スポンサードリンク

都賀の唐揚げ専門店、からあげ光苑 都賀店を初訪問! 看板メニューの海鮮もさる事ながら、チリソースと皮は見逃せない逸品

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

少し前に、ウチの子供から

「唐揚げが食べたい」とリクエストされ、その願いを叶えるべく向かった、都賀の唐揚げ専門店

 

しかし、その日は火曜日となり、お店は定休日

結果、同店への訪問は叶わず、代替案として向かったのが

先日紹介した西千葉の中華料理、北京亭となります

 

あれから数日・・・

北京亭の唐揚げについて、それはそれで納得したものの、やはり唐揚げ専門店の味わいを知っておきたい

家族全員で、同意見に合致したことから、この日の晩ご飯は、都賀までリベンジへと出向くことに

 

向かった先はこちら、

海鮮からあげを大々的に掲げる、唐揚げの専門店

「からあげ 光苑」となります

 

都賀駅から、徒歩5分ほど

シダックスや赤門のすぐ近くに、昨年4月頃オープンしたこちらのお店

 

長らく「お持ち帰り専門」のお惣菜屋さんと思っていたのですが、店内でも頂けると知ったのは、つい最近の事でして

また、この日初めて知ったのですが、こちら「からあげ光苑」は埼玉に本店があり、メディア等でも取り上げられているんだとか

 

そして、お店の名物とされているのが、看板にも掲げられた

こちらの海鮮からあげ

蟹や帆立ら魚介類のタレに漬け込んだ鶏肉

魚介と鶏、双方の旨味が味わえる唐揚げを、しっかり堪能してみようと思います。

JR都賀駅から徒歩5分 お惣菜も大人気の唐揚げ専門店、光苑 都賀店を初訪問

という訳で、前回のリベンジを果たすべく、晩ご飯を頂きに伺った、都賀のからあげ光苑

 

確か以前は、宅配のお寿司屋さんがあった同店舗ですが、店内の造りは

カウンター席が8席ほど

その裏手には、

小上がりの座敷が3席ほど設けられており、わりと広めの造りとなっております

 

お店を切り盛りしているのは、店主さんと女性のスタッフさん(奥様?)の2名

店主さんが厨房を、女性のスタッフさんがホールとレジを担当している様です

 

こちらのお店は、店内での食事だけで無く、お持ち帰りのお惣菜としても唐揚げを販売

お持ち帰りについては、外の窓口から購入可能となっており、ひっきりなしにお客さんが来店

時刻も日曜日の夕方(17:30)とあってか、正に唐揚げを買い求めたくなる時間帯と言えます(笑)

 

お持ち帰りを求めるお客さんとは反し、私たちは店内の小上がり席へ

メニューを見ると、飲み放題プランも

ビールと唐揚げ・・・そりゃ無敵の組み合わせだよなあ

と、惹かれはするも、この日はご飯のみを目的にしていたことから、車での訪問

 

アツアツ唐揚げとビールのゴールデンコンビについて、この日はお預けしつつ、メニューを拝見

お店の看板メニューとなる唐揚げですが、これまたバリエーションの豊富さが尋常じゃありません(笑)

 

こちらの看板となる「海鮮」の唐揚げだけでも、そのバリエーションはなんと10種

これに加えて、塩味?とされる唐揚げが4種

醤油味?と思われる唐揚げにも3種が用意され、総勢17種の唐揚げが2ページに渡りひしめき合っています

 

メニューの豊富さに、唐揚げだけでも大渋滞を引き起こしている中、

めくった先のページには、更なる混雑ぶり

 

こちらには、唐揚げにソースを掛けたバリエーションが掲載されているのですが、そのソースも全7種

こちらのソース単体での注文も可能となっており、前ページの海鮮、醤油、塩唐揚げにソースを組み合わせれば、そのバリエーションはエラいことに

 

唐揚げだけでも、その無数の味わいが選べる中、この展開を更にややこしくしているのがおつまみ類

鶏皮にうずらにと、それぞれ3パターンの食べ方が提供されており、その下にはフライ類も多数

近隣のお肉屋さんやお惣菜店すら霞むほど、とにかく豊富なバリエーション

これだけ様々な味わいを楽しめるのであれば、連日食卓に並んだとして、飽きを感じることは無さそうです

 

店先にお惣菜を求めるお客さんが押し寄せるのも当然、とも言えるバリエーションの豊富さですが

先ほどのメニューに加え、おつまみ類もしっかり取り揃えが

しかも、唐揚げのお供は白米だと思いきや、まさかのうどんまで発見

 

