西千葉駅すぐのレストランカフェ ハマユウで見つけた絶品牡蠣料理 鶏と牡蠣の煮込み 英国風

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年末のこと

西千葉の「粋や」が年末ながら冷やし中華を提供

 

との情報を聞きつけ、同店を訪れるべく西千葉へ

ただ、お店の開店よりも早く駅前に着いたことから、近隣を散歩

 

久々に徒歩で見渡す西千葉駅界隈ですが

その道中で目にしたのが、ナンとも興味を掻き立てる不思議な料理

分かる人からすれば、その雰囲気のみで

ほぼネタバレとなってしまうこちらのお店

 

西千葉駅近く、線路沿いに山亀家登戸の滝らとの並びにあるお店

レストラン&カフェ ハマユウになります

 

そんなハマユウの表に出ているメニュー

こちらに「牡蠣の美味しい季節になりました」

 

との一文を添えながら掲載されていたメニュー

それが「鶏と牡蠣の煮込み英国風」になるのです

 

鶏と牡蠣はもちろん分かるものの

問題となるのは、英国風煮込み

 

元々はホテルの料理長を務められていた、というこちらのご主人

これはまだ私の知らない絶品料理が、ここ西千葉の地に潜むのでは!?

 

 

そんな予感を受けるものとなったものの、すでに年末

2022年中の訪問は叶わず、年が明けてから再度西千葉へ

 

向かう先はもちろん、

 

JR西千葉駅から徒歩2分

線路沿いのレストランカフェ ハマユウをランチ訪問するものとなりました。

JR東千葉駅近くにお店を構える、うなぎの老舗 うな徳をランチ訪問

昨年末に目にした、期になる牡蠣料理

そちらを求め、久々にランチ訪問するものとなったハマユウ

 

過去にも何度か足を運んでいる同店ですが

ブログを遡った所、最後に足を運んでいたのは5年前

参照:西千葉駅からすぐ、雰囲気漂うカフェレストラン ハマユウで頂くチキンピラフランチ ⇒

 

ピラフを探し求め、同店に辿り着いた際以来

なんと5年半ぶりのランチ訪問とのこと

 

本日もまた、子供を連れてのランチとなり

お店の方へ着いた時刻は、12時少し手前

 

11:30オープンとなる同店ですが

カウンター席に1組、テーブル席には2組

 

合計3組3名のお客さんが、先客として店内へ

そこに続き、4番手としてテーブル席の方へ案内される形に

 

久々となるランチ訪問ですので、

まずはメニューの復習からとなっていきますが

まずはこちら、お得なセットメニューとなり

和風ハンバーグにてりやきチキン

 

ポーク生姜焼きにビーフステーキと

いずれもサラダ、ライスが付いたセットで1000~1500円にて提供

 

続いてこちらが本日のランチとなりますが

A~Cの3品は、先ほどのお得なセットと被る2品

そこに加え、白身魚の卵包み焼き ムニエルソースも提供

 

その下には、変わらンチと記述される定番ランチ

そして、何故かのアルファランチは和風スパゲッティとなっております

 

その他メニューは、全て単品でのオーダーとなりますが

以前に比べ、写真の掲載数が少し減ったのか

それともメニューそのものの絞り込むようになったのか

 

個人的な印象としては、以前と比べ

少しメニュー数が少なくなった様にも感じます

 

が、それでも定番から同店ならではの独自性ある品まで

多彩な洋食を提供しており、その大半がお値段1000円前後

 

落ち着いた雰囲気のカフェレストランになるものの

普段使いしやすい価格設定も嬉しい所となります

 

更にもう1ページ先を見ていきますと、

ここで待ち構えていたのが、目的となる牡蠣料理

 

本日のお目当てとなる、鶏と牡蠣の煮込み英国風に始まり

牡蠣フライにカキムニエール、合計3品の牡蠣料理が頂けるとのこと

 

ちなみに、牡蠣フライのみ

セットのメニューも用意され、こちらは1100円となっております

 

当然、私の目的は「鶏と牡蠣の煮込み英国風」となるのですが

同伴した子供の方は、メニューを眺めながら手が止まっている様で

 

何に悩んでいるのか・・・と、その手元を覗き込んだら

こちら、ハマユウのメニューより謎のマンガを発見

その名も「手作りの味で評判 ハマユウ発見の巻」

 

斬新なお店紹介に夢中となっていた子供ですが

結果、牡蠣フライのセットをオーダーするものとなりまして

 

かくして本日のランチは

私と子供、2人して牡蠣三昧を味わうものとなりました。

柔らかな鶏肉にプリプリの牡蠣 旨味が加わるソースも絶品、ハマユウで頂く鶏と牡蠣の煮込み英国風

前述した通り、私達よりも先に

3組のお客さんが来店中となった、本日のハマユウ

 

うち2組には既に料理が提供されており

残る1名のお客さんのみ、これより料理が提供になる様で

 

まだそこまで、慌ただしさを感じることも無く

また外観同様に、静かで落ち着いた雰囲気が特徴となる同店

 

にも関わらず、こちらでホールを担当しているお母さん

愛想良く席へと案内していただけ、物腰も柔らかな

 

なのですが、なぜか店内を忙しく走り回っており

静かで落ち着いた雰囲気の店内に、似つかわしくない慌てよう

 

