孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉駅北口から徒歩5分、キッチンバー ボノボ で初ランチ 薬膳スパイスチキンカレーに神が宿っていた!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は平日ながら、カミさんも出掛けており、ソロランチ活動へ

緊急事態宣言も残り僅かとなってきた事から

同期間限定で営業しているお店への宿題に取り組むべく、今日は千葉駅方面へ

 

千葉駅北口から徒歩5~6分

千葉公園へと向かう通り沿いにあるこちらのお店、

「おんじゅく丸 イタリアン」をお目当てに向かった所

 

お店は・・・やりそうな雰囲気

だけど、店先には「close」の看板がしっかり

 

うーん、ここでコミュ力が高ければ

お店を覗いて「やってるー??」なんて声も掛けられるのでしょう

 

が、そんな能力、前世に置き忘れてきた私には、到底不可能

フラフラ歩いて、お店が空くのを待つか

 

それとも、お向かいの「まとい亭」に飛び込んでしまうか

あ・・・まとい亭、休みじゃん

 

 

参ったぞ、これはもしやランチ難民に突入か??

残るご近所のお店と言えば、すぐ並びとなる「酒肆 イノウエ」ですが、こちらも本日はお休み

 

さて、どうしたものか・・・

と、行くあてもなくフラフラしだしたところ、

 

ん、なんだこれは??

見慣れないお店が・・・やってる

 

しかもなんだ、この写真・・・ムチャクチャ美味そうじゃ無いか。

千葉駅北口、千葉公園前駅それぞれから徒歩7~8分、KITCHEN BAR Bonoboへランチ初訪問

千葉駅北口から、千葉公園方面へと向かう通り沿い

そこで見かけた、見た事の無いお店

 

店名を見ると「BONBO」との文字を発見

どうやらこちら、KITCHEN BAR Bonoboというお店で、昨年2月にオープンしたとのこと

 

ちょうど飲み歩きづらくなった時期と被っており

加えて、お店の営業形態もバーとなるので、完全に見落としていたようです

 

それにしても、千葉駅近くのお店を見過ごしていたとは不覚…

ただ、ちょうどこのタイミングでお店も開店になった様ですので、ランチを頂くべくお邪魔してみる事に

 

店内は、カウンター席が3席ほど

加えてテーブル席が2席となる、こぢんまりした空間となります

 

メニューを見ますと、まずこちらがドリンク類

クラフトビールを扱っているバーになる様で、店内にはそちらの説明があり

また、ハイボールらも様々な銘柄にて提供されております

 

同メニューの表面を見ますと、

こちらはフードメニューになる様子

写真付きで3品が掲載されておりますが、バーとは言え、ちょっと少ない気も

 

と思いきや、壁側にもう一つ黒板メニューを発見

写真撮影は出来なかったのですが、わりと手の込んだ印象を受けるフードが充実している様です

 

 

そして、肝心なランチメニューについてですが、

こちらは日替わりになるのか「Today’s Launch」との記載と共に

「薬膳スパイスチキンカレー ラムのハーブソテー添え」が掲載

 

その他メニューは無い事から、ランチについては同品のみとなる様ですが

この薬膳スパイスチキンカレー、見るからに好みのど真ん中

 

加えて、ラムのソテーまでトッピングされるのなら、尚のことで

ひと品のみのランチながら、私の胃袋をガッチリホールド

 

 

早速、こちらの品をオーダーするものとなるのですが

ちなみに、カレーが1,000円となるところ、ドリンクを付けると+300円

 

カレーの豪華さに対し、ドリンクが300円はちょっと高いと思うものの

本日は朝からコーヒーを飲んでおらず、ちょっと欲しい気も

 

悩むお値段にはなりますが、せっかくなので、ドリンク付きで頂いてみましょう

風味豊かなスパイスに絶品ラムら具沢山、薬膳スパイスチキンカレーの美味さが圧倒的だった

一足先に提供となったドリンクを頂きながら、店内をチラチラと物色

カウンター前にスパイス類が並んではいるものの、それ以外の雰囲気は、やはりバーらしい店内

 

その後、お客さんが2組来店となったのですが

いずれも常連さん?といった雰囲気で、店主さんらとやりとりする姿が

 

てっきりこちらお店、緊急事態宣言でランチを始めたのか

と思いきや、それ以前からも営業していた、そんな様子を感じさせます

 

いずれにせよ、情報が少ないお店にはなるものの

店頭にあったカレーの写真は、期待値高い品になる事が推測・・・

 

そんな空気を感じながら、待つ事10分ほど

こちらが、千葉駅北口近く

「KITCHEN BAR Bonobo(キッチンバー ボノボ )」にて頂く、薬膳スパイスチキンカレーとなります

 

カレーのメインになっている具材はチキンとのことですが

カレー本体には、たっぷりのハーブ&スパイス

 

更に、ご飯の方にはナスや獅子唐らの野菜

茹で卵に鳥の唐揚げ、でしょうか

そして、もう一つの主役ともいうべき

ラムのハーブソテーもしっかり添えられた、具沢山な1品に

 

