スポンサードリンク

千葉駅近く、登戸1丁目にかき氷専門店 みこやがオープン! オーナーの修業先、慈げんの人気NO1メニュー「ミルクココアにミントのエスプーマ」に思わず感嘆

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日のランチは、ちょい久しぶりに、カミさんと二人で出る事に

行った先のランチは美味しく頂いてきたものの、お店を出た瞬間、二人して声を揃え

「腹が・・・減った」とw

 

まあ要するに、頂いたランチ自体は美味しかったものの、ボリューム面での満足度が今ひとつ

かといって、私1人ならここからラーメンの一杯でも啜って帰るものの、

ご存じの通りカミさんは「小麦は極力食べない主義」の身となります

 

カフェ的なお店に寄ろうにも、大概は小麦を主体としたケーキ類ばかり

なんとも難儀なもんを連れ歩いてるなあ、と思考を深める中

そういえば数日前に、Twitter上で「かき氷専門店」がオープンしていた事を思い出したのです

 

そちらのお店は、私にとっての地元OF地元

いや、生まれ育った地とも言うべき、中央区登戸

 

先月オープンしたばかりの新店ながら、SNSで目にする情報に関して言えば

「予約で埋まっている、けっこうな人気店」といった様子

 

念のため、車をコインパーキングへ入れる前に、お店の様子を伺ってみると、空席があり入店OKとのこと

急ぎコインパーキングに車を停め、向かった先がこちら

京成新千葉駅から徒歩5~6分

JR千葉駅、京成千葉駅からだと徒歩7~8分

そして、モノレール市役所前駅からでも徒歩5~6分

 

と、全ての最寄り駅から同等に、微妙な距離に位置する登戸一丁目

(分りやすい説明だと、キッチンリベールのすぐ並びで、以前は卵かけご飯のお店があったトコ)

 

そこに、先月末オープンしたばかりの新店

かき氷専門店、みこやとなります。

 

SNS上で目にした噂では

「凄いかき氷」が食べられるとのこと

 

ただ、それ以上もそれ以下も情報が無く(詳しく調べてないってのもありますがw)

後はお店の発信するTwitterにて

「予約にて席が埋まりました」等の話を目にしており、なかなかの混雑店である様子だけは伺えます

 

お店の前に着くと、

事前予約を受け付けるための台帳を発見

千葉では珍しい(と言うか初?)かき氷専門店ですが、早くも期待値が昂ぶるものとなりそうです。

熊谷の超名店、慈げん出身のオーナーが、千葉駅近くにかき氷専門店をオープン! みこやを初訪問

梅雨入りから早いもので、もう一週間

ちょうど梅雨の中休みとなり、気温も25度を越える中

ランチ明けながらも小腹を空かせ、飛び込むものとなったかき氷専門店、みこや

 

近隣の駅いずれからも、徒歩5~10分ほどとなる微妙な立地ですが、この界隈には

キッチンリベール

手打蕎麦 あおき

麺屋てい司゛

味のレストラン えびすや(登戸店)

など、私が頻繁に足を運ぶお店が多数あるエリア

 

なにより私にとっては、生まれ育った地、登戸

そんなエリアにかき氷専門店がオープンするとは、なにかしらの因果を感じずにはいられません

(良く考えると、そうでもない気がする)

 

さて、お店の方へ足を踏み入れると、オープンからわずか半月とあって

店内にはまだ、多数の胡蝶蘭が飾られております

 

お店の造りとしては、テーブル席が4~5席ほどとなり、

決して広くは無いものの、カフェの様な穏やかな造り

 

そして、入店した瞬間にまず感じたのが、、、暑い

そう、こちらのお店のエアコン、暖房が入っていたのです

 

もちろん、これも日によりけりになるのでしょうが、前述した通りこの日の外気温は25度前後

半月前と比べれば気温も下がり、過ごしやすい温度ではあるものの、かき氷を頂くにはまだ、肌寒さを感じるところもあります

そんな中、心地よい体感温度でかき氷を食べてもらうべく、敢えての暖房により、店内の温度を保っている様子が伺えます

 

一足先に入店していたカミさんが、お店の店主さん?と話を進め、お勧めメニュー等を聞き出していた様子

その話に便乗しながら、メニューに目を向けると、

でた、専門店らしい膨大なかき氷のレパートリー!!

