スポンサードリンク

千葉の人気イタリアンの2号店、エスト!バンビーノがジュンヌ1Fにオープン

完全に年末ムードが漂い始めた、12月の末日。

正月休みに突入しているお店も増え始め、ランチをどうしようかスマホをいじってみると・・・

 

先月オープンながら、まだ未訪問のままとなっていたお店を発見。

今年の新店については、今年のウチに訪問しておこう、と大掃除の様なテンションで向かった先は

9月にリニューアルを迎え、その後2ヵ月遅れで開店となった、オーロラモールジュンヌ1Fのイタリアン

「エスト!バンビーノ」にて、初ランチを頂いてきました。

スポンサーリンク

房総イタリアン エスト!プロッシモの2号店 エスト!バンビーノが11月オープン

千葉駅界隈のグルメに詳しい方なら、ご存じであるかと思われますが

こちらの「エスト!バンビーノ」は、新町(通称、裏千葉)にある人気イタリアン「エスト!プロッシモ」の2号店となります。

 

かつては京成千葉駅から新千葉へと向かう線路沿いにお店を構えていたエスト!プロッシモ。

数年前に、現在の新町へと移転したのですが、なんだかんだで10年以上?

千葉駅界隈を代表するイタリアンのお店としてその名を馳せています。

そのエスト!プロッシモが、ジュンヌ1Fに開店したお店となるのが、本日のランチに伺った「エスト!バンビーノ」となる訳です。

 

お店への到着時刻は11:30を回ったあたり。

まだお昼のピーク前とあってか、お客さんの入りは1~2割といった感じです。

テーブル、カウンターの好きな方をお選び下さい、との事でしたが、ここはヒッソリカウンターを選択。

 

テーブルに用意されたメニューは、ランチ用とグランドメニューの両方があるので、どちらも注文可能な様子。

まずランチの方ですが、こちらは

●Aセット・・・パスタ(日替わり3種から1品)+サラダのランチ

●Bセット・・・前菜+パスタorメイン(肉と魚の日替わりメニュー)+ドルチェ+ドリンク

の2形式が用意されています。

 

AかBか二択が可能とあるものの、それなりの中年が独りジュンヌ1Fのイタリアンで、前菜から始まりドルチェで終わるイタリアンのコースを堪能している

そんな姿を想像したら、我が身ながら励ましの言葉を掛けたくなってしまうので、ここは大人しくAセットを選ぼうと思います。

 

ちなみに、この日の日替わりパスタは

・イモ豚のボロネーゼ

・野菜のトマト煮込み

・キノコと魚介のマーレエモンディ

なる3種が提供されておりました。

 

マーレエモンディなる、初耳のパスタも気になる所ですが、キノコが入っているとあらば避けざるを得ません。

(一応わたし、キノコに対するアレルギーがありまして)

となると、ここは消去法にて「イモ豚のボロネーゼ」を選んでみることにしましょう。

 

ちなみに、ランチでも注文が可能(と、思われる)グランドメニューは以下の通りとなります。

 

こちらにもパスタが多数あるのはもちろんの事、

 

リゾットの注文も可能となっておりました。

 

加えて、アルコールメニューも付いているという事は・・・昼から飲める??てことでしょうか。

この界隈のイタリアンは、どこもランチ終了後に休憩を挟んでいる為、のんびり昼飲みが出来ないのですが、ここはランチからディナーまで通し営業とのこと。

さすがに、1人で訪れたランチでワインは頂きませんが、将来的には昼飲みの候補として使ってみたいお店ですね。

スポンサーリンク

本日のパスタランチから、旭産いも豚のボロネーゼを頼んでみた

という訳で、Aセットを「イモ豚のボロネーゼ」にて注文。

まずはサラダが配膳されて参りました。

地産地消を掲げるエスト!バンビーノらしく、今日のサラダは市原産の有機野菜とのこと。

写真では伝わりづらくありますが、なかなかボリュームあるサラダとなっております。

 

どのレタスもみずみずしく、青々としており新鮮さが伝わってきますね。

ドレッシングには、オリーブオイルとお酢、そこに塩を加えた自家製?と思われる品が使われておりました。

 

なかなかのボリュームあるサラダを頬張ること5分、パスタが到着となりました。

こちらも地産地消らしく、旭産のイモ豚を使ったボロネーゼとなります。

麺は乾麺が使われており、いわゆるモチモチ系のパスタではない、歯切れ良い食感になっています。

 

恐らく、こだわりのあるイモ豚を使っているのでしょうが、ソース、具材共にシンプルな風合いとなっています。

そこまでの個性があるのか?と思い、食べ進めてみると

ソースの中から、豚肉の脂身を発見。

脂の旨味がギュッと加わり、シンプルなトマトソースに肉肉した濃厚さを加えています。

 

ラーメンへの背脂トッピングの様に、ベースだけでは不足しがちな旨味を、この脂身が与えており、この感じ私は好きですね。

ただ、女性の場合は、肉の脂身を苦手とする人も居ますし、ましてやここ、ジュンヌのお客さんは90%が女性。

この脂身トッピングが、果たして女性ウケするのかどうか、その辺が気になると言えば気になる様な。。。

 

個性の感じづらいボロネーゼを注文しておいてナンですが、シンプルながらも脂身を加える一工夫があったりと、なかなか楽しめるパスタになっておりました。

帰り際には店員さんより、そごうミレニアムカードのポイント失効が迫っていることを知らせて頂けたりと、接客にも申し分ありませんでした。

 

ただ、一点挙げるとすれば・・・ボリューム面の少なさですかね(笑)

まあこればかりは、イタリアンの宿命なので仕方ありませんね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

エスト!バンビーノ

■ えすと ばんびーの

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町1001 そごう千葉店 ジュンヌ館 1F

■ 営業時間:10:00~22:30

■ 定休日:ジュンヌに同じ

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。