スポンサードリンク

千葉中央駅から徒歩7分、千葉が誇るグルメバーガー パントリーコヨーテで頂く、厚さ豪快なチリエッグバーガー&ハラペーニョトッピング

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

久々に雨の気配が無くなった事から、ガソリンを入れつつ車を洗車しにスタンドへ

車を預けている間に、近所でモンスター狩りを敢行しつつ、そのスキマでランチを頂くべく、中央区役所付近を行ったり来たり

 

久々に歩くエリアだけに、色々行きたいお店は出てくるのですが、

週末に食べ過ぎてしまったことを考えると、週明けくらいは控えめのランチで済ませたく、この日足を運んだ先はこちら

京成千葉中央駅から、国道126号方面に徒歩7分前後

京葉銀行本町支店のお隣となる、パントリーコヨーテとなります

 

今更私が説明する必要もなほど、千葉市内でも多くの人が知るハンバーガーの名店

今でこそ「グルメバーガー」という単語が存在しますが、そんなカテゴリが存在する以前から、拘りのグルメバーガーを提供しているお店

かく言う私も、10年近く前から足を運んでいるお店の1つですが、最近はグルメバーガーを頂けるお店も増えたことから、数年ぶりの訪問となります

 

店外に掲載されているメニューを見る限りでは、

以前と変わらぬラインナップが、今も健在となっている模様

では早速、本日のランチを頂くべく、パントリーコヨーテへ。

京成千葉中央駅から徒歩圏、食べログ百名店にも選出のグルメバーガー パントリーコヨーテ

近隣のガソリンスタンドで洗車すべく、車を預けてきた空き時間を利用し、久々の訪問となったパントリーコヨーテ

こちらのお店は、今でこそ千葉市内にも増えたものの、そうなる以前より

「グルメバーガー」を提供してきた、市内有数の老舗ハンバーガー店

 

その実力は近隣のみに留まらず、恐らく千葉市内では唯一となる

「食べログ百名店」に3年連続で入賞を果たしているお店でもあります

 

そんなお店だけに、昼時を迎えると混雑も必至となるのですが、この日訪れた時刻は開店直後の11:30

私ともう一名のお客さんが、開店と同時に入店を果たすものとなりました

 

前述した通りの人気店ではあるものの、店内のスペースは決して広くは無く

上記の様な、4人掛けとなるテーブル席が3組

その他、カウンター席が4席程となる作りの店内

当然、この後にはこぞってお客さんが来店するであろう事から、1人での訪問となる私はカウンター席へ通されるものとなります

 

席に腰掛け、あらためてメニューをチェック

当然、こちらで頂くべき名物は「ハンバーガー」となるのですが、

ベースとなるバンズ、パテは全メニュー共通の品を利用しており、その他メニューはトッピングの有無により価格が異なるものとなります

トッピングの種類は、主なところで

・チーズ

・エッグ(目玉焼き)

・アボカド

・ベーコン

・チリ

以上となっており、これらが複数トッピングされる品まで、バリエーションは様々

 

上記以外にも、ハラペーニョのトッピングが出来る他

・チリビーンズとたまごのホットドッグ

・サルサとたまごのホットドッグ

といった2種類のホットドッグも提供中

 

前述した通りハンバーガー主体のお店なので、ホットドッグを頂いたことは無いのですが

機会があればホットドッグも、1度は食べておきたい商品ですね

ソーセージと玉子の組み合わさったホットドッグって、気になるし

 

そんなメニュー展開となるパントリーコヨーテですが、久々の訪問だけに注文も悩む所

考え抜いた末、この日のオーダーは

「チリエッグバーガー」にハラペーニョトッピングにて注文するものとなりました。

酸味と辛味がほとばしる豪快バーガー チリエッグバーガーにハラペーニョトッピングで辛さアップ!

入店時は、私ともう一名のお客さん、計2名のみだったパントリーコヨーテ

その後、お昼が近づくに連れ、お客さんは続々来店

気付けばテーブル席2席が埋まっており、百名店に3年連続エントリーする人気ぶりは健在な様子

 

また同店は、テーブル&カウンター席共に席数が限られていることから、店外には

「全員揃った時点での入店にご協力下さい」といった旨の注意書きを発見

 

これはいわゆる「代表待ち」はおやめ下さいと言った注意書きでしょうか

行列が出来るラーメン店では当たり前となってきた光景ですが、それ以外の飲食店

殊更、千葉市内のように行列が出来ることが珍しい飲食店では、未だ見受けられる風習ですね

 

席数の限られるお店にとって、代表待ちをされれば他のお客さんに迷惑を掛けますし

また、全員が揃ってからの注文とあっては、回転率も下がってしまい、個人店にとっては死活問題にも

ラーメン店では当たり前の光景となってきた「代表待ち」ですが、他の飲食店にももっと普及すべきシステムじゃ無いでしょうか

 

そんな事を考えながら、待つこと10分弱

焼き上がったハンバーグが、食欲そそる香りを立てながら、いよいよ私の前に到着

こちらが本日のランチ

千葉中央、パントリーコヨーテで頂く「チリエッグバーガー(ハラペーニョトッピング)」となります

 