ザッと見渡すだけでも、30種はあるであろう様々なテイスト

しかもその多くが、余所ではまず目にすることの無い個性的な品ばかり

 

和三盆のレモンにミントのエスプレッソ

南高梅エスプーマにすももミルク

ミルクにパイン、キャラメルに焼きパイン

ピーナッツミルクにバナナ&キャラメル

終いには、味噌ピーに高野豆腐(笑)

 

と、とてもかき氷のレパートリーとは、到底思えない品々

しかし、よくよく話を聞くと、どれも面白そうなだけに留まらず、1度は食べてみたいと興味惹かれる品ばかり

 

これだけの品数が並ぶ以上、せっかくならば他店では味わえない「みこや」らしい品を頂きたい所ですが・・・

どのかき氷も「みこや」らし過ぎて決めきれず(笑)

そこで店主さんにお勧めを聞くと

 

『本店では、ミルクココアにミントのエスプーマが一番人気ですよ』との事

なるほど、ココアにミントか

どちらも好きな組み合わせだし、食べてみようかな・・・

 

・・・ん?

本店・・・???

 

先月オープンしたばかりの新店である「みこや」ですが

こちら以外にも本店がある、という事でしょうか??

 

気になってしまい、あらためて店内を見渡してみると、

開店祝いで贈られているお花の中に「慈げん」の名を発見

 

慈げんと言えば、知る人ぞ知る、埼玉県は熊谷にあるかき氷の人気店

そういえば、あそこのお店も風変わりなかき氷で人気を博していた様な

あらためてカウンター裏を見ると

こちらにも、慈げんの名が入った氷マークのタペストリー?を発見

後々に聞いた所、こちらのご主人は慈げんで修行を積み、晴れて独立を果たしたとの事

 

まさか、かき氷の名店の系譜を継ぐお店が、私の地元、千葉登戸にお店をオープンするとは

先ほどのメニューだけでも期待高まる中、一層の期待を込めながらかき氷の到着を待つものとなりました。

30種を誇るかき氷のレパートリーから、慈げん人気NO1&ピーナッツバナナキャラメルを食べ比べ

30種を誇るかき氷の品揃えとなる、登戸に5月オープンの新店、みこや

 

興味惹かれるかき氷が並ぶ中、

・私 → ミルクココアにミントのエスプーマ

・カミさん → ピーナッツミルクにバナナキャラメル

をそれぞれオーダーするものとなりました

 

注文を終え、アレコレと店内に関心を持つ私に興味を示したのか、ご主人とも少し話をさせて頂くことに

この日は平日の12時を少し回った所でお店を訪れたのですが、先客は3組5名ほど

 

平日のこの時間帯は、同様の客入りとなるそうですが、お客さんの多くはランチ後にお店を訪れるとのこと

従って、お店が繁忙帯に入るのは13時を過ぎてからとなるそうで、これが土日ともなると予約で埋まってしまう程なんだとか

 

そんなこともあってか、お店の外には「台帳」が置かれておりましたが

こちらはお店が開店する10時よりも早い、9時から店先に置いているとのこと

同台長に、訪問時間を記載することによって、予約をすることが出来るそうです

※ 土日は9時からの予約受付となりますが、平日は10時からになるとのこと

 

ネット予約全盛の今、一旦お店を訪れ、敢えての手書きによる予約方式

一見すると時代に逆行している様に感じる反面、手軽に予約できるネット経由と異なり

「一旦はお店を訪れている」という一手間を掛けることが、予約の無断キャンセルにも繋がる様に感じさせます

 

こういった方式も、修業先である「慈げん」より受け継いだ営業スタイルなのか

その辺までは確認していませんが、なんにしても開店からわずか半月ながら、週末には予約で席が埋まる人気ぶりは相当なもの

これは今年の夏、大いに千葉を席巻させるお店の登場を予見させます

 

そんな話を伺いながら、待つこと10分

まず一足先に提供されたのが、

こちら、カミさんのオーダーした

「ピーナッツミルクにバナナキャラメル」となります

 

まず驚かされるのが、その大きさ

デカデカとした器、その全面を覆い、更には山となるほど盛り付けられた氷

 

そしてその上には、たっぷりのミルクでしょうか

更にはキャラメルクリーム、そしてバナナにピーナッツ

 

進化形かき氷について、メディアでは散々目にして来ましたが、まさかここまでの進化を果たしているとは

ボリュームもさる事ながら、ソースや具材の組み合わせも実に巧妙

 

当然、一口頂いてみたのですが、これはもう・・・未知の味わいとしか表現できません

私がこれまで生きて、食べてきたかき氷とは全く別物の食べ物

 