今日の所はお酒は頂かないので、アルコールメニュー&おつまみは見過ごせるものの

唐揚げの豊富なレパートリー、そして炭水化物のセレクトには頭を悩ませるばかり

 

そして何より、判断を鈍らせているのが、唐揚げのボリューム

これだけ多彩なメニュー掲載があるものの・・・

唐揚げ1皿の量が、全くイメージ出来ないのです(笑)

 

目安として、メニュー上には「4個」などの記載はあるものの、そもそも唐揚げ1個の大きさって一体・・

店に寄りけりサイズの異なる唐揚げだけに、どの程度の量を注文すれば、家族3人が満足出来るのか見えてこず

(じゃなくても、つい数日前の北京亭では、ヤラカしてきたばかりw)

 

量については、かなり手探り感が拭えないものの、まずは少量から注文を進めつつ

様子を見ながら追加していく流れで、話は合意

それでは早速、からあげ光苑で頂く晩ご飯のスタートとなりました。 

多彩すぎる唐揚げメニューは、全品制覇を狙いたい逸品! 意外性あるうどんもお勧めのひと品

日曜日の夕方ながら、この日お店を訪れたのは17:30を回った所

お店の前にお惣菜を求めるお客さんは次々訪れますが、お店でご飯&お酒を頂くお客さんの姿は無し

 

店先には列が出来る盛況ぶりながら、店内は私たち家族のみで落ち着いた空間の中、晩ご飯がスタート

まず一品目に提供されたのは、

鶏皮餃子、そしてキムチ

お酒を飲む訳でも無いのに、ツマミ的なものをつい頼んでしまうのは、体に染みついた習性以外の何物でもありません

 

しかし、案の定というか予想通りというべきか

この鶏皮餃子、かなりの逸品

 

カリッカリに揚がりながらも、ジュワーッと広がる脂の美味しさが滴る鶏皮

この鶏皮が水分のカタマリなのでは無いか?と見間違うほど、とにかくジューシー

その中の餡は、皮から溢れる脂の旨味を余すこと無く吸い上げ、一層の旨味を纏っております

 

食べやすい一口サイズというのも嬉しい限りで、早くもビールを飲みたくなる始末

次に来る時は絶対にタクシーで来よう、と誓いを立てた瞬間でもあります(笑)

 

続いての一品は、お店の看板メニューでもあるこちら

海鮮からあげとなります

海鮮、と一口で言っても10種近いバリエーションが用意されているのですが、ひとまずは基本形とされるシンプルな品をチョイス

 

噂の看板メニュー、その海鮮ぶりはいかがなものか!?

と、早速一口いってみると・・・

 

・・・・うん

・・・・おぉ

 

ジューシーこの上ない、滴る脂

そして、カリッと揚がった衣の程良い加減

 

しかし・・・

そこまで、海鮮では無いかも(笑)

 

確かに、ジンワリと感じる甲殻類のような風味は伝わります

ですが、海鮮と言われれば海鮮の味わいはするけど・・・

それをも上回る、鶏の脂と肉質の旨味が強く感じられるので、海鮮感はそこまでとは言えず

 

まあ、海鮮であろうと無かろうと、ジューシーで旨味のしっかりした唐揚げなのは間違い無し

海鮮に対するこだわりを一旦忘れ、専門店の唐揚げとして味わえば、十分納得出来る美味しい唐揚げと言えます。

 

また、先ほどの鶏皮同様に、こちらの揚げ物には全品にキャベツが添えられているのですが、

テーブル上には3つのドレッシングも常備

細々と揚げ物を注文すれば、その都度キャベツが味わえる上、毎度ドレッシングを変えるなんてことも可能に

 

さて、そこまで海鮮を感じずも、唐揚げとしては十分納得出来た中

今度は別のテイストからもう一丁唐揚げをオーダー

こちらの、塩唐揚げとなります

 

先ほどの海鮮は、同エキスに漬け込んだ味付けに対し、こちらは塩だれがベースということでしょうか

シンプルな味付けだけに、そこまでしっかりとした下味は感じないものの、それだけに素材の美味さが伝わる品

特に興味をそそったのが、皮目の豪華さとなっており、皮が一体化している唐揚げとは思えない程、皮目はカリ、中は柔らかジューシーな揚げ加減に仕上がっていました

 

そんな塩唐揚げに相反し、今度はしっかりした味付けが手に取るように伝わるこちら、

チリマヨソースの唐揚げとなります

 

