千葉駅すぐ、ゴーゴーカレー ペリエ千葉店で頂くロースカツカレー 子供には甘口カレーの選択も可能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

正月が明けると食べたくなる、不思議な食べ物

人はそれを「カレー」と呼ぶのですが

 

例外なく今年もまた、

正月が明けたことでカレー欲が高まるものとなりまして

 

例年であれば、お年賀の挨拶を兼ね

天台の北葉飯店へと足を運び、絶品餃子と共にカツカレーをオーダー

 

ですが、そんな北葉飯店も昨年でついに閉店

今年は年始の恒例行事を1つ失うところからのスタートに

 

そんな心の拠り所となるカツカレーを失った今

新たなカツカレーを見つけることが、本年私が課した課題でもあります

 

 

要するに、今年は重点的に

美味しいカツカレーを食べ歩いて探していこう

 

そんな目標を掲げるものとなりまして

本日はその一陣とすべく、基準とすべきカレーをおさらいすることに

 

という訳で、今年最初に頂くカツカレーとして足を運んだのがこちら

ペリエ千葉の1Fフードコートにお店を構える

「ゴーゴーカレー ペリエ千葉パーク店」となります

 

ご承知の通り、全国区に名を轟かせるゴーゴーカレー

同店の名物と言えば、やっぱりロースカツカレーとなりまして

 

まずはこのカツカレーを全ての基準に定めるべく

本日はゴーゴーカレーへをランチ訪問してみようと思います。

千葉駅に直結、ペリエ千葉店1Fフードコートの金沢カレー専門店 ゴーゴーカレー ペリエ千葉パーク店

という訳で、新年一発目となる千葉駅界隈でのランチ

本日向かった先は、ゴーゴーカレーペリエ千葉店

 

かつては千葉中央駅すぐ近くにあった同店ですが

ここペリエ千葉の1Fフードコート開業と同時に、こちらの店舗がオープン

 

それに伴ってか、以前の千葉中央店は閉店となりまして

以来、私もゴーゴーカレーには久しく足を運んでおらず

 

というのも、こちらのフードコートが

いつ足を運んでもお客さんで賑わっている次第でして

 

席を確保するのも億劫なことから

なかなか足を運ばず、早数年・・・となっていたお店でもあります

 

 

とは言え本日はカツカレーが目当て

しかも子供と2人でのランチとなればこそ、尚都合の良い同店

 

早速、メニューの方を見ていきますが、

並ぶ品は安定の定番メニュー揃い

 

本日の目当てとなる、一番人気のロースカツカレーに始まり

チキンカツに海老フライ、ロコモコにシャウエッセンなどなど

 

加えて、上記したトッピングを組み合わせた

メジャーカレーやWBC、大人のゴリエもんなどが頂ける同店

 

特段、真新しい品が目に入ることはありませんが

その分、いつ足を運んでも安定のラインナップがお出迎えしてくれるものとなります

 

 

また、こちらのカレーは金沢カレーと呼ばれるジャンルになっており

銀皿にたっぷりのキャベツ、これらをフォークで頂くのが特徴のお店

 

頂くカレーについては、通常の辛さの他

+100円と別途料金は掛かるものの、辛口や甘口を選択する事も可能に

 

他店のカレーだと辛味が強く食べられない

とする我が家の子供であっても、ここの甘口であれば難なく食べられるものとなりまして

 

以前のお子様カレーでは量不足を感じ始めた故

大人サイズのカレーを食べたい、だけど辛くて食べられない

 

そんな不都合をまるっと解消してくれるのもまた

同店の持つ嬉しいポイントだったり

 

 

さて、そんな本日もフードコート内は大盛況

ですが、キッズエリアに僅か1席の空席を発見するものとなりまして

 

同席を確保しながら、私はカツカレーを辛口にて

そして子供は、ゴーゴーカレーの甘口をそれぞれオーダーするものとなりました。

深みあるスパイシーさに心地良い辛味 豚カツにももちろん満足、ゴーゴーカレーで頂くロースカツカレー

ちょうどこの日から仕事始めとあってか

相も変わらず、賑わいを見せているペリエのフードコート

 

こちらの席へと戻り、ブザーを片手に待つこと数分

呼び出しに併せて受け取ってきた本日のランチがこちら

ゴーゴーカレー ペリエ千葉パーク店にて頂く

ロースカツカレー(辛口)と、ゴーゴーカレー(甘口)になります

 

