孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

JR蘇我駅前の本格四川中華、天府記 本店 激辛大陸麺と四川火鍋、二大ウマ辛ランチを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日のランチ前に、久々カミさんより

「麻辣湯が食べたい」とのお達しが

 

市内にある麻辣湯の専門店については、大概足を運んでいるものの

残された1軒となるのが、蘇我の駅前にあるお店でして

 

1ヶ月半ほど前にも一度、同店へ足を運んだのですが

緊急事態宣言の影響で、私たちが足を運んだその日より、お休みへと入っており訪問ならず

 

あれから一ヶ月半が経過した今なら

今度こそは大丈夫では無かろうか・・・

 

と、再度蘇我駅前を訪れてみたものの

あの時と変わらず、本日も営業している様子は見受けられず

 

かといって、近隣のコインパーキングに車を停めた手前

今更、他のエリアに移動するのも憚れる所でして

 

代わりの案を模索する中、辿り着いた先となるのがこちら

同じく、蘇我の駅前となります中華料理店

「天府記 本店」となります

 

お昼時には毎度、混雑を見せている同店ですが

こちらもまた、足を運んだ事の無かったお店の1つ

 

という訳で、麻辣湯の代替案として

本日はこちら、天府記 本店を訪れてみるものとなりました。

JR蘇我駅周辺でグループ展開する、本格中華料理店 天府記 本店をランチ初訪問

蘇我駅東口から徒歩2分ほど

ロータリーすぐとなる場所にお店を構える、中華料理店「天府記 本店」

 

同駅の反対側ロータリーすぐ側にある

「天使担々麺」らと系列になるお店で

参照:JR蘇我駅目の前、天使担々麺(てんすーたんたんめん) 陳麻婆麺の破壊的シビれ⇒

 

他店には幾度か足を運んでおりますが

こちら、同グループの本店については、本日が初めて

 

入店前に表に掲載されるメニューを見てみますと、

系列店舗同様、麻辣湯の代役に相応しい

満足出来る辛さを味わえそうなメニューが多数掲載

 

更に見ていきますと、

ランチながらに火鍋が味わえるセットもあったり

全6品から1品のおかずを選ぶランチセット、更には2品で1000円といったお得なセットも発見

 

店内へと足を運ぶと、お昼前ながらも既に賑わいを見せ

店内の半分以上が埋まっている盛況ぶり

 

続けてグランドメニューも見ていきますが、

こちらは四川料理がメインとなっている様で

同系等の中華料理店とは一風異なる、本格派の四川料理が並ぶものとなります

 

しかしながら、お値段は決して高く無く

フカヒレこそ、相応のお値段にはなるものの

その他の品々は、およそ1000円以内とリーズナブルな設定

 

また、写真の撮り方が上手いのか、

メニューを見ていても、

いずれも美味しそうに見える品ばかりとなりまして

 

辛味で満足出来そうなのはもちろんの事、

肉料理に麺料理にと、興味をそそる品を次々と発見

 

ただ本日の所は、ランチでの訪問となりまして

各種グランドメニューも気になるところではありますが

ここはリーズナブルに頂ける、ランチメニューを優先する事に

 

無料で大盛りへの変更が可能となる、全9品のランチメニューですが

ここで私を突き動かしたのは、やはりと言うか案の定と言うべきか、激辛のひと言

 

辛さへの欲求赴くまま

本日のランチは、激辛大陸麺なる品を、大盛りにて頂いてみる事に

 

そしてカミさんの方ですが、

元はと言えば麻辣湯を求めて蘇我への到着

 

その代替案とするに相応しい二種の火鍋から

より辛さを味わえそうな、四川麻辣火鍋ランチを、それぞれオーダーするものとなりました。

シビれと辛さ、複雑な味わいがクロスする、天府記 本店で頂く、激辛大陸麺&四川麻辣火鍋

私たちが入店した11:30過ぎ時点では

まだ店内の半分ほどに空席のあった、蘇我駅前の天府記 本店

 

料理の到着を待つ感、ふと店外に目をやると

喫煙所でタバコを吸ってるお客さん…かと思いきや

 

良く見れば入店を待つお客さんが、徐々に列を成している様でして

気付けば店内も既に満席となっており、駅前とは言え相当な繁忙ぶりを見せております

 

それもそのはず、前述したランチメニューの各品は

大盛りが無料なものから、セットでおかずが2品選べるものなど多種多様「

 

あらためてメニューを見れば見るほど

興味をそそられる品が見つかるものとなりまして

 

駅の反対側にある系列店、天使担々麺同様

毎日足を運んだとしても、飽きる間の無い品数の多さもまた、その人気の理由に思われます

 

 

