スポンサーリンク

千葉の人気アジアンレストラン、ベンガルタイガーで頂くビーフブナゴッシュカレー ドライカレーを大胆アレンジした激ウマカレーに大興奮!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

少し前に、おつまみ&お酒を頂くプランで初訪問した、

千葉駅北口近く、松波のベンガルタイガー

 

オープン以来、ランチでは幾度と足を運んできたものの

ディナー帯では初訪問ながら、案の定頂く料理はどれも秀逸な品ばかりで大満足を果たすことに

千葉駅北口から徒歩5分のアジアンレストラン、ベンガルタイガーで初ディナー 絶品スパイス&ソースが香る海老&魚料理に始まり、豪華チキンビリヤニまで、独創的なスパイス使いを余すこと無く堪能!!

 

ただ、あまりにも魅力的な品が溢れかえっていた故

気になりはしたものの、その日のうちに食べることが出来ず、心残りとなっていたカレーがありまして…

 

このカレーだけは、なにがあっても年内中に消化したい

そんな思いを抱くこと数日、ようやくその機会を作り、

こちら、ベンガルタイガーにて、

まだ見ぬ新たなカレーの扉を開くべく、お店を訪れるものとなったのです。

 

■ 過去の訪問記録についてはこちらをどうぞ

千葉駅北口のアジアンレストラン「ベンガルタイガー」にランチメニューが登場! ⇒

千葉駅北口から徒歩5分の大人気アジアンレストラン、ベンガルタイガーへ前回の宿題達成にランチ訪問

と言う訳で、先日の訪問から数日ながら

今度はランチにてお店を訪れるものとなった、ベンガルタイガー

 

同店のランチと言えば、

千葉駅北口のアジアンレストラン、ベンガルタイガー マレーシアの定番朝ごはん「ロティ・ジャラ」と共に頂く、チキンとほうれん草のカレー
まだまだ続く、山のような仕事との格闘の日々 案の定、この日も度重なるストレスを解消すべく、辛いものを欲するモードに突入 先日まで、辛いもの=麺類が続いたことから、今度こそは
2019-07-18 06:58

こちらの様に、2~3品程のカレーやおかず類がセットとなる

盛り合わせの様なセットメニューが週替わりで提供されております

 

このランチセットというのがまた・・・とにかく驚きの連続

見たこと無いアジアンフードや、斬新な組み合わせのカレー

そして数多くのスパイスが生み出す、味だけで無く見た目の華やかさも優美なランチ

 

この週替わりランチがあればこそ、普段のランチ訪問はそちらばかりをオーダーしてしまい

結果、レギュラーメニューをなかなか消化出来ない・・・

といった難儀な問題をも抱えている訳です

 

が、この日の訪問は土曜日

そう、前述した週替わりランチというのは、平日のみの提供となっており

ランチ帯とは言え、土日は通常メニューのみの提供となるのです

 

いわば、自身で候補を絞り込むことによって、

目的としていたカレーのみに照準を絞り、浮気をせずに済む苦肉の策

そんな策を施してまで、本日どうしても頂きたいカレーとなるのが、

こちらの新メニューに名を連ねる

「ビーフブナゴッシュカレー」なる品となるのです

 

インドだけに留まらず、アジア全域の料理を扱うお店とは言え

やはりビーフを使ったカレーを目にすることは極めて希

しかも、このブナゴッシュカレーというのは、ベンガル地方のカレーらしく

サラッとした品では無く、ドライカレーになるとのこと

 

どこをどうとっても、興味がわいてくるこちらのカレー

当然、本日のランチは「ビーフブナゴッシュカレー」の一択となります

 

なおこの日は、特別?に

マレーシアのケーキ二種も提供しているとのこと

どちらも物珍しいスイーツとなるので、一度食べてみるのも面白そうだな

と思う反面、そういえば自分が甘党では無い事を思い出し、踏みとどまることに

 

せめてカミさんとシェア出来るなら頼んでみるものの

見た感じ、ケーキのスポンジは小麦となっているので、こちらもカミさん的にはNG

と言う訳で、せっかくお勧めされたものの、ケーキについては諦めつつ、当初の予定通りビーフブナゴッシュカレーを頂くものとなりました

 

注文を終え、カレーが到着するまでの一時は、

こちらのえびせん、そしてマンゴーソースで一時を

ベンガルタイガーの定番ではあるものの、甘みの後に訪れるスパイシーさが病み付きになるえびせん

 

マックでフライドポテトを食べている時、

「無」になる一時が訪れますが、アレにも似た感覚を味わえるえびせんを頂きつつ

カレーの到着を待つものとなりました。

牛肉の旨味とスパイスの風味詰まったドライカレー ビーフブナゴッシュカレーにアジアの奥深さを見た

おそらく私のベンガルタイガー訪問記史上

初めてとなる、土曜日のランチ訪問

 

平日であれども、ランチからして予約で席が埋まることのある同店

当然、土曜のランチも相当な混雑であることが予想出来たものの

この日は午前中から所用があり、お店に着いた時刻は13時を過ぎた頃

 

お昼のピーク帯を過ぎた時間での訪問となるため、多少なり余裕があるのでは・・・

と勝手ながらに推測してお店を訪れたのですが、テーブル席はしっかり満席となる大賑わい

 

ただ、幸いなことにカウンター席にはまだ空きがあったことから、本日は初のカウンター席利用に

初めて座ったカウンター席にて、店内の様々な所を眺めてみると

こちら、ベンガルタイガーの料理は全てハラルに対応しているとのこと

 