単体では判断が付かないものの

こうして2品を並べると、明らかに色味の異なる辛口と甘口

 

また、ロースカツが乗っている影響からか

ロースカツカレーの方が、カレーそのものも少なめな気にさせます

 

ちなみに福神漬けはカウンターにて取得可能な他

同店ではキャベツのお替わりも可能とのこと

 

ではあらためて、本日のメインとなります

こちら、ロースカツカレー(辛口)を頂いていこうと思います

 

それではまず、カレーの方からとなりますが

甘口に比べ、深みある色味をした同品

 

こちらを口へと運ぶと、まずは風味豊かなスパイスの味わい

ほんのり苦みを残しながら、心地良い香りと旨味が広がっていきます

 

そこまでの辛さでは無いかな・・・と思わせつつも

二口、三口と進むにつれて辛さが増幅

 

初手でガツンとは届いて来ずも

じわじわと時間差を持たせながら、辛味が訪れる同店のカレー

 

辛党の私をして、満足出来る辛さとなりますので

辛味を苦手にしている方には、ちょっと厳しさを覚えそうです

 

続いて頂くのは、本日もう1つの主役

こちらのロースカツになります

 

カレーと共に食べるロースカツとあってか

厚みは程々ながら、一口大にカットされているのが特徴

 

また、同店のカツには全てソースも掛かっており

このソースがカレーと折り重なることで、どういった変化を見せてくれるのか

 

早速頂いてみますと、豚カツ自体の旨味はほどほどな所で

大きな特徴を感じさせるには至らず

 

ただ、想像通り豚カツに掛かったソース

これとカレーとの調和が面白い所となりまして

 

そもそも、ソース自体もさまざまなスパイスで生成されており

これがカレーを纏うことで、より深い味わいを生み出してくれます

 

 

ただ、提供時にも少し感じた通りで

こちらのロースカツカレーについては

豚カツの下にはあまりカレーの姿を確認出来ず

 

ご飯の量、豚カツのボリュームには満足ながら

カレーの量が控えめに感じる所が少し残念な部分に

 

とは言え、それをチャラにしてくれる?のが

たっぷり頂けてしまう、こちらの福神漬け

 

同店の福神漬けは、一般的なものより甘みが強めで

こちらの甘みがカレーの辛さを、より引き立てるバイプレーヤーとして活躍

 

もちろん、せん切りキャベツも口直しに活躍するものとなり、

キャベツに掛かったマヨネーズ

これとカレーとの相乗効果も面白い味わいを形成してくれます

 

ついでに本日は、もう1つトッピングを加えており

それがこちらの目玉焼き

 

白身はしっかり目に火が入っているものの

黄身については半熟で留まっており、これをカレーと共に頂くのもナイスな味変に

 

好みとなるカレーの辛さ、美味しさ、そしてボリュームと

三拍子揃った納得のカツカレーとなりました

 

一方、本日子供がオーダーしていたのが

同店のカレーに+100円で提供頂ける、甘口カレー

こちらが気になり、一口頂いてみたところ

確かに甘口を名乗るだけあり、けっこうな甘め仕上がり

 

それでいながら、ゴーゴーカレーらしい

スパイスの風味も活きており、これもバランス見事なカレーに

 

お子様カレーとは、また異なるかどうかまで分かりませんが

辛いものが苦手な方でも、十分満足出来る、そんな甘口仕様となりました。

 

 

という訳で、本年の目標の1つ

美味しいカツカレー発掘の第一陣として足を運んだゴーゴーカレー

 

こちらでは初めて頂くロースカツカレーとなりましたが

お値段やボリュームを鑑みても、十分な満足を得る一食となりました

 

またベースとなるカレーはスパイシーで大人味ながら

甘口を選択すれば、子供でも頂ける味わいになることも同店の魅力

 

そして本題となるカツカレーについても

お値段の面からしても、十分美味しく頂ける一品に

 

まずこちらのロースカツカレーを基準としながら

今年は様々なカツカレーの発掘に精を出してみようと思います。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ゴーゴーカレー ペリエ千葉パーク店

■ ゴーゴーカレー ペリエちばパークてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉 フードコート1F

■ 営業時間:10:55~21:55

■ 定休日:ペリエ千葉店と同じ

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。