孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

若葉区東寺山のイタリアンバル MARIOがランチ営業を再開! 薄焼き卵にゴーヤが絡むモチモチパスタ、島自慢のナポリタンが絶品だった

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「マリオが営業再開したみたいよ」

帰宅早々、カミさんから告げられたひと言

 

ここで言うマリオというのは、多くの方がご存じとなる

青い繋ぎに赤いキャップを被り、鼻ヒゲを生やした水道工のマリオ

 

ではなく

我が家からもご近所、若葉区東寺山のショッピングセンター

(タイヨーとかマツキヨらがある、あの一角)

 

同地に昨年オープンした

「イタリアンバル MARIO」を指すものとなります

 

 

同店とは、ひょんな偶然でオープン数日前にお店の方と出会い

その流れから、開店当日に昼夜と2度も足を運んでしまったお店でして

若葉区東寺山に新規オープン、イタリアンバルMARIOを初訪問 「麺が主役!」と呼びたくなる、モッチリーニたらこクリームパスタを食べてみた

 

ご近所の縁でもあり、贔屓にしたいお店ではあったものの

開店から暫くして、すぐさま緊急事態宣言に突入

 

その後も、テイクアウト営業らを再開しており

都度、利用していたのですが、今年に入りまた営業を休止

 

そしてこの1ヵ月ほど前より、再度テイクアウト営業の再開を確認しておりましたが

そこに続き、ようやくランチでの店内飲食も再開したのだとか

 

 

カミさんからの情報によれば、ちょうどこの日からランチ営業が再開になったとかで

お店の方らが店頭にて、テイクアウト等について声高々、宣伝を行っていたとのこと

 

その頑張りを目にしたカミさんは、その足で何か買って帰ろう・・・

と頭によぎったものの、すでに本日の晩ご飯は準備済み

 

テイクアウト出来なかった分、お店に行ってあげたいとの話になりまして

同ランチ営業が再開となった翌日、

こちら、東寺山町ショッピングセンター内のイタリアン

「イタリアンバル MARIO」を久々、ランチ訪問するものとなったのです。

ランチ営業再開となった、東寺山のイタリアンバルMARIO 店内飲食に加え、テイクアウトメニューも更に充実!

昨年より、テイクアウト中心の営業となっていたイタリアンバルMARIO

 

同店の店主さんが奄美大島の出身である関係から

以前より同島の名物料理「鶏飯(けいはん)」を店頭にキッチンカーにて販売しておりました

 

加えて同店はイタリアン、店内には窯も設けている本格派とあって

自慢の窯で焼き上げた、自家製ピザなどもテイクアウトが可能となっております

 

 

さて、そんなMARIOですが

現在は更に、テイクアウトメニューが充実しだしており、

店頭に停められたキッチンカーのメニューには

・ハワイアンバーガー

・ロコモコ丼

・アヒポキ丼

・ローストビーフ丼

・ガーリックシュリンプ

 

と、全5種のハンバーガーやご飯もののテイクアウトが増加

 

ちなみに上記の品はお持ち帰りに加え

店内でイートインする事も可能との事

 

そこで本日は、私と子供は店内メニューとなるピザ&パスタを

小麦がNGとなるカミさんは、上記テイクアウトメニューのご飯ものを店内にて頂くものとなりました

 

 

早速、向かった店内ですが、

中は以前と変わらず、黒を基調としたシックなスタイル

間接照明を多数あしらい、良い意味で東寺山らしからぬオシャレな造りとなっております

 

テーブル席は、以前よりスペースを広く開けて設置

その為、少しもの寂しさを感じますが、これも感染対策故、仕方ないですね

 

続いて、店内イートインでのランチメニューですが、

こちらは以前と変わらず、ピザ&パスタが提供

 

ピザはトマト、チーズそれぞれがベースになるもので

各5品、合計10種がランチ帯より頂けるものとなります

 

そしてパスタですが、

こちらも提供されるメニューは以前と同様

 

全6品となっており、中でも

・生トマトWバジリコ

・モッチリーニたらこクリームパスタ

これら2品は「PASTA SPECIALE(パスタ スペチアーレ)」という特別なパスタを使用した品となっております

 

ランチの各メニューには、+390円にて

ドリンク、そしてサラダを付けたセットにすることも可能

 

といったランチの構成は変わらず、となるMARIOですが

前述した「PASTA SPECIALE(パスタ スペチアーレ)」については、以前にも注文済み

 

むしろ本日気になっていたのは、

店主さんが奄美大島の出身である特性を活かした?「島自慢のナポリタン」でして

 

しかも、ナポリタンながらに使用されるのは生パスタ

千葉、栄町の「スパゲッティのパンチョ」が閉店してしまった今、ナポリタン不足に悩む方も少なくないのでは?

 

・・・と、そんな需要の有無はさておき

この「島自慢」と言うフレーズが気になったことから、本日は同ナポリタンを頂く事に

 

そしてピザが大好き子供は、シンプルに攻めたマルゲリータを

テイクアウトメニューより注文となったカミさんは、ガーリックシュリンプを、ご飯付きセットにて、それぞれ頂くものとなりました。

アツアツの鉄板にふわふわ卵、ゴーヤも活きたモチモチパスタ、島自慢のナポリタンを食べてみた 

この日、お店を訪れたのは12時ちょうど

先に買い物を済ませ、帰宅がてらの訪問となり、普段よりは遅めのランチに

 

前述した通り、この前日よりランチ営業を再開したMARIOですが

店内飲食に加え、テイクアウトにも力を入れているご様子

 

加えて同店裏には、地域NO1の安さでお馴染み「スーパータイヨー」もあり、

同店らを訪れるお客さんが行き来する先へ向け、テイクアウトのピザらを絶賛宣伝中

 

