スポンサードリンク

天台駅より5分の大衆中華、北葉飯店で頂くピリ辛玉子野菜そば 千葉NO1餃子(推定)の名店は麺類も激ウマだった!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

前日にシコタマ飲んでしまい、絶賛二日酔いを迎えた日のこと

本来の予定では、検見川の某店まで足を伸ばす予定でいたものの、華麗なる二日酔いに付き、運転はアウト

 

代って、近くでランチを頂くものとなったのですが、前述した通り自分では運転できず

カミさんに運転して貰うとなると、近場且つ分りやすいお店のみに絞られることに

更には、二日酔いでへばった体を癒やせる、優しい味わいを頂ける先・・・となれば、

モノレール天台駅から、数分

穴川の商店街を代表する、いや千葉市を代表すると言っても過言では無い、中華料理店

北葉飯店を訪れ、二日酔いを冷ましてくれそうな一杯を頂いてみようと思います。

天台と穴川を結ぶ商店街に、今も活気をもたらすレジェンド級の町中華、北葉飯店

本日のランチに伺った北葉飯店

本ブログでも幾度と取り上げておりますが

千葉を代表する激ウマ中華、北葉飯店 年始めの餃子&カツ煮ライスにて、念願の『勲章』ゲットなるか!?
1月6日、日曜日 なんてことない、2019年最初の日曜日となるのですが 実は私にとって、昨年より待ち焦がれていた特別な日でもあるのです。 すでに正月休みが明け、新年の営業
2019-01-12 07:10

同記事でも触れている通り、私が知る限りながらここの餃子は、千葉NO1と呼んでも過言では無い品

 

その名物過ぎる餃子の存在が強すぎる故、あまり語られることはありませんが、

提供される料理のレパートリーも相当なもので、レジェンド級の料理が味わえつつも、町中華の様な楽しみも詰っております

 

一品ものに、ご飯ものも充実していますが、

二日酔いの今日、この体が欲するのは、やはり麺類

野菜を中心に、甘みが優しく染み渡るタンメンや、優しさと予想外の具材に驚かされる五目そばなんかも、今日の体調には嬉しそうな雰囲気を醸し出します

 

と言うのも、実は私・・・

恥ずかしながらここ北葉飯店にて、今日に至るまで麺類を食べた事が無いのです

 

ご飯ものにおかず類に、とにかく魅力的な品々が並びすぎてしまい

その弊害とでもいうべきか、麺類にまで手を伸ばせずにおりまして…

 

しかし、前述した通り、今日の体調は未だアルコール残る二日酔い状態

北葉飯店のカレーやカツも、是非とも頂きたい品ではあるのですが、こんな日だからこそ麺類に向かいたくなるもの

逆を言えば、この日を逃して、魅力溢れる品が並ぶ北葉飯店にて、麺類を頂くチャンスはそう訪れません

 

麺類を頂くに相応しい、絶不調の体調を推し、数あるメニューから

「ピリ辛玉子野菜そば」

こそが、今日の体を癒やす唯一無二の存在になることを確信

 

とは言え、麺類だけでは心許なく

(て言うか、食べない理由が浮かばない)

こちらに合わせて、餃子も頂くことに

 

なお、この日私に代る運転手として同伴したカミさはというと、以前私が

「べらぼうに美味かった!!」

と伝えたことを覚えていたようで、焼き肉ライスと共に、餃子もオーダーするものとなりました。

二日酔いに優しく響く旨味と、野菜・玉子・肉のマリアージュ ピリ辛玉子野菜そばを食べてみた

この日、お店を訪れたのは、開店直後となる11時

先客は1名のみでしたが、まだ暖簾を出す間もなく、お客さんを迎えていた模様

 

ていうかここのお店、必ず11時前から誰かしらのお客さんがいるから、開店ちょうどに暖簾が出ているのを見たことない気がします(笑)

それもまた、個人経営のお店らしさであり、暖簾を出さずともお客さんが勝手に入ってくる、多くの方に愛されているお店故でしょうか

 

当然、私たちの後にも続々とお客さんが来店

気付けば、開店からわずか5分でカウンター席は満席に

テーブル席も1席を残すのみとなり、店内は早くも活気に満ちあふれております

 

これだけ一気に忙しくなろうと、ご主人&女将さんの動きには一切の無駄は無し

これだけの注文が一気に入ろうとも、悠々と作り上げる身のこなし、これぞ正にレジェンドの業

殺到する注文にひるむ素振りも見せず、淡々と鍋を振り、次々とオーダーを完成させていきます

 

開店直後から、一気に席が埋まる混雑の中

注文から10分も経たず配膳されてきた、本日のランチがこちら

北葉飯店にて初めて頂く麺料理

「ピリ辛玉子野菜そば」そして、推定千葉NO1の焼き餃子、2人前となります

 

さて、まずは焼き立て熱々で2段重ねされた

こちらの焼き餃子

本ブログでも幾度と触れてきた通り、今更語る必要の無い絶品過ぎる品です

 

本日は2人前の注文となるので、2段に重ねられての提供となり、そのボリューム感は一層高まるばかり

この通り、餃子1個が醤油皿に収まりきらない訳です

 

このサイズで見ると、食べきれるか不安に感じる人も少なくありません

が、一度口に運んでみれば分る、その美味さ

これだけ大ぶりな餃子だというのに、とにかく口当たりが軽いんです

 

