スポンサードリンク

千葉中央にNEWオープンのオシャレすぎるカフェ &Chene(アンドシェーヌ)で頂く、ローストビーフプレート

LINEで送る
Pocket

曇天模様の日曜日

朝から、千葉駅前のヨドバシカメラに

「スマホのケースを買ってこい」との重大な使命を受け、一人千葉駅方面へ…

 

重大な使命ではあるものの、所要時間わずか5分で終了した事から、この足でランチを頂こうと思うも、時計の針はまだ11:00に差し掛かったばかり

千葉駅周辺にも飲食店は多数ありますが、その大半が11:30オープン

加えてこの日は日曜日とあって、期待出来そうなランチの候補がなく、向かった先は千葉中央方面

 

少し前に、千葉中央でランチ徘徊していた際、妙な取り合わせの看板を発見した事を思い出したのです

妙な取り合わせ?というのがこれ

イキッたゴリラと、赤を基調としたガーリーなカフェの看板、という妙なコントラスト。

 

イキッたゴリラといえば、そうお馴染みの「ゴーゴーカレー」

千葉中央の駅前にあるゴーゴーカレーですが、その2Fに真新しいカフェがオープンしているのを発見したのです。

 

千葉中央にオープンした新店とは言え、中年男性が1人訪問するには、オシャレが過ぎる外装

さすがにこれは場違いじゃ無かろうか、とも思ったのですが、

店外に掲示されているメニューを見る限り、意外な程にガッツリしたランチが提供されている様なのです

 

しかも、そのお隣には、

手書きの看板で「今日は、メンズデー」との告知が

常日頃であれば、入店するにも躊躇うガーリー(多分w)な空間

 

しかし、お店側からわざわざ「メンズデー」と声を掛けられてしまえば、これを拒む理由もありません

という訳で、気を引き締め直し、いざ店内へ

スポンサーリンク

千葉中央駅徒歩2分に7月オープンのガーリーでオシャレすぎるカフェ、&Chene(アンドシェーヌ)

千葉中央、ゴーゴーカレーの2Fに、この7月オープンしたばかりの新たなカフェ、&Chene(アンドシェーヌ)

少し前に、同じく7月に千葉中央へ移転オープンした、アクア・エ・ソーレを訪問した際に、こちらのお店を発見

千葉中央駅前に移転オープンのアクア・エ・ソーレ 4種のチーズが織り成すクアトロフォルマッジが絶品!
この日は久々、子供と二人きりでのランチに向かうことに 当初は、子供よりリクエストを頂いた「麺処まるわ」へ向かおうとしていたものの、 (私同様、ウチの子も早くもまるわの虜に...
2018-09-11 07:30

 

ただ、あまりにガーリーでポップな外観から、入店前に情報を収集しておこう

とした結果、同店が日曜日に「メンズデー」を開催しているとの情報を事前に入手!

そんな経緯もあり、ここぞとばかり準備を整え、足を踏み入れるものとなりました。

 

そんな店内に向かうべく、階段を登るとそこには

お店のシステムに関する説明書きを発見

階段を登ってすぐ、目の前にあるレジにて前会計を済ませ、店内へのご案内になるそうです

 

説明の方にもしっかり目を通し、レジ前にてまずはメニューをチョイス

こちらのランチですが、この日に提供されていたのは全5品となっており、

・ローストビーフプレート

・ハンバーグプレート

・オムライス

・チーズトースト

・キッズプレート

といった内訳になるとのこと。

 

また、通常では14:00~の提供となるこちらのメニューですが、

こちらについても、

「今ならマッタリしているので、大丈夫ですよ」

と、女性の店主さんからお声掛け頂きました。

 

チョコパフェが若干気にはなるものの、今日の所はガッツリランチが目的

5品が提供されているとは言え、うち2品はキッズランチと軽食(チーズトースト)とあらば、実質は3択

オムライスにも惹かれたのですが、こちらは良く見ると

「エリンギソース」の文字が・・・(汗)

