スポンサーリンク

千葉の老舗洋食店、ビストロえびすやでテイクアウト! このフルコンボ2人前が2500円!?驚愕過ぎる豪華「洋食屋さんセット」に舌鼓!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

記事の公開からすでに2週間が経過した

千葉駅近郊のテイクアウト出来るお店まとめ

ですが、今もなお新情報が届き、日々掲載店舗が増えている中

 

つい先日もまた、新たなお店がテイクアウトを始めたとの情報が

 

今回、頂いた情報はなんと!!

千葉市を代表する洋食店、と呼んでも過言ではない、あの名店

ビストロえびすや(千葉駅西口前)が、4/14よりテイクアウト営業のみになるとのこと

 

記事として掲載することはもちろんながら、それ以前に私自身が是非とも持ち帰ってみたい情報

しかも、同情報と共に頂いたメニューによると

「この品揃えでこのお値段!?」と驚きを抱えずにはいられないほどの豪華さ・・・をイメージさせるメニュー構成

※ テキスト情報なので、実際の商品については、あくまで想像

 

これは、テイクアウト開始初日に是非とも購入してみなければ!!

と、予約受付が開始となる15時にお店へ電話を・・・

 

繋がらない。

 

話し中でも、電波の調子が悪いでもなく、シンプルに電話が掛からないのです

時間をずらし、幾度と試してみるも、一向に繋がる気配は無し

 

もしや私のスマホが壊れたのか?

と不安を抱え、カミさんのスマホを借りてかけ直してみるも、やはり繋がらず…

 

となれば、私やカミさんのスマホでは無く、えびすやの電話に支障が起きているのでは?

もしこの事実に気付かず、お店を開けていたら、待てど暮らせどテイクアウトの注文が入らないのでは??

 

そんな不安を抱え、電話が繋がらない事実を伝えつつ

電話が無理なら直接、お店へ向かってテイクアウトの注文をしてしまえ!!と、車を走らせ千葉駅へ

という訳で、令和2年にもなりながら

「テイクアウトの注文」を口頭で伝えるべく、ビストロえびすやを訪れるものとなりました。

 

ちなみに、同店は駅前(千葉駅西口のロータリー向かい)であることから、お店には駐車場は完備されておらず

お店のすぐ隣にコインパーキングがあるにはありますが、

こちらは20分200円と、近隣でもお高めな値段設定となっております

 

対し、目の前のバイパスを抜けた、千葉トヨタ向かいのコインパーキングであれば

(結婚式場の駐車場と兼用の所)

40分100円と地域最安値のコインパーキングになりますので、車で訪問の際は同駐車場の利用をお勧めします。

千葉駅西口目の前の老舗洋食店、ビストロえびすやでもテイクアウトを開始! あの名物、にんにくスープも!? 

まさかの「電話が繋がらない」という謎の事態に異変を感じ、テイクアウトの注文をすべく、お店へと直接向かうものとなった、ビストロえびすや

お店の前に着いた時点で、時刻は16:30を過ぎた所

 

本来なら、テイクアウトの注文が殺到し忙しい時間帯になるのでしょうが

私がいくら電話を掛けても繋がらなかった事態を考えると、お店の電話に異変が・・・?

 

そんな不安を抱えつつ、お店の入り口を開き、

「あのーテイクアウトの注文をしたいのですが・・・」

と、伝えると中よりスタッフさんがご登場

『注文は受け付けていますが、事前にお電話でご連絡頂けないと、1時間ほどお待ち頂くものとなってしまいます』

 

と、事前にインスタで確認していた通りの回答が

これに対し、電話を掛けたものの、繋がらなかった旨を伝えると

『・・・え?他のお客さんからは、お電話にて注文を頂いておりますが・・・?』

 

あれ、電話・・・繋がってるの?(汗)

 

ということは、私の電話のみが通話できず??

いや待て、カミさんの電話から掛けて貰った際も繋がらなかったよな?

と言うことはナンだ、我が家の周囲を飛び交うNTTの電波がよからぬ悪さをしでかしたのか??