テキストにてわざわざ解説する方がおこがましいほど、とにかくまぶしく映るその誇らしげな出で立ち

串を通しているからこそ立っていられるものの、自立など到底不可能な程、バンズの間に挟まった溢れんばかりの具材達

遠目から見れば、1/144スケールのピサの斜塔か?と見間違える様なアンバランスさで、口に入る瞬間を待ち構えております

 

当然、この危うさ満点なバランス感覚を保つバーガーを、まんま口にするなど到底不可

安全に食べ進める為の装備として、

こちらのバーガー袋

更には、ナイフ&フォークのご用意も

 

そして、こちらの付け合わせには、

上記の通り、ポテトフライも常備

こちらを頂くためのケチャップ&マスタードもテーブル上に完備され、臨戦態勢はバッチリ

なお、ランチ帯では上記にワンドリンクもサービスとなっております(当然頂くのは、アイスコーヒーブラックです)

 

 

さて、ひとしきりをチェックし終えた所で、再びバーガーへ

一歩間違えれば、全てを無に帰すようなバランスにてそびえ立つ、こちらのチリバーガー

加えて、目玉焼きやハラペーニョが加わったことで拍車が掛かり、その不安定さはまるで、遠野なぎこの如く!

 

その高さ故、口の中へと放り込めるサイズではありませんが、しかし私の野性はこのバーガーを丸かじりしたいと訴えかけてくるのです

ここはバーガー袋に包み込み、勢いに任せ丸かじりを敢行してみましょう

そのままのサイズでは到底収納できず、申し訳無く思いつつも、バンズを軽く潰し口の中へ

 

まず飛び込んで来たのは・・・プレッシャーに押しつぶされたトマト

共にバンズを頂きますが、やはり侮れない存在感を発揮!!

 

バーガー袋を通しても伝わって来る、バンズ&パテの熱々な熱気

その熱に呼応するかの如く、外はパリ、中はフワッとした食感で、小麦の香りを漂わせます

 

トマトからは、しっとりとした甘さが広がり、バンズと共にフレッシュな味わいを満喫

まだ肝心要のパテに辿り着いていないものの、それでありながら、十分なポテンシャルを感じさせます

 

続いての二口目は、一層大きく口を広げ、パテ目指し突撃!

ここでようやく辿り着いたパテ、そしてチリソース&ハラペーニョ

 

ガシッとしたアメリカンなハンバーグは、猛々しい肉感をして待ち受けております

そこに荒々しく噛みついていくと、今度はチリソース&ハラペーニョの洗礼が

 

ブラックペッパーの効いたパテ、チリのスパイシーな味わい、ハラペーニョの酸味ある辛味

3者の味わいが一挙に押し寄せ、口の中は最早南米のフェス

思わずお皿の上に、チリ&ハラペーニョがこぼれ落ちる程

パテの野性味溢れる食感を噛みしめる毎に、スパイシーな各香辛料の味わいが弾けては混ざり合う訳で

荒々しいハンバーガーではあるものの、それを彩る各薬味、香辛料達は、内部で繊細にバランスを取り合っております

 

しかし、このアンバランスさに拍車を掛けてくるのが、そう・・・玉子

目玉焼きがとにかく滑りに滑り、バーガー袋の中を右往左往

それに釣られて、バンズやレタスも行ったり来たりを繰り返し、食べ進めた挙げ句、手元に残ったのは

バンズは完全に消息を絶ってしまい、

・トマト

・パテ(およそ2/3)

・目玉焼き

以上の3品のみ

 

こうなってしまえば、最早バーガー袋に包み込んで食べる術も無し

最終的には、自身の中に眠る野性を封じ込め、

道具を使いこなす近代人らしく、ナイフ&フォークで残るパテを頂くものとなりました。

 

 

そんな感じに、久々の訪問となったパントリーコヨーテ

同店が誇るグルメバーガーの圧倒的な存在感は、変わらず健在

いや、むしろ数年前よりパワーアップしたかの如く、高いポテンシャルを発揮するものとなりました

 

小麦が気高く香る、全粒粉のバンズから始まり、

肉肉しい食感と旨味を宿したパテ、それらを優しく包み込む新鮮野菜

そして、荒々しさに繊細な辛味を施すチリ&ハラペーニョ

 

各素材、具材が持つ魅力を存分に発揮し、類い希なグルメバーガーを作り上げている一方

やはり、私の中でどうにも解せないのが、バーガー袋を使った食べ方でして…

 

こちらの利用は、ソースや具材をこぼすこと無く食べられる様

提供されている装備にも関わらず、未だどう口に運ぼうとも、絶対にこぼれるわ

更には、各具材が一体にならず、個々のまま口の中へ飛び込んでわで・・・

 

これについては、私のバーガースキルが及ばないこと

それ自体が問題であるのは重々承知も、本当にこのバーガー袋こそが最適な食べ方なのか?

ハンバーガーの具材を一体化したまま、もっと綺麗に、美味しく食べられる方法があるのでは無いか?

 

そんな疑問を、変わらず抱くものとなりました

ハンバーガー自体、好物ではあるのですが、その食べづらさ故に敬遠しがちな一品

もうひと越え、食べやすく出来る方法が見つかれば、と切に願うばかりです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

PANTRY COYOTE

■パントリー コヨーテ

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-11-11 ニュー豊田ビル 1F

■ 営業時間:11:30〜22:00(日・祝~19:00)

■ 定休日:水曜・第3火曜

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。