スポンサードリンク

千葉中央近く、富士見町に2月オープンの新店「中華菜館 豊葉」をランチ訪問 これで980円!? の大ボリュームに、まさかの唐揚げ食べ放題付!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日、千葉駅界隈で飲んだ帰り

〆のラーメンでも食べて帰ろう、と富士見町のナンパ通りを歩いていると

まさか?の場所に、まさか??の見慣れない看板を発見

 

そう、つい昨年までABCマートのあった場所に

何故か?中華料理店が出来ていたのです

 

ペリエ千葉内にもABCマートが出来たことから、同店がお店を閉めたのは理解出来るものの

今でこそパルコが姿を消し、人通りもまばらとなりはしたものの

かつては千葉市内でも1,2を争う商業エリア、そのど真ん中ともなるナンパ通り

 

お店の外観から察するに、市内の各所で目にする大陸系の中華料理店

それらと同じような雰囲気を感じさせるものの、前述した通りここは、千葉の中心街

そんな一等地に、何の算段もない中華料理店をオープンさせるだろうか?

 

様々な憶測が生まれはするものの、これはもう尋ねてみるしか無い

という訳で、お店を見つけた翌日、カミさん&子供を引き連れ、再度富士見町へ

ABCマートの面影すら感じさせない、こちらのお店

中華菜館 豊葉を訪れ、初ランチを頂いてみるものとなりました。

京成千葉・千葉中央両駅から徒歩5~7分、ナンパ通りのABCマート跡に中華料理店? 中華菜館 豊葉を初訪問

大陸系の中華料理店らしい、煌びやかな装飾

太字に派手な色合いの看板らがお出迎えするものとなった、中華菜館 豊葉

 

店先に張られたチラシによると、こちらのお店がオープンしたのは2/4とのこと

先日も紹介した「鯛塩そば灯花」に始まり

東京のラーメン百名店、鯛塩そば灯花がペリエ千葉にオープン!? 甘み感じる淡麗スープの鯛塩らぁ麺SPに、〆のお茶漬けセットも要チェック!
先日、ペリエ千葉内の本屋さんに「鬼滅の刃」の最新刊を予約しに行った日のこと ふと見た1F入り口に見慣れない看板が出ており、よくよく観察してみるとそこには・・・ 四谷三丁目、
2020-02-07 07:31

雷千葉店に、中本千葉中央店と、続々新店がオープンする千葉駅周辺

 

これらの新店ラッシュがオリンピック特需によるものなのか

理由は分かりはしないものの、いずれにせよ食べ歩きを生業とする身からすれば

忙しくはなる反面、日々楽しみが尽きそうにありません

 

早速入店してみると、店内にはテーブル席が10組程

そのうち3席程にお客さんが入っているものの、土曜日のお昼時としては少し寂しげ

まあ、以前と比べても、日中には人通りが少ないことを考えれば、こんなものなのかも知れません

 

パッと見では、そこまでの広さを感じない店内ですが

実は地下にも客席があるとのこと

1F、2Fを合わせると、その席数はなんと150席にもなるとか

 

ABCマート時代には忘れていたものの、考えて見ればここはかつて、ゲームセンターのあった場所

当時のゲーセンも、1Fはメダルゲームを中心に、地下にはアーケードゲームがあり

ここで幾度も、波動拳や昇竜拳を放ってきたな・・・と、感慨深い過去を思い出させてくれます

 

ひとまず、席に通されると

お茶と共におしぼりもテーブルの方へ

おしぼりは片方の口が開いていたりと、良い意味でらしくないサービスを感じさせます

 

続いてメニューの方ですが、まずはこちらがランチ用

AからDの4つが提供されております

台湾ラーメン+チャーハン・・・ではなくチャンハン

 

いいなあ、こういう可愛げあるメニュー

それにしても、鶏肉タンメンのみ餃子がセットか

これもまた気になる所です

 

上記に加え、グランドメニューも注文可能となるのですが

そちらについては、メニューがタブレットで表示

かなりの品数となるため、抜粋した一部を紹介させて頂きますが、

まずは海鮮系の一品もの

でかでかとした車エビやら白身魚など、様々な味付けで提供されております

 

更には、

アワビにフカヒレもメニュー上に発見

どちらもリーズナブルな1000円程で提供されており

食事だけで無く、お酒と共にも楽しめそうな品が揃っております

 

次に肉料理系ですが、

パッと見の印象は定番揃いにも思われるものの

北京風細切り肉の味噌炒め(皮付き?)や

スペアリブと長芋の醤油煮込みなど、手の込んでそうな本格派もチラホラ

 

肉料理はまだまだ続き、

中華の王様、北京ダックの姿を発見!

