スポンサードリンク

中央区都町に10月オープン、麺やがちまやーに行ってみた

台風接近中の日曜日。

今月の半ば、都町の大通りに新たなラーメン店がブランドオープンしたとの話を聞き、そちらへ訪問してみることにしました。

 

国道16号の外回り(蘇我方面行き)から、エネオスのある交差点を都町方面へ。

揚州商人やみやこ屋本店(元ハローマックだったお好み焼き屋さん)の並び、たしか中古車屋さんだったところの跡地に新規オープンとなったのがこちら。

麺やがちまやーという、ラーメン店となります。

※ 台風の影響で土砂降りにつき、車内より撮影

 

こちらのお店の経営母体は、千葉みなとにある「風神」、おゆみ野にある「琉神」と同じとのこと。

※ どちらのお店も何年単位で足を運んでないので記憶はかなり曖昧ですが

 

風神、琉神ときたらイメージ的には「雷神」で合わせてきて欲しいものの、雷さまについては近隣でポストが埋まっていることからの配慮?でしょうか。

そこでセレクトしたのが、沖縄の方言で「食いしん坊」を意味する「がちまやー」。

ここで何故に沖縄の方言を持ってきたのか謎ですが、やはり沖縄的なラーメンをどこかで期待してしまいます。

 

ちなみに、がちまやー隣にある「大将亭」というテイクアウト専門の唐揚げやさん、

こちらも同じ経営母体のお店だそうです。

初めて聞いた名前の様な気がするのですが、この里崎の笑顔はどっかで見た様な気がしないことも…

まあ、とりあえず入ってみましょうか。

スポンサードリンク

お隣「大将亭」の揚げたて唐揚げも食べられるラーメン店、麺やがちまやー

開店時刻の11:30と同時に入店。

この日は台風接近中とは言え日曜日、私と同じく開店待ちしていたお客さんもおり、新店ながら良好な滑り出しとなっている様子です。

 

ちなみにメニューの方ですが、

メニュー内でTOPに躍り出ているのは「がち味噌」なる味噌ラーメン。

濃厚味噌の金、マイルド味噌の銀と、2種類のテイストを用意している辺りから、同店のイチオシラーメンであることが伺えます。

なお、隣には醤油&塩ラーメンもあり、塩バター&コーンの懐かしいビジュアル、そそられます。

※ この時点で、沖縄的要素は諦めることに

 

なお、こちらは近日発売開始になるらしく、この日は未提供だったのですが、

醤油とんこつ、担々麺までもあり、全5種類のテイストが頂ける様です。

※ 予想通り、沖縄要素は無し

 

上記以外にもおつまみやサイドメニュー、更にはお子様ラーメンも。

駐車場が広く、家族連れが多くなることを予想出来るエリアだけに、ラーメンのテイストだけで無くサイドメニューまで豊富な構成は、広く受け入れられそうですね。

 

なお、先ほど紹介したお隣「大将亭」の唐揚げも、こちらで注文が可能とのこと。

お隣で購入する際には3個からとなるものの、こちら「がちまやー」での注文ならば1個からOK。

 

新規オープンながら、メニュー数も多く悩みますが、ここはお店の一押しを信じ、「がち味噌」の金をオーダーすることに。

ついでにチャーシュートッピング&大将亭の唐揚げから「紅しょうが味」も合わせて注文してみます。

 

なお、店内の様子ですが、眺めのカウンター席があり、

その奥には、テーブル席も多数用意。

外観通り、家族連れ、団体でもOKな構造となっておりました。

スポンサードリンク

がちまやーのイチオシメニュー(多分)「がち味噌 金」を食べてみた

注文時に

「ご一緒に餃子はいかがでしょうか?」

と声を掛けられたものの、唐揚げまで注文していたので遠慮をしてみたのですが・・・ここでふと、記憶の糸が繋がります。

 

ここの系列となる千葉みなとの「風神」、いつ行っても必ず誰かしらが、餃子を包んでいたんですよね。

とは言え、風神のラーメンについては、全く思い出せず、記憶の糸をたぐるべく検索してみると・・・

みつわ台の大通りにある「餃子工房」も、どうやら同じ経営母体になる模様。

 

市内でラーメン、餃子、唐揚げと、幅広く展開している会社であることに気付かされましたが、結局「風神」のラーメンについては、全く思い出せず。

 

そんなこんなで待つこと7分程、がち味噌(金)が到着致しました。

濃いめの香りが漂う、「THE味噌ラーメン」といった風貌ながら

・野菜炒めがフライパンの別盛り

・スープの上には何故かポテトチップ

といった風変わりさも醸し出しています。

 

という訳で、まずはスープから一口。

確かに濃厚な味噌で、塩味は強いものの「今時」な味になります。

油も強めなので、ご飯と一緒に合わせたくなる濃いめの味付けですね。

 

続いて麺の方ですが、

こちらは低加水の中細縮麺が使われています。

良い意味で、奇を衒うことの無い、至極まっとうな味噌ラーメン、といった印象です。

 

麺、スープとそれぞれ味わった所で、別添えの野菜に。

こちらはサッと炒めたものとなっており、味付けを施してないことから、ラーメンにINして食べてね、という無言のルールが伝わってきます。

 

もやし、キャベツ、人参、ニラと、相当なボリュームある野菜だけに、別添えにすることで好きなタイミングで野菜を投入できるこのシステム。

野菜から出る水分がスープを薄めることも無く、また野菜をかき分け麺に辿り着く手間も無くしており、斬新ながら良い仕組みに思いました。

 

そして、ラーメンから遅れること1分。

紅しょうが味の唐揚げ(1個)が登場。

サイズ感が分らず、遠慮がちに1個を注文してみましたが、このサイズなら2~3個はイケそうです。

揚げたてが提供されたので、これは無条件に美味い。

紅しょうがの風味もしっかり感じられ、ラーメンとの相性も良いですね。

 

がちまやーという店名から、奇を衒った「攻め」のラーメンをイメージしたものの、総評としては至って真面目なラーメン、といった印象でした。

野菜が別盛りとなる提供方法に、意外性こそ感じましたが、これもまた理に叶っており、良い意味での真面目さが見えてきます。

攻めたメニューで特定ファンをがっしり掴む系では無いものの、安定した水準&豊富なメニュー数で、老若男女から幅広く支持されるお店となりそうです。

 

ただ、ポテトチップの意味だけは、結局最後まで理解できませんでした(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

麺やがちまやー

■ めんやがちまやー

■ 住所:千葉県千葉市中央区都町1252-1

■ 営業時間:11:30~24:00

■ 定休日:無休

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。