言われてみれば、ここベンガルタイガーには外国からのお客さんも多いイメージ

先日、ディナーで訪問した際にも、語学学校?の生徒さんらしき外国人が団体で訪れていましたが、それもなんだか納得

オリンピックも迫る中だけに、こういった外国人向けの対応を取られているお店は、これから需要増えそうですね

 

そんな細部を気に留めながら、サラダを摘まみつつ

※ お腹が空いていたのか、サラダの写真は撮影し忘れw

待つこと10分少々

 

相も変わらず、美しい盛り付けにて配膳された本日のランチがこちら、

千葉駅北口、ベンガルタイガーにて頂く

「ビーフブナゴッシュカレー」となります

 

黒いお皿に盛り付けられた、ビーフのドライカレー

上にはネギとエディブルフラワーがあしらわれ、更にはトマトも

カレーを辛口にてオーダーしたのですが、お皿の周囲にカイエンペッパーを散らし、こちらで辛さの調節も可能となります

 

ちなみに、同日共にお店を訪れたカミさんは、

「普通の辛さ」で同じ品をオーダーしたのですが、

通常の辛さでは、カイエンペッパーでは無く紫色の粉?をあしらった状態で提供

ちなみにこちらの粉は、紫芋をベースにしているとのことで、ほのかな甘みを感じさせます

 

そんなカレーと共に頂くのは、

パラタ、もしくはライスを選択出来るのですが

本日の所は、ライスにて頂いてみることに

 

使用されるお米は、勿論バスマティライス

数あるインディカ米の中でも、高級酒として知られるお米を使用しております

 

それでは早速、カレーの方から頂いてみましょう

それにしても・・・美しい

黒を基調としたお皿は、寿司などの和食では良く見かけるものの

これをカレーに使うのは相当な上級者

 

しかも、お皿のデザインを使いこなし

センターにカレーを盛り付けながら、周囲にスパイスを散らすことで

飾り付けだけで無く、味の変化をも楽しめるのですから、上級者どころか達人の域ですね

 

そんな細部にまで見え隠れする美しさを崩す事にためらいつつも、

食欲には勝てず、まずはビーフと共にカレーを一口

水分量の少ないドライカレーではあるものの、芳醇な香りと共に旨味もたっぷり

ビーフだけで無く、様々な野菜の風味&食感も感じられます

 

そして、一瞬の間をおいて訪れてくるのが、結構な辛味

ご存じの通り、辛党である私をしても「辛い!!」と思える、素晴らしさ

それでいながら、ビーフらの繊細な旨味は隠しきること無く、突出した辛さながらに旨味をもしっかり感じさせます

 

そんな辛味に微調整を与えてくれるのが、

こちらの白髪ネギ

シャキッとした食感を与える為の役回りかと思いきや、程良い甘みもプラス

こちらと共にカレーを頂くことで、また異なる味わいを感じることが出来ます

 

もう一つ添えられたミニトマトも、フルーティーな甘みがしっかり

これも、箸休め的なポジションで、辛味の続くカレーに一差しの休息を与えてくれます

 

そしてもう一つ、

カレーを完食しても、なお正体の判明には至らなかったのが、こちらの葉っぱ

一見はコリアンダーの様にも見えるものの、特有のクセは無く、香りも感じさせず

ほのかな青さは感じますが、スッキリした味わいとなっており、程良い口直しに

 

そんなカレーを、今回はバスマティライスにて頂いたのですが・・・

結論から言うと、このカレーにはパラッとしたバスマティライスよりも、パラタの方がマッチしたかも

 

ドライカレーだけに、水分量の少ないものとなる訳ですが、そこに合わせるお米もパラッとしたライスですと、どうしてもカレーとの絡みがしっくりこず…

カレーに合わない訳では決して無いものの、このカレーに限って言えば、パラタの方がカレーにマッチしたのかな、と

食べ比べていないだけに、なんともですが、次回頼むのであれば、パラタとの組み合わせも確認してみたい所となります

 

 

そんな感じに、ランチではちょい久しぶりの訪問となったベンガルタイガー

前回訪問時に気に留めていた、ビーフブナゴッシュカレーを頂く事に成功し、大満足となりました

 

インド系のカレーを食べられるお店は多数あれども

ドライカレー、しかもビーフともなれば、これが頂けるのは恐らく千葉ではベンガルタイガーのみ

しかも、盛り付けから調理に至るまで、モダンインドな美しさや手間暇を感じさせる、素晴らしいひと品をしっかり堪能

 

お店を訪れるたびに、驚きと感動が連発する同店ですが

この日もまた、ご多分に漏れず、味わい深い新たなカレーとの出会いに成功

一体ここのシェフには、どれだけの引き出しがあるのか、またもや足を運びたくなる訳で

 

この日に限っては、土曜日となるために週替わりランチはお休みですが

毎週火曜~金曜までの4日間には、週ごとに全く異なるランチを頂けるなど、楽しみは多数

幾度と足を運んでも飽きること無い、さすがの実力を美味しく堪能させて頂きました。

 

なお、今回ご紹介するベンガルタイガーで頂く

最新のランチレビューは、以下のページでご紹介しております

千葉のモダンインディアンレストラン、ベンガルタイガーで頂くバターチキンロリポップカレーは、もはや「圧巻!」の存在感だった
少し前より勝手に始めた 「千葉のバターチキンカレー食べ比べ」との企画 きっかけは、私の敬愛するカレーの師匠こと 「カレーおじさん」が口にした「千葉県はバターチキンカレー大
2020-03-08 07:56

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ベンガルタイガー

■ べんがるたいがー

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12043752/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区松波1-14-11

■ 営業時間:平日 :11:00~15:30 / 17:00~22:00 土日、祝日:11:00~21:30

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。