スポンサードリンク

ペリエ千葉のペリチカバル、ビアホールだん家で初ランチ カツカレー&ハンバーグ&日替わりランチを食べくらべてみた

LINEで送る
Pocket

この日は親子3人で朝から遠出し、千葉に戻ってきたのが12時少し前

千葉駅周辺で何を食べるか相談した結果、子供のリクエストである「ハンバーグ」に決定

 

千葉駅周辺でハンバーグ・・・とならば、

・えびすや

・新千葉ビアホール

が候補に挙がりますが、12時前となってはどちらも混雑&売り切れが予測出来る時間帯

 

この時間で食べられるハンバーグを協議した結果、向かった先はペリエ千葉のペリチカバル

同フロアに今年6月オープンした、

「だん家 ペリエ千葉店」を訪問してみることとなりました。

 

オープン以来、お店の前は何度も通ってみるものの、食事目的での訪問はこの日が初めて

食べる目的の下、あらためてお店を覗いてみると

駅チカであることから、割高なランチ店が多い中にも関わらず、こちら「だん家」ではワンコイン(500円)ランチを発見

ペリチカ内にしてはリーズナブルなお店ですが、一体どんなランチが待ち構えているのでしょうか?

スポンサーリンク

ペリエ千葉店の地下、ペリチカバルのビアレストラン だん家 ペリエ千葉店にて初ランチ

お店へ入店した段階での時刻は11:50頃

お昼ど真ん中を迎える少し手前とあってか、店内の半分ほどが空席を残す中、お店の方へ

 

席へ通され、まず飛び込んできたメニューが

こちらのランチメニュー

 

夜はビアホール(ビアレストラン?)として営業している、こちら「だん家」ですが、ランチは肉料理を中心としたメニューが展開されています

当然、ランチとして提供されている料理の多くも肉づくし

子供のお目当てであったハンバーグに始まり、牛&鶏のステーキ

カツカレーや唐揚げ定食、更にはパスタなど、一般的な洋食がザッと揃った展開となる模様

 

上記メニューの他に、店舗限定メニューとして展開されていたのが、

これまたステーキランチ

・国産牛ヒレステーキ(120g)1580円

・国産牛ヒレカットステーキ(100g)1380円

この様になっており、どちらも国産牛のヒレ肉となることからか、お値段ソコソコの品となっている様です

 

また、初訪問という事でレギュラーメニューもチェックしてみたのですが、ランチで提供されている品の単品注文を始め

ピザやパスタ、ビーフシチューといった洋食が中心

 

そして、表看板にも「ビアホール」と記載があるだけに、

 

いかにもビールのおつまみ、といった風なソーセージが多彩に展開

加えて、チーズ料理やグリル・オーブン系も揃っているので、ビールだけに留まらず、様々なアルコールと楽しめるアラカルトも豊富に揃っている様です

 

なお、ランチ帯には冒頭で記載したワンコインランチ(この日はアジフライ定食)に加え、日替わりランチも発見

ちなみにこの日の日替わりランチは「メンチカツ定食」となります。

 

ザッと目を通したメニューですが、注文の方は

・私 ・・・ カツカレー

・子供 ・・・ ハンバーグセット

・かみさん ・・・ メンチカツ定食

といった具合に、イイ感じにばらけた品をセレクトし、少しずつシェアしながらの初ランチを頂くこととなりました。

スポンサーリンク

肉料理満載なだん家 ペリエ千葉店のランチ ハンバーグ、メンチ、カツカレーを食べ比べてみた

注文を終えた段階で気付いたのですが、こちらではランチメニューを注文すると、お替わり無料のドリンクが付いてくるとのこと

 

ドリンクバーの様な種類ある飲み放題というわけでは無いものの、

・ホットコーヒー

・アイスコーヒー

・ピーチティー

の3種が、セルフながら飲み放題で提供されており、これまた意外な所でサービスが発揮されております。

 

そんな訳で、アイスコーヒーを頂きながら待つこと数分

まず最初に提供されたのが、子供が注文したこちら

「ビーフハンバーグランチ」となります

 

ソースはデミorおろしから、主食についてもご飯orパンからの選択が可能との事で、それぞれデミ&パンをチョイスした模様

スポンサーリンク

デミソースには何故か、マッシュルームたっぷりとなっており(苦笑)これが苦手なことから、私はハンバーグを避けたという側面も

 