この張り上げられた声にカミさんも釣られた訳ですから

何ごとも元気良く取り組むってやっぱり重要なんだな、と確信させられます

 

 

そんな様子を伺いながら、待つこと10分ほど

まず最初に提供されたのが、

こちら、子供のオーダーしたマルゲリータのピザからとなります

 

注文後にお店の方が、本場の職人よろしく

生地を真上に投げながら成型、窯で焼き上げたピザ

 

ピザ生地を作るあの様は、思わず動画に撮りたくなる、そりゃ見事な手さばきでして

(残念ながら、本日は間に合わず…)

 

そんな手ごねされた生地を使った同ピザは

この通り、薄めの焼き上がりながら

パリッとした食感にモッチリした歯ごたえが混在

 

濃厚なチーズにコクあるトマトソース

そこにスッと抜けるバジルの軽やかな薫りが心地よい、王道なマルゲリータとなります

 

そんなピザより遅れること2分で提供となったのが、

アツアツなスキレットに盛り付けられた、たっぷりパスタ

イタリアンバル MARIOにて頂く、島自慢のナポリタン(+200円の大盛)となります

 

スキレットの中には、半熟状の卵入りとなりまして

こちらは好みの固さに、鉄板内で仕上げていくスタイル

 

具材はソーセージに玉ねぎ、更にはしめじ

ここに加え、大きな特徴となるのがゴーヤ入りとなる点でしょう

 

使用されるパスタは、やや平打ちな麺となっており、その食感にも期待膨らむばかり

パルメザンチーズもたっぷり振りかけられ、麺・具材もたっぷりと、食べ応えをも感じさせます

 

そんなパスタを、クルッと巻き上げまず一口

ナポリタンとしては珍しい、平打ち気味のパスタですが

さすがは生パスタ、とにかくモッチモチの食感が味わえます

 

小麦の薫りもしっかり漂わせつつ、弾力ある食感も良好

そこに絡んでくるトマトソースには、甘みとコクも携えており、喫茶店らのナポリタンにはない、ワンランク上の味わいを感じさせてくれます

 

パスタそのものの美味しさに加え、

甘みとコクあるソースとの共演は、なかなかな取り合わせ

 

更に、このソースへより深みを与えてくれるのが、

こちらのゴーヤ、更には卵の存在でしょう

 

フワッと仕上がった卵の食感が面白く

そしてゴーヤの持つ程良い苦みが、ソースの美味しさをより引き立てる役割に

 

島自慢の・・・由縁として、

ただ奄美大島の食材を使ってみただけと思いきや

 

この食材が、しっかり鉄板の中にポジションを作り

その存在意義を、同ナポリタンの美味しさ昇格に、見事働きかけた組み合わせと言えます

 

そして、ちょっとハイソなナポリタンに見えつつも

その持ち味である「チープな雰囲気」を、良い意味で引き出しているのが

このソーセージ

 

ここで更なる高級食材を投入、なんて洒落込むよりも

ここは敢えてのソーセージである潔さが、ある種ナポリタンのらしさでは無いかと

 

ソースやパスタに相応の拘りを魅せつつも

それが飛び抜けすぎない、程良い気の抜け具合もまた、ナポリタンらしい持ち味

 

今回は大盛での注文となりますので、ボリューム面でも満足度は100%

拘りの生パスタに、しっかり馴染むトマトの風味

 

想像のワンランク上を行く、絶品ナポリタンとなりました

 

 

一方、この日カミさんがオーダーしたのが、

こちら、通常はテイクアウト専用となりますガーリックシュリンプ

そちらをご飯&サラダセットとして貰い、店内にて頂くものとなりました

 

遠目からでも、香ばしさとニンニクの良い香りが漂うエビがたっぷり

こちらを私も1つ頂きましたが、

しっかり火が通されているものの、それでも十分なサイズを誇る立派なエビ

香ばしさに加え、パリッと仕上がった殻の部分までが、最早食感のアクセント

 

今すぐにでもビールと共に流し込みたくなる

そんな1品ではあるのですが、反面ご飯との相性を考えると・・・どうなんでしょうか(笑)

 

まあ、そんなテイクアウトメニューも頂ける様になり

店内で家族揃ってランチを食べられるようになった事が、なにより幸いとなりました

 

 

という訳で、久々に店内でのランチを頂くものとなった

東寺山のイタリアンバルMARIO

 

新たなテイクアウトメニューも増え、従来のピザ、パスタだけで無く

島は島でも、奄美からは遠く離れた、ハワイアンなお持ち帰りメニューが満載になってパワーアップ

 

そんな充実を誇るテイクアウトメニューもさることながら

本日頂いた「島自慢のナポリタン」が予想以上に自慢出来るひと品であることには驚きを隠せないものとなりました

 

良い意味でナポリタンらしからぬ、拘りの生パスタによるモチモチ食感

そこに絡むソースも良好ながら、卵にゴーヤと言った具材とのマッチングも良好

 

再三触れた通り、奄美大島の出身であることを活かした

同店の名物として、もっと全面に打ち出して欲しい、絶品ナポリタンとなりました

 

付け加えてしまえば、本日頂いたナポリタンに限らず

ピザでもパスタでも、もっと奄美大島感を出していけそうなメニューはあるように思いますし

 

変に行儀良く、まとまったイタリアンであれば、食べられるお店は他にも多数

ここMARIOならではの「奄美大島×イタリアン」な色味を、もっと強く感じさせてくれれば・・・、と期待してしまう1食となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

イタリアンバル MARIO

■ イタリアンバル マリオ

■ 住所:千葉県千葉市若葉区東寺山町581-4

■ 営業時間:11:00~

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。