孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

検見川浜『THE SURF OCEAN TERRACE』で頂く、オマール海老入り・豪華シーフードカレー 稲毛海岸より見渡すオーシャンビューも絶景!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年末のこと

仕事納めを兼ねた忘年会、を打診され

その際には、みつわ台(正確には東寺山)のトラットリアアルベロを訪問

参照:千葉市を代表する人気イタリアン、東寺山(みつわ台)のトラットリア・アルベロ ⇒

 

・・・したのですが

実はこのとき、候補に挙げていたのは別のお店ながら

そちらが予約出来なかった事より、同店を訪問

 

つまり、昨年末に本来「忘年会」と称して

足を運びたかったお店への訪問が叶わなかった事より

年明けに持ち越し、昨年の忘年会・・・

 

あらため、今度は「新年会」と称したランチを開催するものとなったのです

 

さて、昨年末に訪問を予定していたものの

予約が取れず、叶わなかったお店

その正体とはこちら、

稲毛海岸・・・検見川浜?

に位置する、千葉でも有数の人気レストラン

「THE SURF OCEAN TERRACE(ザ・サーフ・オーシャンテラス)」となります

 

私も、オープン当初に数回足を運んでおり

本ブログでも過去に紹介したことがある同店

参照:稲毛海浜公園 THE SURF OCEAN TERRACEで冬の東京湾を一望しながらパスタランチ ⇒

 

ただ、それもあらためて見直したところ

4年前の話でして、以来訪問がなく、実に久々となる同店

 

 

と言うのも、前述した通りの人気店でして

数日前からの事前予約が必須となる程とのこと

※ ちなみに予約は食べログより可能となります

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120103/12038580/

 

そんな事情もあって、久々の訪問となったTHE SURF OCEAN TERRACEですが

予約での営業、とあらば混雑の心配も少なく

更に店内は、スペースを広く取った造り

 

加えて、海が見えるオーシャンテラスもあるので、換気についても心配が少ない事から

本日のランチはこちら、THE SURF OCEAN TERRACEを訪れるものとなりました。

約4年ぶり、3度目の訪問となるTHE SURF OCEAN TERRACE 店内から見渡すオーシャンビューは見所満載

稲毛海岸より、東京湾が一望できる景観が、コンセプトの1つとなる

THE SURF OCEAN TERRACE

 

お店の目の前にはこの通り、

 

一面、海だらけとなる東京湾が広がっており

この風景は、店内からでも目にすることが可能となっております

 

ただ、その明るさ故に、店内から写真を撮ろうにも

見事な程、逆光となってしまい

その景観を上手に写真へと収められたことは一度も無し・・・

 

そろそろ、スマホ並びに

写真撮影のスキルを真剣に学ぼうかな・・・

そう思わせてくれる強敵、いや景観の広がる同店

 

 

さて、この日お店に着いた時刻は、開店直後の11時

前述した通り、原則として事前予約で営業している同店ですが

予約が満席で無い場合に限り、当日の訪問でも入店が可能となる様でして

 

この日も1組のお客さんが、事前予約無しで入店しておりましたが

その後、訪れた予約のないお客さんは、席が空き次第の入店になるとのこと

やはり、事前予約の上で足を運ぶことがお勧めとなる様です

 

そんな状況を眺めながら、まずはメニューの方へ

前述した通り、4年ぶりの訪問となる同店ですが、メニューも様変わりしており

現在のランチでは

・コースランチ

・ブイヤベースランチ

・パスタランチ

・メインランチ

といった4つからの選択制となっております

 

上記のウチ、コースランチについては

現在「お年玉コース」という限定メニューが提供されており、

こちらは肉、魚と2種のメインが頂けるコースになるとのこと

 

2つ目のブイヤベースは、メインとなるのはそのまま、ブイヤベース

これをパンと共に頂く他、追加料金にて

途中よりリゾットを頂く事も出来るセットメニューとなっております

 

続くパスタランチですが、

こちらは前菜を2種から選択(サラダor前菜盛り合わせ)、

メインのパスタも4種から選択するシステムとなります

そして、メインランチですが、

こちらもパスタ同様、前菜を2種から選択

 

メインについては

・地鶏とマッシュルームのフリカッセ

・ロールキャベツのラクレットチーズ&デミソース

・鰆のポワレ&ラタトゥイユ

・オマール海老のシーフードカレー

以上の4品から、いずれかを選択するスタイルに

 

 

なお、コース以外の3品には

追加料金でドリンクセット、ないしはデザートセットが追加可能とのこと

以前と比べ、大幅にメニューが変更されたものとなりますが

本日はこちらの中から

「オマール海老のシーフードカレー」をデザートセットにて頂く事に

 

 

注文を終え、まずは前菜から・・・

となるのですが、こちらも選択制となっており

   

私はこちら

「3種の前菜盛り合わせ」を選択

 

3種、とは言っているものの

実際はサラダも盛り付けられ4種にて提供

 

前菜となるので、どれも控えめボリュームとなりますが

加えて、やたらふわふわしたパンも付いており

こちらのパンはお替わりも可能となっております

 

この後、提供されるカレーにはもちろん、ご飯付きとなりますが

こちらのパンと一緒に食べるカレーも、絶対アリだろうな

と、早くもバリエーションの豊富さを噛みしめることに。

オマール海老の風味満載、シーフードカレーに前菜盛り合わせ、スイーツに至るまで大満足

そんな前菜、パンを頂いている間に

予約のお客さんが続々入店となる、THE SURF OCEAN TERRACE

 

