スポンサードリンク

麺屋マスターピース千葉店にて、看板メニューの黒勝浦タンタンメン&わさびとんこつ

先月下旬、千葉市中央区登戸(千葉そごうの前の通りを西千葉方面に戻ったあたり)にオープンした、麺屋マスターピース。

参考:外房の人気店、麺屋マスターピースが千葉市に上陸! 開店と同時に駆け込んでみた  ⇒

 

開店当日に訪問して、全てのベースと思われるとんこつらーめんを頂いたものの、看板メニューである勝タンを始め気になるメニューを多数発見。

どれも一度は食べてみたい衝動に駆られ、毎回迷うのも面倒なので、気になるものは早いウチに全て食べておこうと決意。

という訳で、2週にわたり連続で訪問した、麺屋マスターピース 千葉店での記録をまとめてご紹介してみようと思います。

スポンサードリンク

マスターピース千葉店 近隣の駐車場&お勧め紹介

とその前に、本ブログの方へ

「近くに駐車場はありますか?」

との質問を頂いたので、近くのコインパーキングを紹介しますと、

こんな感じで、赤丸に囲んだ部分が近隣の駐車場となっております。

 

14号を渡った登戸一丁目側(マスターピースの向かい)の駐車場は、どこも混雑しがちなので、運が良ければ…となります。

対し、マスターピースを右手に見ながら、京成新千葉駅方面に10m向かった右手と、

 

同駐車場の手前を右に入っていき、更に15mほど進んだ左手側にも

 

こんな感じに、コインパーキングが2箇所ほどあります。

千葉駅から近いこのエリアながら、30分100円と値段も安くなっている上、通りから見えない穴場な駐車場だけに空いていますので、是非ご参考下さい。

麺屋マスターピースの看板メニュー、黒勝浦タンタンメンから食べてみた

では、マスターピース二度目の訪問ですが、この日は看板メニューである勝浦タンタンメンを頂く事に。

 

ただ、勝浦タンタンメンと一口に言っても、これまたレパートリーが豊富で。。。

 

ベーシックな勝タンに始まり、黒マー油の掛かった黒勝タン

更には、台湾まぜそばを思わせる、汁なし勝タンや勝タンのつけ麺まで。

 

サイドメニューのご飯モノにも悩まされるというのに、勝タンですら豊富なラインナップ。

その中で、この日私が選択したのはこちら

黒勝浦タンタンメン(&特製トッピング)となります。

勝タンだというのに、見事漆黒に染まったこのスープ。。。

香しいばかりの黒マー油が、溜らないほど食欲を刺激してきます。

 

まずはスープからいってみますと、先に入ってくるのは黒マー油の濃厚さ。

にんにくの香りが前面に押し出されており、スキモノにとってはこの香りの芳香剤が欲しくなる位。

 

黒マー油から遅れること3秒で訪れるのは、辛味のビッグウェーブ。

マー油の黒さに推されがちですが、その奥に潜むラー油もしっかりと辛さを帯びております。

とはいえ、こちらで使われているベースの豚骨が、他店には無いまろやかなスープになっているからか、突き抜ける様な辛さにはならず、底からじんわり伝わってくる程良い辛味に。

そこにまた、黒マー油の人なつっこい旨味が加わってくる為、終始手が止まらない、飽きの来ないスープが堪能出来ます。

 

ちなみに、この日ラーメンのお供に召喚したのがこちら

親の仇とばかり、大量の岩のりが搭乗した「スープぶっかけ岩のりめし」となります。

 

前回、こちらのとんこつを頂いた際、この岩のりにハマってしまい、今回はご飯Verとして注文。

このご飯に黒勝タンのスープをディップすると・・・言うまでもありませんね。

千葉駅周辺では最も、ハイカロリーで濃厚なお茶漬けの完成となります。

ご飯にのった岩のりが多すぎるように感じれば、一部をラーメンの方へ移し、麺と一緒に岩のりも頂くなど、アレンジの幅が豊富なのも嬉しい限りです。

 