 

いずれにせよ、お店の電話は問題なく鳴るとのこと

加えて、1時間待ちにはなるものの、直接訪問でのテイクアウト注文も可能、とのこと

 

ここまで来た手前、そりゃ1時間くらい待ちましょう

と手にするものになったテイクアウトメニューは以下の通り

この4/14からは、テイクアウトのみの営業となっており

(千葉駅西口前の、ビストロえびすやについてで、他店については未確認となります)

・昔ながらの洋食屋さんセット(2人前 2500円)

・国産牛ほほ肉のシチュー(1500円)

これら2品のみに絞り込んだテイクアウトメニューが提供開始

 

30数年通っている同店ですが、未だ頂いたことの無いビーフシチューも気になるものの

・オムライス

・ハンバーグ

・蟹クリームコロッケ

・にんにくスープ

と、えびすやの名物が一堂に会す、ウルトラ兄弟全員集合の様な華やかさ

「昔ながらの洋食屋さんセット」を見過ごすことは出来ません

 

ボリュームの程は分からずも、上手いことやりくりすれば、家族3人分がまかなえそうなことから、本日の注文は

「昔ながらの洋食屋さんセット」をお願いすることに

 

注文から完成までには1時間ほど掛かるとのことで、近隣のテイクアウト情報を実地で調べるべく、散歩すること1時間

再び戻ってきたお店で受け取った品がこちら

真空パック詰めされたにんにくスープ始め、オムライスにメインなど、全4点を紙袋にて提供となりました

 

急ぎ帰宅し、早速取り出したる本日の晩ご飯はこの通り、

ビストロえびすやの名物、にんにくスープは2袋

オムライスは1パックながらも、通常お店で頂くサイズよりも1回り大きく、1.5人前はありそうな大ボリューム

 

そしておかずの方は、ハンバーグ&カニクリームコロッケと聞いておりましたが

その他にも、多彩な野菜類が盛り付けられており、予想を遙かに超える大ボリューム

メニュー上の表記では2人前となってましたが、ダイエット中のカミさん&子供に私を含めた3人なら、十分なボリュームになりそうです

 

なお、にんにくスープの調理法についてですが、

こちら、パック詰めされたスープを耐熱皿に移し、レンジ等で加熱

その後、温められたスープに、アルミ箔で包まれた生卵を落とすことで、お店で味わう品を再現できるとのこと

 

と、説明されたものの・・・

お店で頂くスープ同様、グツグツに煮えたぎるまで温めたとして

それを一体どうやって、ダイニングテーブルまで運ぼうものか、これは至難の業となりそうです(汗)

孤独のグルメにて吾郎さんを唸らせたにんにくスープを筆頭に、豪華絢爛の洋食屋さんセットを持ち帰ってみた

どこまで温めれば、安全にスープを配膳できるものか?

温め方の調整を見計らいつつ、まずはメインとなるおかずの方と対峙

こちらは全品共に2人前の盛り付けとなっており、前述したハンバーグ&カニクリームコロッケがメイン

との説明になっておりましたが、その他にも様々な野菜が、ソテーにフリットにと、多様な調理法にて盛り付けられております

 

その野菜のボリュームだけでも嬉しいものの、それに拍車を掛けているのが、野菜の種類が多様すぎること

アスパラや人参くらいは目で見て理解できるものの、その他の野菜は一体どこの誰なのか、正体の分からない品ばかり

この辺り凝った素材が使われる所も、ビストロらしい高尚さが見え隠れする部分となります

 

ひとまず、第一陣として取り出した3品がこちら

カニクリームコロッケに、人参のグラッセ

そして・・・なんかのフリッターといった3品

 

まずクリームコロッケですが、

自家製のベシャメルソースに加えて、蟹の風味が満載

それと共に、中には・・・まさかのマッシュルームを使用とのこと

 

ただ、マッシュルーム特有の風味がほぼ感じられず、事前の説明を聞かない限り

「ここにたっぷりのマッシュルーム!?」

などと気付かない程、しっとりしたベシャメルソース、蟹の風味が際立ったコロッケとなります

 

また、これと共に頂くソースももちろん自家製

トマトをベースにした甘めのソースとなっており、ベシャメルソースとの相性も抜群

ちなみに、人参のグラッセやフリッターも、同じソースで更に美味しく頂けてしまいます

 

続く第二陣ですが、

こちらのメインはハンバーグ

その他付け合わせには、ソテーやフリッターなどが並ぶものの、アスパラ以外はこれまた普段お見かけしない野菜揃いでして

 

まず気になったのがこちら、

アスパラの様な青々した風味を感じますが、食感はさっくり

衣の軽い感じも相まって、面白い食感を与えてくれる野菜となるのですが・・・結局、君は誰なんだ?

