若葉区加曽利町のお蕎麦屋さん、利久 加曽利店 具沢山でボリューム満点、かき揚げ天せいろを堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は土曜日となり、家族でのランチへ

 

文房具屋さんに行きたい子供

落花生を買いに行きたいカミさん

 

そして、特になにも目的の無い私・・・

と、カミさん&子供の目的を優先させた結果、都町~加曽利方面へ

 

まずは落花生の買い物がてらランチを済ませよう

との展開になったことから、向かった先は国道126号沿いとなるこちら

「豆処はせべ」のお隣にお店を構えるお蕎麦屋さん

「利久 加曽利店」となります

 

あれ・・・?

前回こちらを訪れた時も、落花生の買い物がてらだったような??

参照:若葉区加曽利のお蕎麦屋さん 利久 加曽利店で頂く、特大海老入りつけ天そば ⇒

国道沿いにて広い駐車場・敷地にお店を構えるお蕎麦屋さん 利久 加曽利店をランチ訪問

カミさん&子供の買い物がてらで足を運ぶものとなった

若葉区加曽利町のお蕎麦屋さん、利久 加曽利店

 

お店の前が駐車場スペースとなっている上

店舗隣には、カミさんの目的でもある「豆処はせべ」を併設

 

古民家を改装した、趣ある店舗の前には

この通り、今日も元気に鯉が泳いでいるお蕎麦屋さんとなります

 

 

さて、そんな店内に入る前に

店先の駐車場へと車を停めようにも四苦八苦

 

この時点で時刻は11:30前となるのですが

既に駐車場の9割ほどが埋まっている盛況ぶり

 

土曜日とは言え、早い時間からこれほど賑わっているのは

初めて見る光景でして

 

果たして空席の方はあるのか否か

恐る恐る、店内へと足を運んでみますと・・・

 

案の定、すでに店内は大賑わいを見せておりまして

幸い、まだ奥の座敷席には空きがあるとのこと

 

ただ、予想通りの混雑を見せている事から

提供までには30分ほど時間が掛かるとの話となりまして

 

まあ急ぐ用事もありませんので

30分待ちを了承した上で、お店の方にお邪魔することに

 

 

早速、メニューから見ていきますが、

まずはこちらがお蕎麦のメニューとなりまして

冷たいお蕎麦に温かいお蕎麦、更にはうどんも全品注文可能

 

更には季節のお蕎麦・うどんも提供されておりますが

それについては別途のメニューに、更なる掲載が行われております

 

そして裏面を見ていきますと、

こちらはご飯もの、そして蕎麦前各品となりまして

かつ丼に親子丼、天丼各品が並ぶものとなります

 

ご飯ものには+270円で蕎麦・うどんをセットに出来る他

単品のご飯メニューとして気になったのが、しば漬けご飯に野沢菜ご飯といった品々

 

せっかくの利久を訪問している以上

お蕎麦を頂く事は決定事項でしたが、ここに野沢菜ご飯をセットにしてみるのも面白そうな予感

 

そして最後は、夏のお勧めメニューとなりまして、

レギュラーメニューにも並んでいた

冷やしたぬき、冷やしきつね以外にも4品が並び、計6品が掲載

 

中でも気になったのが

「冷やしうさぎそば・うどん」といった聞き慣れない品でして

 

説明によると、揚げもちに大根おろしを添えたお蕎麦だそうで

これまた暑い季節に頂くに適した1品になりそうな予感

 

そんなうさぎ蕎麦を悩む一方

前回訪問した際に、他のお客さんがオーダーしているのを目にして

 

次はぜひとも・・・と気になっていたのが

同店の「かき揚げ天ざるそば」でして

 

うさぎかかき揚げの二択で悩んだ結果、

本日はかき揚げが勝利、かき揚げ天せいろを頂くことに

 

ちなみに子供は、大好物となる冷やし梅しそそばを

そしてカミさんは、親子丼をそれぞれオーダーするものとなりました。

特大かき揚げには、海老に野菜に盛り沢山 利久 加曽利店で頂くかき揚げ天せいろ

前述した通り、本日の料理提供までには

混雑の関係上、30分ほどの時間が掛かるとのこと

 

その間、カミさんは注文を済ませた後に

店舗お隣となります「豆処はせべ」の方へお買い物へ

 

子供と2人、今夏に劇場公開される

「ONE PIECE」の映画版について、あれこれ談義し待ち時間を過ごすことに

 

カミさんも戻り、そこから更に待つこと数分

オーダーからおよそ、30分が経過した頃に提供となったのが、

まずはこちら、子供のオーダーした

「冷やし梅しそ蕎麦」からとなります

 

