スポンサードリンク

本千葉駅前で朝8時オープンのガッツリごはん 洋食デリシュが誇る人気メニュー、ドップリデカ盛り 昔懐かしのオムライス

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

台風の影響による停電から、ホテル暮らしを余儀なくされ早3日

前日の宿泊先が見つからず、結果、新浦安のホテルまで出向くことに

 

せっかくのホテルながら、朝ごはんを頂く様な時間もなく、朝イチで浦安を出発

子供を学校へと送り届け、我が家の電気がどうなっているか確認・・・

へと出向く前に、カミさんと「せっかくなら朝ごはんでも食べていこう」といった話に

 

とは言え、元々モーニングを提供するお店が少ない千葉市内

そこに輪を掛け、パンを始めとした小麦類を食べないカミさんと一緒とあっては、選べるお店の候補もごく僅か

 

千葉駅近郊で、朝から営業していて且つ、ご飯ものが食べられるお店と言えば・・・

やはり、真っ先に浮かんでくるのはこちら

JR本千葉駅から歩いて3分「洋食デリシュ」

 

という訳で、前日の朝ごはん(一得餃子房)に引き続き

この日は、本千葉駅前にて朝ごはんを頂いてみようと思います。

JR本千葉駅から徒歩3分 裏路地で朝から営業する老舗過ぎる洋食店、デリシュ

朝ごはんを向かうべく、JR本千葉駅前に着いたのは、午前8時

県庁を始めとした官公庁が密集する本千葉は、市内でも数少ない、朝ごはんを提供するお店が集うエリア

 

ただ、その多くはいわゆる喫茶店のモーニング形式となり、パンを中心としたメニュー揃い

そんな本千葉駅周辺でも、朝からしっかりご飯食を頂けるお店となるのが、以前にも本ブログで紹介したつるや

本千葉駅近くの大衆食堂、つるや 朝8時から営業する定食屋さんで頂く、アジフライ定食に豪華ハムエッグをトッピング!
ちょっとした所用で朝から出掛けてはみたものの、終わってみると時刻は8:00を過ぎたばかり このまま家に帰り、仕事に掛かるのも良いのですが、せっかく家を出た手前、何かしら食べてみた
2019-04-22 07:00

 

そして、本日訪れた「洋食デリシュ」となります

つるの方は、朝昼問わず、定食系の和食を中心としたお店

 

対し本日訪れたデリシュはと言うと、朝8時の営業開始から、昔懐かしい洋食メニューを頂けるのが特徴でして

前述した外観からも、色んな意味でレトロな雰囲気漂うお店となりますが、その店内は更に拍車を掛けており

いつの時代から染みついてきたのか分らない、歴史を宿した店内

そんなタバコのヤニ汚れが、壁面の至る所に時間の流れを語るかの如く、セピア色の彩りを残しております

 

また、壁に大きく貼られているこちらのポスターも

何かを訴えるというよりは、何かを隠そうとしているのでは?

と疑いたくなる様な、不自然な位置に掲載されているなど、とにかく漂う趣は昭和そのもの

 

そんなお店で頂ける食事の方もまた、昭和にタイムスリップしたかの様な品々で

確かにそのメニューは洋食店・・・ではあるものの

いわゆる本格派とは程遠い(見た目でも分るかw)、昔懐かしい町の喫茶店やレストランの様な品揃え

 

パスタと記載せずにスパゲッティと書かれた各メニューに始まり、ドライカレーやチキンライス、ピラフなどご飯ものの多さ

更には、

ハンバーグやコロッケ、ポークジンジャーにカレー&ハヤシライスなどなど

昔懐かしい「洋食と言えば・・・」で、誰もがが思い浮かべる品々が並ぶメニュー

 

ですが、これらを差し置いても、ここデリシュで一度は食べておきたい品

とされるのが、なんと言っても「オムライス」に他なりません

 

という訳で、朝ごはんであるにも関わらず、前日の夜からお腹を空かせていた私は、満を持してオムライスを選択

なお、この日がデリシュデビューとなるカミさんの方は、ビーフコロッケをそれぞれオーダーするものとなりました。

朝8時から頂ける昔懐かしい系洋食の数々 中でも人気は、600円とは思えない多幸感詰ったオムライス

JR本千葉駅に降り立ち、多くの人々が県庁方面へと向かうべく、歩道橋を渡る中

そんな人の流れと逆行し、本千葉の裏路地へと歩を進める私

そして向かった先は、裏路地に数ある飲食店の中でも、未経験者には特に敷居が高い、とされるデリシュ

 

その建物や看板だけを見てしまうと、ここが洋食店であるとはにわかに信じがたい外観

ですが、勇気を振り絞りその扉を潜ると、思い描いていた洋食では無いにせよ、

そのメニューの懐かしさ、そして驚きの価格に、誰もが虜になるお店

 

なにより、これだけの洋食を朝8時から注文出来てしまう

これこそがデリシュの持つ、最強にして最大の魅力とも言えます

 