その下には、ラムに揚げ豆腐にと、やっぱりお酒が進みそうな品々

 

続いてはご飯ものとなるのですが、

ここでもまたもやフカヒレ、おこげですね

そしてチャーハンですが、角煮チャーハンやら辛いチャーハンなど、どれも私好み

 

そして麺類に移ると、

これまでのメニューを見る限り、醤油ラーメン680円が高く見えるものの

スペアリブ湯麺。、マーラー牛バラ麺、角煮湯麺など、一癖ありそうな麺類も多数発見

 

いよいよこれは、1品に決めかねる多彩な品揃えですが

やはり気になったのは餃子の存在

それが麺類とセットで頂けるというのなら、私のオーダーは本日のランチから

「Dセット(餃子+鶏肉タンメン)」を頂く事に

 

ちなみに子供は、どうも定番となりつつある天津丼を

そしてカミさんは、フカヒレおこげをそれぞれオーダーすることに

 

ランチのオーダーを告げると、スタッフさんより

『あちらにあるおかずは食べ放題になっています』との一声が

 

食べ放題?とはいっても、まあサラダとかかね・・・

そんな予想を立てながら覗いてみると、

いや・・・食べ放題って

これ、どうみても鶏の唐揚げじゃん(笑)

 

予想通り、キャベツのサラダも食べ放題に並んでおりますが

人参と大根の酢の物?に、野菜の中華風かき揚げの様な品

更には、鶏の唐揚げまでもが食べ放題とのこと

 

これは早くも、良コスパ過ぎる兆しが見え隠れしてきました。

4種のお得なセットに加え、ランチはサラダ&お惣菜3品、更には味噌汁も食べ放題・・・にしても、ボリュームが!!

ひとまず、食べ放題とされるおかずを取り、テーブルの方へ

合計4品をバランス良くチョイスした結果、

この様な内訳に

 

鶏の唐揚げについては、調理から大分時間が経っているのか

冷めてしまっており、そのポテンシャルを発揮出来ずにおりましたが

もう一品の揚げ物となる、中華風のかき揚げ?の様な品は、冷めていてもまずまずな品

 

そして、キャベツと共に取り分けてきた、大根&人参

唐辛子による味付けをされた漬物のような品となるのですが

これが辛味と酸味のバランスが良く、なかなか好みの1品に

 

これらをつまみながら、待つこと数分

まずは一足先に子供のオーダーした

こちらの天津丼が到着となりました

ケチャップベースの甘酢ダレに、玉子で綺麗包まれたご飯

中には、タケノコや椎茸らも姿を現し、定番らしい天津丼に仕上がっております

 

続いては、カミさんがオーダーしたこちら

テーブル上でじゅわっと注がれ、画も言わぬ香りを立ち上げる

「ふかひれおこげ」となります

具材にはフカヒレはもちろん、青梗菜やキノコも多数

 

そしておこげもパリッと仕上がっており、

好きな人にはたまらない一品、といった品でしょうか

(きのこNGな私的には、全然そそられず)

 

そんな2品から、若干遅れを伴い到着した本日のオーダー

こちらが、富士見町の新店、中華菜館 豊葉にて頂く本日のランチ

「餃子+鶏肉タンメン」のDセットとなります

 

先ほどより頂いていた、食べ放題のお惣菜2皿

こちらも共に盛り付けたとことで、一層ボリュームを増した本日のランチ

 

メインとなる鶏肉湯麺には、驚きのボリュームで盛り付けられた蒸し鶏

まるでカオマンガイか?と見間違える量がトッピングされております

そして餃子の方も、まさかの棒餃子スタイルにて提供

その皮の大きさ通り、みっちり具材が詰め込まれており

この餃子だけでも相当なボリュームながら、唐揚げにかき揚げまでも食べ放題

 

