スポンサードリンク

千葉中央 ベリーニダイニングで、未開のメニュー「魚介のラグーのガレット」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

せっかくなので、ちばごはん掲載店を連投。

この日、ちばごはん片手に向かった先は、C-oneのスクランブル交差点すぐ側にある

「ベリーニダイニング」というお店。

 

そこそこ前から存在は知っていたものの、イタリアンなのかフレンチなのか

その方向性が外見からは伝わらない、ビルの地下にあるお店。

 

ちなみに、ちばごはんで食べられるメニューとなるのが、

dsc_2079

こちらの「ガレット」。

いわゆる、そば粉を使って作られたクレープの様なもの

とのことで、昨今のグルテンフリー(小麦粉を抜く健康法)の影響もあってか、注目を集めている・・・らしい。

 

「ガッツリ男メシ」を自称する身としては、普段なら絶対に注文しないメニュー。

そんな、『自分の生活域に絶対入ってくることの無い食』にチャレンジできるのも、ちばごはんの恩恵ではなかろうか。

スポンサーリンク

初体験のガレット 魚介のラグー? 更にはターメリックソース??

さて、初来訪となったベリーニダイニングですが、通常のランチメニューは以下の通り。

dsc_2080 dsc_2081

パスタやピザを中心としたメニュー構成になっており、それ以外に

・日替わりメニュー(パスタ、ガレット、ご飯のランチ)

・ご飯のランチセット

・パスタorガレットのセット

などが用意されているらしい。

 

どれも、なんとなく商品のイメージはできるものの、やはりテキストによる説明だけでは、ヨダレがこぼれるほどの想像力が働かない。

この発想の違いが現すものは、肉・脂をこよなく愛するガッツリ男メシと、ヘルシー&ビューティーに重きを求める、ゆるかわ大人女子との脳の違いだろうか。

 

まあ、なんにせよ私の様な

「肉が乗っていれば大体落ち着く」

様な人種とは、いささか不釣り合いなお店だということだろう。

 

そんな身の丈に合わない空気感を、一周回って楽しみだした頃、

スポンサーリンク

dsc_2082

ちばごはんVOL2掲載メニューとなる「魚介のラグーのガレット ターメリックソース」が登場。

 

さすがの私でも、ターメリックがカレーの黄色を作り出している「ウコン」であることくらいは知っている。

が、私の知る限り、ウコンはそもそも、ソースにするような味では無かったはず。

しかし、そのウコンであっても、プロの職人の手に掛かれば、ガレットと相性バッチリなソースに姿を変える、ということだろうか・・・?

 

ひとまず、食べ方の難しい(なんの説明も無かった)ガレットをナイフで一口大に切りつつ、具材を入れながらソースを付け、口に運ぶ。

・・・美味い・・・のか?

 

薬膳とも違い、かといって素材の旨味的なものでも無い

私の辞書にある言葉を総動員して、この説明をするとすれば

「斬新な雰囲気で、好きな人にはハマりそうな味」

といった説明が精一杯だろう。

 

ナス、パプリカ、海老など、普段から食する機会の多いものについてはいくらでも説明が付く。

が、このガレットの味を左右している中心的人物、

・ターメリックソース

・上記写真中央に盛られている、謎の魚介(説明によると、海老やホタテ等魚介ミンチの煮込み)

この2つが、あまりにも斬新な味覚過ぎてしまい、私の中にこれを説明するだけのキャパシティが未だ整っていない。

 

食べ慣れれば色んなコメントも浮かんでくるものかも知れないが、いかんせん新しいものばかりが矢継ぎ早に送り込まれている状況。

マンガONE PIECEにて、新しい島に上陸した瞬間、一気に押し寄せる新キャラクター達の登場に、人物相関や過去の物語からの伏線回収に追われ、右往左往している心境、とでも説明すれば伝わるだろうか。

 

いずれにせよ、今の私には未開の「味」であり、これを美味しく食べる器量を得るには、もう数年先の事になりそうだ。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ベリーニダイニング

■ ベリーニダイニング

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町1-1 城南新町ビル B1F

■ 営業時間: ランチ 11:00~14:00 / カフェ 14:00~17:00

ディナー 17:00~23:30

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントを残す

CAPTCHA