スポンサーリンク

そごう千葉店レストラン街の牡蠣専門店、ガンボ&オイスターバーをランチ訪問 4種の牡蠣が一同に揃う「牡蠣堪能セット」をガンボライスと共に食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日の週末、歯の調子が悪く

「柔らかいもの・・・牡蠣が食べたい」

と、カミさんからリクエストが

 

柔らかいもの、と言ってはいるものの

要するに、牡蠣が食べたいとのこと

 

千葉でランチに牡蠣、と言えば思いつく先は1つ

千葉そごう10Fレストラン街の

「ガンボ&オイスターバー」以外に候補は思い浮かばず

 

 

ところが、向かったその日は

「真牡蠣プレート 半額」といったイベントの初日

 

私たちが到着した、開店時刻の11時ですでに店内は満席となり

さすがにこの日は訪問を諦めることに

参照:そごう千葉店レストラン街の韓国料理、にっこりマッコリをランチ訪問 ⇒

 

 

とは言え、一度は牡蠣に対して入ったスイッチ

これを解消するには、リベンジ以外に方法は見当たらず

 

あれから5日後

今度こそは・・・と、気合いを入れて

行列に負けじと開店時刻の10分前にお店へ到着

前回のリベンジを果たすべく、

「ガンボ&オイスターバー」を訪れるものとなったのです

 

が、この日に限って、誰一人並んじゃいないってね。

千葉そごう10Fレストラン街の牡蠣料理専門店、ガンボ&オイスターバーにて初ランチ

入れ替わりの激しい、千葉そごうのレストラン街の中でも

かなり長く営業しているお店の1つとなる同店

 

ただ、オイスターバーというものに馴染みが無く

また、そもそも牡蠣に対してあまり執着も無かったことから

実はこれまで訪問経験の無かったお店の1つとなる、ガンボ&オイスターバー

 

その最たる理由は、表から見ても伝わってくるハイソな雰囲気

加えて、牡蠣料理尽くしとなる同店のメニューもまた

ランチから足を運ぶには、いささかブルジョワ過ぎやしないか・・・?

 

と、これまで二の足を踏んでいた同店

ところが、実際にランチメニューに目を通してみると

この通り、思いの外リーズナブル・・・

とまでは言わずも、ちょっと背伸びすれば届く範囲の価格帯が中心でして

 

加えてこの日は、真牡蠣のプレート半額サービスの真っ最中

 

 

詳しい所は店内に入り、確認しよう

とのことで、ひとまずはお店の方へ

ランチ帯でメインとなっているのは、

・パスタ(3種)

・リゾット

・グラタン

・牡蠣フライ

・ガンボライス

といった全7品

 

上記の単品以外に、

・焼き牡蠣&牡蠣フライ

・生牡蠣&牡蠣のマリネ

などが付いてくるセットが提供されており

各品共にメインは選択が可能となっております

 

それ以外にも、ランチの目玉と思われるのが、

こちらのペアセット

 

お値段は4000円となりますが、各種牡蠣の食べ比べや

前述したメインなど、全6品の料理が頂けるセット

こちらは2名でシェアするタイプのセットになる様です

 

そして、現在のイベントとなるのが、

こちら、真牡蠣プレートの半額提供

ただ、同品で半額の対象となるのは6Pもしくは8Pとのこと

 

4P位であれば、カミさんとシェアも考えたのですが

メインを食べつつ、更に生牡蠣を3つ4つというのは、さすがに多い気も

 

それならむしろ、前述した

・オイスターセット

・牡蠣堪能セット

のいずれかの方が、ボリューム的にも程良いのでは・・・

 

そんな話で意見はまとまり

二人共に「牡蠣堪能セット」を頂き、メインについては

・私 → シーフードガンボライス

・カミさん → 牡蠣とボルチーニ茸のリゾット

を、それぞれ頂くものとなりました。

生牡蠣に焼き牡蠣、更には牡蠣フライと、昼から牡蠣三昧! そして、謎多きシーフードガンボライスとは??

本日注文したセットのメインについて

特に根拠は無かったものの、なんとなく気になったことから

注文する運びとなったのが、ガンボライスなる品

 

説明等も無く、どのような料理になるものか予想も付かない一方、

テーブル上にあった夜のメニューを見ると

こちらでヒッソリ、シーフードガンボライスに関する説明を発見

 

どうやらこちらの品は、アメリカ南部の郷土料理とかで

各種海鮮の旨味が溶け込んだビスクをソースにして頂くご飯だとか

 

説明を読んではみたものの、やっぱり味については想像付かず

ひとまず、食べてみてのお楽しみ・・・とするところへ、

まずはセットのサラダ、スープ

更には、生牡蠣&牡蠣のマリネがご到着

 

こちらのスープは、牡蠣の出汁で作られた品になるとかで

一口目の印象は、どちらかと言えばシジミ出汁・・・

にも思えるのですが、貝特有の旨味がじんわり伝わる、優しいスープとなります

 

