孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

西千葉駅すぐ、裏武蔵家 西千葉店 3種のチャーシューでタンパク質満載「裏むさチャーシュー特選」を食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年、惜しまれつつも閉店してしまった

西千葉駅近くのイル・キャンティ アズーロ

 

私は元より、カミさんが特にお気に入りとしていたお店だけに

閉店を悲しんでいたものとなるのですが、そんな跡地になにやら新店がオープンしたとの事

 

少し前より、看板の設置が進んでおり、間もなく開店か・・・?と、SNS上などでも騒がれていたところ、先日LINEの方で、読者さんより

 

「オープンしたっぽい」との連絡を頂きまして、足を運んでみた先がこちら

カフェダイニング彩雲、となります

 

看板も新たに設置され、確かにお店としては完成している様子

ただ、外から見る限り、どう見てもカーテンが閉まっているのですが・・・

 

気になり、お店の入り口まで覗きに向かってみると

お店のドアには、英語でのメッセージが

店先に開店祝いのお花は並んでいるものの、これはどうみてもやってない・・・よな

 

たまたま定休日に当たってしまったのか

それとも、まだ営業開始時間前だったのか(といっても、11時は過ぎてるけど)

いずれにせよ、本日の所は仕切り直しすることに

 

さて・・・、

そうは言ってみたものの、カフェダイニングからの次なる手を考えねばならず

 

ひとまず駅前の通りに向かおうとする、私の前に届く絵も言わぬ香・・・

その正体は、そう

漂うスープの香りに釣られるがまま、

西千葉駅すぐ目の前、武蔵家西千葉店へと歩を進めるものとなったのです。

武蔵家 西千葉店あらため、裏武蔵家へ新メニュー「裏むさ」を求め、久々の訪問! 

西千葉駅前の家系ラーメン

といえば、本ブログでも幾度と紹介してきた通り、裏武蔵家 西千葉店

 

となるのですが、実はこちらのお店

昨年10月頃より、看板こそ同じままながら、微妙に店名を変更

 

武蔵家グループから初めて独立したお店となり、店名も

「裏武蔵家 西千葉店」へと変更され、営業が行われております

 

昨年の春過ぎから、同店名変更に向けて

裏武蔵家オリジナルとなるカエシを使った家系ラーメン

「裏むさ」の提供も行われていたのですが、前回同店を訪問したのは昨年5月

 

しかも、その時に頂いたのは、私の大好物でもある「旨辛麺」となりまして、実は未だ「裏むさ」を注文した事が無いまま、早数ヶ月

 

つい先ほどまで、新たにオープンした?カフェダイニングでランチするつもりだったものの

気分を一転、ここからはガッツリ漢飯となる「家系ラーメン」にギアを切り替えてみようと思います

 

 

さて、そんな裏武蔵家 西千葉店のメニューは以下の通り、

昨年訪問した時点では、裏メニューの様な位置付けとなっていた「裏むさ」ですが、現在はこちらが同店の主力に

 

従来からの武蔵家定番ラーメンも提供が行われておりますが

ボタンの配置を見る限り、メインとなるのは「裏むさ」になる様です

 

また、ちょうど期間限定メニューも提供

その名も勝男武士麺となり、これも一度は食べておきたいところ

 

しかし、まずは新たなレギュラーメニューとなる裏むさから

こちらを頂く事を前提に、残るはトッピングの選択になるのですが・・・

 

せっかくの武蔵家であればこそ、ここはガッツリチャーシュー三昧

という訳で、本日のオーダーは、初となる裏むさ

ここに3種のチャーシューを加える「特選」トッピングにて頂いてみましょう

 

 

この日、お店に着いた時刻は11:30を回った所

すでに店内には、多くのお客さんが訪問中となりますが、ちょうど1周目との入れ替わり帯でしょうか

 

カウンター中央付近にぽっかり空きが出たところで、そちらの席へと通される事に

 

さて、武蔵家と言えばラーメンに加えて、ご飯も必食

大、中、小3サイズから選択可能となるのですが、今日はチャーシューたっぷりという事で「小」をチョイス

 

頂いたご飯にはもちろん、

カウンター前に用意のある、キュウリ&チャーシューこと「辛カッパ」を乗せてスタンバイ

あとはラーメンの到着を待つのみ、となります。

オリジナルのカエシに大判3種のチャーシューが合計6枚! 裏武蔵家にて、裏むさチャーシュー特選をオーダー

私の入店時には、一周目のお客さんがちょうど退店となり、一度は静かになった店内

ですが、時間を空けず次のターンへと突入、お昼が近づくに連れ、再度熱気高まる店内ですが

 