器一杯のお蕎麦に

細かく刻んだ紫蘇、海苔、そして梅をトッピング

 

ここに蕎麦汁をかけながら、

いわゆるぶっかけスタイルで頂くお蕎麦になっております

 

涼しげな見た目同様

暑さで食欲が減退するこれからの季節、重宝するお蕎麦で間違いありません

 

続いてカミさんがオーダーしたのが、

こちら、重箱スタイルで提供となりました親子丼

玉子と出汁で綴じた鶏肉、そして玉ねぎをご飯の上にトッピング

 

見た目的にもポピュラーなスタイルの親子丼ですが

共に提供されるお味噌汁、これがまあ美味しそうな一杯で

 

 

いずれも、派手さこそありませんが

相応に満足出来る事は間違いない2品

 

そんな2品から、更に遅れること5分ほど

ようやく提供となった、本日のランチがこちら

利久 加曽利店にて頂く、かき揚げ天せいろとなります

 

刻んだ海苔をたっぷり盛り付けた

ざるそばとなりますが、なんといっても注目すべきはそのお隣

この、ガッツリとした厚みのあるかき揚げになります

 

ぱっと見だけでも、多数の野菜や海老など

数多くの具材が使用されている、巨大なかき揚げ

 

かき揚げ大好きな私にとっては

このかき揚げを目にしただけでも、テンションは上がるばかり

 

とは言え、やっぱりここはお蕎麦屋さん

まずはこちらのお蕎麦から頂くものとなりまして

まずは、蕎麦汁を漬けずにそのまま一口

 

強い香りを放つ訳ではありませんが

程良い歯ごたえを噛みしめていくことで、フワッと香りが抜けていくお蕎麦

 

喉ごしも心地よく

お蕎麦単体でも、十分に高いレベルの仕上がりであることが伝わります

 

続いては、そんなお蕎麦を蕎麦汁と共に

蕎麦汁の方は、出汁をしっかり効かせており

柔らかな甘みと、程良い塩味が交差する味わい

 

蕎麦汁少量でも十分な味わいを与え

薬味のワサビ、ネギらとの組み合わせも良好なものとなります

 

ですが、やっぱり注目したいのはこちら

この特大サイズを誇る、かきあげに他なりません

 

かき揚げ好きを公言する身として

このサイズ感は見ているだけでもワクワクするばかり

 

本音を言えば、がぶっと食らいつきたいところにもなりますが

このサイズ感、しかも揚げたての所に飛びつけば、大怪我するのは火を見るより明らか

 

心苦しくはあるものの、このかき揚げを小さく崩していき、

食べやすいサイズになったところで、まず最初の一口を

 

特大サイズなかき揚げだけに、衣の重たさを感じそうなものの

それを軽やかにしてくれるのが、油の香り

 

ごま油をたっぷり使っている様で、

芳ばしい香りがフワッと抜け、風味の良さを感じさせてくれます

 

玉ねぎや三つ葉、長ネギなど

野菜をふんだんに使用しているのも特徴で、様々な食感を一同に味わう事も可能

 

そんなかき揚げを食べ進める中で見つかったのが、

こちら、しっかりしたサイズの海老

 

これも1つ2つと言わず、たっぷり使用されておりまして

海老天さながらのプリッとした食感を楽しませてくれます

 

様々な味わい、変化に富んだ食感を楽しみながら

最後にやっぱり、やってみたくなるのが

蕎麦汁に大根おろしを加え、

たっぷり目に汁を浸した、シットリタイプのかき揚げ

 

他店であれば、塩味を強く感じそうなものの

蕎麦汁自体が、甘めで塩味を抑えている同店であればこそ、これも美味しく味わえる所

 

そのサイズ感ですので、当然ながらボリュームも十分

食べ応えを含め、大満足を得るかき揚げ天せいろとなりました

 

 

という訳で、ランチに久々訪れるものとなった

国道126号沿いのお蕎麦屋さん、利久 加曽利店

 

夏らしい梅しそ蕎麦に始まり、親子丼

そして、かき揚げ天せいろと3品をオーダーし食べ比べることに

 

いずれの品も三者三様の魅力を感じるものとなり

満足のいく品々となったのはもちろん、そしてボリュームも十分

 

お昼前ながらに、お客さんが殺到し

大混雑を見せているのにも納得、人気店らしい1食を堪能させて頂きました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

利久 加曽利店

■ りきゅう かそりてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区加曽利町25-1-1

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~20:00 [土・日・祝]11:00~15:00 /17:00~20:00

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。