千葉中央駅すぐの老舗中華、北京亭 富士見店 半ラーメンの付いた焼肉定食、お値段850円に大満足

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日、千葉中央駅すぐにオープンした新店

炭火焼肉丼 アジア食堂別館 富士見店」を訪れた日の帰り道

 

久々となる富士見町をフラッと様子見しながら歩く中

ふと目に停まったのが、北京亭 富士見店

 

かつては(と言っても20年以上前)

ここ富士見町で仕事にお酒にと楽しんだ帰り道

 

頻繁に足を運んでいたお店の1つとなるのが

ここ富士見町のど真ん中にお店を構える北京亭

 

小さなお店ながらメニューは豊富

近隣のお店には出前もやっていたりと、何かと世話になったお店でもあります

 

 

ただ近年は、当時と営業形態が異なるのか

それとも経営者自体も変わってしまったのか

 

メニューらもガラッと変化し、

長いこと足を運んでいないお店でもありまして

 

そんな状況とは言え、今も変わらず営業を続けている同店

久々に足を運ぶ事で、何か新しい発見に出くわすやも知れない・・・

 

と、本日のランチはこちら

千葉中央駅から徒歩2分ほど

富士見町にお店を構え40数年、北京亭 富士見店を訪れるものとなりました。

京成千葉中央駅より徒歩2分 富士見町の老舗中華、北京亭 富士見店をランチ訪問

という訳で、20数年ぶり・・・でしょうか

実に久々、足を運ぶものとなった北京亭 富士見店

 

この日お店に着いた時刻は11時を少し回った所

まだランチには早い時間帯とあってか、先客の姿は無し

 

まず店先のメニューから見ていきますと、

市内に他2店ある北京亭ですが

そのいずれとも異なり、こちらはセットメニューが豊富なのが特徴

 

またいずれのセットにも、メインとおかずの他

半ラーメンが付いてくるものとなっております

 

上記セットの他に、日替わりランチも提供されており

こちらも先ほどの定食と同様

メインに加えて半ラーメンが付いたセットになります

 

ただしラーメンのみは、半ラーメン・・・

ではなく、代わって半チャーハンが付いてくるとのこと

 

また特筆すべきは、そのお値段で

セットによって若干の差はあるものの、いずれも750~850円とリーズナブル

 

千葉中央駅からもすぐとなる富士見町に於いてこのお値段は、

近隣で働く人からすれば有り難い価格となります

 

続いて、店内の方で通常のメニューを見ていきますが

こちらは私のカメラに難がある訳では無く

実際のメニュー写真の色味となりまして(笑)

 

油汚れが原因か、それとも経年劣化か

果てまた、インクジェットの色味が劣化したのか

 

写真入りながら若干見づらいメニューとなっておりますが

いずれも中華の定番が一通り揃ったメニュー構えとなりまして

続く肉類のメニューも同様

 

いかにしてこれ程のメニューを手がけているのか?

といったほどの品揃えの豊富も特徴の1つ

 

もちろん、ご飯ものや麺類も整っており

前述したラーメンから味噌ラーメン、タンメンにちゃんぽん

豚骨ラーメにゃ野菜らーめん、担々麺にパーコー麺まで頂けます

 

その他、トッピングによるバリエーションも豊富な他、

スープ屋焼きそば、点心各種も頂けたりと

ランチとしての利用はもちろん、お酒と共に頂く事も可能な品揃えとなります

 

しかもここは、富士見町の歓楽街ど真ん中

日中こそ静かな雰囲気の店内となるものの

 

一度夜を迎えれば、近隣のお店を利用するお客さんらで

一気に賑わいを増すこと間違い無しな立地

 

そんな感じの北京亭 富士見店となりますが

さて、久々の訪問だけに何を頼むか悩む所で

 

悩むこと数分、本日はそのリーズナブルさに惹かれたことから

半ラーメンの付いた焼肉定食を頂いてみようと思います。

大盛りご飯に半ラーメンもセットでお値段850円 北京亭 富士見店で頂く、焼肉定食

前述した通り、11時を過ぎてお店を訪れるものとなった

京成千葉中央駅近くの北京亭 富士見店

 

まだ先客のいない中でのオーダーとなりまして

注文よりわずか5分少々で提供となった、本日のランチがこちら

全20種の定食の中でも、その左端を抑えております

「焼肉定食」となります

 

メニュー通り、食べ頃サイズの半ラーメン

そしてご飯は、御茶碗に山盛りでの盛り付けとなりまして

 

お茶碗のサイズが小ぶりにはなりますが

ラーメンもセットと思えば十分なボリューム

 

メインの焼肉については

メニュー写真と比べ若干・・・

 

な気はするものの

まあ、お値段850円ですしね

 

それではまず、ラーメンから頂きますが

セットの半ラーメンとなるためか

具材はシンプルにわかめ、なると、そしてメンマ

 

平打ちの麺が少し物珍しさを見せますが

まずはスープから頂いていきますと

鶏ガラを軸にしたアッサリ醤油

出汁感は強くないものの、後乗せのフライドガーリックがコクを与えています

 

続いて麺に移りまして

前述した通り、こちらは平打ち麺を使用

 

ツルッとした食感が特徴的で

スープとの絡みもまずまず、といった印象になります

 

その他トッピングは

シンプルにまとめられた、ワカメにメンマら

 

素朴な醤油ラーメンといった印象ですが

セットとして提供されることを思うと、十分な1杯となりそうです

 

続いてメインの方が、

こちらの焼肉になっております

 

具材には玉ねぎ、そしてにんにくの芽の姿を確認

隣にはせん切りキャベツも添えられ、いかにもな定食

 

まずはお肉と共に玉ねぎらを頂きますが

パッと見の印象だと

チンジャオロースを彷彿とさせる見た目の焼肉

 

味付けも同様かと思いきや

甘みを効かせつつも、スパイシーさも感じるこちらの味付け

 

焼肉の名称通り、甘さに辛さも備えた味付けで

ご飯を欲すること間違い無しな美味しさになっています

 

また、玉ねぎの甘みに加えて

こちらのアクセントになっているのが、

この刻まれたにんにくの芽

 

にんにくの芽を炒めるだけで、どうしてこうも美味くなるのか

これもタレとマッチしており、ご飯のおかずとして最適な存在になります

 

一方で、少し残念になったのが主役の豚肉

豚肉そのものに難は無いものの、ボリュームが控えめでして

 

玉ねぎが主役かの様な量に対し

豚肉についてはサイズが小ぶり且つ量も控えめなのが、残念に感じる所に

 

とは言え、お値段が850円で提供されており

しかも半ラーメンもセットと思えば、納得の内容

 

お値段相応に満足を得る

そんな久々のランチ訪問となりました。

 

 

といった次第で、20数年ぶりに足を運ぶものとなった

富士見町の老舗中華、北京亭 富士見店でのランチ

 

セットメニュー多彩な同店にて

本日は焼肉定食を頂くものとなりました

 

全定食にセットとなる半ラーメンは

スープ代わりとしては十分過ぎる役目を担っており

 

一方、メインとなる焼肉については

野菜盛り沢山、その味付けにも満足の一食となりました

 

あと気持ち、ボリューム面を満たしてくれれば・・・

と思う点はあったもののの、やはりお値段850円という安さ

 

そこを踏まえれば十分納得

20数年ぶりの訪問ながら、満足の一食となりました

 

ちなみに、内税と思っていたお値段850円ですが

実は外税で、最終的なお会計は935円だったことを報告しておきます。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

北京亭 富士見店

■ ぺきんてい ふじみてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-22-7

■ 営業時間:不明

■ 定休日:日曜日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。