孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉駅近くの結婚式場、ラセーヌブランシュを初訪問 記念日に最適なメイン2品を味わうCコースを堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

7月は我が家にとって、ちょっとした記念日の月となり

本来なら同日にカミさんと2人、小洒落たランチを頂きに・・・

 

とやりたいものの

間もなく子供は夏休みへと突入

 

当然、子供を連れて小洒落たランチに足を運ぶ事は出来ず

(ていうか、まだ早い)

 

ならば、同記念日を前倒ししてしまい

夏休みへ入る前に、記念日ランチへ向かってしまおうといった話に

 

 

昨年の同記念日には、登戸一丁目にある

フレンチレストラン、ル・クール」へと足を運んだのですが

 

今年は、本ブログに連動しているLINEの方でも一度、ご紹介したことがある

千葉駅近くのハウスウエディング「ラ・セーヌブランシュ」のランチを予約してみることに

 

同式場がランチ営業を始めたのは今年に入ってからとなるのですが

前述した通り、私のLINEでも紹介していることから、気になっていたお店?となります

 

ただ式場で頂くランチとあって、コースになる為、

平時に足を運ぶのも気が引けており、機会を伺っていたところにこのタイミング

 

また、同式場のランチは随時営業している訳では無く

月によっても異なりますが、週2~3日のみとなるそうでして

 

事前に確認したところ、子供が夏休みに入る手前にて

ちょうど良いタイミングの日程を調節することに成功

 

そんな訳で本日のランチは、

こちら、千葉駅から徒歩5分となる結婚式場

「ラ・セーヌブランシュ」をランチ初訪問するものとなりました。

千葉駅から徒歩5分の結婚式場、ラ・セーヌブランシュ 記念日に最適、ランチCコースを頂くべく初訪問

事前予約の上、足を運ぶものとなった千葉駅近くのラ・セーヌブランシュ

 

こちらは私の実家からもほど近いことから

その建物の前は幾度と足を運んでいるものの、中に足を踏み入れるのは今回が初めて

 

※ちなみに、同式場向かいの提携駐車場は

この界隈で最も安い駐車場となるので、こちらも頻繁に利用しております(笑)

 

重厚な扉を前にして、完全に気後れするものの

事前予約を入れていることだけを頼りに、扉をオープン

 

空けると同時に現れた式場のスタッフさんへ、予約の旨を告げ席へとご案内

さて、通された席はと言うと

もうこの通り、すっかり気分は結婚式

 

同級生や仕事関連の友人も、ほぼ既婚者ばかりとなり

何年と参列していないものとなりますので、この雰囲気を味わうだけでも久しぶり

 

そして、高砂の方は、

背中に大きな窓を設けており、

そこからは見渡す限り緑が満載

 

表から見る建物の造りでは気付く事無かったのですが

まさか場内に、こんな庭園が存在していたとは

 

そんな式場の様子を眺めているだけでも、楽しみ尽きない本日のランチですが、

メニューの方はコースで提供されるものとなりまして

 

・A・・・前菜+メイン(肉or魚)+デザート

・B・・・前菜+スープ+メイン(肉or魚)+デザート

・C・・・前菜+スープ+メイン(肉&魚)+デザート

 

といった3つのコースが提供されるものとなり

いずれのコースにも、スープとパンがセットとのこと

 

ちなみに、本日の料理は以下の通りで

魚料理は真鯛のムース

肉料理は房総ポークのグリエになるのだとか

 

前菜にデザートも、期待値を高めてくれる品々となりますが

そうそう訪れる機会の無い、式場でのランチ

 

加えて本日は、我が家にとっても記念日となりますので

中途半端な妥協はせず、肉&魚のメイン2品を味わえる「Cコース」を頂いてみようと思います

 

 

また、同ランチに加えてドリンクのオーダーも可能となるのですが

現在は、まん延防止等重点措置の影響からか、

こちらに記載のあるドリンクは、ノンアルコールのみ

ですが、ノンアルコールカクテルも提供されており、しかもお値段は200円!!

 

上記のカクテルが、ノンアルコールである事実に気付いていたら

迷うこと無くそちらを選んだのですが・・・

 

Non の3文字を見落としていたことから

ここは中途半端にウーロン茶をオーダーしてしまうものとなりました。

 

 

さて、そんなオーダーより進む本日のランチですが

注文後、まず最初に提供となるのは前菜から

こちらが本日のオードブルとなりまして

・サーモンと野菜のマリネ 魚卵ソース

・チーズオイル漬けと牛肉のリエット

といった内訳になっております

 

ここでまず注目してしまったのが、

こちらのパンケーキ

小ぶりなサイズで飾られている同品ですが、実は蕎麦粉のパンケーキとのこと

 

その下に敷き詰められた野菜各品

そしてサーモンを共に頂くソースには、いくらや飛子ら魚卵が満載

 

同品らと頂くソースには、隠し味にカルピスを使用しているとかで

甘みとコクある味わいで、各品の持ち味を盛り立ててくれます

 

そして、私の大好物でもあるのが、

こちらのリエット

 

下にはバケットも潜んでおりまして

濃厚な味わいを感じさせるも、クセなく旨味のみを届けてくれます

 