ただ一点気になったのが、この日のチャーシュー。

前回(オープン初日)頂いたのは、とんこつラーメンだったので、そちらとは異なるチャーシューが使われているのでしょうか。

前回頂いたチャーシューは、柔らかく、旨味も脂の香りも良く、大変美味しかったのですが、この日のチャーシューは歯ごたえが強い

・・・というか、むしろ固く、パサついた感を受けました。

まだオープンから日も浅いので、試行錯誤されている部分があるのかも知れませんね。

 

とはいえ、この日の訪問時刻は平日の14時近くと昼のピークを過ぎた時間。

それでいながらカウンターはほぼ満席、この時間になっても新規のお客さんが入れ替わりで入店しており、早くも人気店となりつつある雰囲気を感じました。

スポンサードリンク

勝タン同様の気になる一杯、わさびとんこつも食べてみた

1週前の訪問では、看板メニューの黒勝浦タンタンメンを堪能。

セットで注文した岩のりごはんによる〆に至るまで、様々な風味、辛味、香りを楽しませて頂きました。

 

続いて、翌週に私が注文したかった一品となるのが「とんこつわさびラーメン」となります。

とんこつとわさび、というありそうで無かった組み合わせ。

 

私がマスターピースへ初訪問した際、隣の席に座っていたお客さんが注文していたのが、この「とんこつわさびラーメン」でした。

隣に居る私の席にまで「カーーーン!」と響いてくるわさびの香りが芳しく、これも一度食べておきたい!と感じさせた一品でした。

 

という訳で、第3回の訪問となる「麺屋マスターピース 千葉店」での一食は「とんこつわさびラーメン(チャーシュートッピング)」をオーダーしてみました。

ワカメ、岩のり、大量のねぎに推されてしまい、一見すると違いの見えない普通のとんこつ。

ですが・・・通常の豚骨と比べ、気持ちスープに濁りを感じます。

この色合いの違いこそが、わさびの風味なのでは無いでしょうか。

 

ちなみにこの日は、ねぎのトッピングが無料&入れ放題となっており、デフォの量をほぼ倍増してねぎを追加しております。

その影響からか、初日に隣のお客さんが食べていた際に感じた「カーーーン」と響く、わさびの香りはこの時点では感じられませんでした。

 

とはいえ、スープをすすれば、きっと衝撃的なわさびの香りが届くはず。

という訳で一口頂いてみると・・・確かに、わさびを感じますね。

 

ただ、衝撃的にカーンとくるわさびでは無く、スープの奥で静かに手を振るわさびを感じる程。

以前に感じた香りからは、もっと色濃いわさび風味を想像していただけに、ちょっと残念…

それとも、やはり大量すぎるねぎの影響で、わさびの風味が吹き飛んでしまっているのかも。

 

ひとまず、ねぎの分量を少し減らすべく、ねぎ&スープをガシガシ頂いているところに、この日のサイドメニューが到着。

前回の岩のりご飯同様、ネーミング的に気になっていた「勝タン丼(黒)」を注文してみた所・・・

こちらもまさかの、ねぎ極盛り(笑)

いや、むしろこちらの方が、膨大すぎるねぎに包まれており、要のご飯が見えやしない程。

この日の私は、間違いなく誰よりも「ねぎ愛好家」に思われていたことでしょう。

 

このままでは、ご飯に辿り着けないことから、勝タン丼のねぎを一旦ラーメンへと避難させると・・

はい、こちらのねぎも「振り出し」に戻る形に。

 

結局、最後の最後まで、とんこつと絡む厳しいわさび風味を感じること無く、終始ねぎに追われるばかりとなってしまいました。

ラーメンを食べに行き、スープ、麺、ご飯で腹一杯になる事は数知れずあれど、ねぎで腹一杯にしたのはさすがにこれが初。

 

岩のり、ワカメ、加えてこの日のチャーシューは初日と同じく、柔らかくジューシーに仕上がっており、納得の美味さ。

ただ、要となるわさびについては、遠目でかすかに薫る程度しか感じられず、少し残念な結果となりました。

これが、ねぎの影響だというのなら、、、まあ、自業自得でしょうか(笑)

次回は、ねぎの分量を減らした上で、わさびとんこつを頂いてみようと思います。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

麺屋マスターピース 千葉店

■ めんやますたーぴーす ちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸2-3-15 川村ビル1F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:30

■ 定休日:不明

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。