スポンサードリンク

本千葉駅前 居酒屋バンバン 家庭料理居酒屋は黒船襲来だった

LINEで送る
Pocket

ラーメンに蕎麦にと、最近通う機会の増えたJR本千葉駅。

駅ロータリー周りの雑居ビル内には、アジアン料理店やチャンポン専門店など、イメージ以上に多くの飲食店が建ち並ぶ中、一際強い存在感を発揮しているのがこちら。

家庭料理の店、居酒屋バンバン。

家庭料理をコンセプトにした居酒屋、だというのに、何故にバンバン・・・。

疑問は多々募るものの、これだけ巨大な存在感を放ちながら、今まで未訪問だったこちらのお店にて本日のランチ、といってみましょう。

 

スポンサーリンク

本千葉駅目の前、居酒屋バンバンの家庭料理は、完全に黒船の襲来だった

まずは店外のメニューをチェック。

家庭料理をコンセプトとした居酒屋のランチ、だと言うのに、手の込んだ料理ばかりに見える。

しかも、そのどれもが一手間掛かった洋食ばかり。

その様相たるや、過程料理居酒屋界への黒船来襲、と呼んでも過言では無い。

 

表のメニューだけでは真偽を判断できず、店内にてグランドメニューをチェック。

こちらのメニューで「コトコト煮込んだ大根と豚の角煮定食」を発見し、家庭料理らしさを感じたのも束の間、その下には「イカスミのリゾット」を発見。

更には、うま辛麻婆丼ぶりや自家製炙りチャーシュー丼ぶりまでスタメンに並び、黒船だけでは留まらず、中国大陸にも攻め入るストイックさを見せている。

 

店内に貼られた新聞の切り抜きを見たところ、こちらのお店、創業30年ながらランチを始めたのは、ここ4~5年とのこと。

料理が好きなママさんが、色々勉強してきた中でメニューも増えていったのだとか。

創業30年にもなる老舗の居酒屋さんが、時代の流れに沿って、新しいメニューを随時開発する熱心振りに思わず感動してしまった。

 

ちなみに店名である「バンバン」の由来は、お客さんにバンバン食べてお腹いっぱいになって欲しい、との思いが込められているとのこと。

ばんばひろふみや、ビリーバンバンのインスパイア店でなかったことに一安心。

 

スポンサーリンク

家庭料理らしくない手間暇掛かる逸品が豊富なランチ、中でも異彩を放った焼きチーズカレー

良い意味で、家庭料理居酒屋らしくないランチメニューの豊富な、居酒屋バンバン。

男の急所をピンポイントに狙ってくる、ガッツリした肉料理が並んでおり、今日の一品を決めようにも決意が鈍る。

 

家庭料理らしさを狙うのなら、バンバン御膳だろう。

しかし、これだけ立ち並ぶ黒船ゆかりの洋食たちも、自信を持ってこその提供なのだろうから、こちらも捨てがたい。

 

カレーにドリアと、老若男女に愛されるメニューも諦めきれない中、悩み抜き辿り着いた答えがこちら

 

完全に洋食屋さん、カフェの定番メニューとも言える「焼きチーズカレー」をチョイス。

 

焼きが入る料理だけに、所要時間も少し掛かり、注文から10分ほどで配膳となりました。

してお味の方は…当然、すこぶる熱い。

だがスパイシーでもあり、なにより溶けきったチーズが実に美味い。

 

ママさんの心意気からか、具材も豊富で、挽き肉にトマト、そして…

タップリのキノコ(泣)

※ 私はキノコに若干のアレルギーを持っており、苦手としています

 

まさか、焼きカレーにキノコを多量トッピングしてくる発想は無かった。

もちろん、私が苦手なだけであり、これは世の中的には感謝するべきママさんの愛情なのだろうが。

 

上記に加え、

サラダ&ワカメスープまで付いてのランチセット。

 

お値段850円とリーズナブルな上、ボリュームも文句なし。

なにより、まだまだ気になるメニューが豊富に並ぶ、居酒屋バンバンのランチ。

今後も定期的に足を運び、全メニュー制覇をぜひとも狙いたいところです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

居酒屋バンバン

■いざかやばんばん

■ 住所:千葉県千葉市中央区長洲1-23-1 エスカイア本千葉第二 1F

■ 営業時間:[月~金]11:30~14:00 / 17:00~23:00

[土]17:00~23:00

■ 定休日:日曜、祝日

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。