こちらのハンバーグ、ひとくち頂いてみたのですが、印象的だったのがデミソース

ほろ苦い旨味が特徴でもあるデミソースですが、こちらでは苦みは皆無

むしろ、バターをたっぷり使っている様で、その甘みが強く、ちょっと珍しい風味に仕上がっております

※ ちなみに、ハンバーグに関しては可も無ければ不可も無い、いたって凡庸な仕上がりです

 

ハンバーグに遅れること1分、続いて提供されたのがこちら

かみさんが注文した日替わりメニュー「メンチカツ定食」となります

先ほどのハンバーグと同じデミソースが、たっぷり掛かったメンチカツ

サイズはかなり大ぶりで、200gはありそうなボリューミーさ

 

こちらはサラダに代わり、キャベツが添えられており、こちらもなかなかのボリューム

スープは他のメニューと一緒ながら、何故かメンチカツのみにたくわんが添えられていたりもします

 

ハンバーグ同様、メンチカツも一口頂いたのですが、やはり強く感じるのはデミソースのバター感

ただ、先ほどのハンバーグより、こちらのメンチカツの方がデミソースとの相性は良さそうですね

デミの甘みが強い主張を発揮しており、ハンバーグについては旨味がほぼ感じられなかったものの、メンチではソースの濃さを一旦衣が塞き止めていることで、遅ればせながら肉の質感、旨味を感じることが出来ます

いずれにしても、こちらのデミソースの主張が、妙に激しいことだけは間違いありませんw

 

そして、メンチカツから更に遅れること1分

こちらが、私の注文した品「カツカレー」となります

 

まあ、見ても分かる通りで、わりかしシンプルというか、強い特徴を感じないカツカレーではあります(笑)

カレーソース自体には、そこまでのスパイシーさは無いものの、後入れと思われるカイエンペッパーが強く主張

一口運んだだけでは、そこまでの辛さを感じないものの、ジワジワと遅延性にてカイエンペッパーの辛味を感じるカレーとなっています

旨味のベ-スは牛が中心となっており、いわゆる洋食屋さんのカレーテイスト

 

そこにトッピングされたカツは120g前後と思われ、大きくもなければ小さくも無し

カレー全体に野菜の風味は溶け込んでいますが、具材として形を残しているものはありませんので、割りとライトなボリュームのカツカレーと言えます。

 

これに付け合わせは、サラダ、スープ、福神漬け

サラダのドレッシングはフレンチ系で、酸味が強め

スープはコンソメがベースとなっており、野菜が多数溶け込んだタイプ

 

全体を通じてみると、ごくごくありふれた洋食屋さんのランチ

(デミソースのバター風味だけは特別感ありますが)

といった品々となりました

 

が、一つ忘れてはいけないのが、ここがペリチカバルであること

ペリチカバルを始め、ペリエ5Fのレストランフロアなど、これまでにも様々な店舗のランチを紹介してきました

 

その多くは、駅直結の店舗であることから、例えランチであっても1000円以上する品ばかり

かたや、本日訪問した「だん家 ペリエ千葉店」のランチは、カツカレーの780円を筆頭に、どのメニューも800円前後の品となります

 

しかも、これらのランチ注文時には、選択肢は限られるものの、ドリンクの飲み放題付き

料理自体は、どれも大きな特徴を持たない、凡庸とも言えるランチばかりではありますが、駅地下でアリながら1000円以下

しかも、ドリンク飲み放題が付いてくることまでを考えると、このお値段・コスパの良さ自体が、だん家最大の特徴とも言えます。

 

これといって特筆すべき点が無い反面、問題視するべき欠点を感じさせなかったのも、好印象を受けたポイントの一つ

背伸びした、風変わりな洋食を頂けるお店、といった要素はありませんが、老若男女が安心して、安定水準の料理をリーズナブルに頂ける

そういった用途、目的の下に選ぶお店として考えれば、十分な及第点のお店とも言えます。

 

ただ、ペリエ内の飲食各店では、駅直結という立地からか、多くの店でキッズメニューが提供されているのに対し

こちら「だん家 ペリエ千葉店」では、子供用メニューを確認する事は出来ませんでした

※ 見落としだったら申し訳ありません

このランチメニューにもう一つ、子供用のセットメニューがリーズナブルに提供されていれば、一層勝手の良いお店になる様にも感じますね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

だん家 ペリエ千葉店

■ だんけ ぺりえちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉 B1F

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:ペリエ千葉の定休日と同じ

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。