 

続くソテーは、どれも異なる味付けが施されており、食感も火加減も様々

素材の味を大きく残すものもあれば、敢えて強めの味付けを施すなど、個々の素材毎に異なる調理を行う、丁寧な仕事をされています

付け合わせの野菜1つ1つにまで、丁寧な調理を施し味わうに変化を与えるなど、細部に至るまで完璧な品々

 

そして、第二陣の主役となるハンバーグですが

これはもう、今更説明不要の人気メニュー

オードブルの様な盛り合わせとなる為、通常のハンバーグよりは小ぶりながら、肉、玉ねぎら素材がしっかり主張

加えてソースも、肉の旨味を感じさせており、洋食屋さんの王道をひた走る、お手本の様なハンバーグに仕上がっております

 

そして、お持ち帰りとしては異例すぎる存在となるのが、

こちら、えびすや名物「にんにくスープ」

お店の様にグッツグツまで温めることが出来れば、投入した卵も綺麗に固まるのでしょうが・・・

さすがに、あの温度まで温めるのは難しく、一旦卵をスープに落とした上で、再度電子レンジにて加熱

 

かるーく固まった卵がニンニクらと溶け合い

うーん、見ているだけでも光悦してしまう美しさを放っております

 

これを口の中へと流し込めば・・・、うん完璧

連日国会で責任のなすりあいに憤慨している議員さんらも、これを一口食べればきっと冷静な判断が出来るはず

あの人らに今、足りていないのは国民のことを考える気持ちじゃ無く、にんにくスープだよきっと

余熱で少しずつ固まり出す卵、共に溶け合うにんにく達

近しい味のスープは多方面でも見ることがありますが、

やっぱここ「えびすや」のにんにくスープ、これこそ私にとって原点の味ですね

 

そして、こちらは子供が頂くものとなった

えびすやのオムライス

通常、ここビストロえびすやでは、13時からしか注文できない品となるのですが、今回のお持ち帰りセットには、そんなオムライスもセットに

※ ちなみに、同店から徒歩5分にある「味のレストランえびすや 登戸店」でなら、お昼時でもオムライスの注文が可能です

 

子供におねだりし、私も一口頂いてみますが、

トロッとした卵にたっぷり絡むトマトソース

ご飯もしっかり、トマトソースで味付けされ、中には鳥肉らが盛り沢山

 

前述した通り、表記上では「1人前」とされるオムライスですが、その量は1.5人前はあるボリューム

前述したたっぷりのおかず類にスープまで頂けば、二人前どころか家族3人でも満腹を迎えられる、壮大な晩ご飯となりました

 

 

といった具合に、初めてのテイクアウト注文となった、ビストロえびすや

テキストで書かれたメニュー上でも、この量で2500円ならお得そう・・・

と感じていたものの、いざ目にした実物は、テキストが与える以上のインパクトが満載

 

私如きでは説明しがたい、物珍しい素材もふんだんに使用されていながら

どれもクセ無く食べやすい上に、各種ソースの味わいもあって全てを大満足にて頂くものとなりました

 

各種おかずもさることながら、同店名物である「にんにくスープ」がテイクアウト出来るのも嬉しい限りで

テイクアウトメニューの提供を開始した初日に、早速購入するものとなった訳ですが、これは今後もリピートしたい、コスパ、ボリューム、味と、三拍子揃った最高峰のテイクアウトとなりました

 

それにしても・・・なんで電話、繋がらなかったんだろう?(汗)

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ビストロ えびすや

■ びすとろ えびすや

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-7-13

■ TEL:043-246-6637

■ 営業時間:11:30~14:00 / 18:00~23:00

※ 現在はテイクアウトの注文のみの営業となります

■ 定休日:月曜日・第2日曜日・祝日ランチ

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。