その熱気をギュッと詰め込んだような一杯が、いよいよ到着

こちらが、裏武蔵家 西千葉店にて頂く

「裏むさチャーシュー特選」となります

 

まず目を惹くのが、6枚入りとなる特大チャーシュー

モモにバラ、ロースそれぞれが2枚ずつ

合計6枚のチャーシューが、まるで羽を広げるかの如く、丼に鎮座

 

その上にはほうれん草、そして海苔をもトッピングし

ワイルドな肉感を放射状に広げて行きます

 

とは言え、まずは気になるオリジナルのカエシ

そちらを味わうべく、スープの方から頂いてみましょう

従来の武蔵家に比べると、気持ち塩味が強いかな

とも感じるカエシですが、私程度の感覚では誤差ほどにしか感じず

 

連日食べ比べている人からすれば、相応に違いがあるのやも知れませんが

しっかり旨味を感じるスープに、バチッと締まった醤油のテイスト

 

後味にフワッと優しい風味も残る

新たな武蔵家らしいスープに仕上がっております

 

共に頂く麺の方ですが、

こちらは、従来通りの酒井製麺とのこと

 

本日は茹で加減「普通」でオーダーしましたが

気持ち柔らかめに感じるものの、短く啜りやすい麺は従来通り

しっかり共存し、スープをすくい上げてくれます

 

そしてお次はトッピングの方へ、

3種のチャーシューから、まずはバラロール

 

大判なそのサイズにニンマリさせられますが

やっぱり、脂の甘みが実に素晴らしいチャーシューとなります

 

こちらの味付けにも、スープと同じカエシを使っているのか

スープとの一体感も良く、文句なしの美味しさ

 

続いてのチャーシューは

こちらのロース

 

肉のシットリした柔らかさが感じられる部位となり

素材の持つ甘みが引き出され、これもまた美味

 

程良い食感に、味の染みこみ方からして

これはご飯が欲しくなるタイプのチャーシューですね

(って、ご飯もあるんだけど)

 

そして三枚目となるのが、

こちら、モモのチャーシュー

 

両2枚に比べて脂は少なく、その分肉の旨味は断然強め

しっかりした歯ごたえを持ちつつ、噛みしめるごとに旨味も増幅

 

三者三様、食感に味わいも異なるチャーシューを楽しみ

たっぷりのタンパク質を摂取する一方

 

後半に入るとやっぱり欲しくなるのが、

こちら、ズラリと並ぶ卓上調味料による味変となります

 

本日はこれらの中から、

ニンニク、豆板醤、そして胡麻の3つを選択

 

コクと辛味を増し、より際立ったスープに変化を遂げ

残る麺、ほうれん草、そしてチャーシューらを頂き、しっかり完食させて頂きました

 

 

という訳で、武蔵家あらため、裏武蔵家へとリニューアル後

初訪問となった、裏武蔵家 西千葉店

 

SNSでは頻繁に目にして来たものの、注文は初となった「裏むさ」ですが

他店には無い、ここ西千葉店のみ、唯一無二の家系ラーメンをしっかり堪能させて頂きました

 

また、本日は三種のチャーシューも揃い踏みでトッピング

ご飯のお供こと、辛カッパのチャーシューも含め、

ラーメンではあるものの、動物性タンパク質も存分にチャージ

 

本来の予定では、新たにオープンしたお店でのカフェご飯を計画していたものの

そんな事をスッカリ忘れさせ、大満足してしまう一食となりました

 

 

ちなみに、そんなチャーシューが主役となったお弁当が

現在も引き続き、店頭にて販売されている裏武蔵家 西千葉店

 

SNSによれば、連日個数限定の上、売り切れも続出している人気メニューだそうで

こちらのお弁当についても、日毎に様々なバリエーションが用意されているそうです

 

詳細については、Twitter等で告知されておりますので

裏武蔵家 西千葉店のTwitterはこちら ⇒

お店への訪問だけで無く、同お弁当などの購入にもぜひお役立て下さい。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

裏武蔵家 西千葉店

■ うらむさしや にしちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-19-9

■ 営業時間:月~土 11:00~翌01:00 /日曜 11:00~24:00

■ 定休日:当面は火曜日(通常は無休)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。