個々の素材からは、それぞれの甘みと濃厚な旨味が感じられるものの、それらを全て冷たい氷がまるっと抱きかかえています

そのひんやりした食感が、決して冷たくなり過ぎず、フワッと口内の温度で水泡に帰し、残るのは甘みのみ

その甘みも決して嫌みにならず、氷と組み合わさることで、程良い口溶けの中、余韻を残し姿を消していきます

 

またこちらのかき氷には、トッピングでシナモンが提供されます

こちらを振りかけて頂くと、その味わいは全く異なる表情を見せるのです

 

例えるなら、生八つ橋の様な味わいが加わり、一層ビターな甘みに変化

甘いものを得意としない、私の様な男性の場合は、シナモンを加えた方が最後まで美味しく頂けそうです

 

初めて頂く「ピーナッツミルクにバナナキャラメル」の味わいに感動を覚える中

今度は私のオーダーした、こちらの品

悪魔の実・・・ではなく

「ミルクココアにミントのエスプーマ」のかき氷が到着となりました

 

目にした瞬間、思わず

「これはなんの能力を持つ、悪魔の実だ?」

と声を出さずにはいられないほど、とにかく丸いかき氷

 

しかも、ただ丸いだけで無く、そのサイズはハンドボールほどの大ボリューム

全体をココアパウダーが茶色くまとめ上げていますが、その奥から時折のぞく緑色のミント

ココアの茶色に、ミントの緑、氷の白と、これまで口にしてきたどんなスイーツとも相容れない組み合わせのかき氷となります

 

初めて目にする、悪魔の実サイズのかき氷だけに

これのどこから手を付ければ良いものか悩む上

氷の上にたっぷり掛かっているのはココアのパウダー

ちょっとでも息を吹きかけようものなら、ココアが風に舞い、大惨事を引き起こすことが予想されます

 

ここは、一番安定感ありそうな登頂へとスプーンを差し入れ、まず一口

フワッと香るココアの香りに、エスプーマ状のミントがもたらす爽快感

その下には、ミルクを含んだ氷が訪れ、三重奏の味わいが生み出されます

 

しかしこの三重奏、その外観ほどの甘みを感じず、むしろほろ苦さを残すほど

ミントの爽快な味わいも合わさるので、まるでティラミスの様なビターな大人味に仕上がっています

 

元よりティラミス好きである私にとっては、この味わいのセレクトは大正解

一気に食べ進めてみると、ここでまさかの品を発掘

ココア、ミントの氷、ミルクの氷と三層を掘り進めると

今度はまさかの、ベリーソースとの出会いを得る事に

 

先ほどまでのビターな甘みに、甘酸っぱさが加わるのですが、この組み合わせも悪くありません

かき氷を食べていることを忘れるほど、掘り進めるほどに新たな発掘が巻き起こり、このまま掘り進めればいつの日か、徳川埋蔵金にでも出くわすのでは無いか?

 

そんな期待を込め、更に深く掘り進めると、やはりまた新たな発見が!!

掘り進めること5分、今度はミントの氷との出会いを得るものとなったのです

先ほどまで口にしていたエスプーマとは、また風味も食感も異なるミント

もうどこに手を付けても、新しい味わいのオンパレードに、私の説明能力が追いつかないほど

 

とにかく、どこへどうスプーンを差し入れても、新たな味わいながら

「美味しい!」の一言に尽きるのですが、

やはり、調子に乗ってしまうとこの通り(笑)

食べ進めるに当たっては、やはり終盤こそ注意が必要ですね。

 

そんな訳で、小腹を満たす目的で訪れた、千葉の新店

かき氷の専門店となる「みこや」でしたが、その感想は「斬新!」の一言に集約されます

 

口に運ぶ味わい、その一口一口が、毎回異なる味わい続きで、とにかく感動の連続

進化形かき氷というフレーズこそ目にしていましたが、実際に味わうそれは、進化の名に恥じない、従来のかき氷とは全く別物の「料理」と呼ぶべき品

しかも、そんなかき氷が、本日提供されていた30品だけに留まらず、日によって異なる品も提供されるそうですから、奥深さは計り知れません。

 

その分、従来と比べてお値段が張る部分は否めませんが、こちらの「みこや」では、お値段がリーズナブルなお子様用のかき氷も提供されております

大人だけで無く、子供連れも歓迎とのことですので、是非今年の夏は子連れでも訪れてみたい、そんな新店となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

みこや

■みこや

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12046997/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸1丁目22-1千葉ビル1階

■ 営業時間:10:00〜15:00(土日祝 は16:00入店まで)

■ 定休日:火・水曜日および不定休(詳しくはTwitterを参照

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。