スポンサードリンク

中央区新田町のフレンチダイニング、ブラッスリーブルーがランチを再開、しかもラーメン!? ランチ限定、支那そばを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

数日前のこと

某筋(反社じゃありませんw)より、千葉のランチに関する新情報を入手

 

『通称裏千葉、こと新田町にあるブラッスリーブルーが、

 数日前よりランチを再開し、ラーメンを提供しているそうです』

 

・・・え?

 

ブラッスリーブルーって、フランス国旗を掲げている

フレンチダイニングというか、ビストロとというか

あの、ブラッスリーブルー? 

 

以前は何度か、ランチに訪れたこともある同店ですが

裏千葉こと新田町に掲げられる謎のフランス国旗 フレンチダイニング、ブラッスリー ブルーのランチで頂く、5食限定ステーキ丼に舌鼓
先日の「日曜アメトーク」で放送された、ハンバーグ大好き芸人。 あの回を見て以来、無性にハンバーグを欲しだしてしまいました。 ただ、良くも悪くもハンバーグは無難に美味いもの。
2017-06-18 09:28

一年程前?からランチ営業を止めており、現在は夜のみの営業となるお店

そこがランチを再開したというだけでも朗報ながら、そこに付随される情報は、まさかのラーメン!?

 

これは、居ても立ってもいられず

とばかりに、ランチに関する営業時間など一切の情報を持たないまま、一路新田町へ

 

お店の前を一旦車で走ると、確かにランチ営業が再開されている姿を発見

急ぎ引き返し、車を並びのコインパーキングへと駐車

 

改めて徒歩にて向かった先がこちら、

裏千葉エリアこと、中央区新田町のブラッスリーブルーとなります

以前の様なフランス国旗こそ外されているものの、確かにランチ営業を行っている模様

 

更に近づき、お店入り口前の看板に目をやると、

そこにはなんと「お昼は拉麺屋」の一文を発見

これは悩む間もなく、急ぎ突入してみましょう

裏千葉こと新田町の小洒落たビストロダイニング、ブラッスリーブルーが久々、ランチを再開!?

ランチにラーメンをひっさげての営業再開

との情報を聞きつけ、急ぎ訪れたブラッスリーブルー

 

こちらのお店は前述した通り、フレンチを中心とした創作料理を提供する

ビストロというか、ダイニングというべきか、まあカジュアルにお酒と共に楽しめるお店、となります

 

以前はランチ営業も行っており、その際には数度訪問してきたものの

近年は夜のみの営業となってしまい、しばらくご無沙汰となっていた同店

 

店内の造りも、オープンキッチンが見渡せるカウンター席に始まり、

テーブル席が3席程となる、決して大きくは無い造り

 

ですが、新たに再開した「ラーメン」を提供するのであれば、十分なスペース

果たして、ここブラッスリーブルーのランチでは、一体どんなラーメンが頂けるのでしょうか

 

すでに2組3名のお客さんがいる店内ですが、

空いた席へと案内され、早速メニューの方をチェック

提供されている品は、

・鶏白湯

・支那そば

・特製魚介つけ麺

と、大きく分けて3つのジャンル

 

上記のウチ、鶏白湯に限っては

・塩

・醤油

・味噌

と3種のバリエーションが設けられておりますので、計5種のラーメン・つけ麺が頂けるようです

 

長らくお店を構えているとは言え、ラーメンについては新規オープンに等しいお店

それでありながら、早くも5種のラーメン、つけ麺を提供しているとは、なかなかな様子

 

また、同メニューに記載されている中で、気になる一文となったのが

「味の薄めは出来ますが、濃いめはお断りしております」の部分

カエシに関しては、毎日規定杯数分しか用意していないということでしょうか?

 

その他、トッピングは定番処が用意されておりますが

サイドメニューに相当するのは、ご飯のみとのこと

この辺に、夜のフレンチらしさが加わってくると面白そうですが、まだ開店間もない訳ですしね

 

といったラインナップになる、ブラッスリーブルーのランチ営業

さて、表の看板を見る限り、同店が一押しとしているのは「鶏白湯」であることが伺えます

その様子を察してか、先客の3名中2名は鶏白湯を頼んでいる様子

 

鶏白湯も久々だけに、悪くは無いのですが・・・

お店の様子を見る限り、私の直感が「鶏白湯では無い」感を訴えかけるのです

という訳でここは、敢えての支那そばをデフォルトのまま、頂いてみようと思います。

フレンチダイニングが繰り出すランチはまさかのラーメン!? 新メニュー支那そばを食べてみた

注文を終え、店内の様子に目を向けますが

久々の訪問となったブラッスリーブルーながら、その様子には以前との変化は見受けられず

 

敢えて違いを挙げるとするなら、

「ランチがラーメンになった」

という大きな差はあるものの、内装に至るまでもがフレンチを提供するダイニングのまま

 

この雰囲気であれば、女性でも一人で気軽に入れそうな様子は感じます

が、その反面、いわゆるラーメンフリークからすると、入りづらそうな雰囲気とも言えそうです

 

そんな様子を眺めながら、待つこと10分弱

お箸らと共に提供された、本日のランチがこちら、

ブラッスリーブルーにて頂く、支那そばとなります

 

その商品名通り、昔懐かしい雰囲気も漂う支那そば

すっきりした色合いの醤油スープ、なるとにほうれん草、太いメンマ

更には大ぶりなチャーシューもトッピングされ、700円のお値段ながらまずまずな様子

 

ただ、スープが少なめに感じるのは器のせい・・・

ではなく、少なめの盛り付けとなっている様です

 

ちなみに、卓上には調味料等は置かれておらず

この形態のままで味わえばOKとなる模様です

 