若かりし頃は、早朝まで富士見町で飲み、その〆として幾度と足を運んで来たデリシュ

そんな思い出深きお店だけに、語りたいことはまだまだあるものの、そんな過去の記憶に思いを馳せる間もなく、注文の品が到着

 

こちらが、デリシュの誇る人気NO1(私調べですが)メニュー

オムライス、となります

 

古き良き昭和の時代を、今に変わらず伝える、懐かしい薄焼き玉子

この玉子に包まれるご飯は、当然のことながらケチャップライス

見た目も具材も、決して映える一品では無いものの、それをも忘れさせてしまう大ボリュームのオムライスとなります

 

そんなオムライスと共に、セットとなるのが

こちらのスープ

香味野菜と生姜が香る、なんとも言えない懐かしさを感じさせてくれます

 

一体、ご飯茶碗何杯分あるのか?

と思わず問いただしたくなる、この特大サイズ

朝から頂くにも、普段ならヘビーすぎてしまい敬遠しがちなものの

ですが、台風による停電で、ホテルを泊まり歩く今の私にとって、この重量級朝ごはんこそが、束の間の癒やしとなるのです

 

それでは早速、ご飯の方から

たっぷりのケチャップで色づいたご飯

鶏出汁で炊いたチキンライスでも無ければ、具材にも鶏肉は使用せず

正真正銘、ケチャップと玉ねぎ、あと僅かなグリンピースのみを具材とした、ケチャップライス

 

見栄えはおろか、その味すら昨今様々な進化を果たしているオムライスには、到底及ぶことはありません

だが、それが良いんです

 

その潔さこそが、古き良き時代の家庭的なオムライスであり、それを嬉しく思うのもノスタルジーに寄るところのみ

豪華でも無ければ、アイディアも組み込まれていない

 

でもだからこそ、せめてお腹は一杯になって欲しい、というマスターの不器用な愛情

・・・かどうか知りませんが、とにかくボリューム溢れるオムライス

 

その不器用さとノスタルジーを加速させるのが、

やはりこの付け合わせ、福神漬けの存在

カレーならいざ知らず、今やオムライスに福神漬けをトッピングするお店など、私が知る限りはここデリシュのみ

しかもこの福神漬けが、またオムライスに全然合わないところも、もはや可愛げすら感じてしまいます

 

その溢れかえる懐かしさは、

この断面を見れば、より一層強く伝わることでしょう

 

見事なまでに赤く染まったケチャップライス

間には一枚、薄焼き玉子を挟むものの、その上にもこれまたたっぷりケチャップ

 

2種のケチャップによる玉子のサンドイッチ、この姿こそが昭和という激動の時代、

そして家庭の味を象徴する、ノスタルジー全開のオムライスなのです

 

 

ちなみに、この日同伴しているカミさんの方は、前述した通りビーフコロッケをオーダー

私も、ここデリシュのビーフコロッケは頂いた事が無かったのですが、

これまた、はち切れんばかりに具材の詰った、大ぶりなコロッケが見事に3つ並んでおります

付け合わせにはせん切りのキャベツ、そして三色共演を果たすミックスベジタブル

これもまた、色んな意味で隙を感じさせない、伝統芸の様なコロッケとなります

 

しかし、これらを頂くタイミングは、前述した通りの朝ごはん

前日から空腹をこじらせていた私はともかく、普段から朝ごはんを食べないカミさんにはヘビーな品となり

3つあるコロッケ、そのうち1つを私が担当することに

 

ビーフコロッケの中の様子はというと、大方の想像通りじゃが芋たっぷりなコロッケ

9:1程の割合で牛肉が含まれていますが、やはり全容を占めるのはじゃが芋

見た目以上のボリュームを感じるコロッケとなっており、オムライスとの合わせ技をなんとか完食したものの、はち切れんばかりの満腹を得るものとなりました。

 

 

そんな感じに、朝8時よりガッツリモーニング?を頂くものとなった、本千葉のデリシュ

しつこい様ですが、ここデリシュは洋食店とは言え、激動の昭和時代を今に残す文化遺産の様なお店

SNS映えも、衝撃の隠し味も無い、正真正銘真っ向からストレートで勝負する、昭和の洋食となります

 

ですが、そんな懐かしの品々を朝8時から頂けてしまうこと

そして、多くの品が驚きのボリュームにて提供

更には、お値段の安さ(本日頼んだオムライスは600円、ビーフコロッケは650円でご飯付き)

 

ボリュームと安さを兼ね備えた、町の食堂

その呼び名こそが、デリシュを正しく形容するに相応しいネーミングではないか、と勝手ながら納得してしまう朝ごはんでした

※ ちなみに、そのボリュームに圧されすぎた結果、この日はランチを抜くものとなりました(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

デリシュ

■ でりしゅ

■ 住所:千葉県千葉市中央区長洲1丁目5-4-103

■ 営業時間:8:00~20:00 / 土・日 11:00~19:00

■ 定休日:マスターの体調次第

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。