スポンサードリンク

JR本千葉駅、徒歩1分 洋食三昧な家庭居酒屋、創作家庭料理バンバン 人気のお惣菜5品が豪華共演、バランス採れた栄養も嬉しいバンバン御膳

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

台風の影響で、本来の予定から2日遅れで、札幌より帰宅

札幌での滞在が長引いた結果、この5日間で目を見張るようなウエイト増に成功(失敗w)

 

さすがにこれは・・・と、冷や汗を掻き始めてしまい、今週のランチは

「低カロリー週間」へと位置づけることに

 

そんな初日のランチですが、前日に見ていたTVの影響で親子丼を食べたいモードに突入

親子丼がヘルシーで低カロリーかどうかは定かでは無いものの、油で揚げているカツ丼よりは軽めなはず

 

また、少し前に訪れた本千葉の隠れ名店こと、焼鳥の鶏晶が

本千葉で見つけた隠れた焼鳥の名店、鶏晶 大人の隠れ家と呼ぶに相応しい焼鳥店で頂く、絶品過ぎた鶏のフルコース

ランチでは親子丼をやっていると聞いていたものの、これまで未訪だったため、この機会に訪れてみたのですが・・・

台風の影響か、それとも気まぐれか

果てまた、札幌で訪れたお店が1つとして臨時休業に当たらなかった、そのツケか

 

いずれにせよ、期待して訪れた鶏晶のランチは営業しておらず

とは言え、ここ本千葉は私が知る限り、隠れ名店がひしめき合うランチのメッカ

 

それならば、と返す刀で向かった先はモノレールの県庁駅近く

1F、2Fと居酒屋が並ぶ同ビル、いずれもランチ営業を行っており、品数豊富な定食が頂けるので向かってみると、

1Fの「七左衛門」は、明らかにランチ営業をしておらず

 

そして、2Fの「うまし」はというと、

月島もんじゃの「もんたま」になっちゃった 汗

千葉中央、京成千葉に続き、これで3店舗目か・・・

千葉が誇る、一大もんじゃ勢力、ここに誕生ですね

 

もんじゃはさておき、これで本千葉駅前のみで三連敗

札幌でのツケが、明らかに押し寄せてきている以上、ここはヘタに動かず、近場で確定フラグの立っているお店を選ぼう

といった展開になり、向かった先は、再び本千葉駅前

 

駅のロータリー内に、一際賑やかな看板が立ち並ぶこちらのお店

「家庭創作料理 バンバン」を、久々訪れてみるものとなりました。

本千葉駅前の家庭居酒屋ながら、その実態は創作洋食尽くし! 創作家庭料理バンバンで久々のランチ

鶏晶から始まる三連敗を阻止すべく、本日の連敗ストッパーとして急遽登板となった、家庭創作料理 バンバン

こちらのお店は、その名の通り「家庭料理」を中心とした居酒屋となるのですが、ランチであっても豊富な品々が頂ける、本千葉が誇る人気店

 

また、居酒屋が織り成す家庭料理と耳にすれば、誰もが思い浮かべるのは、魚を中心とした和食

しかし、ここバンバンは、そんな杓子定規を見事に裏切るお店となっており、

思わず「どんな家庭で育ったのだ!?」

と、育ってきた環境の違いに驚かされる、そんな創作洋食が所狭しと並ぶお店となるのです

 

こちらの初訪問は、今から2年前

JR本千葉駅、ロータリー内の居酒屋 家庭料理の店バンバンで初ランチ! 家庭料理がウリのランチに並ぶレパートリーの実態は、異国黒船の大襲来だった
ラーメンに蕎麦にと、最近通う機会の増えたJR本千葉駅。 駅ロータリー周りの雑居ビル内には、アジアン料理店やチャンポン専門店など、イメージ以上に多くの飲食店が建ち並ぶ中、一際強い存
2017-06-08 10:25

 

以来、同エリアでランチ難民に陥り掛けた際の「切り札」として投入してきた同店

本日もまた、連敗ストッパーとしての期待を込め、いざお店へ

 

この日、お店を訪れたのは11:40

近隣の官公庁が間もなくランチタイムに突入・・・となる一歩手前にてバンバンへ

 

