スポンサードリンク

市役所前の人気店、ステーキ共和国幕張大使館 別館で久々ランチ 看板メニューの共和国ステーキを頂くも、食べ飲み放題バーがまさかの別料金に!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日の前日に、私のバイブルとも言うべき

「孤独のグルメ」の第11話が放送

 

今回のお店はジンギスカンとなり、当然私の食欲も、

お肉と共に白米を食らうスタイルを希望することに

 

もちろん、第一候補として挙がるのはジンギスカンなのですが・・・

思いつく限り、千葉でランチにジンギスカンを食べられるお店は存在せず

 

ジンギスカンへの欲望は早々に諦め、

それに代わる肉料理で白米を味わうスタイルを探すことに

 

ジンギスカンの代役となり、白米に合う肉料理・・・

ステーキくらいしか、思い浮かばない

 

しかし、この日は日曜日

透き通る様に晴れ渡った快晴ではあるものの、開いてるお店は開いているものの、閉まってるお店は閉まってる訳で

これはもう、熟考を重ねるより、間違いなく開いてるお店を選んだ結果、

これまた大分お久しぶりとなるこちら

ステーキ共和国 幕張大使館 別館にて、白米&肉の組み合わせを頂いてみるものとなったのです。

千葉市で頂くリーズナブルなステーキランチのパイオニア、ステーキ共和国幕張大使館 別館へ久々訪問

と言う訳で、前日の影響から訪れるものとなった、ステーキ共和国

今でこそ、千葉市内の方々でリーズナブルなステーキが頂ける様になったものの

 

ほんの数年前であれば、リーズナブルなステーキランチ=ステーキ共和国

とまで断言出来るくらい、かつての千葉では重宝してきたお店

 

正確には、当時は幕張&鎌取にしかお店が無く、

ステーキが食べたいとなれば、その都度幕張まで足を運んでいた程でして

それが今は、すぐご近所となる千葉みなとにて頂ける様になったのですから、有り難い話で

 

とは言え、同店のオープン以来、千葉市内の中心街にも続々とステーキ専門店がオープン

カウベルやブロンコビリー、更にはいきなり!ステーキまでもがご近所に出来たことから、同店へ足を運ぶペースもダウン

 

そんな影響もあって、久々の訪問となったのですが、前述した通りこの日は日曜日

しかも、お店を訪れた時刻はお昼真っ只中の12時となり、入店出来るものか不安を抱えての訪問となったのですが、

かろうじてテーブル席が数席、

残るは上記のカウンター席のみとなる大繁忙帯に滑り込みで入店に成功

 

そんな久しぶりとなるステーキ共和国ですので、復習がてらまずはメニューをチェック

まずは看板メニューとなる、共和国ステーキですが、

こちらは150gから400gまであり、各サイズでお値段が変更

価格の方は・・・1050円・・・?

 

なんか、思っていたよりも安い様な…

確か記憶の中では1400円前後だった気がするのですが

 

ひとまず、続きを見ていきますと、

色々と同店のメニューを食べ比べてきた結果、なんだかんだで落ち着いたのが、こちらのトップサーロインステーキ

同品も150~300gとなっており、そのお値段は・・・1200円から

やっぱり安くなってる・・・気がするけど、どうだったろうか??

 

その他、ヒレステーキやアンガス牛のリブロースが新メニューとして加わっている他、

ここからはステーキ以外のメニューとなっていき、

・ハンバーグ

・チキン

・ハラミステーキ

・牛肉薄切り鉄板焼き

・ハーブ三元豚の生姜焼き

と、鉄板で頂く肉料理が名を連ねるものとなります

 

そして、ステーキ共和国を取り上げるメディアがこぞって紹介するのが、

肉の世界遺産こと、エアーズロック

 

そのサイズは別格の580gとなっており、相当な大食漢で無ければ挑めないレベル

過去には月一近いペースで同店に足を運んでおりましたが、注文しているお客さんを一度として見たこと無いものの、メディアの注目を集めるには十分な迫力

 

更には、前述した新メニューであるアンガスビーフによる大物メニュー、

リブ&テンダーロインをそれぞれ300g、合計600gで盛り付けた

クレイジーマウンテンなるメニューも設けられております

 

ただ、サイズがサイズならお値段もそれなり

やはりこの辺のメニューは、現実的ではないので、身の丈にあった品を選ぶべく目を向けていると・・・、

あれ、食べ放題バー・・・?