これはかなり気合いを入れる必要が出てきますね(汗)

 

それでは早速、鶏肉タンメンから頂きましょう

まずはスープを一口

 

野菜ベースと思われる出汁に、あっさりした塩味

シンプルな味わいながら、それ故に飽きも感じない

優しさが染み出たスープとなっております

 

共に頂く麺の方ですが、

こちらは中細でやや縮れを感じる麺

のど越しのツルッとした食感で、あっさりしたスープとの相性も良し

特徴こそ多くは無いものの、万人受けする安定感が伝わってきます

 

そして、タンメンの主役とも言えるのが

こちらの蒸し鶏

1つ1つの大きさもさることながら、厚みもまた凄い

鶏皮のジューシーさに胸肉の優しい味わい

 

柔らかな食感に仕上がっており、優しい味わいではあるものの、そのボリュームは暴力的(笑)

これら蒸し鶏だけでも、ご飯一杯のおかずに匹敵するボリュームとなる上に

もやしやほうれん草と、野菜トッピングもしっかり盛られる、ヘルシーながら食べ応え抜群の一杯となります

 

そして、サイドメニューであるはずの餃子ですが、

これもまた、1つ1つがとにかくデカい

一般的な餃子の倍はあろうかというサイズで、それが5個盛り

 

パリッと香ばしく焼かれた皮をひと噛みすると、

中にはこの通り、たっぷり過ぎる餡が詰まっております

ニラやキャベツといった野菜多めで、これもまたデカいながらにヘルシーな餃子

 

食べ放題のお惣菜含め、量はとにかく多いものの

あらためて見直してみれば、どれも野菜が豊富でヘルシーな作りの品々

 

どの品も平均点を越える程には仕上がっており

これぞ、という目立った特徴こそ感じませんが、とにかくボリューム面は破壊力抜群

 

前述したメニューにも気になる品はまだ多数あり

今後も定期的に足を運ぶことになりそうな新店、中華菜館 豊葉の初訪問となりました。

同じくナンパ通り沿い、中華菜館 豊葉お向かいにもタピオカ屋さんがオープンも、限定サービスがエグかったw

そんな新店でのランチを終え、当然ながらもお腹は満腹

駐車場に向かうべく、お店を出るとその向かいには・・・

これまた見慣れない、新店の姿を発見

確かここって、君津だか木更津にある、ソフトクリーム&プリンのお店でしたが

 

これまた業態変更?でしょうか

タピオカ&エッグタルトのお店がオープンしております

 

軽い気持ちで看板を覗いてみた所、

持ち帰りOKなエッグタルトが1個200円で販売とのこと

 

なるほどね、そんな感じのおやつと共に、タピオカも売ってる訳か・・・

で、そのタピオカですが

毎日12時より、先着10名限りながら

エッグタルト(200円)を注文すると、Lサイズのタピオカ1杯が無料になるとのこと

 

・・・・ハッ?

 

1つ200円のエッグタルトを買うと

500円のタピオカが一杯無料?

 

普通、逆じゃ無いの???

 

 

と、気になり店員さんに尋ねてみると

『ハイ、10名限定ですが、エッグタルトを購入頂くと、タピオカ1杯無料です

 ちなみに今日、まだ残ってますよ』との返事がw

 

どうなっているんだ、富士見町?

タピオカ屋さんが量産しすぎたからって、いくら何でも暴挙だろw

 

そうは言いつつも、1杯無料が気になる所

とはいえ、いい大人がエッグタルト200円を1つ買うだけでタピオカサービス・・・

というのも気が引けてしまい、エッグタルトを3つ購入

 

そして、

こちらのタピオカ(Lサイズ)を、

サービスにて頂きながら帰宅の途へ着くものとなりました

 

オリンピック景気・・・恐るべし(焦)

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

中華菜館 豊葉

■ちゅうかさいかん ほうよう

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-13−5

■ 営業時間:11:00~26:00

■ 定休日:不明(無休?)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。