 

上部から見ると、その具だくさんぶりはより顕著となりまして、

一見すれば、ご飯が少なめにも感じた盛り付けですが

それを補って余りある程、野菜やお肉がモリモリ

 

早くもテンション上がりっぱなしのカレーとなるのですが

いかんせん、具沢山過ぎてしまい、どこから手を付けようか悩む部分も

 

とは言え、まずはチキンカレー

カレーとご飯、更には鳥肉を頂いてみますと

あー・・・凄い

一口目から、神が降臨

 

ハーブにスパイスが複雑に絡まるこの感じ

数年前から関西主体で広まっている、スパイスカレーそのものです

 

東京にも少しずつ出店が増えているものの、

千葉ではまだ珍しい、スパイスバリバリとなる、この手のカレー

 

インド系とはまた異なる風味を宿しており

スパイスが粗めである事から、スプーンを運ぶ度、異なる表情を見せてくれます

 

 

辛さは一般的な尺度でいうところの辛口ほどでしょうか

見た目ほどの辛みは有しておらず、心地よい汗が流せる程度の辛さ

 

その分、複雑なスパイスの風味が強く感じられ

時折届く苦みや、まったりした旨味など、様々に味わいを変化させてくれます

 

そんなカレーの中に溶け込んだ鳥肉もシットリ柔らかで

カレーと共に、その神々しさを引き立てる素材を担っています

 

続いて頂くのはこちら、

カレーのお供として添えられたトッピング

ラムのハーブソテー添えになるのですが、これもまあ絶品

 

先ほどのカレーとは異なり、こちらはハーブの香りが強め

それでありながら、ラム特有の野性味も残しており

臭みこそハーブで感じないものの、ラムの持つ特有の旨味が引き出されております

 

先ほどのカレーに負けず劣らずな神っぷり

しかし、そのラッシュはまだまだ開けたばかりとなり、

こちらのナス、これは素揚げでトッピングされているのですが

ジュワッと広がる油の甘みとコクが、複雑に絡まるスパイスに、更なる旨味を与えます

 

更にはこちら、

見た目にはシンプルな鳥の唐揚げに見えるものの

これもまた、芳醇なスパイスを絡めた、インド風の唐揚げに

 

そのままでも十分美味しく頂けるものの

ここにカレーを纏わせる事で、更に風味がアップ

 

そして、芳醇さをより引き立ててくれるのが、

同じく、たっぷりのスパイスを纏った素揚げのポテト

 

ふっくらした食感ながら、噛みしめると湧き出す豊かな薫り

素揚げされた野菜とはまた異なる味わいで、カレーに更なる変化を与えてくれます

 

そして、やっぱり絶品過ぎる存在になるのが、

またもや飛び出してきた、ラムのハーブソテー添え

 

2口目は、カレーを絡めながら頂いてみますと

先ほど感じた、ラムの持つ野生の風味が軽減

 

ラム好きとしては物足りなくも感じますが

苦手な方でも食べやすい味わいに変化させる事が出来るなど、とにかく自由自在

 

カレー自体の複雑ながら、絶品でもある味わいだけでも豪勢なのに

そこに加えて、ラムに素揚げの野菜ら、トッピングもこれまた豪勢

 

しかも、口に運ぶ1口1口が、異なる表情を見せつつも、都度「神」が降臨する美味しさ

まるで七福神のように、カレーやスパイスの神様がたんまり詰まった、至高のスパイスカレーとなりました

 

 

たまたま通りがかり、足を運ぶものとなった

千葉駅北口近くのキッチンバー ボノボ 

 

ですが、店先で目にした1枚の写真

そこに嘘偽りは無いどころか、目で見て感じた高揚感

あれを遥かに凌駕する、絶品スパイスカレーとの出逢いになりました

 

注文前に、ドリンクの有無を聞かれ

「300円・・・高いよなあ」

と悩みはしたものの、その印象も食後には一変

カレー単体で1,000円では、安すぎて申し訳無いほど

 

ドリンクが割高である事を踏まえ、合計1,300円をお支払いしたとして

それでも、まだまだ「安い!!」と思わせてくれる、大満足のスパイスカレーでしょう

 

なお、こちらのお店について、帰宅後に詳しく調べて見た所、

こちらのご主人は元々、関西で串揚げ店を営んでいたとかなんとか

 

関西風の本格派スパイスカレーが食べられる、その理由にも妙に納得

いずれにせよ、今後も定期的に足を運びたい、希少なスパイスカレーの発見となりました

 

ちなみに、カレーについては「日替わり」という訳では無いものの

提供される品は、日によってある程度変わるとのことでしたので、同点はご了承下さい。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

KITCHEN BAR Bonobo

■ キッチンバー ボノボ 

■ 住所:千葉県千葉市中央区弁天2-22-3

■ 営業時間:12:00~14:00 / 18:30~23:00(緊急事態宣言中は11:30〜14:00)

■ 定休日:日曜、月曜、祭日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。