オイル漬けされたチーズも、豊かな風味を携えており

添えられた野菜共々、色合いも鮮やかなワンプレート

 

私たちが式を挙げる訳では無いものの

思わず、結婚式に参列した様な気分を感じさせてくれます

 

 

続く品との合間には、

バケットがオリーブオイルと共に提供

 

ちなみに、カミさんの方は小麦を率先して頂かない事を配慮して頂き

私とは異なる、米粉を使ったパンをご用意頂けました

 

上記の様な細かな気配りをして頂けるのも嬉しい限りで

料理はもちろん、サービスに至っても満足させて貰うばかり

 

 

続く品となるのが、こちらのスープ

コーヒーカップサイズでの提供となる上

その上部は泡立っており、まるでカプチーノの様な見た目でして

 

提供時に

『掻き混ぜて頂いて下さい』との説明がありましたので、指示に従ってみると

まさかの味変・・・ならぬ色変なのです

 

こちらのスープ、じゃがいものポタージュとなるのですが

その下にはビーツが仕込まれている様で

 

カプチーノ仕立てで見た目には気付かないものの

こちらを掻き混ぜることで、徐々にピンクみを帯びた愛らしい色味に変化

 

じゃがいもの持つ優しい甘みをしっかり引き出している上

その見た目、変化も目で楽しめてしまうあたり、さすが結婚式場で頂くランチ、といったところでしょうか。

ふわふわ過ぎる絶品平目のムースに、脂の甘みがたまらない房総ポークのグリエ、更にはデザートも豪華絢爛

前菜にスープに、味わいはもちろん、見た目でも楽しめる料理が続く中

いよいよお次はメインのプレートへと進んでいきます

 

まず先に提供となりましたのが、

こちら、真鯛のムースでして

添えられたソースは枝豆の白ワインクリームとのこと

 

こちらのムースですが、とにかく驚くのがその食感

ふわっふわにも程があるフワフワ加減に、思わず声が挙がるものの

その歓喜の声を、より沸き立ててくれたのが

ムースの下に潜む、まさかのリゾット

 

真鯛の品ある甘みをジワジワと感じつつ

それと共に頂く、枝豆をベースとしたソースの味わい

 

それら2品の風味と同時に頂く

程良く芯を残した心地よい食感のリゾットと、ここにも楽しみがたんまり詰まっておりました

 

 

そして次なるメインは、

こちら、房総ポークのグリエとなり

ソースはタスマニア産生粒マスタードとのこと

 

先ほど頂いた、真鯛のムース然り

メインの食材はもちろん、それを彩るソースにもワクワクしっぱなし

 

早速カットされた豚肉から頂いてみますと

心地よい歯ごたえの外側と、シットリとした旨味が流れる内側

内外で食感のコントラストを感じつつ、それを彩る酸味あるソース

 

少し濃い目に感じる味付けですが

これも結婚式場、お酒と共に頂く事を思えば適した味付けなのかと推測

 

思わずご飯が欲しくなる、そんなソースの味わいとなります

 

また、粒マスタードのもたらすほんのりした辛味もアクセントに

脂のもたらす甘みとの変化をも楽しめ、更にはボリュームも満点

 

メイン2品いずれも、甲乙付けがたい

さすが!!のひと言を添えたくなる品々となりました。

 

 

そして最後はコースの〆に、

こちらのスイーツ3品がワンプレートにてご登場

 

左からガトーショコラ、ベイクドチーズケーキ

そして、一番に気になっていたのが、

こちら、中にあんこを包み込んだチーズケーキとなります

 

言葉通り、和洋折衷を果たしたケーキとなるのですが

この甘さとチーズのコクとのバランスが抜群な1品

 

ふわとろさが尋常じゃ無いベイクドチーズ

コクあるカカオの風味と苦み、そこにクリームで甘さをもたらすガトーショコラ

 

いずれも幸せを噛みしめる美味しさとなりましたが

このあんこを包み込んだチーズケーキは、私の中で更に上行く1品に

 

普段、スイーツ類を好んで食べる事無い私をして

このあんことチーズのバランスは、お替わりの声を発したい逸品となりました。

 

 

といったコース各品を頂くものとなった

初訪問となる、千葉駅近くの結婚式場、ラ・セーヌブランシュでのランチ

 

本日はメイン2品を頂く、Cコース(3,500円)となりましたので

普段使いには贅沢な1食となりましたが、それに見合った贅沢を味わうものとなりました

 

なにより開放感溢れる式場で頂く

その非日常的な空間も、料理共々楽しみの1つ

 

ちょっとしたお祝い事など

特別な日のランチを頂くには、うってつけの1食と言えそうです

 

なお、ランチの提供は随時という訳では無く、週2日ほどとなりますが

同日程などについては、式場シェフの上月さんのSNSで報告されておりますので

 

Twitter:https://twitter.com/greenmen1971

こちらを参考に、事前予約の上、足を運ぶ事をお勧めします。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

La Scene Blanche

■ ラ・セーヌブランシュ

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町15-16

■ 営業時間:11:30~14:00

■ 定休日:ランチ営業日については直接ご確認下さい

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。