 

危うく大ダメージを受けるところを、一歩前で気付き引き返すことに成功

これで実質2択となったランチですが、結論は

「ローストビーフプレート」を選択する事となりました。

 

また、表の看板にもあった通りで、本日はメンズデーとのこと

その結果、ドリンクも1杯サービスされるそうなので、こちらはアイスコーヒーを選択し、店内の方へ

 

店主さんに案内され、向かった店内ですが、入り口部分のフロアはカウンター席がメイン

こちらのお店、日中はカフェとして営業していますが、夜は別の方がバーとして営業しているそうです

カウンター席側のフロアはバータイムのみ、そして奥側のフロアのみがカフェ用の席になるとのこと

 

先ほど階段で見かけた説明書きに

「厨房とフロアが離れているため」といった記載がありましたが、どうやらこの事だった様です。

 

そんなこんなで誘われたカフェフロアですが、

・・・・おぉ(圧巻w)

 

なんだこの、千葉らしさが微塵も無いオシャレ内装は!?

オシャレに彩られているのは背中側の壁面だけで無く、

テーブルから他の壁まで、一様にボタニカル仕様となっております

 

テーブル席に加えてカウンター席、そしてソファー席と意外に席数は多く、

こちらにもしっかりボタニカル

大きな窓越しに見える風景が「磯丸水産」でさえなければ、ここが千葉であることを忘れさせる、優雅な時間とステキな空間になった事でしょう。

 

ちなみに、お水らはセルフサービスとなるのですが、

ここにもまた、なんかオシャレなピンク色を発見

せっかくなので頂いてみたのですが、ベリーウォーター?というのでしょうか??

ピンクで可愛く、ちょっと甘酸っぱい系のお水となっており、きっと体にも良い、そんな仕様なのでしょう

 

そしてもう一つ、壁面に張られたメニューによると、

   

こちらは季節限定のスイーツ?でしょうか

「おもものカッサータ」なる商品を発見

 

その正体について尋ねてみると、イタリア風アイスケーキになるんだそうです

イタリア風というだけでも気後れしてしまうと言うのに、そこに輪を掛けてアイスケーキとは

こちらの店主さんが持ってる引き出し、これは侮れない予感がします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

インスタ映えの為だけにあるカフェ?かと思いきや、ボリュームも味も充実、納得のランチ

次から次へと、目にする全てがオシャレ過ぎてしまい、普段なら気後れしかねない、&Cheneの店内

(店内全体を飾ってる植物の効果か、店内全体がなんか良い匂いしてるし)

 

しかし、この日の訪問時刻が開店直後の11時であったこと

更には、この日が日曜日「メンズデー」であったことも重なってか、まだ先客もおらず、自由気ままに店内を覗かせてもらいました。

 

先ほど通ってきた、バースペースとカフェスペースの間には、

なんと、「酸素BOX」を発見(笑)

 

このスペースが、バーとカフェ、どちらの持ち物なのかは未確認ですが、1~6名まで同時に利用でき、料金は30分2000円とのこと

酸素ボックスの相場を知らないので、この価格がどうなのかはピンときませんが、

中にはバランスボールなんかもあったりして、くつろげる空間となっている模様。

 

そしてテーブルには、

何故か「ニーチェの言葉」が(笑)

これが何を意図しているのか分りませんが(そもそも私、ニーチェがどんな言葉を残したのか知らないし)、これも見る人からすれば、計算し尽くされたオシャレアイテムになるのでは無いでしょうか。

 

謎のオシャレピンクウォーターを頂きながら、待つこと10分

本日のランチが、お出ましとおなりました

こちらが、&Chene(アンドシェーヌ)にて頂く、ローストビーフプレートとなります。

 

彩り豊かに盛られたタップリの野菜

濃口の味わいが頂けそうなスープ

繊維質豊富そうな雑穀米と共にたっぷり盛られたローストビーフ

 

