スポンサードリンク

千葉駅北口から徒歩5分、酒肆 イノウエで初ランチ 素朴ながら丁寧な味わいが詰った、刺身&ハムカツ定食

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

久々に凝ったパスタが食べたく、車を千葉駅北口方面へ

駅のロータリーから線路沿いに千葉公園方面へと向かい、界隈にあるコインパーキングへ車を駐車

 

向かった先は、駅北口から5分ほどとなる「まとい亭」

こちらはカフェでありながら、他店では味わえない様々な創作パスタが味わえるお店でして、提供されるパスタも季節毎に様々

冬場は野菜中心に、ホッコリ温まるパスタが食べられるので、そちらを頂こう・・・

 

とお店に向かったその時、まとい亭と通りを挟んだ反対側に、見かけない看板を発見

 

お酒と料理 酒肆 イノウエ

酒肆・・・なんて読むの??

(後に調べたところ、しゅしと読むとのこと)

 

私の記憶だと、ここにあったのは居酒屋さんだったような

しかし、外から見た感じだと、ちょっと小洒落たカフェのような雰囲気

 

加えてランチもやってるそうですが、こちらは週2で火・木だけとのこと

これまでも何度と通っていながら気付かなかったのは、週2でランチ営業しているタイミングに当たらなかったからでしょうか

 

気分は完全にまとい亭のパスタだったものの、たまたまながら週2営業のタイミングに出くわしたのも、何かの縁

せっかくならば新規開拓、という訳で、酒肆 イノウエのランチを訪れてみることに

千葉駅北口から5分 昨年リニューアルでカフェ風の佇まいとなった「酒肆 イノウエ」で初ランチ

東口、西口とは異なり、未だ開発が手つかずな雰囲気を残している、千葉駅の北口エリア

同エリアには古くからの一軒家が多くひしめいており、また一方通行となる路地が多く、車であっては見つけられないお店も多数

 

本日、ランチに寄ることとなった「酒肆 イノウエ」は、そうは言いつつも車で頻繁に通っている道沿い

ただ、これまでの記憶にあったお店とは、明らかに雰囲気が違うこと

更には、ランチ営業は週2でしか行っていないことも相まって、この日初めて存在を知り、訪問するものとなりました。

 

さて、こちらで提供されるランチメニューですが、

この通り、全5種の品がランチの定食として提供されております

 

外から見る雰囲気は小洒落たカフェ風ながら、看板から察するに夜は居酒屋?ダイニング??的なお店になる模様

その流れを汲んでか、ランチで提供される料理も、

・だし巻き卵

・刺身

・ハムカツ

これら3品を軸にしながら、個々の組み合わせを変えた定食が頂ける様です。

 

派手さこそ無いものの、どの組み合わせも甲乙付けがたい、イイ感じの品ばかり

新規開拓なら、どちらに転んでも面白そうということで、早速店内へ

 

外からチラ見していた雰囲気通り、店内の様子はカフェ風

元のお店?をリノベーションしたかのような、木目調の床にテーブル

椅子はテーブル席、カウンター席共に緑で統一された、センスを感じる雰囲気の良い内装となります

 

カフェのような空間で料理を提供しているのは、、、、

意外?といったら失礼ですが、わりと歳をお召しになったご夫婦

お店の内外装から、3~40代くらいの店主さんを想像していただけに、これは予想外

 

この場所にお店があったことこそ認識していたものの、記憶にあるイメージとはだいぶ掛け離れた雰囲気、ランチ

意外性に次ぐ意外性に浮き足立ちながら、ひとまずカウンター席へ

 

こちらにはもう一つ、今日のイノウエ定食なるメニューが

 

・牛肉じゃが煮

・さんまの開き焼

との2品が掲載

 

今日のイノウエ定食ということは、日替わりという事でしょうか?

でもさっき、表で見た看板にも同じメニューの記載があったような

 

てことは、表の看板も毎日書き換えてるのでしょうか?

明らかに、ポスカかなんかで書かれていたけど??

