 

 

なお、同店のすぐお隣というか、同じ敷地内には

「ゆで太郎」が並んでいるものとなりまして

 

もしや・・・と期待を込めて、同店を帰り際に覗いてみたのですが

残念ながら、こちらのゆで太郎は

いつも通りのゆで太郎のままでして、もつ二郎は併設されておらず(笑)

参照:無添くら寿司が鬼滅の刃とのコラボイベントを今年も開催 ⇒

 

もつ二郎&ゆで太郎のWネーム店を訪れるには

またもや蘇我まで足を運ぶしか無さそうですね(笑)

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

オオギヤと宇奈とと 千葉東寺山店

■ オオギヤとうなとと ちばひがしてらやまてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区東寺山町443-20

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。