客席側からは分からない、謎の忙しさが存在するのか

なんにせよ、その慌てぶりの裏に何が潜んでいるのか、気になる所で

 

 

そんな慌てぶりに拍車を掛けるかの如く

次なるお客さんも来店となり、テーブル席は気付けば満席

 

当然、より一層の慌てようを目にするものとなるのですが

その姿にはもう、慣れてしまった私と子供はのんびり待つことに

 

そんなこんなで、注文より待つこと20分程

まずこちらが、私が本日オーダーした品となります

西千葉駅すぐとなるレストランカフェ、ハマユウにて頂く

鶏と牡蠣の煮込み英国風になります

 

同品は単品のみでの提供となるため

メインに加えて、追加でライス(250円)をオーダー

 

洋食屋さんらしく平皿で提供されるご飯

こちらの量が控えめに感じてしまう程、メインのプレートは充実した品々でして

まず主役となるのが、鶏と牡蠣の煮込み英国風ですが

たっぷりのソースに鶏肉、そして牡蠣が盛り沢山

 

その周囲には、ブロッコリーやサツマイモなど

一手間を加えた温野菜が添えられ、栄養バランスも採れたプレートに

 

鶏と牡蠣、いずれも気になる所となりますが

何よりもっと気になるのが、英国風とされる煮込みの味付け

 

そちらをまず味わうべく、最初に手に取ったのは

こちらの鶏肉から

たっぷりソースを絡め、頂いてみます

 

見た目としては、トマト系やケチャップ系を思わせるも

酸味は控えめ、甘みと強いコクを感じる味わいになります

 

どちらかと言えば、デミソースに近い味わいですが

デミグラス特有の濃厚さは無く、むしろスッキリした後味

 

そこに牡蠣の旨味やバターの香りもたっぷり感じられ

このソースのみでも、ご飯が進むこと間違いなしな味わいとなります

 

 

そんなソースを纏った鶏肉ですが

こちらも煮込みながら、柔らかな仕上がりで

 

プリッと肉感を楽しませつつ、鳥皮のジューシーな旨味もセットに

ソースとの組み合わせも、当然ながら良好

 

続いて、そんなソースと共に頂く、こちらの牡蠣

鶏肉同様、牡蠣もふんだんに使われており

煮込みだけにサイズこそ一口大ですが、プリッとした特有の食感は完璧

 

ひと噛みすると飛び出す、磯の香りも心地良く

かといって臭みなどは皆無、旨味のみを感じさせてくれます

 

また、食べ進めていく中には

こちらの様に、大ぶりな牡蠣の姿も発見

 

大小様々な牡蠣が溢れかえっているものとなりますが

どれもソースとの組み合わせは絶品、しかもご飯にも最高に馴染む味付けに

 

 

また、この手の洋食屋さんで

欠かすこと出来ないのが、副菜となる品々

ブロッコリーにサツマイモ

人参に芽キャベツ、そしてコーンと盛り沢山

 

いずれも蒸したものを使用しているのですが

ほんのり塩味を携えており、そのまま食べても美味しく頂ける品ばかり

ですが、それをより美味しくしてくれるのは

もちろん、平皿一杯に広がるソースの役割でして

 

こちらのソースも、スプーンがセットで出てくる程の量となっており

 

これらの野菜にソースを絡めながら頂けば

鶏に牡蠣に負けず劣らずの美味しさに

 

豊富な野菜、そしてメインを前にしつつも

ご飯が少なめであったことはちょっと残念

 

ですが、それを差し引いたとして文句なし

絶品、英国風煮込みを堪能させて頂きました

 

 

一方、この日子供がオーダーしたのが、

こちらの牡蠣フライになります

 

同品はオーダー後に衣をつけ、揚げているとのことで

私のオーダーした品同様、提供までにはちょっと時間掛かる品に

 

ただ、その丁寧な調理行程があってか、

目の細かなパン粉を纏った牡蠣フライは

とにかくフワッとした揚げ具合が気持ちいい食感を生み出します

 

牡蠣のサイズは、煮込み同様ほどほどながら

プリッとした食感は健在、溢れる旨味も絶品

 

付け合わせの野菜は、煮込み同様多彩に盛り付けられ

これも1100円のセットながら、大満足を得る1食となりました。

 

 

という訳で、昨年末に目にした謎

それを解き明かすべく、足を運んだ西千葉のハマユウ

 

頂く、鶏と牡蠣の煮込み英国風は

デミソースの様で、もっと軽く食べやすい味わいとなり

 

煮込みの持つ甘みも、牡蠣と鶏を美味しく仕上げるのはもちろん

共に頂くご飯も、グイグイ推し進める美味しさに

 

付け合わせの野菜にも満足

そして、牡蠣フライもまた絶品な1品と、最高の発見になりました

 

また冒頭でも触れた通り、本日頂いた品だけで無く

とにかくメニュー数が豊富なのも同店の魅力

 

まだまだ、頂いたことの無い洋食多彩なハマユウ

今後も定期的に足を運び、様々な品をぜひ食べ比べてみたい次第です。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ハマユウ

■ はまゆう

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-23-11

■ 営業時間:11:30~15:30 / 17:00~21:30

■ 定休日:月曜日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。