そして、ある種本日のメインでもある

生牡蠣&牡蠣のマリネですが

こちらは思っていたよりは小ぶりな牡蠣となっておりまして

 

この辺は季節の影響もあるのかどうなのか

プルンとした食感に、ミルキーな風味が伝わる生牡蠣

 

一方のマリネですが、こちらにはソースもセット・・・

なのですが、このソースがキノコベースとなる、まさかの誤算w

 

結果、ソースについてはカミさんにプレゼントし

牡蠣のマリネ本体のみを頂く事に

 

生牡蠣よりも酸味があり、サッパリした味わいのマリネを頂いたところで

次のプレートはこちら、

焼き牡蠣と牡蠣フライの食べ比べ、となっております

 

どちらも出来たてアツアツの状態となっており、

食べるに際しては、注意が必要な程

 

まずは冷めやすそうな焼き牡蠣の方から頂いてみますが

パン粉の香ばしさにバターの香りが溶け合った牡蠣は

見た目の通り、分かりやすい味付けながら、間違い無い美味しさ

 

一方の牡蠣フライですが、こちらは他より大きめの牡蠣

その旨味がしっかりフライの中に閉じ込められています

共に頂くタルタルソースも、甘みと酸味が感じられ、これもまた美味

 

 

そんな具合に、ここまで4つの牡蠣を

それぞれ異なる調理法にて頂くものとなりまして

 

そして最後は、いよいよ本日のメインへ

こちらが、シーフードガンボライスとなります

 

写真で見ていた段階でも、想像の付かない所へ

メニュー上の文章を読み直しても、結局想像付かなかったこちらの品

 

パッと見の印象では、カレーのようにも見受けられますが

果たして、このソース?スープ??がどんな品なのか

まずはソースの方を一口頂いてみると

真っ先に飛び込んでくるのが、様々なスパイスの風味

 

更に、後味にはハラペーニョ系の辛さも感じられ

シーフード満載な所にスパイス、辛味を加えた複雑な味わいとなります

 

例えるなら、中南米方面

あちらの料理にありがちな味付け、とでも言いましょうか

 

私如きの知識で言語化するには難易度が高いものの

魚介出汁の味わいに、スパイスらが折り重なった

外国、それもメキシコなどの料理を思わせる味わいですね

 

シーフードも多彩に使用されており、

海老にイカ、あさりなどの姿が目視できる一方

どれも小ぶりな素材を使用しており、具材としての存在感は控えめ

 

そんな中で、ちょっと意外な素材となったのが、

こちらのオクラとなります

 

このご飯、そしてソースにオクラ

どうにも腑に落ちない組み合わせに思いますが

こちらを食べてみると・・・

 

うーん、悪くないっちゃ悪くないけど

敢えてオクラである必要があるか、と言われれば微妙な気も

 

いずれにせよ、過去に食べたどの料理にも例えようが無い

風変わりなご飯となっておりまして

ある種、これを味わうには、ここガンボ&オイスターバーを訪れるしか無い

 

そんな特徴的で個性的

且つスパイス満載のガンボライスとなりました

 

 

一方、この日カミさんがオーダーしていたメインがこちら、

牡蠣とボルチーニ茸のリゾットとなります

 

その名の通り、ボルチーニ茸がとにかく詰まったリゾットで

遠目からでも、その香りを十二分に感じる程

 

私の注文した「ガンボライス」にも、スパイスの薫りがあるものの

その匂いを感じさせない程、強烈にボルチーニ茸の香りが漂うリゾット

 

香りは愚か商品名通り、たっぷりのボルチーニ茸が使われているため

私は遠慮させて頂きましたが、カミさん曰く

「普通に美味しい」とのことでしたのw

 

 

そんな感じで、先週のリベンジを果たすべく初訪問した

そごう千葉店10Fレストラン街の、ガンボ&オイスターバーでの初ランチ

 

複数の牡蠣を、複数の料理、味付け一同に頂ける

牡蠣専門店らしいコンセプトは十分に感じられ

各々の調理による違いを楽しむ事が出来るセットとなりました

 

ただ一方で、牡蠣の素材としての美味しさや

牡蠣フライや焼き牡蠣などの品々を単品で見ていくと

 

あっちのお店の牡蠣の方が凄かった・・・

あっちの牡蠣フライの方が豪快だった・・・

といった感想が浮かんでしまう部分も少なからず

 

素材として、牡蠣を美味しく味わうお店

と言うよりも、様々な調理法で提供される牡蠣を一度に食べ比べたい

そんな目的の元で利用するお店といった印象を受けました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ガンボ&オイスターバー 千葉そごう店

■ ガンボ&オイスターバー  そごうちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町1000 そごう千葉店 10F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:30

■ 定休日:無休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。