こちらの唐揚げは、醤油ダレがベースとのこと

ここまでに海鮮、塩と味わってきましたが、同醤油にはニンニクの風味も感じられ、下味の強さはダントツ

好みは分かれる所となりそうですが、下味に関していえば、私的にはこの醤油が一番好みの味付けです

 

そして、そんな下味を凌駕し、旨味を爆発させてくるのが、チリマヨソース

予想を上回るスパイシーな辛さに、マヨネ-ズのまろやかさがマッチし、良い具合の甘辛テイストを産み出しています

この甘辛とニンニクベースの下味も良い組み合わせとなっており、お酒は勿論、ご飯だって進んでしまう最強おかずに成り得る逸品

 

しかし、このおかずに私は敢えてご飯を合わせず

白米に代わって注文したのがこちら、

その名も「〆うどん」となります

 

〆と言っているにも関わらず、1回目の注文よりオーダー

思わず店員さんも「先に出しちゃって良いんですか?」と確認してしまうほど、ボリューム的にもお酒の〆に相応しい一品

 

ただ、ここで白米を合わせるなんてのは、誰でもが思いつく所

そこに敢えて、うどんを合わせ、更には唐揚げとのマリアージュを試したらどうなるものか

そんな事に思考を巡らせ、うどんを注文してみたものの・・・

 

いざ出てきたら、まさかの展開

うどんにまで唐揚げが入ってくるとは、専門店とは言えさすがに誤算(笑)

 

しかし、このうどんに唐揚げというコンビネーションが、実に面白い組み合わせで

関西風の出汁を思わせるアッサリした出汁に、鶏と脂の旨味が加わることで、ドッシリした旨味がプラス

うどんそのものはシンプルながらも、出汁とトッピングが、真新しい味わいを産み出す、そんな一杯でした

 

ただ・・・、

ここまでの料理が提供されるまでに掛かった時間は、1時間ちょい

注文した品数に対し、思いのほか時間が掛かっていたのです

 

この日のお店は2名のスタッフで切り盛りされており

店内で食事を頂いているお客さんは、私たち家族のみ

決して忙しい店内には見えないものの・・・

 

お店の外には、お惣菜の唐揚げを求めるお客さんが、ひっきりなしに来店し続けていたのです

しかも、こちらのお店のウリは、揚げたての唐揚げを提供するスタイル

作り置きせず、注文後に揚げ始める事から、店内にお客さんはいなくても、お店の忙しさは相当な繁忙帯だった様でして

 

しかも、これだけのお客さんが訪れていながら、それを切り盛りしているスタッフさんは2名のみ

結果として、そこそこの品数しか注文していないながら、提供に時間が掛かってしまうものとなりました

 

この時点で、時刻は19時近く、子供も居ることからそろそろ帰宅を考えたい時間帯に

しかし、まだ注文した2品が未提供となっており、更に待つこと10数分

こちらのメンチカツと

 

鶏皮の唐揚げが出揃った所で、注文の品は全て完了

この時点で時計が指す時刻は、19:20近く

入店から1時間半を越えた所で、ようやく全品が揃う形に

 

さすがに、この段階から追加注文をお願いすることも出来ず、上記の品をもってお店を後にすることに

揚げたてで提供されるだけに、料理はどれも格別に美味しく頂けたのですが・・・

やはり、ネックとなったのは提供までの時間の部分

 

この日訪問した時間帯が、日曜の夕方という繁忙帯にぶつかってしまったからでしょうが

揚げたてを提供するスタイルのお店ながら、店内のお客さんとお惣菜、両者を同時に対応するには人手が足りていない感が否めませんでした

お酒を頂きながらのおつまみとしてならともかく、食事メインで過ごすには、待ち時間が長く感じてしまいました

 

ただ、頂いた揚げ物については、どれも「さすが専門店!」と言える品揃い

それだけに、提供時間の短縮を図ることが出来ればなあ、と切に願うばかりです

 

ちなみに、お持ち帰り用のお惣菜だけで無く

上記の通り、お弁当の提供も行っているとのこと

事前に電話予約を入れれば、スムーズに提供して頂く事も出来るそうなので、お弁当&お惣菜目当ての場合は、電話予約がお勧めとなりそうです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

からあげ光苑 都賀店

■からあげ こうえん つがてん

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120105/12044288/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市若葉区都賀3-21-9 BKハイツ都賀 1F

■ 営業時間:11:30~15:00 / 16:30~21:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。