先客はカウンター1組のみとなっており、悠々と入店

お昼時ともなれば、カウンターはおろか、2Fまで埋まる人気店ですので、早めの判断が功を奏した様です

 

そんなバンバンで頂けるランチですが、前述した通り

「家庭料理」を名乗ってはいるものの、その家庭の風景は、私が知る家庭とはいささか趣が異なる品ばかり

 

デミソースで煮込まれたハンバーグから始まり、牛タンの煮込み、牛タンバーグ

オムライスに関しても、トロトロ玉子と共にデミソースを添えてみたり

 

カレーも、そのままでは頂かず、具沢山トッピングを盛り込み、オーブンに入れる焼きカレーとなったりと

家庭料理を名乗ってはいるものの、その実態はとにかく家庭では味わえない

(少なからず私は、そんな手の込んだ家庭で育っていないw)

「一手間」が加わった洋食中心のメニュー構成となっております

 

また、同店の特徴となるのがこちら、

お弁当やお惣菜の販売も行っている点

 

これらはレギュラーメニューからとなりますので、選べるメニューの数は限られるものの

・お弁当を買って、その辺でランチ

・帰宅の途につくがてら、お惣菜で晩ご飯を

なんて使い方が出来るのは、スーパー等が駅前に無い本千葉界隈では、ありがたいサービスといえます

 

また、店名通り夜は「創作居酒屋」として営業されており、

ランチで提供される各定食を始め、様々なおつまみメニューが提供されております

こちらに並ぶメニューも、家庭的な

・さんまの梅煮

・さつま揚げ

・きゅうりのしそ昆布漬け

などからスタートするものの、

 

・クラムチャウダーパイ包み

・激辛マーボー豆腐

・イカスミのリゾット

・黒毛和牛のローストビーフ

などなど、多国籍にまたがった品々が陳列

 

決して広いお店では無く、アットホームな居酒屋を感じさせるバンバンですが

その実態は家庭という概念を超越し、国境すらまたがった和洋折衷様々な料理を頂けてしまうのです

 

さて、そんな縦横無尽に行き交うランチメニューですが・・・

やはり・・・、悩みます

 

予定では、軽めのランチ=親子丼でスタートしたものの、

その希望が早々に絶たれたのは仕方ないとして、当初の目的である「ヘルシー」だけは死守したいところ

 

ガッツリしたハンバーグやタンシチュー、変化球のイカスミリゾットも捨てがたいものの

やはり、こんな機会で無ければ選ばない、ヘルシー(に見える)和食な1皿を選択

という訳で、この日のランチはお勧めメニューでもある「バンバン御膳」を頂いてみるものとなりました。

人気お惣菜が5点集結も案外ヘルシー!? 本千葉バンバンのお勧めメニュー、バンバン御膳を食べてみた

数あるランチメニューを前にし、悩みに悩むこと5分

その間、時計は刻一刻とお昼へ近づき、その流れに伴いお客さんも続々入店

 

私が訪問した時点では、1組の先客のみだった店内ですが、気づけばカウンターは満席

2Fにもお客さんが登り始め、いよいよランチの繁忙帯が近づいてきたようです

 

ちなみに、この日の私はかみさんを連れてのランチ

そもそもこの日、「ヘルシーなランチにしたい」と私が言い出したところに被せ

『じゃあ、親子丼は?』と提案してきたのも、ウチのかみさん

 

一度は、そっか親子丼・・・良いなあ

と同意してはみたものの、考えれば考えるほど、親子丼とヘルシーの間に、因果関係が見えてこず

まあ、親子丼に代わるヘルシー(っぽい)ランチを頂くこととなったので、結果としてはオーライな訳ですが…

 

そんな様子を眺めながら、待つこと10分

一足先に提供されたのが、かみさんのオーダーしたこちらの品

「牛タン煮込みハンバーグとろとろチーズのせ」となります

 

サイズ的には120gほどと、小ぶりなハンバーグ

しかし、ここに使用されているのは牛肉では無く、牛タンとのこと

キノコたっぷりのデミソースで煮込まれ、仕上げにはチーズを投下

 