 

ついでに言えば、肉じゃがではなく、じゃが煮だったり

さんまの塩焼きとは書かず、開き焼だったり、妙な所に拘りを見せていたり

 

・・・まあ、良いか

日本男子たるもの、細かなことをいちいち突っつかず、デンと広く大きく構えてみましょう

 

日替わりも気にはなったものの、まずはレギュラーから

という訳で、刺身と昔ハムカツがセットとなるD定食をオーダーしてみることに。

素朴な味わいの奥に、丁寧な調理、味付けを感じる刺身&ハムカツ定食

この日の訪問時刻は12時を回った所ながら、先客は1組2名のみ

 

まだ新しい?お店の様なので認知されていないのか

それとも、週2しか営業していないランチが定着していないのか

 

いずれにせよ、私の記憶にあったお店との違い、ギャップに悶々とする中

キッチンで料理に向かうご主人に対し、ちょっとヒマを持て余してそうな奥様の方に一言質問を

 

『ここのお店って、前からありました??』

スポンサーリンク

すると奥様

『お店自体は13年やってるんですよ ただ、去年リニューアルして色々変えたんです』

 

・・・なるほど

以前は「四季魚菜 いのうえ」という、店名的にも雰囲気的にも、いかにもな和食居酒屋だったとのこと

これを老朽化?かなにかに合わせリニューアルし、今のようなカフェ風のお店にしたんだとか

 

ただ、カフェ風なのは内装のみで、夜はしっかり居酒屋営業を行っているとのこと

ちょっと距離があったので撮影できませんでしたが、壁には夜のメニューも記載があり、これもまたイイ感じの料理が味わえそうです

 

お店に対するモヤモヤが解決したところで、

本日のランチ、D定食(お刺身&昔ハムカツのセット)が到着となりました

 

見た目的には、シンプルというか素朴な定食

居酒屋が提供するランチらしく、インスタ映えするような派手さはありません

が、良く見るとどの品にもキラリと光るものを感じさせます。

 

ではまず、お刺身の方から

まず、イカですが、こちらはヤリイカかコウイカでしょうか

ネットリした歯ごたえに旨味が詰っており、刺身はおろか握りでも美味しいであろう濃厚な味わい

シャキッとした歯ごたえのイカも美味しいですが、ご飯に合うのはやっぱ、このネットリした歯ごたえの方が最高

 

続いての白身は、おそらくカンパチ

冬場の鰤ほどでは無いものの、しっかり脂が乗っており旨味も抜群

鰤ほどのしつこさが無いので、刺身のままでも美味しく頂けますし、薄切りにされていることで脂の重さを感じさせません

 

そして、冬場のマグロとなるのですが

ネットリした食感に旨味は感じるものの、香りは控えめとなるので、ミナミマグロでしょうか

となると、冬場であることは関係しませんが、通年で変わらない美味しさが味わえそうです

 

パッと見、派手な印象こそ残さないものの、提供されるお刺身はどれも一級品

これなら、夜の居酒屋でも相当な料理が味わえるであろうことが期待出来てしまいます

 

続いて、もう一品のオカズとなるのがこちら

昔ハムカツ、となります

私的に想像した「昔ハムカツ」は四角いハムだっただけに、ちょっと惜しい(笑)

 

シンプルに衣を付けて揚げたハムカツではあるのですが、まず衣の軽さが良いんですよね

こちらのように、ハムが薄切りになると、かさ増しを狙ってか厚めに衣を付けがちなのですが、ここではそんな小細工は無し

薄めのハムながらも、その食感やハムの持つ塩味、肉の旨味を感じさせる為、敢えて衣は薄めに抑えられています

 

恐らく、そのまま食べても美味しいであろうハムですが、サッと揚げることにより油の旨味

パリッとした食感、加熱により滲み出るハムの旨味が重なり合い、それらが全て衣の中に凝縮

たかがハムカツを、されどハムカツと呼べるほど、丁寧に1品ずつ仕上げていることが伝わってきます。

 

そして付け合わせには、

お味噌汁とお新香

 

白菜の漬け物には昆布の旨味がたっぷり加わっており、これだけでもご飯が進みます

味噌汁の方も、出汁がしっかり感じられ、味噌&塩味は控えめ

また、具材にはとろろ昆布が加わっており、ここからも旨味が出ているので、減塩でありながら物足りなさは感じません。

 

と、ここまでベタ褒めながら、一点だけもの悲しさを挙げるとしたら、ご飯の量

そもそものお茶碗が、子供用というか女性向けというか、だいぶ小ぶりでして

(ウチの子が使ってるお茶碗と同じくらいのサイズかな)

 

おかずについては品目、バランス、味的にも申し分ないので、せめてご飯を増やして頂けるか

もしくは、お替わりが可能である旨を一言伝えて貰えたら、文句なしの定食ですね

ご夫婦の人柄がそのまま料理に反映された様な、家庭的で温かみあるランチとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

酒肆 イノウエ

■ しゅし いのうえ

■ 住所:千葉県千葉市中央区弁天2-22-3

■ 営業時間:11:00~14:00(火・木のみ) / 17:00~24:00

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。