それもそのはず、こちらの餃子は野菜たっぷり肉少なめと、定説とされる餃子の黄金比を覆す割合

ですが、それだけたっぷり野菜の餃子でありながら、理解不能なまでにジューシーでもあるのです

 

ひと噛みすると、勢い余って飛び出してくる旨味たっぷりのスープは、最早小籠包クラス

溢れる旨味と共に、たっぷり野菜を頂く餃子となるので、見た目ほどの重さを感じず、女性でもペロリとひと皿完食できる程

野菜たっぷりヘルシーながら、詰った旨味は極上という、理屈では説明付かない『神の餃子』と呼ぶに相応しいひと皿なのです。

 

さて、そんな餃子と共に頂く本日のメインとなるのが、

こちら、ピリ辛玉子野菜そばとなります

 

カウンター上に掲載された通常メニューとは別で、手書きメニューとして追加されているこちら

恐らく、数あるメニューの中でも、割と新しく加わった品である事が推測されます

(といっても、私が通い出した3年前には、既にあった気もしますが)

 

普段だと、私の矛先が「肉」に反応するため

「玉子野菜」というフレーズが今ひとつ響かずにいたのですが

 

この日は、ご存じの通り、二日酔いの真っ只中

そんな日であるからこそ、普段では響きの悪い「玉子野菜」がバシッと刺さり

かつ「ピリ辛」もまた、今の体調を整えるに相応しいフレーズ

 

しかも、玉子野菜と名乗りながらも、流石の北葉飯店

玉子と野菜のボリュームは言わずと知れた所ですが、ちゃっかり細切り豚肉が顔を覗かせています

 

そんな具沢山過ぎる一杯ですが、まずはスープから

私の体が、芯から望んでいた通りの優しい味わいが染み渡るスープ

動物系(鶏と豚かな)に野菜の旨味がふんだんに溶け込んでおり、それを覆う、正にピリ辛に抑えられた豆板醤

ホッコリする優しさの後に、わずかな爪痕を残す加減は、幾度口に運んでも飽きを感じさせません

 

大衆中華で美味しいラーメンを出すお店では

「毎日食べても、飽きを感じさせない」を信条としている所が多く見受けられますが

ここ北葉飯店もまた、その信条に沿うかの如く、飽きとは無縁の親しみやすく、滋味深い味わいを感じさせます。

 

そんなスープと共に頂く麺の方は、

こちら、緩やかな中細縮れ麺となっております

 

茹で加減は柔らかめとなるのですが、これもまた高齢のお客さんが多い故、でしょうか

いずれにせよ、優しいスープとの組み合わせには異論ない麺

しっかりスープを絡ませつつ、たっぷり野菜との相性も素晴らしい限り

 

そして、こちらのもう一つの顔となるのが、

玉子野菜(with豚肉)の存在となります

 

1発目の写真でも伝わる通り、そのボリュームはさすが町中華

しっかり塩味で炒め、柔らかくなった野菜達に、心地よく玉子が絡んできます

野菜にもしっかりスープが馴染んでおり、このトッピングでもご飯が食べられる程

 

しかも、たっぷり野菜&玉子に加えて、細切りの豚肉に多数投入

カレーや焼き肉ライスでもお馴染みの通り、ここ北葉飯店は、どうしてか豚肉がホント美味いんです

 

昔ながらの付き合い等で、厳選された素材を仕入れているのかどうなのか

その詳細は不明ながら、肉厚ジューシーで甘み、旨味も抜群の細切り豚肉がたっぷり

これが加わる事により、ただ滋味深いだけでは終わらず、食べ応えと満足度も感じる事が出来ます。

 

そして、北葉飯店といえば外せないのが

こちらのお新香ですね

 

すでに夏Verへと切り替わっており、この日はキュウリが提供

(ちなみに、冬場は白菜が提供されます)

女将さんの自家製とおぼしきお新香が、箸休めに最適

せっかくガッツリ麺を食べているというのに、ご飯が欲しくなるんだよなあ

 

ちなみに、この日カミさんがオーダーしたのは

焼き肉ライスとなったのですが、そちらを提供頂く際に、女将さんから

『マヨーネーズ使います?』の問いにイエスを告げると、

   

エプロンのポケットから、マヨネーズが登場(笑)

 

・・・私が焼き肉ライスを頼んだ時は、

千葉最強の町中華、北葉飯店にて焼肉ライス&カツカレー 名物の餃子にも負けない激ウマな2品だった!
この日の晩ご飯は、1人外食となり、車を走らせ天台方面へ これまで、ランチでは何度か訪問があるものの、晩ご飯では初となる 千葉都市モノレール天台駅から徒歩5分の中華料理店
2018-08-27 08:06

ちゃっかり忘れられてたのになあ(笑)

 

 

結果として、勢いあまり食べ過ぎつつも、大満足の末、お店を後にした北葉飯店

しかも、入店時点ではだいぶ重めの二日酔いを抱えていたものの

餃子&ピリ辛玉子野菜そばを完食した頃には、その症状も完全回復

 

餃子の美味しさは、今更説明不要なのはもちろんとして

麺類もまた、レジェンド中華の名に相応しい一杯であったと共に

二日酔いの特効薬として、体に染み渡る優しさをも秘めておりました

 

今後、二日酔いからの回復には「北葉飯店」が、私の中での定番となりそうです(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

北葉飯店

■ ほくようはんてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-12-6

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00

■ 定休日:火曜日、水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。