サラダにソースにと、野菜を豊富に頂けるハンバーグではあるのですが・・・

私的にネックとなるのが「きのこ」である以上、こちらを避けた判断は正しかった様です

 

そんな煮込みハンバーグから、遅れること数分

満を持してやってきた、本日のランチがこちら

本千葉駅前の居酒屋バンバンにて、35年以上愛されてきた、三大人気メニュー

これらが一堂に会した、栄養バランス抜群のプレート、バンバン御膳となります

 

全5品のおかずに香の物、味噌汁そしてご飯

たっぷりのおかずが勢揃いした、こちらの御膳ですが、

まず注視すべきがこちらの三品

 

前述したとおり、30年以上の歴史を持つ居酒屋バンバンにて、長らく愛されてきたお惣菜TOP3

・秘伝の玉子焼き

・じゃがいものそぼろ煮

・さんまの梅煮

となっております

 

オムライスやハンバーグ、カレーに果てはリゾットまでが並ぶ、居酒屋バンバンのランチ

その中において、唯一といってもいい、家庭的な和食が頂けるのが、こちらバンバン御前

 

それ故に、お店からも「一押し」とされている同品ですが、

さすがは人気のお惣菜3品とあって、確かに家庭的な品々ながら、丁寧な仕事を感じさせます

 

秘伝とされる玉子焼きは、出汁の旨味と甘みがほどよい塩梅

ここに、自家製とおぼしき梅ソースが添えられることで、ご飯との相性を高めております

 

じゃがいものそぼろ煮は、煮付けというより揚げ煮に近く、じゃがいもの食感と、皮目のおいしさをダブルで味わうことが可能

そぼろの方は、醤油とみりんをベースにしつつ、ちょっと濃い目の味付けを

この塩味がまた、必然的にご飯を求める味付けを生み出しております

 

そして、私が思わず唸り声を上げてしまったのが、

こちら、さんまの梅煮

さんま自体の食感は崩さない程度に煮ていながら、煮汁の旨味は魚体の隅々にまで行き渡っております

 

単体では濃いめにも感じる味付けですが、それをマイルドに仕上げているのが、梅の効果

柔らかな酸味が煮汁に加わることで、煮汁の辛みを抑えつつ、梅の酸味と甘みをプラス

骨離れもよく、当然ご飯との相性も文句ない、ランチはもちろん、お酒のアテとしても頂きたくなる一品でした

 

前述した3品のお惣菜に加え、

こちらの御膳には、

・切り干し大根

・冷や奴(岩のり添え)

・香の物

これら3品もセットに

 

全5品(+1品香の物)をセットとした御膳で、お値段はジャスト1000円

今回は、ご飯を普通盛りにて頂きましたが、大盛りへの変更も可能となるので、ボリューム面にも不足はなし

栄養バランスの採れたお惣菜をたっぷり頂ける、満足度高いランチとなりました

 

ここ本千葉駅周辺には、昔ながらの住宅街が多いこともあり、並ぶ飲食店も目立たないお店が多数

ですが、長く続いているお店が多いのも特徴で、これだけのお店がありながら、10年20年と続いているには、相応の理由あるお店ばかり

 

本日訪れた「居酒屋バンバン」もまた、40年近く営業する老舗の1つ

家庭料理という入り口ではあるものの、そこに留まらない様々な品の提供、変化こそが、多くのお客さんに長く愛される理由と言えそうです。

 

 

なお、この日の帰り際に、近所のファミマへ寄ったところ、

こちらのご近所さんが飼っているチワワが、迷子になってしまったとのこと

私も以前に、チワワを飼っていただけに、これはちょっと心配で思わず写真に

ご近所で見つけた方がいらっしゃいましたら、ぜひ飼い主さんに知らせてあげてください。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

家庭創作料理 バンバン

■ かていそうさくりょうり ばんばん

■ 住所:千葉県千葉市中央区長洲1-23-1 エスカイア本千葉第二 1F

■ 営業時間:[月~金]11:30~14:00 / 17:00~23:00 (土はディナーのみ)

■ 定休日:日曜、祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。