 

ここステーキ共和国と言えば、

・ご飯

・ガーリックライス

・スープ

・サラダバー

・ドリンクバー

・ワッフル

これらの食べ放題が、ステーキ類を注文すると、セットとなっているのが大きな特徴

中でも、肉たっぷりの海賊スープやサラダは、それだけでもオカズになってしまう代物なのですが

 

どうやら現在のメニューによると、これらの食べ放題は別料金になった模様で

その結果が、各ステーキ類のお値段を下げる要因に繋がっているようです

 

ただ見た感じですと、各ステーキ類の値下げ率は400円前後(うろ覚えだけど)

対する、新たに別料金となった食べ放題バーは、大人なら680円

差額は280円となるので、実質的には値上げされた様な気も…

 

まあ消費税も10%に上がったことだし、各種原材料も右肩上がりで高騰中

多少の値上げは仕方無いものとして、この日のオーダーは

「共和国ステーキ」を200gで頂く事に

 

また、同品と天秤に掛けて悩んでいたのが

「牛肉薄切り鉄板焼き」となるのですが、同伴していたカミさんがこちらの品を頼むとのこと

せっかくなら私もそちらを食べたいので、鉄板焼きを250gでオーダーし、お裾分けにありつくことに

 

と言う訳で注文を終えたら、まずはサラダバーへ

ドレッシングの方も幾分か品変わりしたようでして

以前は見かけなかった、コラーゲン入りドレッシングこと「コラドレ」なる品を発見

 

説明によると、どうやらこのドレッシング、ステーキ共和国の自社製品とのこと

千葉テレビでもCMをやっているとかで、力を入れている商品であることが感じられます

 

それにしても、ここ1~2年で店舗数も増やしているし

ローカルながら、CMを打てる商品も開発しているとは、勢力をしっかり伸ばしてますね

 

そして肝心のサラダバーはと言うと、

こんな感じの品揃えに

この中でもお勧めとなるのが、写真左上にある品

 

こちらにはタマネギだけで無く、サラダながらに切り落としの牛肉が多数

おかずにもなるサラダと呼ばれるだけの豪華な品となっております

 

続いて、スープを取りに向かうと、

今度はチョコレートファウンテンを発見

以前は無かったはずですが、食べ放題バーが別料金&値上げになったことで、新メニューを加えたのかと

共に頂くマシュマロも置かれていますが・・・まあ、子供連れには嬉しい品ですね、

2年ぶりのステーキ共和国幕張大使館 別館は各種食べ放題が別料金に…主役のステーキはと言うと・・・

そんな食べ放題バーを一回りしてきて、取りそろえたのがこちらの品々

すじ肉のたっぷり入った海賊スープ・・・

となるはずですが、すでにお昼のピーク帯に達しているからか

この日のスープには、あまりお肉が見つからず

 

食べ放題あるあるとは言え、少し残念なスープとなりましたが

サラダの方にはしっかりお肉を発見

噂?のコラーゲンドレッシング「コラドレ」をかけながら頂いてみます

 

お味の方は、ごまの風味がしっかりした甘めのドレッシング

野菜やフルーツ系かな、といった甘みになっており、老若男女に好まれそうな風合い

 

コラーゲン自体は無味無臭となるので、その存在を感じることはありませんが、一時的では無く習慣的にコラーゲンを摂取することが、肌ツヤや関節等の軟骨成分に働きかけるには重要とのこと

その点を考えると、毎日摂取出来るドレッシングにコラーゲンをたっぷり配合しているというのは、願ったり叶ったりな摂取方法とも言えそうです

 

そんなサラダを頂きながら、待つこと10分弱

多数のお客さんで賑わう店内ながらも、早い仕上がりで提供された本日のランチ、

ステーキ共和国 幕張大使館 別館(千葉みなと)で頂く

「共和国ステーキ(200g)」となります

 

パッと見の印象では、これホント200gもあるか?