さて、そんな様子を眺めながら待つこと10分

こちらが本日頂く、私のランチ

天府記 本店の「激辛大陸麺」となります

 

パッと見の印象でも、十分に伝わって来るその辛味

いや待てよ、色味の割に香り立つのは花椒の香り

 

見た目こそ赤く染まっていますが、

辛味についてはむしろ程々、シビれを推してくるタイプでは無いかとも推測出来ます

 

ひとまずスープより頂いてみますが、

ラー油に胡麻の風味

更には、複雑に入り乱れる、多様なスパイスの風味も満載

 

その奥からは、予想的中となるシビレが伝わって来るものとなり

最後の最後で、辛さを届けてくれる、そんなスープになっております

 

かといって、辛さとシビレにばかり傾倒すること無く

それらを引き立てる旨味もしっかり混在

 

様々な風味も折り重なっており

薬膳火鍋さながらの、複雑な味わいを形成しております

 

そんなスープと共に頂く麺は、

これはまた、ちょっと予想外となる細縮れ麺

 

無料となることから、大盛りにて頂いておりますが

麺量としては200g程でしょうか

 

スープの中に浮かぶ、様々なスパイスらを麺が絡めあげ

辛味、シビれと共に入り乱れる、多様な風味を口の中へ届けてくれます

 

スープの風味はとにかく多用となるのですが、

それに対し、具材の方はいたってシンプル

 

刻まれたネギ、そして細切りされた竹の子が加わっており

時折、挽き肉らも姿を見せますが、その量はどちらかと言えば控えめ

 

胡麻の風味も感じられはするものの

担々麺の様な濃厚さは無く、むしろ辛みとシビレがメイン

 

色味こそ担々麺系等を彷彿とさせますが、

それらとはまた、一線を画した

激辛大陸麺という商品名通りの、新たな辛味を楽しめる一杯となりました

 

 

一方、本日カミさんがオーダーしましたのが、

こちら、四川麻辣火鍋ランチセットとなります

 

同鍋は卓上コンロにて、テーブル上で仕上げる品となっており

まずはサラダを先に頂きながら、火鍋への火入れがスタート

 

鍋が沸騰した頃が食べ頃だそうで、フタを開けてみると

中から飛び出してきたのは、

白菜に椎茸、ネギに牛肉、更には湯葉と多様な具材達

 

いずれも熱々に煮込まれており

鍋の辛味なのか、熱さなのか、発汗の理由が分からなくなるほどの熱さとなっております

 

また、こちらの鍋にも春雨がたっぷり入っている他

中華麺も具材として使用

 

更には、

ズングリムックリした水餃子なども具材にトッピング

 

見た目以上にボリューミーとなる上

多彩な具材が入り乱れる火鍋となっております

 

当然、そのボリューム故に

カミさん1人で完食することも出来ず

そのお鉢は私の方へと回ってきまして

上記の牛肉、

 

更には、

こちらの水餃子らを、残ったご飯と共に頂く事に

 

辛味の度合いとしては、私が頂いた

激辛大陸麺の方に分がある程度、となっておりますが

 

卓上コンロで常に熱を加えられる鍋故に

その熱さの程は、相当なもの

 

餃子なんぞは、その味がどうこうを判別する事が出来ないほど

モッチリした皮が吸い上げる熱で、上顎が一撃粉砕

 

相応にしっかりした辛味を感じさせ

伴った旨味も得られる、豪快な鍋であるのは間違いありません

 

が、猫舌で通している私としては

その熱さは、ちょっと刺激が強すぎるものとなりました。

 

 

という訳で、紆余曲折ながらの初訪問となった

蘇我駅前の中華料理店、天府記 本店でのランチ

 

激辛大陸麺に四川麻辣火鍋と

いずれも辛さを基調とした2品を頂くものとなりましたが

 

どちらも辛さ、シビレのみに一極集中する事無く

使用される様々なスパイス、調味料らの重なり合いを味わえる、ハイレベルな中華となりました

 

しかも、ボリュームも備わっている上

火鍋に至っては、具材の豊富さも大きな魅力

 

私には、伝わって来なかったものの

カミさん曰く「椎茸の美味しさが尋常じゃ無い」だとか

 

大陸麺についても、麺とスープの組み合わせが面白く

これも他店ではそうそう味わえない、魅力的な品となりました

 

また本日頂いた各品以外にも、

おかずにおつまみ、まだまだ気になる品が多数となった同店

 

蘇我駅前でランチを頂く際の選択肢として

今後もぜひ、積極的に候補へ加えて行きたいお店となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

天府記 本店

■ テンフーチー ほんてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区南町2-10-1 ワカナビル1F

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:00~23:45(日・祝:~21:30)

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。