何から何までイチイチおしゃれなこのプレート

写真撮影していて思わず「木村文乃のインスタか!?」とツッコみたくなる程の美しさを誇っております

このお店のすぐ真裏が、カラスに漁られたゴミだらけの富士見町であることを、微塵も感じさせない素晴らしい色彩の豊かさ

 

しかも、圧巻されるのは、その美しさだけで留まっておらず、

こちらの角度から見ると分かる通り、ボリューム面も相当に充実しております

野菜もローストビーフもタップリ盛られた、こちらのプレート、早速頂いてみましょう。

 

まずはサラダ部分からスタートしていきます

こちらのドレッシングは、サウザンアイランド系となっており、野菜は勿論、ローストビーフとの相性も良さそうです

市販で口にするサウザンドレッシングより、若干薄い気もするのですが・・まさか自家製?

いやいや、いくらなんでもサウザンドレッシングを自分で作るとか、そんな手間は掛けない・・・よなあ?

 

いずれにせよ、しっかりした味付けながらクドさが無く、程良い味わいとなるサラダを頂いた所で、次はスープへ

これがまた、予想を反する濃口の仕上がりなスープとなっております

まるでビーフストロガノフを頂いているかの様な、牛の旨味がたっぷり詰まったスープになっており、中にはお肉もチラホラ

スープが日替わりなのかどうか、までは未確認ですが、このボタニカルなプレートにして、こんな濃厚スープが頂けるとは想像も出来ませんでした。

 

良い意味で期待を裏切りつつ、それでいて期待値を遥かに上行く美味さに舌鼓した所で、

ここからは本命となる、ローストビーフの方へ

 

ご飯には雑穀米、そしてお肉にはローストオニオンがたっぷりトッピングされ、食感も素晴らしいです

 

アッサリした赤身の旨味が味わえながら、お肉の柔らかさも文句なし

コクと

ソースは2種類が掛け合わさっているのですが

甘さ、酸味も感じられ、ご飯がガツガツ進む味わいを作り出しています。

 

その登頂には温玉も飾られており、これらが合わさることでコクも加わり旨味は増大

※ この日に関しては、温玉が予想以上に緩かったらしく、盛った段階で崩れ沈んでしまったとのこと

店主さんから提供時にお詫びを頂きましたが、どうせ崩す卵なので、私的には全然OKです、とお伝えしました(笑)

 

色彩の豊かさだけで無く、ボリュームも味付けも、肉質に至るまでも文句なしのローストビーフ

そして、お皿のサイドには、ちょっとした温野菜も

ポテトフライにインゲン、色合い豊かで見た目も鮮やかな品々。

細部に至るまで、計算しつくし、色合いとボリューム、更には栄養面までが考慮された様な、実に美しいワンプレートとなります。

 

お店を見た第一印象的には

「いかにもインスタ映えを意識した、今風カフェ」

といったイメージで、料理の方への期待値は高くなかった…

 

のですが、いざ目の前にしたプレートのボリューム、華やかさ、そして栄養バランスや食感、味の変化までを楽しめるソース使い

と、見た目だけではなく、実も伴ったクオリティ高いランチ、といった印象に変貌

 

それにしても、これだけレベルの高いカフェが千葉にオープンしてたとは…

路面店では無い2Fの店舗だけに、せっかくの華やかな内装が外から見えず、勿体なくは感じますが、不利な立地を補い余るポテンシャルが備わったお店ではあります。

 

良い意味で千葉らしくない、オシャレなお店だからこそ

「千葉にもインスタ映えする、カフェがありますけど何か!?」

とアピールする意味も含め、ぜひ頑張って欲しいお店となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

&Chene

■ アンドシェーヌ

■ 住所:千葉県千葉市中央区本千葉町2-8 マコトやビル2階

■ 営業時間: 11:00~17:00(20時~はバー形態で営業)

■ 定休日:水曜日

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。