11:30に差し掛かる頃には、全席が埋まるものとなりましたが

各席共に広く間を取っている上

本来なら6人掛けとなるテーブルを3人仕様にするなど、十分な距離間を確保

 

加えて、この日の気候が暖かった影響からか

外に設置されているテラス席を利用するお客さんも多く

開放感あるスペースを、存分に活用されております

 

そんな様子を伺いながら、待つこと20分程

いよいよ提供となった、本日のランチがこちら

THE SURF OCEAN TERRACEにて頂く

「オマール海老のシーフードカレー」となります

 

見るも見事なオマール海老の殻が目に付くカレーですが

海老だけでは無く、イカに帆立に貝柱、

ムール貝も殻付きでゴロゴロ入ったシーフード三昧

 

お値段もそれなり(1,800円)ではあるものの

その価格を納得させるに十分な、艶やかさを誇っております

 

それでは早速、カレーの方から頂きますが、

欧風カレーど真ん中なブラウンな色味ながら

魚介類から染み出た旨味がとにかく満載

 

これぞシーフードカレー!!

と呼びたくなる、出汁感の詰まったカレーですが

後味にはしっかりスパイシーさも感じられるピリ辛仕立て

 

子供ですと厳しい辛さとも言えそうですが

シーフードの出汁感を強く感じさせるためか

辛さそのものは、後味に残る程度で抑えられているのも特徴ですね

 

続いては具材の方へ移っていきますが、

これはもう、具沢山としか表現できない程

とにかく、様々な魚介類が詰まりに詰まった1皿

 

貝類だけでも数種使用されており

それぞれが、個々で独特の食感と旨味

時にはほろ苦さも与えており、様々な風味が味わえます

 

口に運ぶ度、細部の違う味わいが飛び込んでくる

使い古された表現にはなるものの

「魚介の玉手箱」とは、こういった時に使うんだろうな

 

そう思わせてくれるほど、とにかく豊富な素材がぎっしり

ムール貝も殻付きで入っている・・・

と思いきや

 

その下から出てきたのは、

今度はパーナ貝でしょうか

見た目こそ良く似ており、個々で食べていたら違いも分かりませんが

同時に食べ比べる事で、微細な違いを味わえてしまったりと、お得感もたっぷり

 

そして何より、目玉となるのが、

こちらのオマール海老ですね

カレー全体にも海老出汁はしっかり行き届いておりますが

やっぱり、海老本体をガッついてこそ得られる有り難み

 

殻付きのままで投入される見た目からも

正月さながらの豪華さを感じられ、目でも楽しみつつ

ガッツリ海老本体をいただき、舌でも楽しめる大満足なカレーとなりました

 

 

そして、食後にはデザートセットと言うことで、

全3種からの選択制となる中

「フルーツグラタン」なる品を頂くことに

 

商品名からして、どうなるものか想像出来なかった同品ですが

いわゆる冷やアツスイーツとなっておりまして

(冷やし中華みたいな表現で申し訳ないですw)

 

冷たい果物と共に、グラタン風に仕上げられた

ユルメ&アツアツソースで頂く、そんなスイーツとなっております

 

スイーツに関しては、日頃口にしないだけに

表現力、語彙共に乏しいことをご容赦頂きたいのですが

温かいソースと各フルーツ、そしてアイスとの組み合わせが実に面白い1品

 

ただ、メインのあと、

こちらのスイーツ提供までに20分近く、時間が空いており

待たされた感はありましたが、それを補うに十分な1皿となりました

 

ちなみに、この日提供された

他のメニューについてもサラッとご紹介しますと、

まずはこちら、2種ある前菜のもう一方で

「サーフオリジナルサラダ」となります

 

見た目には分かりませんが、説明によれば

この1皿の中に、20種の野菜が使用されているとかなんとか

 

そしてお次は、

以前からも同店のメニューで提供されており

ウチのカミさんも大好物となる、ブイヤベース

 

魚介類盛り沢山な上に、野菜も豊富

加えて、パンだけでは無くリゾットで〆る事も出来るので

ボリューム面でも十分満足出来る1皿となります

 

そしてスイーツですが、

こちらは、いちごとショコラのガトーマカロン

マカロンの中にガトーショコラを加えており

そちらをベリーソースで頂く、という意識高すぎる1皿で〆る形に

 

 

といった感じで、新年会(忘年会のやり直し?)を開催した

稲毛海岸のTHE SURF OCEAN TERRACE

 

幸いにもこの日は好天に恵まれたため

東京湾を一望できるオーシャンビューも最高の中

年始に相応しい、豪華食材の数々を堪能させて頂きました

 

実に4年ぶり訪問となったお店のメニューは一変していたものの

(私の好物だった、シーフードオムライスが無くなっていたのは悲報..)

新たなメニューも大満足する品となりまして

 

また、本日は注文無かったものの

コースの方も月替わりでメニューが変更になるとの事ですので

そちらを楽しむべく、足を運ぶ事が出来るお店となります

 

なにより、同店最大の特徴は

一面に広がるオーシャンビューになるのかな、と

 

これだけ海に面している千葉市ながら

オーシャンビューを一望できるお店の少ない事・・・

 

千葉ならでは、の特徴を最大限に楽しみつつ

お腹も十二分に満足出来る、そんなランチとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

THE SURF OCEAN TERRACE

■ザ サーフ オーシャンテラス

■ 住所:千葉県千葉市美浜区磯辺2-8-3 稲毛海浜公園

■ 営業時間: 11:00~15:00 / 17:00~21:00(土日 11:00~21:00)

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。