といった小ぶりにも見える、こちらのステーキ

 

ですが、それは真上から見下ろした角度の場合であって、横から見ると

この通り、大分肉厚なステーキとなっております

ただ、この肉厚ブリで、どの程度火入れが完璧に出来ているのかは気になる所ですが・・・

 

それよりも問題となったのは、その肉厚ステーキの盛り付け方

鉄板が小さいのか、肉の置き方が雑なのか、果てまた配膳の途中に事故があったのか

 

私のテーブルに到着した時点で、ステーキからは、

もう、鉄板の外まで肉汁が垂れ流し

 

その様は、まるでナイアガラの滝が如くで、これが鉄板内の出来事ならば

「まあ、なんて肉汁溢れるステーキなんでしょう」

とのコメント1つも挟めるものの、鉄板の外に垂れ流れてしまえば、ただの油汚れ

早々に気付いたから良かったものの、これに気付かず服の袖にでも掛かっていようものなら・・・

まあ、気をつけて頂きたいものです

 

それでは気を取り直し、ご飯の方へ

当初は肉と共に白米を食らう、が本日の目標だったものの、ここはステーキ共和国

 

前述した通り、同店の更なる特徴となるのが、

こちらのガーリックライスも、また食べ放題に含まれていることとなるのです

ご察しの通り、色の付いたご飯に目がない私は、このガーリックライスを見過ごすことは出来ず

 

結局、白米と肉のコラボははたせないものの

それに変わる、いや上回る伴侶を得てのステーキ討伐へと向かうことに

 

それでは、箸をフォークとナイフに持ち替え、いざ入刀

ナイアガラの肉汁はここでも全力を発揮

厚切りなだけに、肉の中心部分にレア感は残りますが、ここはペレットで焼き加減を調節

 

程良い色味を与えた所で、お肉を頂くと・・・

うーん、やっぱり脂っぽさが強いなあ

 

私が、ステーキ共和国に通っていた数年前、

なんだかんだでオーダーしていたのが、同店のサーロインステーキ

 

メニュー上では

「当社指定工場で柔らか加工を施しています」と、説明があり

さもお肉を柔らかくするための手間暇を加えている様にも聞こえますが、これって要するに成型肉ですしね

 

もちろん、それを分かった上で頂いているので不満は無いのですが

一時より、同ステーキの脂がきつく感じられるようになったことから、

この日のオーダーは脂の少ない共和国ステーキにした訳でして

 

ですが、鉄板からも溢れる画の通り

その脂の色合いもまた、決して褒められる色味には見えてこず

 

肉自体は確かに柔らかくなっておりますが

赤肉らしい味わいはあまり感じること無く、ソースの風味で口の中を満たされる結果に

 

なお、この日に私が悩んだ末、

代わりにカミさんがオーダーした「牛肉薄切り鉄板焼き」がこちら

総勢250gの薄切り肉、そしてたっぷりニンニクとの共演

見た目も、ご飯との相性も、イイ感じのワイルドさも、全てで圧勝

 

薄切り肉だけに、肉の柔らかさは当然のものながら

妙な油っこさは感じさせませんし、それでいて肉の味わいもしっかり

なにより、ニンニク三昧で彩られた味付けが素晴らしく、白米とのペアリングは間違いない一皿

 

次回からは、こちらの

「牛肉薄切り鉄板焼き」こそが、ステーキ共和国での大本命となっていきそうです

 

なお、せっかく食べ放題バーが別料金になってしまったのなら

サラダやご飯、スープだけで終焉を迎えてしまうのも勿体なく感じてしまい、

最後はワッフル、更には生クリーム&チョコもトッピングして頂く事に

もったりした生クリームの甘みは、食べ放題だけに仕方ないものの

こちらのデザートもまた、食べ放題であることを踏まえれば、それなりに納得かな、といった結果となりました。

 

 

という訳で、久々の訪問となった、ステーキ共和国

近年、千葉県内に手広くお店を展開している様子から、成長の著しさは感じておりました

が、その代償と言うべきなのか、細部に対する気遣いなどがどうにも低下している気も

 

メニューの変更や、値上げなどについては、時勢もあるので仕方ないものにせよ

盛り付けや配膳などの細かな部分は、明らかな人為的なそれですので

店舗の拡大を責める訳では無いものの、既存店のスタッフさんにも、しっかりして頑張って欲しいですね。

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ステーキ共和国幕張大使館 別館

■すてーききょうわこく まくはりたいしかんべっかん

■ 住所:千葉県千葉市中央区問屋町1-4

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:無休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。