それでは早速、スープの方から

端正な色合いの綺麗なスープ

 

早速口に運ぶと、まずはベースとなる動物性、その後に遅れて煮干しが香ります

特別興奮を覚える様なものでは無いものの、広く受け入れられそうな、優しい味わいですね

 

ただ、この時期にしてはスープの温度が低く感じるというか・・

うーん、なんでしょう、なんとなく違和感が

 

続いては麺の方へ

こちらも支那そばらしく、角麺の縮れ麺を使用しております

 

余談ですが、私とほぼ同時刻に入店し、鶏白湯を注文していたお客さんより

私のオーダーした支那そばの方が、2分弱早く提供された事から、両品では異なる麺を使用している様です

 

さて、この角麺とスープの相性ですが

うん、悪くありません

 

日頃、丸麺になれている故、久々に味わう食感ですが、優しい味わいのスープとは申し分ない組み合わせ

ツルッとした食感では無いものの、昔懐かしい角の立った食感で、スープとも強く絡み合います

 

続いてトッピングへと向かい、まず目を付けたのは、こちらのほうれん草

こちらを口に運ぶと・・・

なるほど、先ほど感じた違和感の正体、お前だったのか

 

というのも、このほうれん草、まだちょっと冷たいなぁ

スープの温度を低く感じたのでは無く、このほうれん草が冷たかった故、早い段階でスープが冷めた模様

まだ開店間もないお店だけに、仕方ないことではありますが、これは注意が必要かも

 

続いてメンマですが、

これもまた、昔懐かしい大ぶりな枕木メンマ

その大きさに比例し、強く醤油味を染みこませているので、繊細なスープだと味が強すぎる一面も

ただ個人的にはなりますが、この濃い味付けで昔ながらの食感、嫌いじゃありませんよ

 

そして、最後に頂くのは、

こちらの大ぶりなチャーシュー

その他トッピングについては、既製品である様に思われましたが

このサイズに肉感、チャーシューは自家製ということでしょうか?

 

レアな色味をしたチャーシューにかぶりついてみると

おぉ、肉感がハンパじゃない

 

ワシッとした食感ながら、噛みしめることで湧き上がる旨味

バイーン!と、音を上げそうな弾力といい、これはなかなかの逸品

 

昔ながらの支那そばを想像すると、賛否分かれそうな仕上がりではありますが、

様々な肉料理を提供する、ブラッスリーブルーが提供するラーメンの中で

最も、お店の「らしさ」が感じられるのが、このチャーシューじゃ無いでしょうか

 

もちろん、自家製であるなら・・・

にはなりますが、私的にはこのチャーシュー、全然アリというか追加トッピングしたかったなあ

 

そんなチャーシューに思いをはせながら、残る麺、スープらを頂いていると

このタイミングで、何故か卓上調味料がテーブルの方へ

どうやら置き忘れていただけ、みたいですね

 

提供されたのは、おろしにんにく、そしてGABANの胡椒

この手の醤油ラーメンには欠かせないGABAN、という訳で一振り二振りし、程なく完食となりました。

 

 

そんな感じに、オープン間もないながら、初?訪問を果たした

ブラッスリーブルーの新たなランチメニューとなる支那そば

 

スープの量や温度、トッピングなど、気になる点は見つかったものの

ここ新田町の徒歩圏には無いタイプのラーメンであるのは、間違いなさそうです

 

まだ開店間もない訳ですので、今後がどうなるか次第でしょうが

フレンチを提供するお店の「らしさ」がより濃く現れる様になれば、面白いお店になりそうな気もしました

 

そんなランチを頂き、パーキングへと戻ろうとすると、

ブラッスリーブルーのお向かいにある「マッスルラボ」

JR千葉駅から徒歩5分、新田町の新店マッスルラボを初訪問 筋肉が喜ぶ、低脂肪高タンパク質ランチ「マッスルボウル」を食べてみた
先日、深夜に訪れた富士見町のラーメン店「ます嶋」 そちらで目にしたPOPで情報を得た、同じく千葉の新店「マッスルラボ」なるお店 その店名通り、【筋肉が喜ぶ系のヘルシーメニュ
2019-04-25 07:28

の看板が変わってる姿を発見

 

気になってお店の前まで寄ってみると、中からスタッフさんが顔を出してくれました

さすがに、2食連投するには間が詰まりすぎてる故、話だけを聞いてみたところ

どうやら夜の営業をダイニング形式に変更したとかで、それに併せて店名も変更したとのこと

 

提供されているメニューについては、私が訪問したオープン当初に比べ、

カレーやオムライス、生姜焼きに唐揚げなどもメニューに追加

とは言え、開店当初のコンセプトでもある「筋肉を育てるメニュー」も健在となっておりました

 

更にお隣へと目を向けたら、

なんとここにも、祝開店のお花を発見

お店の名前は・・・「トラント・トロワ」

 

・・・ん?

ここのお店、ちょっと前からあった様な気がしないことも・・・

ということは、こちらもまたリニューアルでしょうか?

 

表に出ているメニューに目を向けてみると、

これまたフレンチ系?のお店ではあるものの、ランチの価格はリーズナブル

 

4品のメインから1つを選び、そこにサラダ、フロマージュが付いて、お値段は900円とのこと

これも近日中にチェックしておかなければならない新店?となりそうですね

 

という訳で、一挙3店もの新たなお店(リニューアル?)が見つかった、裏千葉こと新田町

しばらくはまた、この界隈でのランチが続くものとなりそうです(笑)

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

Brasserie Bleu

■ ブラッスリー ブルー

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町11-21 浅井ビル 1F

■ 営業時間:11:00 〜15:00 / 17:30~23:00

■ 定休日:月曜日(ランチは火曜・金曜も休み)

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。